フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# 2017-2018 フィギュアスケートグランプリシリーズ出場選手発表

国際スケート連盟より、2017-2018シーズンのグランプリシリーズのアサインが発表されました。
男女シングルの大会ごとの出場予定選手は以下の通りです。
※この記事は不定期に更新を行い、エントリーの変更履歴は記事下部に記載していきます。
(データ最終更新 2017/5/30)



●第1戦 ロス・テレコム杯 10/20~10/22(ロシア/モスクワ)
▽男子
ナム・グエン(CAN)
ダニエル・サモヒン(ISR)
羽生 結弦(JPN)
田中 刑事(JPN)
デニス・テン(KAZ)
デニス・ヴァシリエフス(LAT)
ドミトリー・アリエフ(RUS)
ミハイル・コリヤダ(RUS)
TBD(RUS)
ネイサン・チェン(USA)
グラント・ホクスタイン(USA)
ミーシャ・ジー(UZB)

▽女子
マエ=ベレニス・メイテ(FRA)
イヴェット・トース(HUN)
カロリーナ・コストナー(ITA)
樋口 新葉(JPN)
坂本 花織(JPN)
エリザベート・トゥルシンバエワ(KAZ)
パク・ソヨン(KOR)
エフゲニア・メドベージェワ(RUS)
エレーナ・ラジオノワ(RUS)
TBD(RUS)
マライア・ベル(USA)
長洲 未来(USA)

●第2戦 スケート・カナダ 10/27~10/29(カナダ/レジャイナ)
▽男子
ブレンダン・ケリー(AUS)
ヨリック・ヘンドリックス(BEL)
パトリック・チャン(CAN)
キーガン・メッシング(CAN)
TBD(CAN)
シャフィク・ベセギエ(FRA)
無良 崇人(JPN)
宇野 昌磨(JPN)
チャ・ジュンファン(KOR)
マキシム・コフトゥン(RUS)
アレクサンドル・サマリン(RUS)
ジェイソン・ブラウン(USA)

▽女子
アレーヌ・シャルトラン(CAN)
ケイトリン・オズモンド(CAN)
TBD(CAN)
ロリーヌ・ルカヴァリエ(FRA)
ロベルタ・ロデギエーロ(ITA)
本田 真凜(JPN)
本郷 理華(JPN)
キム・ナヒョン(KOR)
アンナ・ポゴリラヤ(RUS)
マリア・ソツコワ(RUS)
カレン・チェン(USA)
アシュリー・ワグナー(USA)

●第3戦 中国杯 11/03~11/05(中国/北京)
▽男子
ケビン・レイノルズ(CAN)
金 博洋(CHN)
閻 涵(CHN)
TBD(CHN)
田中 刑事(JPN)
ミハイル・コリヤダ(RUS)
アレクサンドル・ペトロフ(RUS)
ハビエル・フェルナンデス(ESP)
アレクサンデル・マヨロフ(SWE)
マックス・アーロン(USA)
グラント・ホクスタイン(USA)
ヴィンセント・ゾウ(USA)

▽女子
ガブリエル・デールマン(CAN)
李 香凝(CHN)
李 子君(CHN)
趙 子セン(CHN)
樋口 新葉(JPN)
本田 真凜(JPN)
三原 舞依(JPN)
チェ・ダビン(KOR)
エレーナ・ラジオノワ(RUS)
エリザベータ・トゥクタミシェワ(RUS)
アリーナ・ザギトワ(RUS)
グレイシー・ゴールド(USA)

●第4戦 NHK杯 11/10~11/12(日本/大阪)
▽男子
パトリック・チャン(CAN)
ミハル・ブレジナ(CZE)
アレクセイ・ビチェンコ(ISR)
羽生 結弦(JPN)
村上 大介(JPN)
TBD(JPN)
デニス・ヴァシリエフス(LAT)
ドミトリー・アリエフ(RUS)
セルゲイ・ボロノフ(RUS)
ジェイソン・ブラウン(USA)
ジョシュア・ファリス(USA)
アダム・リッポン(USA)

