フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# ALI PROJECT TOUR 2012 『真偽贋作博覧会』

先週土曜日、2年ぶりとなるアリプロのツアーを見に中野サンプラザに行ってきました。
東京公演のセットリストです。↓

-Opning SE-
01.贋作師
02.ALICE同罪イノセント
03.禁じられた遊び
04.聖少女領域
05.蓮華幽恋
06.北京LOVERS
07.KING KNIGHT
08.GOD DIVA
09.逝ける王女の肖像画
10.Arabesque Romanesque
11.真偽贋者遊覧会
12.野性双生児
13.凶夢伝染
14.亡國覚醒カタルシス
15.La verite
16.真夏の憂愁夫人
17.お毒味LADY
18.暗黒サイケデリック
19.未來のイヴ

-Encore-
20.天譴と超克
21.RED WALTZ
22.愛と誠

週末の東京は暑かったです (;´∀`) 湿度も伴ってジメジメ
土曜日は16時過ぎにホテルにチェックインし、一息ついたあとにふとチケットに目をやったら、「開場17:00」と記載されていてびっくり
ずっと18時開場だと思い込んでた Σ(゚Д゚ )
急いで服着替えーの髪セットしーの歯磨きーので、つい今さっきまでの余裕モードが一転。 ライブに不必要な荷物をバッグから放り出し、慌しく中野に向けて出発(笑)

中野に着いたのが開場時刻ギリギリということもあり、会場前は既に大勢の人で溢れていました。
列の最後尾に並んだら隣の人に声を掛けられて、「周りにアリプロに興味を持ってくれる人がいなくて・・・」とか、 「最初は着ていく服悩みますよねー」などなど、アリプロファンならではの"あるある話"を。。。 お互い初対面だから会話がぎこちなかったけど(笑)、こういうの初めてだから嬉しかったです。

そうこうしているうちに列が動き出して会場内へ。
物販でパンフとストラップをGETしてホールに入ると、中では「贋作師」の音楽が流れていました。
今回はステージ自体が巨大な額縁のような感じに作られていて、なるほどなぁ、と感心。

午後6時。
オープニングSEは今回のために作られた新しいインストの模様。
まずバイオリンガイズの2人が登場し、少しの間を置いて片倉さん、さらに少しの間をおいて、ジャケ写姿のアリカさんが登場。

01.贋作師

オープニングはやっぱりこの曲ですね。ライト眩しかったー。
アリカさんの第一声が発せられる瞬間とか、重低音が胸にズーンと響いてくる感じとか、 コンサートの初っ端ってすごくワクワクします。

02.ALICE同罪イノセント
03.禁じられた遊び
04.聖少女領域

ALICEがローゼンメイデンを意識して作った曲ということもあるので、 きっとローゼンつながりで聖少女は来るだろうなぁと予想していましたが、さらに禁じられた遊びも聞けるとは胸熱でした。

-MC-

05.蓮華幽恋
06.北京LOVERS

北京は間奏歌唱有りのライブバージョンです。
MCでの、「この時期に北京の歌を歌っていいのかどうか・・・」で会場笑。
また、アリカさんが会場に来るときに、旭日旗を付けて、 「若者よ 日本のために鬼になれ!」みたいなメッセージの車を見かけた…と仰っていたけど、 次の日の午前中に原宿を歩いてたら、同じような車が3台くらい連続で走っていくのを見ました。ああ、これのことかな・・・と。
信号待ちで止まったときに写真撮りたかったけど、もしも絡まれたら怖いのでやめておきました。(笑)

-MC-

07.KING KNIGHT
08.GOD DIVA

冒頭の高い声が難しい2曲。
これを生で連続して聴けるとは!!
フツーに歌えていてびっくりですね・・・さすが。

09.逝ける王女の肖像画

上からワイヤーで吊られた額縁が降りてきてアリカさんの前に。
私は少し角度のある席からの鑑賞でしたが、正面から見たら綺麗な絵のように見えたことでしょう。 この歌が終わると、アリカさんは衣装チェンジのため一旦退場します。

10.Arabesque Romanesque

エロヘレに収録されているオリジナルバージョンです。
アリプロのインストにも好きな曲はたくさんありますが、私が最も好きなのがこの「Arabesque Romanesque」 いつか聴ければと思っていたので嬉しすぎです。
他の公演でも演奏されていたようですが、今回は事前の情報をシャットアウトしていたので、 イントロが来た瞬間に鳥肌が立ちました!インストでこんなに胸熱になる曲はなかなか無いです。
今度のソワレあたりではピアノも入れて、「柔らかな肌」とかやってほしいなぁ~。

