フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# 世界バレー男子 2nd Round VS ロシア

●日本 0 - 3 ロシア○
    20 - 25
    18 - 25
    20 - 25

世界バレー男子第2次ラウンド最終戦。
日本は世界ランク3位のロシアにストレートで敗れ、4勝3敗のA組4位で第2次ラウンドを終えました。

終始ロシアの高さと強烈なスパイクサーブに苦しめられ、リズムを掴むことができませんでしたね。
うまいぐあいにブロックアウトなどで得点を重ねる場面もありましたが、実力で上回るロシアには敵いませんでした。

それにしてもロシア!215cmとか217cmとか・・・なにをしたらそんなに伸びるのよ・・・違う次元の生物みたいです(笑)

さて、2次ラウンドを4位で通過した日本は、3日後の土曜日から決勝ラウンド(5位~8位決定戦)で残り2試合を戦います。
最初の相手は、F組3位(5勝2敗・WR6位)のフランスに決まりました。
これに勝てば5位・6位決定戦に進み、負ければ7位・8位決定戦に回ることになります。

第2次ラウンドのE組、F組の最終順位は以下の通りです。

【E組】
1.ポーランド(7勝・WR8位)
2.セルビア・モンテネグロ(6勝1敗・WR4位)
3.ロシア(5勝2敗・WR3位)
4.日本(4勝3敗・WR10位)
5.プエルトリコ(2勝5敗・WR23位)
6.カナダ(2勝5敗・WR12位)
7.アルゼンチン(1勝6敗・WR7位)
8.チュニジア(1勝6敗・WR17位)

【F組】
1.ブラジル(6勝1敗・WR1位)
2.ブルガリア(6勝1敗・WR18位)
3.フランス(5勝2敗・WR6位)
4.イタリア(4勝3敗・WR2位)
5.アメリカ(3勝4敗・WR5位)
6.ドイツ(2勝5敗・WR32位)
7.チェコ(1勝6敗・WR27位)
8.キューバ(1勝6敗・WR16位)



ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# 世界バレー男子 2nd Round VS セルビア・モンテネグロ

●日本 0 - 3 セルビア・モンテネグロ○
    26 - 28
    16 - 25
    21 - 25

世界バレー男子第2次ラウンド。
今日は世界ランク4位のセルビア・モンテネグロにストレート負け。
これで4勝2敗とした日本は、決勝ラウンドで5位~8位決定戦に回ることが決定しました。

第1セットは良い競い合いとなり、終盤日本がリードする場面もあったんですが、最後逆転されてしまいました。
第2セットはセルビア・モンテネグロの一方的な展開で良いとこ無し。
第3セットはリードを許しながらもブロックが決まったりと追い縋るも、終盤にかけて差を離されてしまいました。

そういえば、セッターの阿部選手って不思議なくらいセンター攻撃を使わないんですよね・・・。気のせいですか?
センター攻撃って結構有効だと思うんですけど・・・。
阿部選手がセッターをやってる時は、斉藤選手や山村選手の存在感があまり無いように感じるんですよね。
最後に朝長選手に変わった時は早速センター攻撃使ってましたけども。

明日は第2次ラウンドの最終戦。
最終戦の相手は、世界ランク3位のロシアです。
今日のセルビア・モンテネグロより世界ランクでは上のチームです。
ロシアは日本と同じ4勝2敗ですので、明日勝てばE組3位となり、負ければ4位での通過となります。



ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# 世界バレー男子 2nd Round VS チュニジア

○日本 3 - 2 チュニジア●
    23 - 25
    23 - 25
    25 - 22
    25 - 23
    15 - 6

世界バレー男子第2次ラウンド。
やりましたね日本!セットカウント0-2からの大逆転勝利!
植田監督も感動の涙を見せていました。

チュニジアに2セットを連取され、TBSの放送時間からしても「あ~あ、こりゃストレート負けだな・・・」と思ってたのですがまさかの逆転劇・・・。
私はムカッとしてチャンネルを変えていたのですが、なんとなく戻してみたら5セット目をやってる・・・!?
「えっ・・・!?」と思って見ていたら、あれよあれよという間に日本がセットを取ってしまいました。
「あれ?勝っちゃったの!?」って感じです。
5セット目に15-6なんてなかなかないスコアですよね。
チュニジアは日本の押せ押せムードに呑み込まれてミスを連発、まさに自滅という感じでした。

しかしチュニジアってこんなに強いチームでしたっけ?
チュニジアには何だかんだ言って勝てるだろうと思って見ていたので、ちょっとびっくりしました。
第5セット以外は全部僅差ですからね。どっちに転んでもおかしくない試合でした。
こんなことなら3,4セット見ておくんだった・・・orz
きっと興奮しただろうに・・・・・・だってまさか勝つと思わなかったんだもんδ(⌒~⌒ι)