▽女子
アレーヌ・シャルトラン(CAN)
カロリーナ・コストナー(ITA)
本郷 理華(JPN)
宮原 知子(JPN)
白岩 優奈(JPN)
パク・ソヨン(KOR)
アリョーナ・レオノワ(RUS)
エフゲニア・メドベージェワ(RUS)
ポリーナ・ツルスカヤ(RUS)
ニコル・ライチョヴァー(SVK)
マライア・ベル(USA)
長洲 未来(USA)

●第5戦 フランス国際 11/17~11/19(フランス/グルノーブル)
▽男子
ケビン・エイモズ(FRA)
シャフィク・ベセギエ(FRA)
ロマン・ポンサール(FRA)
モリス・クヴィテラシヴィリ(GEO)
アレクセイ・ビチェンコ(ISR)
宇野 昌磨(JPN)
デニス・テン(KAZ)
アレクサンドル・サマリン(RUS)
ハビエル・フェルナンデス(ESP)
マックス・アーロン(USA)
ヴィンセント・ゾウ(USA)
ミーシャ・ジー(UZB)

▽女子
ケイトリン・オズモンド(CAN)
李 子君(CHN)
ロリーヌ・ルカヴァリエ(FRA)
マエ=ベレニス・メイテ(FRA)
三原 舞依(JPN)
白岩 優奈(JPN)
エリザベート・トゥルシンバエワ(KAZ)
マリア・ソツコワ(RUS)
エリザベータ・トゥクタミシェワ(RUS)
アリーナ・ザギトワ(RUS)
ポリーナ・エドモンズ(USA)
グレイシー・ゴールド(USA)

●第6戦 スケート・アメリカ 11/24~11/26(アメリカ/レークプラシッド)
▽男子
ヨリック・ヘンドリックス(BEL)
ケビン・レイノルズ(CAN)
金 博洋(CHN)
ダニエル・サモヒン(ISR)
無良 崇人(JPN)
チャ・ジュンファン(KOR)
マキシム・コフトゥン(RUS)
アレクサンドル・ペトロフ(RUS)
セルゲイ・ボロノフ(RUS)
ネイサン・チェン(USA)
アダム・リッポン(USA)
TBD(USA)

▽女子
ガブリエル・デールマン(CAN)
李 香凝(CHN)
宮原 知子(JPN)
坂本 花織(JPN)
チェ・ダビン(KOR)
アリョーナ・レオノワ(RUS)
アンナ・ポゴリラヤ(RUS)
ポリーナ・ツルスカヤ(RUS)
ニコル・ライチョヴァー(SVK)
カレン・チェン(USA)
アシュリー・ワグナー(USA)
TBD(USA)

●グランプリファイナル 12/07-12/10 (日本/長野)
男女共に、グランプリシリーズの成績(累積ポイント)上位6名が出場

▼日本選手の出場予定(数字はシリーズ何戦目かを示す)
▽男子
宇野 昌磨 ②カナダ ⑤フランス
田中 刑事 ①ロシア ③中国
羽生 結弦 ①ロシア ④NHK
村上 大介 ④NHK
無良 崇人 ②カナダ ⑥アメリカ

▽女子
坂本 花織 ①ロシア ⑥アメリカ
白岩 優奈 ④NHK ⑤フランス
樋口 新葉 ①ロシア ③中国
本郷 理華 ②カナダ ④NHK
本田 真凜 ②カナダ ③中国
三原 舞依 ③中国 ⑤フランス
宮原 知子 ④NHK ⑥アメリカ

▽ペア
須藤 澄玲 / フランシス・ブードロー=オデ ①ロシア ④NHK

▽アイスダンス
村元 哉中 / クリス・リード ④NHK ⑥アメリカ

ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# 世界フィギュアスケート国別対抗戦 2017 大会第三日・競技結果

◆世界フィギュアスケート国別対抗戦 2017 大会第三日・競技結果
◇女子 フリー・スケーティング
■プロトコル

*1位 [12P] 160.46 TS=241.31① エフゲニア・メドベージェワ(RUS)
*2位 [11P] 146.17 TS=218.27② 三原 舞依(JPN)
*3位 [10P] 145.30 TS=216.71③ 樋口 新葉(JPN)

