フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# フィギュアスケート世界選手権2010 女子FS&最終結果

◆2010 世界フィギュアスケート選手権
◇女子 フリー・スケーティング/最終順位
■プロトコル (pdf)   ■競技結果
----------------------------------------------------------
 197.58 FS=129.50 浅田真央(JPN)
 190.79 FS=130.49 キム・ヨナ(KOR)
 178.62 FS=114.32 ラウラ・レピスト(FIN)
----------------------------------------------------------
*4位 177.82 FS=122.04 安藤美姫(JPN)
*5位 177.54 FS=118.04 シンシア・ファヌフ(CAN)
*6位 177.31 FS=115.11 カロリーナ・コストナー(ITA)
*7位 175.48 FS=105.08 長洲未来(USA)
*8位 167.44 FS=106.56 レイチェル・フラット(USA)
*9位 169.64 FS=107.58 クセーニャ・マカロワ(RUS)
10位 161.79 FS=105.47 ヴィクトリア・ヘルゲッソン(SWE)
----------------------------------------------------------
11位 160.04 FS=111.68 鈴木明子(JPN)

浅田真央 優勝!!
2季ぶり世界女王奪回!

フィギュアスケートの世界選手権は女子のフリーを終え、 浅田真央選手が合計197.58で優勝し、2シーズンぶりの世界女王に返り咲きました!

よっしゃぁーーーー!
完璧な「鐘」キタ――(゚∀゚)――!!
ミスらしいミスの無い完璧な演技!凄かった~。
キムヨナが出場する地点で男女アベック優勝は厳しいかと思ったけど、やったね~!

…けど、なんだよこの得点!アクセルが両方ダウングレードされたレベルの得点じゃねーか!!
ヨナの内容は下に書きますが、アクセル1つDG食らっただけで今日のヨナより点数低いとか一体どういう採点の仕方してんの?ヨナを1位にするために不当DGしたとしか思えないね。
…まぁそれは別途書くとして、今シーズンの最後でSP、FSともにミスらしいミスの無いほぼ完璧な演技を見せてくれて本当にありがとう!
表彰台の真ん中で君が代を歌う姿が見れて本当に良かった。
やっぱり真央ちゃんすごいねぇー。感心するわ。

SPで7位と出遅れたキムヨナは、序盤の3Lz+3Tを含め、次々とジャンプを成功させていきます。
これはもしやバンクーバーのあの悪夢が…と脳裏を過ぎり始めた頃、後半の3Sで転倒、さらに単発の2Aで回転が抜けるという非常に珍しいミスがありました。
まぁそれでも不正な採点により、得点は130点を超え、合計得点は190点に乗りました。
転倒したサルコウですが、あれだけしっかりした転倒なら、GOEは必ず-3が付くはず。にも関わらず、ひとり-2にしてるジャッジがいます。きっと「美しい転倒」に見えたんでしょうね(笑)
SPとFSを通じて、これだけ得点を下げる要素がいくつもあったのに190とか笑うしかない。
今日の内容が真央より上ですか?…不正ジャッジもいい加減にしてほしいね。

安藤美姫選手はノーミスのパーフェクトな演技を披露し、122.04の高得点をマークしました。
ただ、内容に対し点数がちょっと低いかなぁと感じます。後半の2A+2Lo+2Loの3つ目でDG食らってる以外完璧なのに。
3位のレピストとの差が0.8…やはりSPの出遅れが響いたのはもちろんですが、結果的に2Loの回転不足が3位と4位を分ける事になってしまいましたね。

鈴木明子選手は、後半の3Fで回転がすっぽ抜け、続く3Lzの着氷が乱れるシーンがありましたが、そのあと大崩れすることなく立て直しました。
得点は111点を記録し、まずまずの出来だったのではないかと思います。