これで日本は4勝1敗とし、E組の4位以上が決まったことからベスト8入りが確定しました。
4年前の前大会では9位でしたので、まずはそれを上回ることに成功です。
日本男子のベスト8入りというのは、1982年大会以来24年ぶりなんだそうです。
確かに男子がこんなに勝ってるのって初めて見た気がします。
24年前なんて私生まれてませんもん・・・

明日はお休みで、明後日は世界ランク4位のセルビア・モンテネグロと戦います。
シドニー五輪の金メダルチームでもあるセルビア・モンテネグロは、ここまで1敗もせず全勝で来ています。
そう勝てる相手じゃないと思いますが、確か今年のワールドリーグで1回勝ってるんですよね。(相手はベストメンバーではなかったですが)
ぜひ金星を挙げてほしいです。

ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# 世界バレー男子 2nd Round VS カナダ

○日本 3 - 1 カナダ●
    23 - 25
    25 - 21
    25 - 17
    25 - 22

世界バレー男子第2次ラウンド。
日本は、世界ランク12位のカナダを3-1で下し、見事第2次ラウンドの初戦を白星で飾りました。
カナダはここまでブロックではナンバー1を誇っていたチームでしたので、どれだけブロックされるんだろうかとヒヤヒヤしていたのですが、終わってみれば6本。
試合の流れという面でブロックを抑えられたのは大きかったですね。
今日はそこそこサーブレシーブも良かったですし、なかなかいい攻撃ができていたのではないでしょうか。
エース山本選手が20得点、センターの斉藤選手は16得点の活躍でした。

これで日本は3勝1敗とし、現在E組の4位につけています。
あと1勝すれば、決勝ラウンドへの進出が決定します。
明日の相手は世界ランク17位のチュニジア。
そのあとに戦うチームは2つとも格上になるため、ぜひチュニジアには勝っておきたいところですね。

ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# 世界バレー男子 VS ポーランド

●日本 0 - 3 ポーランド○
    18 - 25
    21 - 25
    23 - 25

世界バレー男子。
1次ラウンド最終戦は、ここまで1セットも落としていないポーランドとの対決でしたが、結果は1セットも奪うことができずに完敗でした。
チャンスの場面でも相手のブロックにシャットアウトされる場面が目立ちましたね。

1次ラウンドの日本の成績は3勝2敗で、A組2位での通過となりました。
A組から2次ラウンドの進出を決めたのは以下のチームです。

1.ポーランド(5勝 WR8位)
2.日本(3勝2敗 WR10位)
3.アルゼンチン(2勝3敗 WR7位)
4.プエルトリコ(2勝3敗 WR23位)

5位の中国、6位のエジプトは1次ラウンド敗退です。

2次ラウンドへは、1次ラウンドの成績がそのまま持ち越されますが、敗退していったチームとの対戦成績は含まれません。
日本は3勝2敗ですが、エジプトからの1勝と、中国からの1敗は除かれ、2次ラウンドは2勝1敗の状態からスタートします。

2次ラウンドは日本はE組に入り、1次ラウンドでD組から勝ち上がった4チーム(F組)との対戦となります。
D組から勝ち上がった4チームは以下の通りです。

1.セルビア・モンテネグロ(5勝 WR4位)
2.ロシア(4勝1敗 WR3位)
3.カナダ(3勝2敗 WR12位)
4.チュニジア(2勝3敗 WR17位)

5位の韓国と、6位のカザフスタンは1次ラウンド敗退となりました。

2次ラウンドは25日から始まり、日本の初戦の相手はカナダに決まりました。
強豪ばかりですからかなり苦しい状況になると思いますが、世界ランク的に下位のチームからは確実に勝利を収めたいところです。

ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# 世界バレー男子 VS アルゼンチン

○日本 3 - 1 アルゼンチン●
    25 - 16
    22 - 25
    27 - 25
    27 - 25

世界バレー男子。日本は世界ランク7位のアルゼンチンを3-1で下し、2次ラウンド進出を決めました。
第1セットは越川選手の好サーブなどでいきなりの5連続ポイントを挙げ、上々のスタートを切ります。
その後もサーブレシーブがしっかり返り、このセットは25-16という大差をつけての勝利。

しかし第2セット。日本はまたもやサーブレシーブが乱れ始め、思うような攻撃ができません。
アルゼンチンのブロックもしっかりとつくようになり厳しい展開が続きます。
一旦は追いつくも、最後引き離されてこのセットは22-25で失います。

第3セットもあまり展開は変わらず、アルゼンチンに終盤までリードを許す厳しい展開。
22-24とセットポイントを握られ、諦めムードが漂いましたが・・・なんとここから奇跡の逆転劇を演じます。
粘って追いついた25-25からゴッツ石島のブロックが飛び出し、最後は相手のスパイクミスで27-25。