*4位 [09P] 142.41 TS=214.15④ ガブリエル・デールマン(CAN)
*5位 [08P] 137.08 TS=209.29⑤ エレーナ・ラジオノワ(RUS)
*6位 [07P] 133.26 TS=204.01⑥ アシュリー・ワグナー(USA)
*7位 [06P] 128.30 TS=188.06⑦ 李 子君(CHN)
*8位 [05P] 115.61 TS=179.42⑧ 李 香凝(CHN)
10位 [03P] 107.43 TS=161.58⑪ ロリーヌ・ルカヴァリエ(FRA)

11位 [02P] 107.15 TS=166.28⑩ アレーヌ・シャルトラン(CAN)
12位 [01P] 105.58 TS=154.69⑫ マエ=ベレニス・メイテ(FRA)



後半グループは好演技の連発で、PBを更新する選手が続出しました。
国別対抗戦ならでは大盤振る舞いな採点ではありますが、メドベージェワは遂に160点を超え、 合計では240点をも突破するという凄まじいスコアを叩き出しました。 ほとんどの技術要素に満点近い加点が付いており、PCSは80点満点中の78.06点です。PEは10点満点が付きました。
日本の2選手も大健闘で、2人ともSP,FSともミスの無い演技を揃えました。
先に登場した新葉ちゃんがクリーン演技を披露すると、その時点では日本女子のフリー歴代最高得点となる145.30をマークします。 その後滑走した三原舞依ちゃんがこれまたクリーンな演技を披露して、最高得点を更に更新する146.17を記録しました。 2人ともPCSでは軒並み8点台後半を付け、一部9点台に迫っている項目も見られます。
まぁ、国別以外ではここまで気前の良い採点にはならないと思いますが、ジャッジへのアピールにはなったと思うし、 シーズンの最後にパーフェクト演技で締めくくれたのは何よりですね。
これだけ良い演技を見せられると、オリンピックの2枠ってのはやっぱり少ないよなー。

◇ペア フリー・スケーティング
■プロトコル

*1位 [12P] 146.87 TS=222.59① ヴァネッサ・ジェームス/モルガン・シプレ(FRA)
*2位 [11P] 142.38 TS=208.75② エフゲニア・タラソワ/ウラジミール・モロゾフ(RUS)
*3位 [10P] 133.13 TS=204.49③ 彭 程/金 楊(CHN)

*4位 [09P] 130.09 TS=199.65④ カーステン・ムーア=タワーズ/マイケル・マリナロ(CAN)
*5位 [08P] 104.23 TS=163.80⑤ アシュリー・ケイン/ティモシー・ルデュク(USA)
*6位 [07P] 097.57 TS=152.41⑥ 須藤 澄玲/フランシス・ブードロー=オデ(JPN)

大会三日目、全競技を終えての最終順位は以下のようになりました。
1位 109P 日本
2位 105P ロシア
3位 *97P アメリカ
4位 *87P カナダ
5位 *80P 中国
6位 *62P フランス

日本が3大会ぶりの金メダル獲得で、ロシアは2大会連続の銀メダル獲得です。
2連覇中だったアメリカは銅メダルでした。

* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル
* UR=アンダーローテッド(1/4以上1/2未満の回転不足)
* DG=ダウングレード(1/2以上の回転不足)
* TES=技術点/PCS=演技構成点


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# 世界フィギュアスケート国別対抗戦 2017 大会第二日・競技結果

◆世界フィギュアスケート国別対抗戦 2017 大会第二日・競技結果
◇男子 フリー・スケーティング
■プロトコル

*1位 [12P] 200.49 TS=284.00③ 羽生 結弦(JPN)
*2位 [11P] 198.49 TS=302.02① 宇野 昌磨(JPN)
*3位 [10P] 190.74 TS=276.47⑤ パトリック・チャン(CAN)

*4位 [09P] 185.24 TS=284.52② ネイサン・チェン(USA)
*5位 [08P] 184.04 TS=279.41④ ミハイル・コリヤダ(RUS)
*6位 [07P] 179.35 TS=273.67⑥ ジェイソン・ブラウン(USA)
*7位 [06P] 174.63 TS=272.61⑦ 金 博洋(CHN)
*8位 [05P] 157.46 TS=239.39⑧ シャフィック・ベセギエ(FRA)
*9位 [04P] 127.43 TS=194.66⑪ ケビン・エイモズ(FRA)