11.真偽贋者遊覧会
12.野性双生児

いつの間にかステージ中ほどの両サイドにも額縁が降りていて、ここでようやくドラァグが登場。
まずは おりぃぶさんとインガぴょん吉のお二人。衣装チェンジを終えたアリカさんはステージ後方から登場です。
「野性双生児」では りんごさん と ららみぃさんも登場して、ステージが賑やかになりました。
アリカさんが曲紹介をした時、「野生ソーセージ」に聴こえて一瞬笑いそうになった、サーセン(笑)

-MC-

今年は久しぶりにシングルを出したということで「凶夢伝染」の話に。
カルナバルで登場してくれた綾辻さんとは、いまや「アリカたん」「綾辻たん」と呼ぶ仲だそう・・・マジ??(笑)
綾辻さんのtwitter見た感じだと、会場のどこかで観ていらしたようですね☆

13.凶夢伝染
14.亡國覚醒カタルシス

-MC-

15.La verite
16.真夏の憂愁夫人

-メンバー紹介-

最初はドラァグからの紹介・・・のはずが、一向に出てこないドラァグ(笑)
最初はバイオリンからの紹介の予定をドラァグからに変更したのを伝え忘れたそう(笑)

おりぃぶぅ~!
とコールしてから暫く間が空いて、ようやくおりぃぶさん登場。
順々にメンバー紹介して、殿のところでは「ミッキー!!」と多数の声が飛んでいました。 嬉しそうな片倉さんヾ(*´∀`*)ノ

17.お毒味LADY
18.暗黒サイケデリック
19.未來のイヴ

汎新ツアーの時もカルナバルの時もイヴが聴けなくて残念だったのですが、今回ようやく聴けて満足!
イヴの間奏の時には、毒食ツアーの時と同じように、アリカさんがステージ左右中央に移動してお辞儀するシーンもありました。

「どうもありがとう。」
と、いつもの言葉で一行はご退場。

アンコールの前には、ステージ後方のスクリーンにて大阪公演?の様子が映し出されました。 やっぱ大阪公演って盛り上がるんですね~。
普段東京公演では喋らない片倉さんのMCがあったりとか、観客をバックに写メ撮ったりとか、ちょっと羨ましいな!

-MC-

メンバー再登場。アリカさんは再度衣装が変わっています。
アリカさんが喋っている途中で片倉さんや杉野さんが観客に手ふったりしていて、それにお客さんが反応するものだから、そのたびに話を止めて後ろを振り返るアリカさんが面白かった。

ア「もう自由にやって下さい。」(笑)

20.天譴と超克
21.RED WALTZ

「天譴と超克」はホント勇ましくてカッコいい。
「RED WALTZ」は個人的に贋作師の中で1位2位を争う好きな曲。どっぷり聴き入ってしまいました。

-MC-

最後にアリプロの大事な曲を。ということで、披露にされたのは「愛と誠」

22.愛と誠

手拍子あいまこはちょっと違和感あったけど、まぁ最後だしいいっか。
最後のサビのところでは、両サイドから花吹雪をイメージした紙吹雪がふきだして、いかにもフィナーレ的な演出になっていました。

「どうもありがとうございました。また会いましょう。」
というアリカさんの一声で、今年のツアーも無事、幕を閉じました。
全22曲、2時間半。終わってみるとホントあっという間だったなーと思います。

ライブ中のMCで来年のことなんかも話していらっしゃいましたが、 リリースもありそうだしライブもありそうだし、またそれも楽しみにしたいと思います。
ちなみに今回のライブでは、会場にカメラも入っていたのでおそらくDVD化があると思われます。 パンフの最後に DVD Staff という記載もあるしね、確定だと思います。
いつものパターンだと、ライブが終わって3か月後くらいにリリースされているので、年末とか来年初め頃には出るのではないでしょうか。
今回観に来れなかった方はDVDが楽しみですね。


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
スポンサーサイト

# ALI PROJECT ニュー・アルバム 『贋作師』 +α

久しぶりのアリプロ記事です。また暫くバレーの記事更新が続きそうなので、その前にと思い。。。
ようやく公式HPにもニューアルバムの詳細が掲載されたので、その話題とライブツアーの日程などをまとめておきたいと思います。