そして迎えた第4セットも激しい攻防になります。
お互いに一歩も引かない中で先にセットポイントを握ったのはアルゼンチン。
しかし日本が追いつき、またまた逆転劇が生まれます。
25-25から相手のオーバーネット、そして最後も相手のスパイクミスでゲームセット・・・。

まぁ相手のミスとはいえ勝ちは勝ちですから・・・僅差をモノにできて良かったです。
しかし相変わらずサーブレシーブの乱れやトスの悪さが目立ちますね・・・もう少しなんとかならないもんでしょうか。

これで3勝1敗とした日本は、明日の試合の結果に関係なくA組4位以上が確定したため、第2次ラウンドへの進出が決定しました。
明日の相手は現在A組首位のポーランド。(WR8位)
まだ1試合どころか、1セットたりとも落としていないチームなので苦戦しそうですが、いい結果を期待したいです。

ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# 大相撲九州場所 8日目 魁皇がカド番脱出!

大相撲九州場所8日目。
史上ワースト10度目のカド番で地元九州場所を迎えた大関魁皇が、出島を下して8連勝とし、見事無敗でカド番脱出を果たしました。

場所前は「何とか乗り越えてくれ・・・」と祈っていましたが、まさか初日からの8連勝でカド番を脱出するとは思いませんでした。
今日は土俵際まで攻め込まれる危ない場面もありましたが、最後は豪快な右上手投げで観客を沸かしてくれました。
なんだか久しぶりに"強い魁皇"ってのを見ている気がします。

1敗の栃東は、立ち会いの変化で苦手の雅山を下し1敗をキープ。
大関陣にはあんまりこういう相撲をしてほしくはないのですが、朝青龍に太刀打ちできる貴重な存在ですから良しとしましょうか。

ただ今日は横綱までもが立ち合いでやらかしてくれました。
先場所で完敗した稀勢の里を相手に、立ち合いでの"けたぐり"。
この一番は注目されていただけに、あっけない勝負にがっかりした方は多いはず・・・。
ゲストの黒木瞳さんも言っていましたが、やはりしっかりと組んだ相撲が見たかったです。
けたぐりも立派な技ですから決してやってはいけないことはないのですが、いつも真っ向勝負をしてくる横綱がああいうことをしてきたのでちょっとびっくりしました。
これで朝青龍も8戦全勝で勝ち越しを決めました。

もう一人全勝だった琴光喜は安馬に破れ初黒星。
千代大海は黒海を押し出して1敗をキープ。
琴欧洲は露鵬に一方的に破れ3敗目を喫してしまいましたので、もう優勝争いからは脱落したと言ってもいいでしょう。

明日からはいよいよ大関同士の対戦が始まります。
明日の注目は、栃東 対 魁皇 の一番でしょう。
でもこの対決はもっと後にしてほしかったかも。。
だってどっちが勝っても複雑なんだもん。
魁皇には全勝をキープしてもらいたいし、栃東にも2敗目は喫してほしくないし・・・。

朝青龍は、ここまで全敗の黒海と対戦です。
黒海はもうこんな状態ですから思いっきり当たっていってほしいです。
持ち前の馬力で過去2回横綱を倒しているんですからね。

残りの日は好取り組みが続きますが、大関陣はしっかり横綱についていってもらって、直接対決では誰かしら横綱に土をつけてほしいものです。
決して朝青龍が嫌いなわけではないのですが、優勝しすぎなんで・・・。

ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# 世界バレー男子 VS プエルトリコ

○日本 3 - 1 プエルトリコ●
    25 - 23
    25 - 20
    21 - 25
    36 - 34

世界バレー男子3日目、日本はプエルトリコを3-1で下して2勝目を挙げました。
2セットを連取したあとに第3セットを取られ、また嫌な展開になりかけていたのですが、第4セットは何とか日本が振り切ってくれました。
最後のラリーはホント見ごたえがありましたね。
一体いつまで続くんだろうか!?と思いました。
勝ったのでとりあえずはホッとしましたが、どうも日本は3セット目くらいになってくるとミスが目立ち始めますよね。

入れにいくサーブがネットに掛かる・・・
トスが合わない・・・
サーブレシーブがセッターにうまく返らない・・・

そこが気がかりなところです。

さて、これで2勝1敗とした日本は、明後日アルゼンチンとの対戦を向かえます。
アルゼンチンは世界ランク7位、日本より格上ですが、ここで勝って2次ラウンド進出を決めたいところです。
その次のポーランドは未だ1セットすら落とさない絶好調振りを見せているようなので・・・。

ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# 世界バレー男子 VS 中国

●日本 3 - 2 中国○
    25 - 22
    22 - 25
    20 - 25
    25 - 23
    13 - 15

世界バレー男子2日目、日本は中国にフルセットの末黒星を喫してしまいました。
中国はサーブが素晴らしかったですが、それにしても日本のサーブレシーブ成功率は悪すぎでした。 レシーブさえきっちり返れば強いはずなんだけどなぁ・・・。