10位 [03P] 148.29 TS=212.91⑨ マキシム・コフトゥン(RUS)
11位 [02P] 150.41 TS=212.29⑩ ケビン・レイノルズ(CAN)
12位 [01P] 125.32 TS=190.56⑫ 李 唐続(CHN)



◇アイスダンス フリー・ダンス
■プロトコル

*1位 [12P] 113.83 TS=190.46① ケイトリン・ウィーバー/アンドリュー・ポジェ(CAN)
*2位 [11P] 109.96 TS=189.01② マディソン・チョック/エバン・ベイツ(USA)
*3位 [10P] 104.55 TS=173.49③ エカテリーナ・ボブロワ/ドミトリー・ソロビエフ(RUS)

*4位 [09P] 094.33 TS=158.36④ 王 詩月/柳 キン宇(CHN)
*5位 [08P] 092.92 TS=154.36⑥ マリー=ジャード・ローリオ/ロマン・ルギャック(FRA)
*6位 [07P] 092.68 TS=156.45⑤ 村元 哉中/クリス・リード(JPN)

◇ペア ショート・プログラム
■プロトコル

*1位 [12P] 75.72 ヴァネッサ・ジェームス/モルガン・シプレ(FRA)
*2位 [11P] 71.36 彭 程/金 楊(CHN)
*3位 [10P] 69.56 カーステン・ムーア=タワーズ/マイケル・マリナロ(CAN)

*4位 [09P] 66.37 エフゲニア・タラソワ/ウラジミール・モロゾフ(RUS)
*5位 [08P] 59.57 アシュリー・ケイン/ティモシー・ルデュク(USA)
*6位 [07P] 54.84 須藤 澄玲/フランシス・ブードロー=オデ(JPN)

大会二日目は以上3競技が実施されました。
これら競技結果をポイントに換算した、2日目終了時点での暫定順位は以下の通りです。

1位 81P 日本
2位 78P アメリカ
3位 74P ロシア
4位 67P カナダ
5位 59P 中国
6位 46P フランス

* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル
* UR=アンダーローテッド(1/4以上1/2未満の回転不足)
* DG=ダウングレード(1/2以上の回転不足)
* TES=技術点/PCS=演技構成点


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# 世界フィギュアスケート国別対抗戦 2017 大会第一日・競技結果

◆世界フィギュアスケート国別対抗戦 2017 大会第一日・競技結果
◇男子 ショート・プログラム
■プロトコル

*1位 [12P] 103.53 宇野 昌磨(JPN)
*2位 [11P] 99.28 ネイサン・チェン(USA)
*3位 [10P] 97.98 金 博洋(CHN)

*4位 [09P] 95.37 ミハイル・コリヤダ(RUS)
*5位 [08P] 94.32 ジェイソン・ブラウン(USA)
*6位 [07P] 85.73 パトリック・チャン(CAN)
*7位 [06P] 83.51 羽生 結弦(JPN)
*8位 [05P] 81.93 シャフィック・ベセギエ(FRA)
*9位 [04P] 67.23 ケビン・エイモズ(FRA)

10位 [03P] 65.24 李 唐続(CHN)
11位 [02P] 64.62 マキシム・コフトゥン(RUS)
12位 [01P] 61.88 ケビン・レイノルズ(CAN)



四大陸,世界選手権に続き100点越えを果たした宇野昌磨が1位。4+3が4+2になったものの、調子がイマイチという中でしっかりと演技を纏めました。
2位のネイサン・チェンは、コンディションの問題で4Lzを回避しましたが、4F+3T, 4T, 3A を確実に決めて100点に迫る得点を残しています。
パトリック・チャンはショートで初めて4回転を2本入れる構成に挑んできましたが、4Sが3Sとなり、3Aの転倒も重なって順位は6位。 羽生結弦は4Loが1回転にすっぽ抜け、4Sも着氷が乱れてコンビネーションに出来ないなど、大量失点が響いて7位となりました。

