フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# ALI PROJECT 「TOUR'2010 汎新日本主義」 DVD情報

ALI PROJECTのライヴ「汎新日本主義」のDVD情報が早くも出ています。
今月3日に国際フォーラムAホールで行われたライヴの模様を収めたDVDとなり、 発売予定日は来年2月9日。価格は¥6,000です。(徳間ジャパン/TKBA1142)
ちなみに、国際フォーラムでのセットリストは↓

*1.インスト(君が代)~刀と鞘
*2.亂世エロイカ
*3.四神獣飼殺し
*4.雪華懺悔心中
*5.六道輪廻サバイバル
*6.阿修羅姫
*7.SENGOKU GIRL
*8.この國よ静かに目覚めたまえ
*9.平成日本残酷物語
10.腕 kaina
11.愛と誠
12.帝都乙女決死隊
13.神風
14.亡國覚醒カタルシス
15.絶國TEMPEST
16.髑髏ヶ城の巫女達は永遠に現世の夢を見る
17.巴里と画家と女
18.戦争と平和
19.平和の因子~君が代
20.鹿鳴館ブギウギ
21.東方憧憬未見聞録
22.暗黒サイケデリック

ライヴでのアリカさん曰く、

オープニングの「君が代(Inst.)」→カット
日本国旗を振り回しながら歌った「愛と誠」→カット
「平和の因子」に続いて歌われた「君が代」→カット

と言っていたように記憶していますが…果たしてどうなるでしょうか。
国歌歌おうが国旗を振り回そうが別にいいじゃん…と思うのですが、 かつて、忌野清志郎氏が君が代のロックVerを収録したアルバムを出そうとして騒ぎになったもんだから、徳間が神経過敏になっているとのこと(笑)
でもアリプロの場合は普通に歌っただけだもん、何がいけないのさ?

そういや、カタルシスの振付講座は入れてくれるのかな?
「嘆キノ壁ハ 突キ崩サレテ」の部分だけ覚えて行きゃいいか…と思ってたら、 サビの部分の振付もみんなちゃんと覚えてくるんですねぇ。
私が可笑しな動きをしているなか、意外と周りの皆さんが出来ていたので…なんか恥ずかしかったです。 次の機会までには覚えなきゃ。

あぁ、振付と言ったら「帝都乙女決死隊」。
振付のある曲が増えるのは全然いいと思うんですけど、曲の内容的に、楽しそうな振付は正直違和感が…。
どっちかと言ったら「四神獣飼殺し」の方にしたほうが良かったんじゃないかと…どっちもどっちか?

あと、今回はダンサーが多かったけど、プチプチアリロリポンチカの4人組が男の子ってのはびっくりしましたねぇ。 アリカさんのブログとか茶漬けさんのブログに写真載ってるけど、普通に可愛い…ですよね。
アリカさんより身長低いみたいだけど、あの子達は一体幾つなんでしょうね?謎。


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# 大相撲九州場所~千秋楽 決定戦の末、白鵬5連覇達成

大相撲九州場所は千秋楽を向かえ、横綱白鵬が優勝決定戦の末、5場所連続17度目の優勝を果たしました。

いやぁ、久々に千秋楽まで存分に楽しめる場所だった。
豊ノ島残念だったなぁ、こんなチャンスは滅多にないから優勝してほしかったです。
さすがは63連勝した横綱。一場所に何度も負けることはしませんね…。

まずは本割。豊ノ島が土俵際の逆転で稀勢の里を降して14勝目。
結びで白鵬が敗れれば、その瞬間初優勝が決まるというところまできました。

しかし白鵬は、今場所空気のような存在である大関琴欧洲をわずか数秒で片付けて14勝目。
琴欧洲の奮起も期待したけど、やっぱり期待するべきじゃなったと…あまりに無様な大関の姿にがっかりしました。

そして優勝決定戦!
立合いの攻防のあと、白鵬が豊ノ島の後ろを取って回り込むと、最後は送り投げで勝負あり。
豊ノ島の初優勝、そして29場所振りの日本人力士優勝の夢は叶いませんでした。