これで日本は1勝1敗となった日本は、明日プエルトリコと対戦します。
プエルトリコは世界ランク23位。A組の残試合においては唯一の格下ですので、きっちり勝っておきたいところです。
プエルトリコは初戦で世界ランク7位のアルゼンチンを下していますから決して弱いチームではないはずです。
でも明日負けると結構やばくなってきますので、ぜひ頑張ってほしいところです。

ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# 世界バレー男子 VS エジプト

○日本 3 - 2 エジプト●
    25 - 13
    25 - 21
    23 - 25
    24 - 26
    15 - 12

世界バレーの男子大会が開幕しました。
初戦の相手は、世界ランク15位のエジプト。
日本は第1セットを25-13と大差で奪い、上々のスタートを切ります。
これを見た私は「もしかして楽勝?」と思ってしまったのですが、あっさり決着はつきませんでした。
2セットを連取したものの、第3,第4セットを最少得点差で競い負けるという嫌な展開に。
「これで負けたら最悪やわ~・・・」とモチベーションが下がってきてしまったのですが、なんとか日本は粘ってくれました。
15-12でフルセットの激闘に終止符を打ち、辛勝ながらも白星発進です。

私が期待していた越川選手はスタメンではなく、あまり出番がなかったのは残念でした。
それにしても36歳のベテラン荻野選手、頑張ってますね。

明日の対戦相手は、同じアジアの中国です。
その中国は世界ランク14位。日本とほとんど変わりません。
中国は今日の試合で、世界ランク8位のポーランドにストレート負けを喫しています。

ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# 世界バレー女子 Final Round VS 中国

●日本 0 - 3 中国○
    19 - 25
    22 - 25
    22 - 25

世界バレー女子決勝ラウンド最終戦。
5位を賭けた中国との対決でしたが、残念ながら日本はストレート負けを喫し、6位で今大会を終えました。
中国とはいつもそこそこいい試合をしているのですが、どうしても勝てないですねぇ。
勝てそうな気はするのだけど、結局はいつも3-0とか、良くても3-1くらいで負けてしまうんですよね。
「僅差の試合は多いけど勝てない」中国との"差"ってのは何なんでしょうね。
でも中国というチームはやっぱりすごいです。
基礎は本当にしっかりしていますし、何から何までが非の打ち所がないですもんね。
サーブやアタックがいいのはもちろんとして、多彩なコンビバレーも見事なものです。
日本の選手も中国から学ぶことっていうのは多いんでしょうね。
今日は敵いませんでしたが、ぜひとも今度はリベンジを果たしてもらいたいです。

さて!金メダルを賭けた決勝戦の結果はどうだったんでしょうか・・・!?

○ロシア 3 - 2 ブラジル●
     15 - 25
     25 - 23
     25 - 18
     20 - 25
     15 - 13

フルセットの大激闘の上、ロシアがブラジルを下して金メダルを勝ち取りました。
いや~、しかしすごい試合だったようですね。
ブラジルが負けたのなんてかなり久しぶりに見た気がします。
ロシアは見事2次ラウンドのリベンジを果たしました。

そして、銅メダルを賭けた3位決定戦は・・・

●イタリア 0 - 3 セルビア・モンテネグロ○
      22 - 25
      22 - 25
      21 - 25

何れのセットも僅差とはいえ、なんとセルビア・モンテネグロがイタリアにストレート勝ちです。
しかも1次ラウンドに続いてイタリア戦は2連勝ですからね~。
いやいや、世界ランク30位のセルビア・モンテネグロがメダルを獲得するなんて開幕前には誰が予想したでしょうか。
全大会覇者のイタリアはメダルに手が届かず、4位で今大会を終えました。

今大会、最終順位は以下のとおりです。

 1 ロシア (金)
 2 ブラジル (銀)
 3 セルビア・モンテネグロ (銅)
 4 イタリア
 5 中国
 6 日本
 7 キューバ
 8 オランダ
 9 アメリカ
10 トルコ
11 ドイツ
12 台湾

振り返ってみると、やっぱり初戦の台湾戦・・・!
アレを落としたのが痛かったです。
2次ラウンド初戦のキューバ戦も勝てない試合ではありませんでした。
やっぱり勝つべき試合をしっかり勝っていかないとメダルには届かないですね。

それから私個人としては、メグ・カナコンビがいなかったのが寂しかったです。
とくに"メグ"こと栗原選手はいい逸材なのに、ここんとこずっとケガに泣かされてますよねぇ。
ジャンプ・サーブも大きな武器でしたから、出ていたら大きな活躍をしてくれたことでしょう。
早くケガが癒えて、また全日本で戦う姿が見たいです。

なにはともあれ柳本ジャパン、お疲れ様でした!