まずは、ニューアルバムの 『贋作師』
オリジナルアルバムとしては、「汎新日本主義」以来およそ2年ぶりということもあり、 私も含めいつも以上に期待に胸を膨らませている方が多いのではないでしょうか。
発売日が来月18日ということなので、あと1ヶ月ちょっとの辛抱ですね。

贋作師

『贋作師』
2012/7/18 Release
徳間ジャパンコミュニケーションズ
TKCU-77139 ¥3,000(税込)

01.贋作師
02.ALICE同罪イノセント
03.蓮華幽恋
04.真偽贋者遊覧会
05.La vérité
06.野性双生児
07.逝ける王女の肖像画
08.真夏の憂愁夫人
09.天譴と超克
10.RED WALTZ

今回は恒例のインスト曲がなくて、10曲全てがヴォーカル入りの新曲だそうです。
最近のオリアルは2曲目のタイトルがやたら長いのが続いていたのですが、今回は普通でしたね(笑)
曲を聴けるのはまだ先ですが、個人的にはタイトルチューンの「贋作師」と、ツアータイトルに似ている「真偽贋者遊覧会」、 最後の「RED WALTZ」が、なんとなくお気に入りになりそうな気がしてます。アリプロのワルツはハズレないからね~。

そして、ニューアルバム発売のあとは、おまちかねのツアーが行なわれます。

▼ALI PROJECT TOUR 2012 『真偽贋作博覧会』
▽2012/9/13(木)
福岡DRUM Be-1
OPEN 18:15/START 19:00

▽2012/9/15(土)
なんばHatch
OPEN 17:00/START 18:00

▽2012/9/16(日)
名古屋DIAMOND HALL
OPEN 17:00/START 18:00

▽2012/9/29(土)
中野サンプラザ
OPEN 17:00/START 18:00

勇侠会や先行のチケット受付は既に終了していますが、7/28から一般発売があるとのことです。
会場のキャパ的には汎新ツアーよりも小さくなってるよなー・・・。その点ちと残念だが、その分近くで見れる可能性があるということで。
中野は全席指定だから運に頼るしかないけど、今度こそは真ん中のほうでステージを見れれば嬉しい・・・!
見やすい見にくいは別として、毎回お世辞にも真ん中とは言い難い角度の席が当たるので・・・(笑)
ファンクラブの会員を増やしたいんだったら、そういう点も考慮した特典があってもいいんじゃないのかな・・・?
まぁ、会場で生で歌を聴けるだけで贅沢なんですけどね~。

それから、今年もファンクラブ会員限定イベントの開催が決定したそうです。

『勇侠園遊会 其ノ二』
▽2012/7/16(月/祝)
Club IKSPIARI (舞浜)

▽2012/7/28(土)
フラミンゴジアルーシャ (大阪)

去年リクエストが多かったようですが、今年は西と東での開催ですね。
イクスピアリってディズニーリゾートじゃないですか~、いいですね!
開催日から考えると、このイベントでアルバム曲の披露があるかも…?と思ったけど、ツアーまで歌わないんだったっけか??
どちらにせよ、美味な食事も付いて贅沢なひと時になることでしょう。


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓

# 凶夢伝染カルナバル

久しぶりのアリプロ記事です!
ブログの説明文に「アリプロの最新情報はもちろん」などと書いておきながら、実に7ヶ月ぶりのアリプロ記事とか…(;´∀`)
先週土曜日、『凶夢伝染カルナバル』を見に中野サンプラザに行って来ました。
簡単にですがレポート書きたいと思います。


土曜日午後5時前。
宿泊先の新宿駅から中央線の快速に乗って中野駅に到着。
中野サンプラザは駅から徒歩1~2分程度と近く、初めて会場に足を運ぶ人にも分かり易くて助かりました。
自分が到着したのは開場時間のあよそ10分前ということもあり、既に物販は一時終了していて、開場を待つ人の列が出来ていました。
来場者の年齢は幅広い感じでしたが、やっぱりオシャレに着飾った若い女の子の姿が目立ちます。

予定の開場時刻から5分ほど遅れて入場が始まりました。
最近カネ使いすぎの関係で、今回はグッズ販売もスルーし即行自分の席へ。
会場内には昨年発売のストリングスアルバム「Les Papillons」の曲が流されていました。