さて、今回真央選手が優勝できたことはとても嬉しいのですが、真央ちゃんの演技開始から得点発表までを見ていた皆さん、何か引っかかってることがありませんか?
あれだけ完璧な演技をして、リンク上では会心の表情をしていたのにですよ…キスクラに座った真央選手の表情は、まるで何かに怯えるかのような不安そうな顔でしたよね?
キムヨナがオリンピックで出した150という不正な得点…。でも真央ちゃんって素直すぎるほどに素直な子じゃないですか…、きっと、あれを素直に受け入れたのでしょう。 だからこそ、自分が完璧だと思える演技を成し遂げた今、どの程度の得点が出るのか…見るのが怖かったのかもしれませんね。
しかし、発表された得点は酷いものでした。得点が出てもカメラを一点に見つめ、ニコリともしない…この時、真央ちゃんはどんなことを思っていたのでしょうか?…それを想像すると、胸が張り裂けそうな気分になります。本当に悔しいし怒りがこみ上げてきます。何でこの子がこんな思いをさせられなきゃならないの?笑顔で喜ぶ真央を見たかったのに。カ○ジャッジめ。
フリーの「鐘」。本当に凄い演技だったです…鳥肌がたったし感動した。
それが、キムヨナのミス連発演技より下の得点って…、こんなことがあっていいのでしょうか。
今回は、間違いなく浅田真央の演技が一番でした。世界各国、ほとんどの人がそう思ってくれているでしょう。 今回の大会が、フィギュアスケートの採点が異常なものになっていることを多くの方々に認識していただくキッカケになってほしいと心から思います。


「浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック2009-10(DVD付)」
発売日:2009/10/14 | EMIミュージックジャパン
★浅田真央使用曲 SP「仮面舞踏会」 FS「鐘」収録!

「フィギュア・スケート ミュージック・セレクション 2010」
発売日:2009/11/25 | ワーナーミュージック・ジャパン
★2009-2010年シーズン 有名選手使用曲多数収録!



* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事
 | ホーム | 

# フィギュアスケート世界選手権2010 女子SP結果

◆2010 世界フィギュアスケート選手権
◇女子 ショート・プログラム
■プロトコル (pdf)
----------------------------------------------------------
*1位 70.40 長洲未来(USA)
*2位 68.08 浅田真央(JPN)
*3位 64.30 ラウラ・レピスト(FIN)
----------------------------------------------------------
*4位 62.20 カロリーナ・コストナー(ITA)
*5位 62.06 クセーニャ・マカロワ(RUS)
*6位 60.88 レイチェル・フラット(USA)
----------------------------------------------------------
*7位 60.30 キム・ヨナ(KOR)
----------------------------------------------------------
11位 55.78 安藤美姫(JPN)
----------------------------------------------------------
20位 48.36 鈴木明子(JPN)

世界選手権は女子ショートプログラムを終え、首位に立ったのはアメリカの長洲未来選手でした。 今日もノーミス演技で、70点越えは多分パーソナルベスト更新だと思います。
でも全てが完璧かといえばそうではなく、最初の3Lz+3Tではルッツがインサイド判定になった上、3Tは回転不足判定です。でもこれだけ得点出るんですね~。
ここまで急成長してくると、国籍がアメリカなのがちょっと惜しいなぁって思ってしまう…。

2位に入ったのは日本の浅田真央選手。
ミスのないパーフェクト演技で「よっしゃぁ~!」と思ったのも束の間、点数は伸びず68.08点に留まりました
またしてもアクセルで執拗な回転不足をとられたようなのですが、映像見てみる限り今回のはどうみても回転不足に見えないんですけど…。

キムヨナは予想外の7位スタート。
序盤の3Lz+3Tをいつも通りに決め、続く3Fも若干乱れながらも着氷します。
しかし、直後のレイバックスピンでは途中でバランスを崩して回転が止まり、さらにスパイラルでは足がグラついていて、これまた途中でバランスを崩して足を下ろしてしまいました。
もともとこの要素は不得意な様ですが、これだけあからさまに失敗するのは珍しい。
状態は上がってきているとは聞いていましたが、それでもやっぱりどこか気持ちが乗り切っていない部分があるのかもしれません。
得点は60点に乗せるのがやっとレイバックは0点。スパイラルはもちろんレベル1です。
着氷の乱れた3Fはダウングレードになってますね。
普段のキムヨナの得点が高すぎるので、今回は随分低いなぁとは思ってしまいましたが、 それでも回転不足が2つにスピンとスパイラルを失敗しても60点を超えると考えれば…?