明日からは早くも男子大会が開幕します。
植田ジャパンの世界ランクは10位。
アジア勢の中では一番上なのですが、いつもなかなか勝てないんですよね・・・。
どうしても女子大会に比べると興味も薄いんですが、最低でも1次ラウンドは突破してほしいです。
初戦の相手は、世界ランク15位のエジプトになります。
注目はやっぱり越川優選手の強烈な豪速球ジャンプサーブでしょうか。
バシバシエースを決めてほしいです。

ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# 世界バレー女子 Final Round VS オランダ

○日本 3 - 1 オランダ●
    25 - 21
    25 - 27
    25 - 21
    25 - 21

世界バレー女子決勝ラウンド。
5位~8位決定戦に回っている日本は、今日と明日で残り2試合を戦います。
初戦の今日は、2次ラウンドで中国を破った強敵オランダです。
私の予想ではかなり激しい試合になると思っていたのですが、結果はセットカウント3-1で日本が勝利を納めました♪
オランダにリードを許す場面も目立ったのですが、いいところでブロックが飛び出すなど、粘りのバレーを見せてくれました。
それにしてもフリールのジャンプサーブは強烈でしたね~、音がすごかったです。
そういえば、今日はスパイクミスなどちょっとしたミスが多かったのが気になります。
明日の相手には、そうしたミスは許されません。
何せ相手は・・・とその前に、

5位~8位決定戦で、今日行われたもう1試合はというと・・・

●キューバ 1 - 3 中国○
       24 - 26
       21 - 25
       28 - 26
       20 - 25

セットカウント3-1で、中国がキューバを下しました。
ということで、日本の明日の相手は世界ランク1位の中国に決まりました。
どっちかって言ったらキューバが中国に勝ってくれたほうが上の順位を目指す上では良かったんですけどね・・・。
まぁもう決まった以上明日の最終戦、全力で中国に挑んでほしいです。
勝てば5位、負ければ6位となります。
今日の試合で負けたキューバとオランダは、明日7,8位決定戦に回ります。

ところで、気になるセミ・ファイナルの結果は・・・

まず、イタリア VS ロシア戦

●イタリア 0 - 3 ロシア○
      19 - 25
      16 - 25
      20 - 25

このスコアだけを見るとロシアの圧勝です。強いですねー。

そしてもう一試合、ブラジル VS セルビア・モンテネグロ戦

○ブラジル 3 - 1 セルビア・モンテネグロ●
      25 - 17
      25 - 14
      21 - 25
      25 - 20

注目されたセルビア・モンテネグロでしたが、1セットを奪う健闘を見せるものの、さすがにブラジルを倒すことはできませんでした。
ということで明日の決勝戦のカードは、ブラジル VS ロシアに決まりました。
2次ラウンドの直接対決ではブラジルが勝っていますが、ロシアはリベンジできるでしょうか。
そして、イタリアとセルビア・モンテネグロが銅メダルを賭けて戦います。

世界バレー女子大会もあと1試合になりましたね。
果たしてどちらが金メダルを手にするのか・・・!?
そして日本は中国に勝てるのか・・・!?
小山選手は祖国相手に活躍できるのかも注目ですね。

ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# 世界バレー女子 2nd Round VS イタリア

●日本 0 - 3 イタリア○
    17 - 25
    26 - 28
    23 - 25

世界バレー第2次ラウンド最終戦。
日本は、前大会覇者のイタリアを相手に今大会初のストレート負けを喫しました。
さすがはイタリア、強いです。
乱れたトスだろうが関係なく強打してきますし、強打すると見せかけてのフェイントもうまいモンです。
でも日本も、どうにもならずに負けたって感じではないんですよね~・・・
第2セットは終盤日本が追い上げ逆転し、一時はセットポイントを握ったんですが、最後はイタリアの粘りに屈しました。
第3セットのスコアも最少得点差です・・・あと一歩及びませんでしたね。

これで4勝3敗とした日本は、残念ながら4強入りは逃しました。
E組の最終順位は、1位:イタリア 2位:セルビア・モンテネグロ 3位:キューバ、以下、日本、台湾、トルコと続きます。
7位の韓国と、最下位ポーランドは第2次ラウンド敗退となりました。

今日のピックアップは、F組で行われたロシア VS ブラジル戦です。

●ロシア 1 - 3 ブラジル○
     29 - 27
     14 - 25
     25 - 27
     22 - 25

F組注目の全勝対決でしたが、結果はブラジルの粘り勝ちでした。
第2セットはブラジルの一方的な試合だったようですが、そのほかのセットは僅差の争いになりました。
ブラジルは全勝を守り、ロシアには初めて黒星が付きました。

F組の最終順位は、1位:ブラジル 2位:ロシア 3位:オランダ、以下、中国、ドイツ、アメリカと続きます。
7位のアゼルバイジャン、最下位のプエルトリコは第2次ラウンド敗退です。