2006年初場所の栃東以来、もう29場所も日本人力士の優勝が達成されてないんですよね…だからこそ期待感が非常に高くて、豊ノ島なら何かやってくれるんじゃないかと思っていたのですが…横綱は冷静でした。
でも豊ノ島には夢見させてもらったというか、本当に楽しませてもらいました。

そして、今場所を語る上で忘れちゃいけないのが大関・魁皇ですよね。
毎場所勝ち越せるかどうかという状況で、誰がこの健闘を予想したでしょうか。
初日に敗れてからは、あれよあれよと白星を重ね、遂には21場所ぶりの2桁勝利に到達。
連勝は11にまで伸び、優勝争いにも加わりました。
その後白鵬と豊ノ島に敗れて優勝の可能性は断たれましたが、今日は大関把瑠都を降して12勝目を挙げました。魁皇が12番勝ったのは、2004年の九州場所以来、実に30場所ぶりのこと。今場所は十分に大関としての役目を果たしてくれたし、大いに場所を盛り上げる立役者にもなりましたよね。
失礼ながら、私は魁皇が2桁勝つことなんて今後ないだろうと思っていたので、この健闘ぶりは嬉しかったし、心打たれるものがありました。また来年も九州に戻ってこれるといいですね。今場所は本当にお疲れ様でした。

今場所の大関の成績は、魁皇が12勝3敗, 把瑠都が11勝4敗, 琴欧洲は辛うじて8勝7敗で勝ち越しました。日馬富士は途中休場で、初場所はカド番となります。

関脇の栃煌山と鶴竜は共に7勝8敗で負け越し。小結の阿覧と栃ノ心も負け越しました。

来場所三役に上がりそうな力士として、筆頭で10勝した稀勢の里と、同じく筆頭で9勝している琴奨菊は確実。2人とも関脇復帰でしょうか。
9枚目で14勝した豊ノ島が一気に関脇まで上がる可能性も無くはないですね。東関脇で1つ負け越した栃煌山は、ぎりぎり小結に留まれそうかな…?

さて、初場所では白鵬の6連覇が懸かります。
気付けば、朝青龍が持つ7場所連続優勝まであと2つなんですよね。
一体これを阻む力士は出てくるのでしょうか?
魁皇に今場所のような成績を毎場所求めるのはさすがに酷だし、栃煌山や稀勢の里も14番前後勝てるかと言ったら「うーん…」って感じだし。琴欧洲には期待しないし、やっぱり把瑠都あたりなんでしょうか。カド番大関がいい成績を残す例も結構多いので、日馬富士の復活にでも期待しようかな…。
また来場所が面白い展開になってくれることを願います!


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# フィギュアスケート グランプリシリーズ 第6戦 フランス大会 女子FS・最終結果

◆2010/2011 フィギュアスケート グランプリシリーズ
◇第6戦 エリック杯 女子 フリー・スケーティング/最終順位
■プロトコル (pdf)   ■競技結果
----------------------------------------------------------
*1位 169.74 FS=108.35 キーラ・コルピ(FIN)
*2位 167.79 FS=109.07 長洲未来(USA)
*3位 159.80 FS=104.30 アリッサ・シズニー(USA)
----------------------------------------------------------
*4位 155.11 FS=104.60 シンシア・ファヌーフ(CAN)
*5位 148.02 FS=097.92 浅田真央(JPN)
*6位 145.47 FS=087.09 今井遥(JPN)
*7位 143.60 FS=096.79 ソニア・ラフエンテ(ESP)
*8位 138.18 FS=087.42 村主章枝(JPN)
*9位 137.08 FS=095.39 マエ・ベレニス・メイテ(FRA)
10位 130.17 FS=083.44 サラ・ヘッケン(GER)
----------------------------------------------------------
11位 120.80 FS=074.74 キャンディス・ ディディエ(FRA)
12位 113.31 FS=074.92 レナ・マロコ(FRA)

グランプリシリーズの第6戦・フランス大会は女子FSを終え、フィンランドのキーラ・コルピ選手が合計169.74点で優勝しました。

キーラ・コルピがグランプリシリーズで優勝したのは今回が初のことです。
いつもフリーでかなり崩れる印象がありましたが、今回はなんとか持ちこたえましたね。
3Lzでの転倒と3Fのすっぽ抜けがありましたが、最初の3T+3Tなど綺麗に決まっていたと思います。