◇女子 ショート・プログラム
■プロトコル

*1位 [12P] 80.85 エフゲニア・メドベージェワ(RUS)
*2位 [11P] 72.21 エレーナ・ラジオノワ(RUS)
*3位 [10P] 72.10 三原 舞依(JPN)

*4位 [09P] 71.74 ガブリエル・デールマン(CAN)
*5位 [08P] 71.41 樋口 新葉(JPN)
*6位 [07P] 70.75 アシュリー・ワグナー(USA)
*7位 [06P] 63.81 李 香凝(CHN)
*9位 [04P] 59.76 李 子君(CHN)
10位 [03P] 59.13 アレーヌ・シャルトラン(CAN)

11位 [02P] 54.15 ロリーヌ・ルカヴァリエ(FRA)
12位 [01P] 49.11 マエ=ベレニス・メイテ(FRA)

好演技連発の上位陣は6位までが70点を超えてきました。
ロシア勢がワンツーで、確実にポイントを稼いでいます。
日本の高校生コンビもそれぞれノーミス演技で70点を突破し、 三原舞依選手が3位,樋口新葉選手が5位と健闘しました。

◇アイスダンス ショート・ダンス
■プロトコル

*1位 [12P] 79.05 マディソン・チョック/エバン・ベイツ(USA)
*2位 [11P] 76.63 ケイトリン・ウィーバー/アンドリュー・ポジェ(CAN)
*3位 [10P] 68.94 エカテリーナ・ボブロワ/ドミトリー・ソロビエフ(RUS)

*4位 [09P] 64.03 王 詩月/柳 キン宇(CHN)
*5位 [08P] 63.77 村元 哉中/クリス・リード(JPN)
*6位 [07P] 61.44 マリー=ジャード・ローリオ/ロマン・ルギャック(FRA)

国別対抗戦は採点が大盤振る舞いなので、ノーミスならほぼパーソナル・ベストの得点が出てきますが、 アイスダンスも6組中5組がPBを更新してきました。
村元/リード組も大きなミスのない演技を披露し5位。技術点では6組中3位でした。

大会第1日目は以上3競技が行われ、それぞれの順位をポイント換算した暫定順位は以下の通りです。

1位 44P 日本
2位 44P ロシア
3位 43P アメリカ
4位 32P 中国
5位 31P カナダ
6位 19P フランス

* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル
* UR=アンダーローテッド(1/4以上1/2未満の回転不足)
* DG=ダウングレード(1/2以上の回転不足)
* TES=技術点/PCS=演技構成点


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# 浅田真央選手、現役引退


真央ちゃんありがとう!!
大好き!!



…うん、色々書きたいと思ったけど上手く言葉にできない。
とにかく、感謝、ありがとう、お疲れ様。
月並みだけど、これに尽きる。
一人の選手が引退を発表して数日、テレビ局が特番を組み、国内外のスケーターや著名人が労いの言葉を寄せ、
ニュースのコメント欄は温かい言葉で埋め尽くされ…。
彼女がこんなにも世界中で愛されているという事実。
一介のファンとして、とても嬉しく思います。
清廉潔白で純真無垢。どんなに綺麗な言葉を並べても表現しきれないほど、
選手としても、人としても、魅力に溢れた大和撫子。
同じ時代を生きる日本人として誇りに思います。

私の人生にも幾多の光を与えてくれた、大切な人。
これからも素敵な笑顔を、色んな場所で振りまいてください。
第二の人生が幸多きものとなりますように。

関連記事

# カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

# 2016-2017 シーズン

▼国別対抗戦
男子SP/女子SP/アイスダンスSD
男子FS/ペアSP/アイスダンスFD
女子FS/ペアFS

▼世界選手権
 男子結果   女子結果

▼四大陸選手権
 男子結果   女子結果

▼全日本選手権
 男子結果   女子結果

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 スケート・アメリカ
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 ロステレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 フランス杯
 男子結果   女子結果

 ▽第5戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第6戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

 ▽グランプリファイナル
 男子結果   女子結果

▼ジャパンオープン
 結果

■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索