準決勝進出は、E組から、イタリアとセルビア・モンテネグロ、
F組からは、ブラジルとロシアの計4チームです。
セルビア・モンテネグロは遂にメダルにまで手が届きそうなところまできましたね。
どんな戦いになるのか楽しみなところです。

第2次ラウンドE組4位の日本は、15日から行われる決勝ラウンドに進出し、5位~8位決定戦に臨みます。
この5位~8位決定戦には、E組からはキューバと日本、F組からはオランダと中国が進んできました。
日本は、まずF組3位のオランダと対決します。
同じ日にE組3位のキューバ VS F組4位の中国戦も行われ、勝った2チームが5,6位決定戦へ進みます。
負けた2チームは、7,8位決定戦へ回ることになります。
オランダは世界ランクでは16位と格下なのですが、今日は中国を下してましたし、1次ラウンドでもブラジル相手にフルセットの死闘を繰り広げたりしていましたからね。かなり手強い相手になりそうです。

世界バレー女子も、残るはあと2戦になりました。日本には少しでも上を目指して頑張ってほしいです!

ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# 世界バレー女子 2nd Round VS セルビア・モンテネグロ

○日本 3 - 2 セルビア・モンテネグロ●
    18 - 25
    22 - 25
    25 - 18
    25 - 21
    15 - 11

やりました日本!!
7戦無敗のセルビア・モンテネグロを相手にフルセットの死闘の上大逆転勝利!
セルビア・モンテネグロに今大会初黒星を付けました!!

2セットを連取された後の3連取!いや~もうホントに嬉しい~!!
なんだかロシアとかイタリアを撃破してしまったような気分です!

1セットから2セットの前半くらいまでのセルビア・モンテネグロは、ほぼ完璧とも言えるバレーを展開します。
日本は成す術もなく相手にやられ放題!
「とても敵う相手ではない・・・」と、私も絶望感に浸っていました。
しかし、2セットの終盤になるとようやく日本にリズムが出始めます。
この2セットは、徐々に追い上げるも及ばず落としてしまいましたが、3セットに入ると流れは一気に日本へと傾きました。
連続ブロックや高レシーブの連発で、終始日本がリードする展開。
一時は21-11と、10点差をつける場面もありました。
しかしセルビア・モンテネグロも粘り、そこから怒涛の6連続ポイント!
ちょっと嫌な感じになってきましたが、最後は日本が連続ポイントで流れを呼び戻し、25-18でこのセットを取ります。

4セットは、互いに譲らず1点を争う熱戦となります。
見ているほうとしては息が詰まるような展開でしたが、序盤にややリードを奪っていた日本が25-21で4セット目も奪いました。

そして迎えた最終セットも、やはり互いに譲らない激しい戦いが繰り広げられます。
居ても立ってもいられない私は、日本に点が入るたびに飛び上がってガッツポーズをしていました(笑)
終盤に少し抜け出した日本が、最後は相手のスパイクミスでゲームセット!3-2で逆転勝利を収めました。

日本の成績は4勝2敗となり、現在E組の4位につけています。
依然かなり厳しい状況に変わりはありませんが、今日勝ったことで4強入りの可能性も辛うじて残っています。
明日は世界ランク4位で現在E組1位のイタリア戦。2次ラウンドの最終戦になります。
イタリアでも勝てなかったセルビア・モンテネグロを撃破した日本ですから、明日も期待したいと思います。
ガンバレ!ニッポン!!

そして今日のピックアップは、F組で行われたロシア VS アメリカ戦です。

○ロシア 3 - 0 アメリカ●
    25 - 20
    25 - 21
    15 - 17

世界ランク3位 VS 6位という対決でしたが、結果はロシアの圧勝でした。
これでロシアは全勝を守り、F組1位で準決勝へと駒を進めました。
ブラジルもドイツを破り、全勝で準決勝進出を果たしています。

ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# 大相撲九州場所

日曜日から大相撲の九州場所が始まります。
もう番付は発表されていますが、今場所は7年ぶりに小結が4人もいるという珍しい場所になります。
小結に昇進したのは、先場所前頭3枚目で11勝を挙げた安美錦と、前頭筆頭で10勝を上げた露鵬(こちらは返り咲き)の2人です。
小結と関脇は基本的には東西に一人ずつとされており、先場所小結や関脇の負け越しがなかったことから本来ならば三役力士は変わらないはずだったのですが、2力士とも成績が良かったので今回7年ぶりの特別措置がとられて昇進となったのでしょう。

さて、ここ数場所は、白鵬の綱とりや雅山の大関返り咲き挑戦など、昇進を賭けた場所が続いて盛り上がっていたのですが、 白鵬は結局失敗に終わってしまいましたし、その白鵬は今場所の休場が決定・・・。
盛り上がりに欠ける場所にならないか気がかりです。
朝青龍と白鵬の対決は毎場所楽しみの一つだったので残念ですね~。
朝青龍の独走を許さぬよう、他の大関陣には頑張ってほしいです。

