フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# 稀勢の里


■白鵬が稀勢の里との全勝対決をすくい投げで制す
http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2013/05/25/0006019556.shtml


 「大相撲夏場所14日目」(25日、両国国技館)
 幕内全勝同士の対戦は、横綱白鵬が大関稀勢の里をすくい投げ下し14戦全勝とした。
 白鵬は26日の千秋楽で横綱日馬富士を下せば、通算25度目の優勝と同10度目の全勝優勝となる。1敗の稀勢の里は千秋楽で大関稀勢の里と対戦する。

[ デイリースポーツ 2013年5月25日 18時5分 ]


稀勢の里が頑張ってくれているお陰もあり、今場所は大相撲中継を見るのが毎日楽しいです。ってことで、実に2年半ぶりの相撲記事を書きます。
今日は13連勝同士の取り組みということで、いつも以上に緊張感を持って見ていましたが、うーん、やはり立ちはだかるは白鵬ですか…。
間違いなく、今場所横綱を一番苦しめた取組にはなりましたけどね…勝ってほしかった。白鵬も崩れかけながら、最後は捨て身のすくい投げ!
白鵬のことは普段応援しているけど、この瞬間だけはちょっと憎々しく感じてしまいました…ほんと強い横綱だ。

明日白鵬が勝ってしまえばどうにもならないけど、稀勢の里にもまだチャンスはあります。
とにかく明日の一番に勝って、日馬富士が横綱の意地を見せてくれることに期待です。ぜひもう一度白鵬と稀勢の里の対決が見たい!

えーっと、記事によると、稀勢の里の明日の対戦相手は大関稀勢の里か~…こりゃ手ごわい相手だな…ってオイ!
なるほど…己との戦いということですか。そういう意味では強ち間違ってはいないような気もするけど(笑) まぁ、正しくは琴奨菊ね。 対戦成績では分が悪いですが、今場所の稀勢の里は後半から本当に内容が良いし、これを最後まで続けてほしいと思います。

ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓

# 大相撲九州場所~千秋楽 決定戦の末、白鵬5連覇達成

大相撲九州場所は千秋楽を向かえ、横綱白鵬が優勝決定戦の末、5場所連続17度目の優勝を果たしました。

いやぁ、久々に千秋楽まで存分に楽しめる場所だった。
豊ノ島残念だったなぁ、こんなチャンスは滅多にないから優勝してほしかったです。
さすがは63連勝した横綱。一場所に何度も負けることはしませんね…。

まずは本割。豊ノ島が土俵際の逆転で稀勢の里を降して14勝目。
結びで白鵬が敗れれば、その瞬間初優勝が決まるというところまできました。

しかし白鵬は、今場所空気のような存在である大関琴欧洲をわずか数秒で片付けて14勝目。
琴欧洲の奮起も期待したけど、やっぱり期待するべきじゃなったと…あまりに無様な大関の姿にがっかりしました。

そして優勝決定戦!
立合いの攻防のあと、白鵬が豊ノ島の後ろを取って回り込むと、最後は送り投げで勝負あり。
豊ノ島の初優勝、そして29場所振りの日本人力士優勝の夢は叶いませんでした。

2006年初場所の栃東以来、もう29場所も日本人力士の優勝が達成されてないんですよね…だからこそ期待感が非常に高くて、豊ノ島なら何かやってくれるんじゃないかと思っていたのですが…横綱は冷静でした。
でも豊ノ島には夢見させてもらったというか、本当に楽しませてもらいました。

そして、今場所を語る上で忘れちゃいけないのが大関・魁皇ですよね。
毎場所勝ち越せるかどうかという状況で、誰がこの健闘を予想したでしょうか。
初日に敗れてからは、あれよあれよと白星を重ね、遂には21場所ぶりの2桁勝利に到達。
連勝は11にまで伸び、優勝争いにも加わりました。
その後白鵬と豊ノ島に敗れて優勝の可能性は断たれましたが、今日は大関把瑠都を降して12勝目を挙げました。魁皇が12番勝ったのは、2004年の九州場所以来、実に30場所ぶりのこと。今場所は十分に大関としての役目を果たしてくれたし、大いに場所を盛り上げる立役者にもなりましたよね。
失礼ながら、私は魁皇が2桁勝つことなんて今後ないだろうと思っていたので、この健闘ぶりは嬉しかったし、心打たれるものがありました。また来年も九州に戻ってこれるといいですね。今場所は本当にお疲れ様でした。

今場所の大関の成績は、魁皇が12勝3敗, 把瑠都が11勝4敗, 琴欧洲は辛うじて8勝7敗で勝ち越しました。日馬富士は途中休場で、初場所はカド番となります。

関脇の栃煌山と鶴竜は共に7勝8敗で負け越し。小結の阿覧と栃ノ心も負け越しました。

来場所三役に上がりそうな力士として、筆頭で10勝した稀勢の里と、同じく筆頭で9勝している琴奨菊は確実。2人とも関脇復帰でしょうか。
9枚目で14勝した豊ノ島が一気に関脇まで上がる可能性も無くはないですね。東関脇で1つ負け越した栃煌山は、ぎりぎり小結に留まれそうかな…?

さて、初場所では白鵬の6連覇が懸かります。
気付けば、朝青龍が持つ7場所連続優勝まであと2つなんですよね。
一体これを阻む力士は出てくるのでしょうか?
魁皇に今場所のような成績を毎場所求めるのはさすがに酷だし、栃煌山や稀勢の里も14番前後勝てるかと言ったら「うーん…」って感じだし。琴欧洲には期待しないし、やっぱり把瑠都あたりなんでしょうか。カド番大関がいい成績を残す例も結構多いので、日馬富士の復活にでも期待しようかな…。
また来場所が面白い展開になってくれることを願います!