2位はアメリカの長洲未来選手。
未来選手にとって、グランプリシリーズでの初の表彰台となりました。
パッと見た感じでは大きなミスは何もしていないように見えるのですが、 ルッツジャンプが両方ともインサイド踏み切りで減点され、アンダーローテを取られたジャンプも2つほどありました。 またレイバックスピンの際にはバランスを崩し、回転が途中で終わってしまいました。 この場合は当然レベルは1になって減点もされるので、コルピとの点差を考えると痛いミスだったかなぁと思います。

3位はアメリカのアリッサ・シズニー選手。
後半のジャンプでかなりミスが出ていますが、スピンやステップの高評価や、 演技構成点で点数を稼ぎ、なんとか3位に食い込みました。
これで、シズニーのグランプリファイナル進出も決定です。
シズニーのファイナル進出は5シーズンぶりだそうです。

4位はカナダのシンシア・ファヌーフ選手。
今日もルッツジャンプでの失敗がありましたが、ほとんどのジャンプを予定通り成功しているので、 全体的にはまずまず良かったのではないでしょうか。

5位は浅田真央選手。
転倒ジャンプこそありませんでしたが、2つのアクセルが両方すっぽ抜けてしまい、後半に跳んだ3Fも回転が抜けてしまいました。 3Lzは両足着氷でダウングレード。踏み切りもイン気味なので、まだまだ直すには時間が掛かりそうです。
でも、最初の3F+2Loは綺麗に決まりましたし、今回は3Sも綺麗に決まっていました。 そして、不調の中にあって唯一安定している3Loも問題ありませんでした。スピンやステップもかなり高評価を受けています。
まぁ、今大会も思うような演技ができずに気分は晴れないと思いますが、 必ずトンネルを抜けるときが来ると信じて、なんとかこの苦しい時期を乗り切ってほしいと心から願います。
また氷上で真央ちゃんスマイルを見せてくれる日が必ず来る。そう信じて待ちたいです。

6位は今井遥選手。SPでは素晴らしい演技で3位と好スタートを切りましたが、フリーでは大きく崩れてしまいました。
冒頭の2A+3Tは、アクセルの着氷が乱れて単独ジャンプとなり、3Lzはイン踏み切りで減点。 3Fは成功するも、次のスパイラルは規定を満たしていなかったのか0点に。3Lo+2Tは綺麗に決まりました。
後半1本目の3Sはダウングレードとなり、次の3Lo+2Tでは、ファーストジャンプでアンダーローテを取られてます。続く3Sは2回転になりました。
十分にメダルを狙える位置でスタートしたので、ちょっと意識してしまったのかなぁ。

村主章枝選手は8位。
ジャンプのミスが相次ぎ、スピンでも珍しくレベルの取りこぼしが2つありました。


★グランプリシリーズ獲得ポイントランキング 女子シングル
----------------------------------------------------------
*1 30P 安藤美姫(JPN)
*2 26P アリッサ・シズニー(USA)
*3 26P カロリーナ・コストナー(ITA)
*4 26P 村上佳菜子(JPN)
*5 26P 鈴木明子(JPN)
*6 26P レイチェル・フラット(USA)
----------------------------------------------------------
*7 24P キーラ・コルピ(FIN)
*8 22P 長洲未来(USA)
*9 18P アシュリー・ワグナー(USA)

ということで、女子も3名の日本人選手がファイナル進出を果たしました。
獲得ポイントが同じ場合は、シリーズ最高順位>シリーズ総得点 で順位付けされます。
6位までの選手が、2週間後に中国の北京で行われるグランプリファイナルへ進出。7位~9位は補欠となります。
女子の場合、上手くいけば表彰台全員が日本選手ってことも有り得そうな気がする…!それぞれの選手がいい演技をできるといいですね。

* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル

「浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック2010-2011
(DVD付)」

発売日:2010/10/20 | EMIミュージックジャパン
★浅田真央使用曲「タンゴ」「愛の夢」収録

「フィギュア・スケート ミュージック・セレクション’10-’11」
発売日:2010/12/22 | ワーナーミュージック・ジャパン
★主要選手の使用曲を多数収録
★ジョニー・ウィアーが歌でも魅せる!




ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# フィギュアスケート グランプリシリーズ 第6戦 フランス大会 男子FS・最終結果

◆2010/2011 フィギュアスケート グランプリシリーズ
◇第6戦 エリック杯 男子 フリー・スケーティング/最終順位
■プロトコル (pdf)   ■競技結果
----------------------------------------------------------
*1位 248.07 FS=170.43 小塚崇彦(JPN)
*2位 229.38 FS=153.76 フローラン・アモディオ(FRA)
*3位 214.31 FS=141.85 ブランドン・ムロズ(USA)
----------------------------------------------------------
*4位 200.13 FS=134.00 ケビン・レイノルズ(CAN)
*5位 185.69 FS=115.36 シャフィク・ベセギエ(FRA)
*6位 181.53 FS=118.65 ソウ・ナン(CHN)
*7位 177.54 FS=111.01 ペーター・リーベルス(GER)
*8位 173.92 FS=118.13 アントン・コワレフスキー(UKR)
*9位 161.70 FS=108.68 ゾルターン・ケレメン(ROU)
棄権 ---.-- FS=---.-- ブライアン・ジュベール(FRA)

小塚崇彦 完全優勝!
フリー世界歴代2位 170.43点!


グランプリシリーズの第6戦・フランス大会は男子FSを終え、日本の小塚崇彦選手が合計248.07点で完全優勝!文句なしでファイナル進出を決定させました。

いやー、小塚君、すんごい演技でしたね~!!
前に滑ったアモディオが非常にいい演技をして大盛り上がりの後だっただけに、どうかなぁ~と思ったけど、本当に凄かった!
最初の4回転が両足着氷っぽくてマイナス評価を受けていますが、他にはミスらしいミスが一切無いほぼパーフェクトな演技でした。
今季はトリプルアクセルも調子良さそうだし、順調そのものですね。
スピンやステップも高評価を受け、フリーの得点はなんと170.43
高橋大輔が持つ世界最高得点に継いで世界歴代2位となる、とてつもない高得点が出ました。 中国大会で記録した自己ベストをさらに14点も更新です。
技術点は2位に12点以上の差が付いていますし、PCSも5項目中4項目で8点台が出ました。
点数が表示された瞬間の小塚選手の驚き顔!きっと見てた多くの人も同じ顔したんじゃないかな
本当に素晴らしい演技でした。今季全選手の中でもっとも神懸ってたと思います!

2位はフランスのフローラン・アモディオ選手。
アモディオもミスらしいミスがほとんど無い素晴らしい演技でした。
地元ということもあって凄い歓声を受けていましたね。
フリーの153.76という得点は、NHK杯で記録した自己ベストを大きく更新です。
この高得点が活きて、アモディオも初のファイナル進出が決まりました。(詳細は後述)
ジュベールが最近不振ですから、この選手がフランスのエースになる日も近いのかな。
彼は人柄も素晴らしくて、他国ながら応援したくなる選手の一人です。
小塚君が逆転優勝を決め、キスクラから立ち上がった時にスッと後ろに来て、ガッチリ握手。なんて声を掛けていたのか分からないけど、多分「おめでとう」とか言ってたんじゃないですかね。
自分が敗れても他の選手の健闘を称えることが出来るって、見ていてとても気持ちいいし、素晴らしいシーンだなと思いました。

3位はアメリカのブランドン・ムロズ選手。
ムロズも3Aの着氷が乱れた以外、大きなミスはありませんでした。
ただ、ひとつひとつの要素であまり加点を貰えておらず、PCSもそこまで出ていないので、上位とは差が付いてしまいました。

4位はカナダのケビン・レイノルズ選手。SPでの出遅れをフリーで挽回してきました。
SPでアンダーローテ判定になった4Sはきっちり成功させますが、4Tは再び回転不足で転倒。 また、2回跳んだ3Aのうち、単独ジャンプのほうで回転が抜けるミスもありました。
3A+3Tや、3F+3T+2Loといったコンビネーションジャンプはお見事でした。