安藤選手と鈴木選手は、ともにジャンプのミスがあり、それぞれ大きく出遅れています。

日本時間の今夜から明日の早朝にかけて行われるフリーの滑走順です。(主な選手のみ)

◆第1グループ
6 鈴木明子(JPN)

◆第3グループ
14 安藤美姫(JPN)
15 キムヨナ(KOR)

◆第4グループ
19 カロリーナ・コストナー(ITA)
20 浅田真央(JPN)
21 レイチェル・フラット(USA)
22 ラウラ・レピスト(FIN)
23 長洲未来(USA)
24 クセニヤ・マカロワ(RUS)

この模様は、明日19:58よりフジテレビにて放送されます。
日本選手の登場時刻は、鈴木明子選手が21:16頃、安藤美姫選手が23:09頃(その次がキムヨナ)、浅田真央選手が24:17頃となっています。
今日は時間的にも起きていられると思いますので、終了後に速報記事をアップします。
明日の放送まで結果を知りたくない方は、閲覧しないようご注意ください。


「浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック2009-10(DVD付)」
発売日:2009/10/14 | EMIミュージックジャパン
★浅田真央使用曲 SP「仮面舞踏会」 FS「鐘」収録!

「フィギュア・スケート ミュージック・セレクション 2010」
発売日:2009/11/25 | ワーナーミュージック・ジャパン
★2009-2010年シーズン 有名選手使用曲多数収録!



ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事
 | ホーム | 

# フィギュアスケート世界選手権2010 男子FS&最終結果

◆2010 世界フィギュアスケート選手権
◇男子 フリー・スケーティング/最終順位
■プロトコル (pdf)   ■競技結果
----------------------------------------------------------
 257.70 FS=168.40 高橋大輔(JPN)
 247.22 FS=159.42 パトリック・チャン(CAN)
 241.74 FS=154.04 ブライアン・ジュベール(FRA)
----------------------------------------------------------
*4位 236.06 FS=154.31 ミハル・ブレジナ(CZE)
*5位 232.10 FS=151.05 ジェレミー・アボット(USA)
*6位 231.47 FS=151.36 アダム・リッポン(USA)
*7位 218.66 FS=140.26 サミュエル・コンテスティ(ITA)
*8位 218.43 FS=144.88 ケビン・バンデルペレン(BEL)
*9位 218.26 FS=145.91 アドリアン・シュルタイス(SWE)
10位 216.73 FS=132.53 小塚崇彦(JPN)

高橋大輔 完全優勝!!

フィギュアスケートの世界選手権は男子のフリープログラムを終え、 高橋大輔選手が日本男子史上初の世界王者に輝きました!

