フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# 悲惨な韓国女子バレーチーム

気が付いてみれば、バレーボールの世界最終予選(OQT)まであと1ヶ月を切っています。
先日日本の女子代表メンバーを見て嘆いていた私ですが、ライバルの韓国チームの状況を調べてみたところ、なんか随分と大変なことになってるらしいですね。
これを知ったら、まだまだ日本はマシなのかと思わされました。

まず、エースのキムヨンギョンが怪我の手術のためOQT出場を断念したとのこと。韓国最大のポイントゲッターですからこれは痛い。代わりは誰・・・?と言われて名前があまり浮かんでこないけど・・・ハンユミあたりが入るんでしょうか。
さらに、センタープレイヤーの中で一番優秀とさせるチョンデヨンも、同じく怪我の手術で離脱・・・。
センターの控えにはキムセヨンという190cm越えの選手がいるので、彼女がチョンデヨンの代わりに出ることになると思われます。が、失礼な言い方をすれば彼女は「身長だけ」。技術面ではあまり高い評価を出せるほどの選手ではないと言われています。

このOQTではサウスポーのファンヨンジュが代表復帰し、韓国もちょっとは怖い存在しなるかと思っていたのですが、その矢先に大幅な戦力ダウン。これは痛すぎますね。
そして悲劇はさらに続き、今度はそのファンヨンジュまでもOQT出場断念だって・・・。
ひざの状態が思わしくなく、どうも所属しているチームが出場を許さなかったようです。なんでも夜中に宿舎からひっそり脱走したんだとか・・・。
これも所属チームの指示らしいですが、無許可で脱走とかそんなことがあるのか・・・。なんか北朝鮮みたい。

ていうか韓国チームは大丈夫なのかね・・・。
今回代表辞退した面々も五輪には戻ってくるのかもしれない(いや、手術の二人は厳しい?)ですが、それ以前にOQTを突破できるかさえ微妙な気がします。
このメンバーだと、普段なら勝てそうなプエルトリコ・タイ・ドミニカ・カザフスタンさえ非常に厳しい存在になってきますよね。
毎試合が山となり、もうどの試合を落としても不思議ではない状態になってしまったように思います。
そういえばキムヨンギョンやファンヨンジュを欠いて臨んだ去年のアジア選手権もやばかったですからね。
タイに逆転負けを食らい、ベトナム相手にまさかの大苦戦。勝ちはしたものの負ける寸前まで追い込まれてました。かと思えばカザフにはサラッと勝ってたりするんですが。
なんにしても、これでは指揮をとる監督さんも頭が痛すぎるでしょう。これで結果を残せといわれても・・・って感じでしょうか。
代わりに入る選手が台風の目にならない限り、日本はさすがにこの状態の韓国に負けることはないですよね。

ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓


関連記事
 | ホーム | 

# バレーボール全日本代表候補発表

バレーボールの全日本出場候補選手が、先日の男子に続き、女子も発表されました。
この中から、最終的に代表12人が決まります。

■全日本女子出場候補選手

◆ウィングスパイカー
1 栗原恵
5 高橋みゆき
9 狩野美雪
12 木村沙織
15 大山加奈

◆ミドルブロッカー
2 多治見麻子
4 大村加奈子
7 杉山祥子
10 庄司夕起
11 荒木絵里香
13 西脇万里子

◆セッター
3 竹下佳江
14 河合由貴

◆リベロ
6 佐野優子
8 櫻井由香

以上、15名。

まず、このメンバーを見て率直な感想を。失礼ですが、
「柳本さん、これって本気で選んだの?」
※もちろん選手が悪いわけではありません。

まず、「15名」ってちょっと少なくないですか?
初選出なのは西脇選手と狩野美雪選手だけ。
プレミアリーグを見ていても分かるように、他にもいい選手はたくさんいます。
最終の12名に入るか入らないかは別として、候補の段階なんだからもっと呼んでおいてもいいのでは。
層が厚くて呼ばないのならまだしも、このメンバーを見る限り「層が厚い」とはとても言えません。

とくにウィングスパイカーは層が薄いんですよね・・・。そしてミドルブロッカーがやたらたくさんいるという・・・。まぁこれはいつものことですが。
一番意味不明なのが、なんで大山加奈の名前があるのかということ。
もちろん彼女が万全の状態だったらいてもおかしくはないですが、今季のVプレミアリーグには1試合たりとも出場できないほど腰の状態が悪いわけで、たしかやっとこさ走れる程度なわけですよ?
昨日の会見にも腰痛で来れませんでしたし、こんな状態で最終予選に間に合わせるのはまず不可能でしょう。
最終予選は無理でもなんとか五輪に間に合えば・・・という思惑かもしれませんが、無理をさせてまた悪くなったらどうするんでしょう。
ここまで悪くなったのはワールドカップで無理して出たからとも言われてますからね。
これを考えると、層の薄いウィングスパイカーの中で大山が使えないのは確実でしょう。
栗原、高橋、木村はスタメン濃厚ですから、実質控えが狩野選手一人しかいないんですよね。
プレミアを見てても栗原や木村沙織が格別調子いいようには見えませんでしたし、高橋もかなり苦戦していましたからね。
最終予選までに調子が戻ればいいですが、こういう中で控えが一人しかいないと狩野選手の負担も大きくなりそうですよね。
大村選手がウィングスパイカーにも回れるとは言え、最低でもあと1人は入れておくべきではないのか・・・。いや、候補の段階なのだからもっと呼んでおくべきだったんじゃないの?
小山とか吉澤の元全日本組他、候補がいないわけじゃないのに何故こういう選出になっているのか理解できません。

そしてもうひとつ大きな疑問なのが、控えのセッターに、高卒の河合選手しかいないということ。
そりゃ基本は竹下がずっと出るんでしょうが、展開が悪くなったときには流れを変える面でももう一人経験のあるセッターが欲しいところ。
いつもなら、そこに板橋というベテランセッターがいたのですが、今回は候補にさえ入っていません。これも意味が分からない・・・。柳本さん、説明してほしいわ。
もし竹下が怪我でもしたらどうするんでしょうか?負けの許されない大舞台で、まだ経験の浅い河合選手に代役が務まるんでしょうか。
もちろん彼女は素質があるから選ばれているわけで、竹下の代わりになるくらい成長しているのなら文句は言いません。
というか監督はそういうふうに見込んだんでしょう。そうじゃないとこの判断はできないはず。
でも彼女はワールドカップ以来特に試合には出てませんよね~。どうしても不安は拭えません・・・。

大丈夫かなこれで・・・。最終予選突破できるかさえ不安になってきたんですけど。

ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓


関連記事
 | ホーム | 

# カレンダー

03 ≪│2008/04│≫ 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

# 2016-2017 シーズン

▼国別対抗戦
男子SP/女子SP/アイスダンスSD
男子FS/ペアSP/アイスダンスFD
女子FS/ペアFS

▼世界選手権
 男子結果   女子結果

▼四大陸選手権
 男子結果   女子結果

▼全日本選手権
 男子結果   女子結果

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 スケート・アメリカ
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 ロステレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 フランス杯
 男子結果   女子結果

 ▽第5戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第6戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

 ▽グランプリファイナル
 男子結果   女子結果

▼ジャパンオープン
 結果

■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索