そして午後6時過ぎ。
会場の照明が落とされ、ブルーのスポットライトがステージと会場を妖しく照らします。
この時にBGMも流れていたのですが、初めて耳にした音楽でタイトルは分かりませんでした…。
会場一体の大きな拍手に出迎えられ、まずはバイオリンガイズと片倉さんが入場。少しの間をおいてアリカさんもご登場です。
アリカさんは「凶夢伝染」のPVで着ていた黒い衣装で、頭にはしっかり鹿の角も付いていました。・・・近寄ったら危なそうですね(笑)

まずは『凶夢伝染』で勇壮にスタート。
毎回コンサートに来て最初の思うこと・・・やっぱり生はイイ!
いくら大音量で良い環境でCDを聴いていても味わえない感動ですよね~。

今回のライブは、"テーマ別"というか"シリーズ別"?みたいに曲を分けて披露されました。
まずは「地獄シリーズ」ということで、

『地獄の季節 』
『地獄の門 』
『わが臈たし悪の華』

の3曲が続けて披露されました。
オープニングにはいなかったアリアリポンチカの4人も登場し、ステージはさらに華やかさを増します。
聴いてる方はテンション上がりまくりでメッチャ興奮するんですけど、 唄う側としては「地獄の門」と「臈たし」の連荘はキツいだろうなぁ…なんて思ってたら、 MCでも「いきなり地獄シリーズはキツイですね・・・」とアリカさん(笑)

続いて読書のお話になり、本繋がりで

『禁書』

そして、鹿角衣装繋がりで

『アラ皮』

の2曲を歌い上げ、一同は一旦退場です。
退場に合わせてステージ上にはスクリーンが降りてきて、 「凶夢伝染」のPVとメイキング映像、アニメ「Another」のOP映像が流されました。
メイキング映像はシングルのDVDには入っていなかったので、今回が初出し映像かな?

続いては、「Another」の著者である綾辻行人さんとアリプロお二人によるトークショーが行なわれました。
それに先立ち、ドラァグクイーンのインガぴょん吉が綾辻さんの経歴などをご紹介。
司会としてのインガさんの登場に会場は薄っすらと笑い声。 すかさず「ん?なんすか、このビミョーな笑い声は(笑)」と切り返すインガさんに再び笑。

綾辻さんとアリプロの二人が登場。
着席した3人に、おりぃぶさんがteaを運んでました。
アリカさんは衣装チェンジを済ませ、髪もドレスも右半分が白で左半分が赤(逆かも)…みたいな感じだったかな。
トークショーでは、綾辻さんとアリプロの出逢いとか、本や作家についてのトークが行なわれました。
綾辻先生、マイクの持ち方がおしゃれでしたね、指をクロスさせて、親指でマイクを挟む感じ…?
最近あまり読書はしていなかったけど、3人のトークを聞いていたら先生の本を読んでみたくなりました。今度本屋に行ったら探してみようかな。

トークショーが終わり、ライブを再開。
先生の希望曲として、

『昭和恋々幻燈館』

ジャズっぽい曲繋がりとして、

『極色一代女』

が披露されました。

「昭和恋々幻燈館」はサプライズって感じでしたねぇ。ライブでは多分初披露とのことです。 ソワレで歌われる曲ではないし、雰囲気的にも普段のライブのセットリストにはなかなか入ってこない曲なのでホント貴重でした。
「極色一代女」はノリの良い曲ということもあって、最初からリズムを取ったり手拍子する人が多かったです。

続いては「暗黒シリーズ」ということで、

『暗黒天国』
『裸々イヴ新世紀』
『暗黒サイケデリック』

の3曲を披露。
「裸々イヴ」は「暗黒」って感じの曲ではないですが、歌詞に「暗黒」という言葉が出てくるので「暗黒シリーズ」に加えたらしいです。
ららいぶはいつか生で聴きたいと思ってたから嬉しかった。サビの部分の振りをやってる人が多かったです。 暗黒サイケの手拍子はもうお馴染みですね。

このあとのMCではアルバムの予定とかツアーの予定にも触れられていましたが、 これは公式発表があるまでは書かない方がいいかなぁ…と思うので書かないでおきます。
会場に来れなかった人は、発表まで楽しみに待っていてください。