やはり高橋大輔は4回転を回避することはありませんでした。
冒頭のジャンプでは、成功すれば史上初となる4回転フリップに挑戦。
両足ながら着氷に成功するも、残念ながら判定は回転不足となりました。
でもさらに上のレベルを目指し、果敢にチャレンジしたことは大いに評価できることだと思います。プルシェンコもきっと褒めてくれるでしょう(笑)
これが普通に成功させた3Fより点数が低くなるとか、全くおかしな採点方法ですね。
だからこそわざわざリスクの高い4回転を跳ばず、確実に3回転ジャンプで加点を貰おうとする選手が増えるわけです。
これは別にそういう選択をした選手が悪いわけではなく、そういう採点方法になっているのが問題なわけで、この点については来季から見直されることを強く願います。
さて、演技内容の話に戻りますが、冒頭のジャンプ以外では、2回のトリプルアクセルなどをほぼノーミスで成功。
さらに今日は、3つのスピンと2つのステップすべてにおいてレベル4を獲得しています。 サーキュラーステップで2点、ストレートラインステップでも1.8の高い加点を貰っています。これは凄いですねぇ。
フリーの得点は168.40を記録し、合計得点の257.70は、先日のバンクーバーで優勝したエバン・ライサチェックをも上回っています。
これで4回転フリップが綺麗に決まっていたら、自身の持つ世界歴代最高得点の更新も夢ではなかったかもしれないですね。
ライサチェックやプルシェンコが出なかったとはいえ、得点的にも内容的にも「世界王者」の名に相応しい演技だったと私は思います。
世界選手権の金メダル、本当におめでとうございます!

2位はカナダのパトリック・チャン。
順調に各要素を成功させていきますが、後半の3Loで転倒し、続く3Sでも着氷の乱れがありました。
しかし持ち味の演技力で得点を伸ばし、合計247.22点で銀メダルを獲得しました。

3位はフランスのブライアン・ジュベール
バンクーバーではまさかの16位と惨敗したものの、今大会では計3回の4回転ジャンプを成功させ、見事復活の銅メダルを獲得です。
これで、ジュベールは5大会連続のメダル獲得となりました。

日本の小塚選手は、冒頭の4回転トゥループで転倒し、さらに課題の3Aは2回とも回転が抜けてしまいました。
最大の得点源で点数を稼ぐことができず、フリーでは大きく順位を落とし、総合10位となりました。


さぁ、今日はいよいよ女子のSPが行われます。
男子がこのような結果になりましたので、できればアベック優勝といきたいところですが…うーん、まぁキムヨナがいるからね…。
キムヨナは燃え尽き症候群状態とされていますが、練習では状態も上がってきているようです。
さすがにバンクーバー以上はないと思いますが、また思わず( ゚Д゚)ハァ?と言ってしまうような採点は勘弁…。

日本人選手の滑走時間などは前回の記事に書いたとおりですが、最終滑走のレオノワが終わるのが25:40頃。 今日もネットで見ようとは思っていますが、早起きした分遅くまで起きてられるかな・・・(;^ω^)
今日はお休みなので、昼寝でもしておこうかな…!
「余裕で起きていられた場合」ですが、終了後に速報記事をアップするかもしれませんので、明日夜のTV放送まで結果を知りたくない方は、 閲覧をご遠慮くださいますようお願いします。

* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル


「フィギュア・スケート ミュージック・セレクション 2010」
発売日:2009/11/25 | ワーナーミュージック・ジャパン
★2009-2010年シーズン 有名選手使用曲多数収録!

高橋大輔 「高橋大輔 [DVD]」
発売日:2010/02/03 | ポニーキャニオン

★高橋大輔の独占密着DVD!



ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事
 | ホーム | 

# フィギュアスケート世界選手権2010 女子SP 滑走順

明日行われる女子のショート・プログラムの滑走順です。

◆第9グループ
44 カロリーナ・コストナー(ITA)
45 浅田真央(JPN)
46 キーラ・コルピ(FIN)
47 安藤美姫(JPN)
48 ラウラ・レピスト(FIN)
49 エレーネ・ゲデバニシビリ(GEO)

◆第10グループ
50 長洲未来(USA)
51 キム・ヨナ(KOR)
52 鈴木明子(JPN)
53 レイチェル・フラット(USA)
54 ユリア・セベスチェン(HUN)
55 アリョーナ・レオノワ(RUS)

男子では上位選手に欠場者が相次ぎましたが、女子のほうはロシェットが欠場する以外、 ほとんど五輪組がそのまま出場してくるという感じです。
真央選手は今度はキムヨナとは別の組になりましたね。トップ選手の中では比較的早い滑走順です。
あっこ選手はまたヨナのあとですか…(;^ω^)