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓

# 大相撲九州場所二日目 白鵬敗れ、連勝記録は63でストップ!

●白鵬 寄り切り 稀勢の里○

大相撲の記事を書くのはすごく久しぶりになりますが、
ついに・・・横綱白鵬、敗れました。
双葉山の持つ歴代1位の連勝記録にはあと6つ及ばず、白鵬の連勝記録は「63」でストップです。

個人的には白鵬に新記録を作ってほしいと思いつつ、いい加減に誰かが連勝止めろよ~という気持ちもあったので、敗れた瞬間は残念にも思いつつ、この連勝を稀勢の里が止めたという点では嬉しくも思いました。

稀勢の里はねぇ、白鵬を負かすくらいの力は持っているんだから、いつまでも平幕~関脇を行ったり来たりしてないで、早くその上の番付を狙えるくらいの安定感が欲しいですよね。
38歳の魁皇が唯一の日本人大関やってんだもん、早く若手の日本人力士がその地位に方を並べてほしいです。
そういう意味で今最も期待しているのが栃煌山なのですが、今日は豊真将に負けてしまいましたね。まだまだ場所はスタートしたばっかりなので、しっかり立て直していってほしいと思います。


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓

# 朝青龍引退。

泥酔暴行問題で、渦中の横綱朝青龍がついに引退を表明しました。
・・・・・・・・。
私は正直言うと、朝青龍にはいなくなってほしくはありませんでした。
これまで「お騒がせ横綱」として様々な騒動を引き起こし、そのたびに何度も呆れさせられてきました。
例のサッカー問題の時も、「もう格闘技にでも転向しちゃえば?」とか思いつつ…たしかブログにもそんなことを書いていた気がしますが、 それでも心のどこかでは、朝青龍のいない相撲界はつまんないだろうなぁと思っていました。
なので今回の問題が浮上してきたときには、呆れるというよりも、「今回ばかりはもう…」と、今日のような日が来ることが脳裏を過り、何だか残念な気持ちになりましたね。
自分が引き起こした騒動による自業自得の引退なわけですけど、こんな形で相撲界を去ることになるとは朝青龍自身も思っていなかったでしょう。
品格品格と散々言われ続けてきましたが、結局最後も自身の品格が災いとなってしました。
朝青龍自身が悪いのは言うまでもありませんが、親方も親方だと思いますけどね。
騒動でメディアが騒いでいる中、親方が飲み歩いて泥酔して部屋に帰って来るとかさ…。ありえねーって思った。
引退会見では朝青龍が涙ぐむ場面もありましたけど、今頃泣いて後悔したって遅いのさ。ほんと取り返しのつかないことしちゃったね。

来場所から一人横綱を務めることとなった白鵬も動揺を隠せず、朝青龍の引退に対し、涙を流しながら会見を行っていました。
なんだか心にぽっかりと穴が開いてしまったような感じで、気持ちの整理が付くまではだいぶ時間が掛かるのではないでしょうか。
切磋琢磨してきたライバルを突然失い、どこか気が抜けてしまわないか…そっちも心配かな…。

相撲協会はこれで悩みの種がひとつ減ったのでしょうが、それと同時に失ったものも多いと思います。
確かに朝青龍はどこか品格の欠けた横綱であり、朝青龍を真っ向から否定する人も多かったのは事実。 それでも愛くるしい笑顔や、どこか憎めないキャラで人気も非常に高い力士でした。そして何より強かった…。
朝青龍がいるからこそ、会場まで相撲を見に来る方や、TVで観戦する方も多かったはずです。
なんだかんだ言って、朝青龍と白鵬が優勝を争っている場所って面白かったし興奮したし…もうそれが見れないとなると、やっぱり寂しい気持ちです。
空席目立つ大阪場所…そんなことにならないかと心配ですね。

現在の実力では白鵬が頭ひとつ抜け出ている状況ですが、毎場所毎場所白鵬が13日目14日目で余裕の優勝を掻っ攫うようなシケた場所が続かないよう、 他の力士たちには奮起してほしいものです。


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓

# 大相撲初場所~14日目 横綱朝青龍V

横綱朝青龍が歴代3位となる25回目の優勝!

まさかねぇ…白鵬が終盤で連敗するなんて思ってもみなかった。
魁皇に負けるまでは、きっと面白い千秋楽になるんだろうなぁと期待してたのになぁ。
まぁ最終的にはどっちが勝ってもいいんだけど、14日目の優勝決定はちょっと残念。

にしても、勝ち続けてるときの朝青龍ったら強いね…。
この調子だと明日の横綱同士の一番も勝っちゃうのかなぁ…白鵬が意地を見せてくれることに期待。


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓

# カレンダー

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

# 2016-2017 シーズン

▼国別対抗戦
男子SP/女子SP/アイスダンスSD
男子FS/ペアSP/アイスダンスFD
女子FS/ペアFS

▼世界選手権
 男子結果   女子結果

▼四大陸選手権
 男子結果   女子結果

▼全日本選手権
 男子結果   女子結果

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 スケート・アメリカ
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 ロステレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 フランス杯
 男子結果   女子結果

 ▽第5戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第6戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

 ▽グランプリファイナル
 男子結果   女子結果

▼ジャパンオープン
 結果

■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索