次はホラーシリーズとして以下の4曲。

『阿芙蓉寝台』
『胎内ヒトガタ遊戯』
『夜見のたそがれの、うつろなる蒼き瞳の。』
『月蝕グランギニョル』

この4曲はほとんど間髪入れずに披露されたので、曲間で拍手をするべきかしないべきか迷った…。拍手しかけたらもう次の曲が流れてきて「およよよよ!」みたいな(笑)
凶夢伝染のCDの中でも私は「夜見のたそがれの~」がすごい好きなんですよね。
なかなかやらなかったから今回は無し?と思ってたので、イントロが来た瞬間キタキタキター!って感じでした(笑) アリプロの3拍子の曲ってホントどれも素晴らしいですね!
グランギニョを歌い終えると、いつもの「どうもありがとう」の一声で一同はご退場。

鳴り止まぬ拍手が数分間続き、再びバイオリンガイズの二人と片倉さんが登場すると、拍手の音は更に大きさを増しました。
宙吊りになっていた人形をツンツンして笑いを取っる杉野さん。
それを見た片倉さんは、キーボードの前に立っていたグロテスクな人形をグラグラと揺すって笑いを誘ってました。 つよぽんも…何かやってたっけかな?(笑)

そして、凶夢伝染PVのゾンビ衣装のアリカさんがご登場。

で、披露されたのがなんとなんと…

『共月亭で逢いましょう』

・・・の、ゾンビVer.(笑)
MCでアリカさんも、「この衣装でやるのもナンですが・・・」
と仰ってましたが、綾辻さんたってのご希望で歌うことになったようです。
考えてみると、ソワレでストリングスバージョンを聴く機会はあっても、オリジナルバージョンの共月亭ってのはかなりレアな気がする…!
衣装に加え、後ろにグロい人形がいっぱいぶら下がっていたから違和感はありましたけど、 歌声が本当に安定していて綺麗で、やっぱり鳥肌立ちましたね。

ここで恒例のメンバー紹介。
殿の時には「ミッキー!」のコールが無数にとんでました。
今回のアリアリポンチカは、インガぴょん吉、おりぃぶ、ららみぃ、りんご の4人でした。(敬称略)

最後は、ゾンビ衣装での『凶夢伝染』!!

「どうもありがとう~、また会いましょう」
とアリカさんがお馴染みの一言を残してライブは終了。計2時間半の公演でした。

今回はトークショーがあったので曲数は少なめなのかな?と思っていましたが、 普段のツアー並みに聴くことができて大満足です。なかなか披露されない曲も聴けたし、音響も良かったしね。
今回は行くかどうか迷ってたんですが、やっぱり行って良かったです。
普段のツアーだけではなく、またこういうイベントもやってほしいなぁと思いました。

そういえば今回、数量限定で福袋を販売するって告知があったけど、 アリカさんが以前「不評だった」と話していた「おさるぐるみぃ」はやっぱり入ってたのかな?在庫ありそうだし(笑)気になる。


2012/02/18 『凶夢伝染カルナバル』 IN 中野サンプラザ
セットリスト

01.凶夢伝染

02.地獄の季節
03.地獄の門
04.わが臈たし悪の華

05.禁書
06.アラ皮

綾辻行人&ALI PROJECT トークショー

07.昭和恋々幻燈館
08.極色一代女

09.暗黒天国
10.裸々イヴ新世紀
11.暗黒サイケデリック

12.阿芙蓉寝台
13.胎内ヒトガタ遊戯
14.夜見のたそがれの、うつろなる蒼き瞳の。
15.月蝕グランギニョル

16.共月亭で逢いましょう

17.凶夢伝染



ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓

# ALI PROJECT 『月光ソワレⅦ ~Les Papillons~』

7月6日水曜日。ALI PROJECTのコンサート『月光ソワレⅦ ~Les Papillons~』を観るべく、渋谷のNHKホールに行ってまいりました。 以下は、当日のセットリストです。

01.パピヨン輪廻
02.胡蝶夢心中
-MC-
03.秘密の花園
04.天体瑠璃星万華鏡
-MC-
05.眼帯兎と包帯羊のMarchen
-MC-
06.エルフの娘は地上に降り
07.灰桜
08.Les Papillons -inst.-
09.革命の血脈
10.亂世エロイカ -Strings ver.-
-MC-