日本人選手にはもちろん注目なのですが、個人的には、 バンクーバーで190点を越える得点で4位入賞の長洲未来選手に注目しています。
GPシリーズをみた感じ、まさか数ヶ月でこんなに躍進してくるとはちょっと想像外でした。
またバンクーバーのような演技ができれば十分に表彰台を狙えると思います。
あとはフィンランドのレピストも気になるところ。バンクーバーではちょっとしたミスがありながらも、随分と高評価を得て確か187点くらい得点伸びましたよね。
レピストもひとつひとつの技で大きな加点をとれる選手なので、完璧な演技をしようものならかなり怖い存在になるかもしれません。

日本人選手の滑走予定時刻は、浅田真央選手が24:05~、安藤美姫選手が24:18~、鈴木明子選手が25:13~となっています。
テレビ放送は、27日の19:00~フジテレビにて。


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事
 | ホーム | 

# フィギュアスケート世界選手権2010 男子SP結果

◆2010 世界フィギュアスケート選手権
◇男子 ショート・プログラム/最終順位
■プロトコル (pdf)
----------------------------------------------------------
*1位 89.30 高橋大輔(JPN)
*2位 87.80 パトリック・チャン(CAN)
*3位 87.70 ブライアン・ジュベール(FRA)
----------------------------------------------------------
*4位 84.20 小塚崇彦(JPN)
*5位 81.75 ミハル・ブレジナ(CZE)
*6位 81.05 ジェレミー・アボット(USA)
----------------------------------------------------------
28位 50.25 織田信成(JPN)

世界選手権は男子ショートプログラムを終え、日本の高橋大輔が首位スタート!
バンクーバーで記録した自己ベストには僅かに及ばなかったものの、 すべてのジャンプをミスなく決め、高得点をマークしました。

4位には小塚選手。スピード感溢れる完璧な演技で自己ベストを更新です。

この二人とは対照的な結果になってしまったのが、小塚選手に続いて登場した織田選手。
どうしたことか、すべてのジャンプがすっぽ抜け、順位は28位。
上位24人によるフリーには出場できなくなりました。
今シーズンのSPは安定していましたが、最初のアクセルがパンクして動揺してしまったのかもしれません。

日本時間の今日深夜から行われるフリーの滑走順です。(最終グループ)

◆第4グループ
19 ジェレミー・アボット(USA)
20 小塚崇彦(JPN)
21 ブライアン・ジュベール(FRA)
22 パトリック・チャン(CAN)
23 ミハル・ブレジナ(RUS)
24 高橋大輔(JPN)

この模様は、明日早朝4:45よりフジテレビが生中継を行います。
時差の関係により、日本人選手の登場時間は朝頃となりますので、ちょっと早起きして応援しましょうー!
小塚選手が06:08~、最終滑走の高橋選手が06:41~の予定です。
この前ニュースでやっていましたが、高橋選手はフリーで4回転フリップに挑戦するかも…?とのことです。 成功すればもちろん史上初の快挙ですが、練習では成功していないそうです。
男子選手であっても、普段の競技で見ることができる4回転というのは、一番難易度の低いトゥループがほとんど。 というか、そもそも4回転でトゥループ以外のジャンプを決めた選手っているんでしょうかね?
そう考えると、女子で4回転サルコウを成功させたことのある安藤美姫選手はすごい。


「フィギュア・スケート ミュージック・セレクション 2010」
発売日:2009/11/25 | ワーナーミュージック・ジャパン
★2009-2010年シーズン 有名選手使用曲多数収録!

高橋大輔 「高橋大輔 [DVD]」
発売日:2010/02/03 | ポニーキャニオン

★高橋大輔の独占密着DVD!



ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事
 | ホーム | 

# フィギュアスケート世界選手権2010 男子SP 滑走順

イタリアのトリノで開幕した、フィギュアスケートの世界選手権。
既にアイスダンスやペアなど競技が始まっていますが、注目の男子シングルSPが日本時間の今夜行われます。

バンクーバー五輪の金メダリストであるエバン・ライサチェックや、銀メダリストのエフゲニー・プルシェンコはエントリーしていません。 また、スイスのステファン・ランビエールも、再び競技生活から引退を表明したとのことで、世界選手権には参加していません。
個人的にはプルシェンコの不参加はちょっと残念 (TдT)
あとランビエールの引退も勿体無いですねー。バンクーバーではちょこっとミスはありながらもPB更新してたし、もうちょっとランビの演技を見たかったです。

ということで、日本男子選手史上初の世界選手権制覇というのもだいぶ現実味を帯びてきたかなという気がします。
とはいえ、アメリカのジェレミー・アボットやカナダのパトリック・チャン、さらにはフランスのブライアン・ジュベールといった面々は出場するので、 優勝を狙う上ではやはりひとつのミスが命取りになってくるかなぁと思います。

滑走順を見てみると、日本の3選手は、最終グループ一つ前の第7グループに登場します。

◆第7グループ
37 ジェレミー・アボット(USA)
38 セルゲイ・ボロノフ(RUS)
39 小塚崇彦(JPN)
40 織田信成(JPN)
41 パトリック・チャン(CAN)
42 高橋大輔(JPN)

◆第8グループ
43 サミュエル・コンテスティ(ITA)
44 ブライアン・ジュベール(FRA)
45 ケビン・バンデルペレン(BEL)
46 ミハル・ブレジナ(CZE)
47 アダム・リッポン(USA)
48 デニス・テン(KAZ)

この第7グループの面々を見てみると、このグループがそっくりそのまま最終グループになってもいいのになぁと思うほど豪華ですね。
おそらくこの第7グループのメンバーと、ジュベールを加えた面々でメダルを争うことになりそうです。

タイムスケジュールによると、第7グループが始まるのが日本時間の今夜11:50~。
日本人選手では、小塚選手が0:03~ 織田選手が0:10~ 高橋選手が0:23~の予定です。

この模様は、明日の15:59~フジテレビにて放送されます。
私としては放送を見るまで結果を知りたくないのですが、明日は朝から各番組が結果を報道するのは必至だし、 PCでもケータイでも、インターネットに接続しようものならすぐに情報が目に入ってきてしまいますからねぇ…。
便利な世の中ですけど、時としてそれがウザッたくも感じちゃいます。
ってなわけで、会社を終えて帰宅するまで全力スルーってのはほぼ不可能かな (;´∀`)
どこかネットで中継見れるとこないかな~。


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事
 | ホーム | 

# ALI PROJECT 「Gothic Opera」

3月17日に、アリプロの新しいストリングスアルバムが発売になりました。

ALI PROJECT 「Gothic Opera」
発売日:2010/03/17 | 徳間ジャパンコミュニケーションズ
公式HP | http://www.aliproject.jp/


アルバム 「Gothic Opera」 2010/3/17
徳間ジャパンコミュニケーションズ (TKCU-77134)

1. 月光オペラの天鵞絨の緞帳は上がり
2. 恋の翼は真珠色の骨を持ち
3. Jeux Interdits~禁じられた遊び
4. 私の心は語る薔薇の御胸を葩の御身を
5. エルフの娘は地上に降り
6. Valkyrja ~騎士乙女
7. 百合の日々は追憶の中に潜み薫る
8. La Rose de la Reine~薔薇獄乙女
9. Gothic Opera
10. Adieu

今回のアルバムは、いつもと比較して外観から違います!
いつもはどうしても黒いイメージがありますけど、今回はとても色鮮やかでポップなジャケットです。
ブックフレットなんかも各ページカラフルでとても綺麗でした。
さらに、今回はディスク自体もピクチャーレーベルになっていて、CDケースに収めておくのが勿体無いなぁとさえ思ってしまいました。