九州場所といえば地元力士の魁皇が人気ですが、その魁皇は史上ワーストの10度目のかど番で今場所を迎えます。
前回のかど番では8勝7敗で辛うじて踏みとどまったのですが、今場所はどうでしょうか・・・。
体調など良ければいいのですが・・・。
強い時の魁皇を知っている者とすれば、ここ数場所の相撲は見るも無残な状態で寂しいのですが、 ぜひまたかど番を跳ね除けて、もう一花咲かせてほしいです。
魁皇自身も、「出る以上は優勝を狙う」と力強い発言をしていますので、活躍を期待したいところです。

ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# 世界バレー女子 2nd Round VS トルコ

○日本 3 - 1 トルコ●
    30 - 28
    22 - 25
    25 - 21
    25 - 17

第2次ラウンドの2戦目!
日本はトルコ相手に苦戦するも、セットカウント3-1で2次ラウンドの初勝利を収めました~!

しかしトルコの成長も目覚しいものがありますね・・・。
日本が勝ったのは予想通りでしたが、まさかこんなに苦戦させられるとは思っていませんでした。
私が要注意として見ていたネスリハンのサーブは相変わらずの強烈さでした
今振り返ってみると、1セット目を競り勝てたのが本当に大きかったなと思います。
今日もサーブレシーブはあまり良くなかったと思いますが、勝てた大きな要因のひとつは「ブロック」でしょうね。
今日は今大会最多のブロック数"14"を記録しました。
ブロックアウトになる場面も目立ちましたが、相手のスパイクがよくブロックに掛かっていたと思います。
そういえば、身長159cmの竹下選手までもが1本ブロックを決めたんですよね(^^)
それから今日はサーブのミスがほとんどなかったのも良かったと思います。
これで日本はE組4位。準決勝へ進めるのは上位2チームだけですので、依然非常に厳しい状況は変わりません。
しかし、可能性がある限りは頑張ってほしいと思います。
たとえダメでも全力を尽くして少しでも上位を狙ってもらいたいです。

今日のピックアップは、F組で行われた中国 VS ブラジル戦です。
世界ランク1位 VS 2位という注目の対決でしたが、結果は・・・

●中国 2 - 3 ブラジル○
    26 - 24
    25 - 20
    21 - 25
    16 - 25
    17 - 19

最近の中国の調子を見ていると、この試合はブラジルが圧勝するのかな~・・・と思っていましたが、中国も世界ランク1位の意地を見せてくれました。
負けはおろかセットすらほとんど落とさないブラジルをぎりぎりまで追い詰めました。
しかし2セットを連取しながら、そのあと3連取されて負けるのは相当悔しいものがあるでしょう・・・。
優勝候補でもあった中国ですが、これで3敗目。
ロシアとブラジルが全勝を守っている状況ですから、残りの試合に勝ったとしても決勝ラウンドに進出することはできません。
しかしロシアが強いですね~。得点率でブラジルを上回って現在トップに立っています。

さて、今日のE組の他試合ですが、イタリアが韓国を粉砕、セルビア・モンテネグロがポーランドを無難に下し、キューバも台湾を退けました。
それぞれストレートでの勝利を収めています。
次の相手であるセルビア・モンテネグロは未だに全勝をキープ中・・・これも相当苦しい試合になりそうです・・・。

ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# 世界バレー女子 2nd Round VS キューバ

●日本 3 - 1 キューバ○
    25 - 22
    23 - 25
    22 - 25
    22 - 25

今日から2006世界バレー第2次ラウンドの開幕です。
第2R初戦の相手は、世界ランク5位 "鳥人軍団" の名でおなじみのキューバです。

結果は惜しくも逆転負け・・・。
大差がついての負けなら納得いくにしても、この僅差の敗戦は悔しいです。
柳本JAPANになってからはキューバにも結構勝つようになっていただけにこの試合はなんとしてもモノにしておきたかったんですけどねー。

キューバはサーブ・スパイク共にかなり強烈ですし、鳥人軍団と言われるだけあってジャンプ力は世界トップと言えるチームです。
でも昔からの粗さは相変わらずで、嫌な流れになりかけたときにポカーンとサーブミスをしてくれたり、コンビが合わずにアタックを打てなかったり・・・と穴はあるんですよね。
今日もミスの数でいうとキューバのほうが目立っていました。

しかしやっぱり高さに苦戦しましたね・・・。
いいトスならばブロックの上から叩き落としてきますからねぇ・・・なかなか拾えませんよ。
ブロックも真下に落としてくるので非常に拾いづらいです。
それからやっぱりサーブが強烈なので、レシーブの成功率がかなり低かったと思います。
レシーブがうまくいかなければ攻撃パターンも限られてきますし、そうすると攻撃を読まれてドカーンとブロックを決められる・・・
今日も相当ブロックにやられてましたからね。
やはり上位に勝つにあたってはサーブレシーブがきっちり還ることが絶対条件になってくるなと思いました。