*~* 片倉コーナー *~*
11.Troubadour
12.絶國TEMPEST
-殿からのお知らせ-
*~*~*~*~*~*~*~*

-MC-

13.修羅と蝶
14.百合の日々は追憶の中に潜み薫る
-MC-
15.逢魔蛾城の伯爵
16.この國よ静かに目覚めたまえ -inst.-
17.君の名を
-MC-
18.共月亭で逢いましょう

-ご挨拶-

前半はパピヨンの曲を中心に、静かめ曲が次々と披露されていきます。
伸びやかで綺麗な歌声にうっとり。アリカさんも調子よさそうでした。
それで心地良くなったのか分からないけど、となりのおじさんが寝落ちしそうだったのが気になってしかたなかった(;^ω^)( ̄q ̄)

8曲目、「Les Papillon」のインスト曲を挟み、アリカさんは真っ赤なドレスへと衣装チェンジ。これは「QUEENDOM」の時の衣装だったかな?
ここから、「革命の血脈」「亂世エロイカ」と勇ましい曲が続き、MCを挟んで片倉コーナーへ。
殿の登場に、会場からは大きな拍手と歓声が沸き起こります。

今回の片倉コーナーは2曲。
いつもは3曲やっているのですが、片倉さんが「2曲でいいよ!」と言ったのでそうなったらしい。 片倉さんの前方の席からは「( ´゚д゚`)エーッ !」の声。「あとで喋ってもらいましょう。」とアリカさん。

プログラムには曲名が記載されておらず、何をやるかはお楽しみ状態でしたが、披露されたのは、「Troubadour」と「絶國TEMPEST」の2曲。
赤いドレスで出てきた地点で「Troubadour」は絶対やるだろうと思っていたし、直前のMCでも言っていたのですが、 次の「絶國TEMPEST」は予想外でした。イントロが流れても一瞬何の曲か分からなかったけど、絶國と分かった瞬間すごく興奮しました。
2曲とも、CDとはまた一味も二味も違って、とてもカッコよかったです。
一音一音が胸にズンズン響いてくるあの感じは、やっぱり生ならではですね。
「Troubadour」の時の照明が、去年の「Poisoner」並みに眩しかった!

続いて殿からのお知らせ。
「元気ぃーー?会いたかったよー」と片倉さん(笑)
会場からは「ミッキー!」の声。
「もっと言ってーー」と片倉さん。
こだまのように、次々「ミッキーッ!」の声。しかし…

殿 「男ばっかりだな~…」

会場大爆笑。
再び「ミッキー!」の声が飛び交うと、今度は女性率が高くて殿も満足そう(笑)

ファンクラブ会員限定のトークショー&ライヴがあるとのお知らせ。
日付を発表するときに、用意していたメモが暗くて見えなかったのか、
殿 「8月にじゅう・・・あれ?見えねぇ…(汗)」 再び会場笑。

イベントは、8月21日に恵比寿act squareで2回あるらしい。しかもディナー付きとのことです。詳細は追って発表される模様。

殿 「歌って欲しいあんな白アリ、こんな白アリがあったらぜひ。」
ア 「募集するんですか(苦笑)」
殿 「募集します」
ア 「ガーーン」

あんな白アリ・こんな白アリって…あれしかないっしょ(笑)

ア 「じゃあ、ファンクラブに入っていない人は入ったほうがいいですね。」
殿 「強制?」
ア 「強制じゃないけど、私なら入りますね!」
殿 「僕も入るよ。ゆうくんも入るよね?・・・あ、もう入ってる?」

こんな感じのMCだったかなぁ。面白かった(笑)
汎新ツアーのファイナルでは片倉さんのMCは一切無かったので、今回は沢山喋ってくれて満足。

14曲目、「ユリの歌」のあとには、10月のV-ROCKにアリプロが出演するというお知らせ。
アリプロはV系なのか?という話題で、

「つよぽん と ゆうくんが髪立てて化粧すればいいんじゃない?昔のXみたいに。そのときはモチロン殿もです。 見た目がV系になれば文句言われないでしょ」

会場は笑いと拍手。

そして、プログラム上の最後の曲「逢魔蛾城の伯爵」を披露して、一同退場。

数十秒後、鳴り止まぬ拍手の中、バイオリンガイズと指揮者の平野さんが再登場し、 インスト曲「この國よ静かに目覚めたまえ」が演奏されました。
アリカさんが再登場し、「君の名を」を披露。