さて、肝心の楽曲のほうはというと、今回は既存曲のアレンジは3曲に留め、新曲が6曲+インスト1曲という、もはやオリアル並み新鮮さ溢れる内容になっています。
まず最初に聴いたときは…アリプロ特有の難解なリズムの曲が多く、なんだかよく分からないうちに聴き終わってしまったというのが正直なところ。
それだけいつもとは一味違った感じで新鮮さがあったんだと思いますが、ある程度曲の構成やリズムが頭に入った2周目からは、もうすんなりと聴き入ることができました。
いつものことだけど、聴けば聴くほど味が出て来るわけですよ。
今回は、アリカさんの声が明るく軽快な曲もあったりして、ジャンルで言ったら白アリ系の曲も何曲かあります。 まぁ白アリとはいっても、昔の白アリとはまた一味違いますけどね~。これは何アリって言ったらいいんだろうか。
ま、そんなこともあり、普段のシングル曲のような真っ黒黒なアリプロだけが好み…という方にはあんまり向かないかなぁと思います。

私が特に気に入っているのが、「エルフの娘は地上に降り」と「百合の日々は追憶の中に潜み薫る」です。
百合の日々~は、まず曲の始まりがすごくかっこよくて気に入りました。バイオリンの速弾きのあとに、ズンッチャララ…と演奏が始まっていくあのつながりが大好き… ってかこんな表現しかできないのが悲しい…。聴いた人じゃないと分からないよねこんなの…。
そして既存の3曲のアレンジもすごく良かったです。騎士乙女はもっと壮大で迫力あっても良かったかなぁと思いますけど、でもカッコよかった。

今回は各曲タイトルが難しいんで、覚えるのが大変ですよね(笑)
タイトルだけは発売前に覚えていたつもりの私ですが、曲が流れてきたときになかなかすんなりと出てこないですねぇ(´∀`)
えぇと・・・これは・・・エルフの娘は真珠色の骨を・・・いや違う・・・なんだったっけ・・・みたいな。
それから既存曲のフランス語読みがどうにもこうにも分かりませぬ・・・。
騎士乙女は「ヴァルキュリア」でいいかと思うんだけど、禁じられた遊び と 薔薇獄乙女は、 勝手にジュー・インターディッツ と ラ・ローズ・デ・ラ・レーヌって読んでます(爆)
誰かフランス語読める方が振り仮名振ってくれないでしょうかねぇ。


★今日のアリプロソング★ ♪百合の日々は追憶の中に潜み薫る
収録アルバム 「Gothic Opera」
発売日:2010/03/17 | 徳間ジャパンコミュニケーションズ

◆NOW ON SALE
・Strings Orchestra Album 「Gothic Opera」 2010/03/17
・Best Album 「La Vita Romantica」 2010/01/13
・Live DVD 「TOUR ’09 POISON ~毒を食らわば皿まで~」 2010/01/20

◆NEW RELEASE
・27th Single 「タイトル未定」 Fate/EXTRA主題歌



ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事
 | ホーム | 

# fripSide 「LEVEL5-judgelight-」

管理人が最近お気に入りの曲を紹介する「My Favorite Songs」のコーナー第4弾!
今回紹介するのは、第二期「fripSide」の2ndシングル「LEVEL5-judgelight-」です。
アニメ「とある科学の超電磁砲」のOPテーマに起用されています。
これがほんとかっこ良くて、音源を手に入れてから毎日リピートしまくってます!
こんだけリピートしまくるほど自分の中でヒットした曲は久々かも。

fripSide 「LEVEL5-judgelight-」
発売日:2010/02/17 | ジェネオン・ユニバーサル
公式HP | http://fripside.net/