さて今日のピックアップは、同じE組で行われた台湾 VS トルコ戦です。
世界ランクは台湾が23位、トルコが15位です。

●台湾 1 - 3 トルコ○
    17 - 25
    16 - 25
    25 - 21
    17 - 25

1次ラウンドでは無敗だった台湾がトルコに敗れて初黒星です。
トルコって決して弱くはないチームですが、そこまで最強でもないと思うんですよね。ただスコアを見ると結構大差がついてます。
世界ランク的にはトルコのほうが上とはいえ、1次ラウンドの調子を見ていると台湾が勝つのかなぁと思っていたのでちょっと意外でした。
台湾は何か歯車が狂ったんでしょうか。
それともただ単にトルコが強かったということなのか・・・映像がないので分かりませんが・・・。

今日のE組の他試合は、セルビア・モンテネグロが韓国をストレートで下して全勝をキープ。
ポーランド VS イタリアは、イタリアがストレートでポーランドを下しました。
それにしてもセルビア・モンテネグロの強さは本物ですね・・・。

明日はトルコ戦。
世界ランク的には格下ですから確実に取っておきたいところです。
トルコ戦って過去に1度だけしか見たことがないのですが、ネスリハン選手の強烈なジャンプサーブが記憶に残っています。
ネスリハンは確か今大会にも出場しているハズなので要注意です。

ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# 世界バレー女子 VS ポーランド

○日本 3 - 1 ポーランド●
    25 - 22
    30 - 28
    26 - 28
    25 - 18

世界バレー女子第1ラウンド最終戦。
ヨーロッパ王者との対決は、日本が3-1で勝利を収めました!
いや~、2セットの攻防は見応えがありましたね~。
リードしていながら終盤追いつかれて逆転を許す嫌な展開だったのですが、最後の最後踏ん張って再逆転してくれました。
これでポーランドの集中力も切れてくれるのかと思ったのですが、3セットもリードしながら終盤逆転されるという2セットと同じような展開に・・・。
22-24から日本も追いつくのですが、結局このセットはポーランドに振り切られます。さすがヨーロッパ王者。簡単には勝たせてくれません。
4セットは日本がなんとか振り切って勝利を収めましたが、今日はちょっとミスが目立ったかな。
ブロックも20本近くやられましたからね。シャットアウトされる場面も目立ちました。
相手のミスにもだいぶ助けられて勝ったように思います。

第1ラウンドの日本の成績は4勝1敗。
5戦全勝の台湾に続き、A組2位で第2ラウンド進出です。
3勝2敗のポーランドが3位、2勝3敗の韓国は4位で辛うじて2次ラウンド進出を決めています。

A組から進出した4チームは、2次ラウンドではD組から進出してきた4チームと戦うことになります。
そのD組からは以下のチームが進出を決めています。

セルビア・モンテネグロ 5勝0敗
イタリア 4勝1敗
キューバ 3勝2敗
トルコ 2勝3敗

イタリアやキューバを撃破するという活躍を見せていたセルビア・モンテネグロは結局全勝でした。
日本も対戦することになりますが、ちょっと怖い存在ですね。

今日のピックアップは、B組で行われた中国 VS ドイツ戦です。
世界ランク的は中国が1位、ドイツは18位という対決だったわけですが・・・

●中国 1 - 3 ドイツ○
    25 - 20
    18 - 25
    21 - 25
    23 - 25

なんと格下を相手にした中国がまたしても敗れました。
まぁドイツはWR18位とはいっても相当強いチームですが、それでもあの中国が負けるとは予想外でした。
中国は1次ラウンドで2敗。優勝候補でありながらちょっと暗雲が立ち込めていますね。

このB組からは、ロシア・ドイツ・中国・アゼルバイジャンの4チームが、
C組からは、ブラジル・アメリカ・オランダ・プエルトリコの4チームがそれぞれ2次ラウンド進出を決めました。
今の段階では、全勝のブラジル・ロシアあたりが優勝候補筆頭でしょうかね。

注目の第2次ラウンドは11月8日に開幕します。
日本の初戦の相手はWR5位のキューバです。
キューバはそこまで調子がいいとは思えませんので、勝つチャンスはあると思います。
頑張れニッポン!

ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# カレンダー

10 ≪│2006/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

# 2016-2017 シーズン

▼国別対抗戦
男子SP/女子SP/アイスダンスSD
男子FS/ペアSP/アイスダンスFD
女子FS/ペアFS

▼世界選手権
 男子結果   女子結果

▼四大陸選手権
 男子結果   女子結果

▼全日本選手権
 男子結果   女子結果

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 スケート・アメリカ
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 ロステレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 フランス杯
 男子結果   女子結果

 ▽第5戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第6戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

 ▽グランプリファイナル
 男子結果   女子結果

▼ジャパンオープン
 結果

■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索