この曲は震災での悲しい出来事が元になっているので、その後のMCでそんなお話もされていたのですが、

「アリプロは、被災地で歌を歌って励ますということはしないのですが… というか、アリプロが被災地に行って"亡國覚醒カタルシス"とか歌っても誰も喜ばないでしょ。」で、会場笑。
まぁ、私だったら喜ぶけど、ほとんどの人は( ゚д゚)ポカーン…だよねきっと(笑)

今回は新しい曲がほとんどを占めたのですが、いつかは生で聴きたいと思っていた 「共月亭で逢いましょう」が、最後の最後に披露されてすごく感動しました。
アリカさんのMCで、「明日は七夕なので、この曲しかないでしょう。"共月亭で逢いましょう"」と紹介された瞬間、 思わず小声で「おぉーーー!」と言ってしまったのですが、後ろからも同じような声がチラホラ聴こえました。 きっと、ひそかに期待していた人も多かったのでしょう。
それにしても、この曲を生演奏+生歌で聴けるなんて贅沢すぎる!アリカさんの喉も絶好調っぽかったし、 聴いていた私は鳥肌が立ちっぱなしでした。

メンバー紹介を終え一旦退場するも、片倉さんを加えた面々が再度入場。
アリカさんが、殿に挨拶をするよう促す仕草を見せるも、 「コンサートマスターの紹介してないでしょ!」と指摘され、平謝り。
殿からの紹介があったあと、アリカさんの締めの挨拶があり、今年の月光ソワレは幕を閉じました。


20110707_02.jpg


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓

# レ・パピヨン

Les Papillons
ALI PROJECTのストリングスアルバム「Les Papillons」が発売になったので、来週のコンサートへ向け只今ヘビロテ中。
最初に聴いた時は、「これ、1週間じゃとても覚えられねーー(汗)」 と思うほど、音程やリズムが途轍もなく難しく感じたのだけど、一夜明けたらアラ不思議…。
なんだか脳が覚えていてくれたみたいで、頭の中で思い描いた音程やリズムがほぼ一致するようになってました。
さすがに歌詞まで全部覚えるのは厳しいけど、ほとんど口ずさめるくらいにはなったし、これでソワレへの準備は万端かな~!

今回は、「天体瑠璃星万華鏡」や「パピヨン輪廻」、「革命の血脈」あたりが人気ありそうな感じでしょうか。
私もこの3曲はお気に入りなのですが、「革命の血脈」は普段のアリプロのような世界観で真っ先に好きになりました。
既存曲をストリングスやオーケストラにアレンジするのが通例だけど、この曲に関しては逆アレンジでも聴いてみたいなと思った次第です。
それから、今回のインストが個人的に好きだなぁ。一番再生数多いかも。。

数日後にこれらを生で聴けるんだなぁと、いろいろとその光景を想像して、すごく楽しみな気持ちになっています。
当日の天気は、今のところ「曇り時々晴れ」 最高気温31℃の予報!
太陽ギラギラなのはキツイけど、雨に降られるよりは全然いいかな~。
でもロリィタファッションで来る子とかは暑そうだね。
コンサートに行く方は熱中症にならないようにお気をつけください。
ってか、人の心配をする以前に、暑さに弱い自分がぶっ倒れないか一番心配だわ。

いやー、あと3日が待ち遠しい。「もーいーくつ寝ーるーとぉ~」の状態だ。
…あ?そーいや、まだ高速バスの決済してなかったな~。
ってあれ…?自分、なんて名前のホテルに泊まるんだったっけ?つーか、そのホテルどの辺にあるんだっけか?
ん?それに、そっからNHKホールまでどうやって行きゃいいんだ!?
…って全然準備万端じゃねえええええ!
いかんいかん、そろそろ必要な情報を調べておかないと…。


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓

# カレンダー

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

# 2016-2017 シーズン

▼国別対抗戦
男子SP/女子SP/アイスダンスSD
男子FS/ペアSP/アイスダンスFD
女子FS/ペアFS

▼世界選手権
 男子結果   女子結果

▼四大陸選手権
 男子結果   女子結果

▼全日本選手権
 男子結果   女子結果

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 スケート・アメリカ
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 ロステレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 フランス杯
 男子結果   女子結果

 ▽第5戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第6戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

 ▽グランプリファイナル
 男子結果   女子結果

▼ジャパンオープン
 結果

■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。