PV視聴 - ORICON.TV

fripsideは、ヴォーカルで声優の南條愛乃さんと、サウンドプロデューサーのsatさんによる2人組ユニット。
初代ヴォーカルの脱退を受け、去年の秋に新ヴォーカルの南條さんを迎えて再始動。
1stシングル「only my railgun」がいきなりオリコン週間チャートで3位を獲得すると、今回紹介する2ndシングルも3/1付のオリコン週間チャートで初登場4位を記録しました。
既に今年のAnimelo Summer Live 2010 -evolution-への出演も決定したそうです。

…と、ここまではさぞかしfripSideに詳しいかのように書いていますが、実際私は、ついこの前まで楽曲はおろか、fripSideの存在すら知りませんでした。(爆)
TBSのCDTVで曲がちょこっと流れたのがきっかけだったのですが、まだその地点では、「あ、この曲なんかよくね?でもfripSideって誰だ!?」ってそんな程度でした。
「でもこのトランスっぽいサウンド…どっかで聴いた気がする・・・・(略)・・・・そうだ!浅倉大介だ!」と思い、ネットでPVを見つけて視聴。
うわ、この曲めっちゃいいじゃん!…そして、ヴォーカルの斜め後ろでキーボードを弾く金髪の男性…この風貌…やっぱ浅倉大介…?
…と思ったら違いました。この時はfripSideのメンバー構成も知らない状態でしたが、言うまでもなく、この方がサウンドプロデューサーのsatさんでした。

それから、この曲を聴いたときに、私は「かっこいい!」と思うと同時に、ちょっと懐かしさを感じたんですよね。
浅倉大介以外にも、90年代のTKサウンドでありそうな感じだったり、2000年くらいまで活動していたFavorite Blueのメロディラインにどことなく似ている感じがして…。
これらはみんな私が好んで聴いていたタイプの曲なので、それらが融合された感じの曲だったためにそう感じたんだと思います。

で、この記事を書くに至っては、もう少しfripSideのことを知っておくべきだと思ってWikiを読んでいたら、思わず納得の一文を発見。それがこれ↓

>satが影響を受けたミュージシャンとして小室哲哉、浅倉大介、t-kimura、ats-、葉山拓亮を挙げている

失礼ながら後者の2人は知らないんですけど、小室哲哉に浅倉大介、そしてt-kimura!
私が雰囲気が似ているなぁと思ったサウンドプロデューサーが3人も。
なるほどねぇ、そりゃあ雰囲気が似てるわけだし、私が気に入るはずだわ。
あ、ちなみにt-kimuraはFavorite Blueやm.o.v.eに在籍していたサウンドプロデューサーの方です。

今アニソン界では水樹奈々が圧倒的にファンが多くて、シングルCDも初動で5万枚くらい売っちゃうけど、 fripSideのLEVEL5も、何気に初動だけで3万枚以上売り上げてるんですよねぇ。
1stSgもめっちゃキャッチーでかっこよかったし、これはお気に入りのアーティストになるかも。
メディア出演が全く無いのでなかなか知名度が上がっていかないのが残念ですけど、今後注目のアーティストだと思います。

あ、そうそう。1stも2ndもPVはかっこよかったんですけど、何故かマギー審司やエスパー伊藤が出てくる…謎(笑)


◆NOW ON SALE
・2nd Single 「LEVEL5-judgelight-」 2010/02/17
・1st Single  「only my railgun」 2009/11/04



ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事
 | ホーム | 

# カレンダー

02 ≪│2010/03│≫ 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

# 2016-2017 シーズン

▼国別対抗戦
男子SP/女子SP/アイスダンスSD
男子FS/ペアSP/アイスダンスFD
女子FS/ペアFS

▼世界選手権
 男子結果   女子結果

▼四大陸選手権
 男子結果   女子結果

▼全日本選手権
 男子結果   女子結果

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 スケート・アメリカ
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 ロステレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 フランス杯
 男子結果   女子結果

 ▽第5戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第6戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

 ▽グランプリファイナル
 男子結果   女子結果

▼ジャパンオープン
 結果

■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索