ジュベールは棄権したようですね…。何かアクシデントがあったのでしょうか?
怪我…?情報がほしいです。


★グランプリシリーズ獲得ポイントランキング 男子シングル
----------------------------------------------------------
*1 30P 小塚崇彦(JPN)
*2 30P 高橋大輔(JPN)
*3 28P パトリック・チャン(CAN)
*4 26P トマシュベルネル(CZE)
*5 26P 織田信成(JPN)
*6 24P フローラン・アモディオ(FRA)
----------------------------------------------------------
*7 24P ジェレミー・アボット(USA)
*8 24P ブランドン・ムロズ(USA)
*9 20P アダム・リッポン(USA)

日本の小塚選手と高橋選手が、共に最高の30Pを獲得。
ポイントで並んだ場合は、シリーズの最高順位が高い選手が優先されますが、それも同じである場合は総得点の高いほうが優先となります。
今回の場合、両者とも連続優勝という結果を残していますが、総得点で上回る小塚選手がトップ通過となりました。
6位~8位も総得点が並んでおり、なおかつ最高順位も全員2位なのですが、総得点で上回ったアモディオが6位に食い込んでいます。

1位~6位までが、2週間後に中国の北京で行われるグランプリファイナルへ進出。7位~9位は補欠となります。
女子と同じく、男子も3名がファイナルに進出しました。ぜひ、パトリック・チャンを降してほしいですね!

* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル

「浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック2010-2011
(DVD付)」

発売日:2010/10/20 | EMIミュージックジャパン
★浅田真央使用曲「タンゴ」「愛の夢」収録

「フィギュア・スケート ミュージック・セレクション’10-’11」
発売日:2010/12/22 | ワーナーミュージック・ジャパン
★主要選手の使用曲を多数収録
★ジョニー・ウィアーが歌でも魅せる!




ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# フィギュアスケート グランプリシリーズ 第6戦 フランス大会 女子SP・結果

◆2010/2011 フィギュアスケート グランプリシリーズ
◇第6戦 エリック杯 女子 ショート・プログラム
■プロトコル (pdf)
----------------------------------------------------------
*1位 61.39 キーラ・コルピ(FIN)
*2位 58.72 長洲未来(USA)
*3位 58.38 今井遥(JPN)
----------------------------------------------------------
*4位 55.50 アリッサ・シズニー(USA)
*5位 50.76 村主章枝(JPN)
*6位 50.51 シンシア・ファヌーフ(CAN)
*7位 50.10 浅田真央(JPN)
*8位 46.81 ソニア・ラフエンテ(ESP)
*9位 46.73 サラ・ヘッケン(GER)
10位 46.06 キャンディス・ ディディエ(FRA)
----------------------------------------------------------
11位 41.69 マエ・ベレニス・メイテ(FRA)
12位 38.39 レナ・マロコ(FRA)

17歳 今井遥 SP3位発進!

グランプリシリーズの第6戦・フランス大会は女子SPを終え、フィンランドのキーラ・コルピが61.39点で首位スタートを切りました。
2位にはアメリカの長洲未来選手, 3位には日本の今井遥選手が入っています。

コルピは冒頭の3T+3Tを鮮やかに成功。3Loではオーバーターンが入ってしまいますが、他の要素はミスなく成功させました。

未来選手も無難にまとめて2位スタート。フリーが課題ですね。

3位に入ったのは日本の今井遥選手。SPの自己ベストを更新です。
冒頭で3Lo+3Tを見事に成功させると、3F,2Aのジャンプの他、全ての要素を成功させました。 技術点では出場選手中最高得点を記録しています。
村上佳菜子に比べてあんまり注目されていませんが、今井選手もかなりいいものを持ってますよね。フリーにも期待せざるをえません。

4位はアメリカのアリッサ・シズニー。
最初の3Lzで着氷が乱れ、内容も点数もほぼカナダ大会と同じものとなりました。
総合3位以上になれば、彼女が残り1枠となったファイナルへの切符を手にすることになります。 よっぽど点数が低くならない限りは4位でも大丈夫だと思うので、フリーで無難にまとめることができれば問題はないでしょう。

5位は日本の村主章枝選手。
冒頭の3Lz+2Tを綺麗に決めましたが、3Fが2回転になってしまうミスがありました。
6位はカナダのシンシア・ファヌーフ。
ジャンプにやや乱れがあり、点数は伸びませんでした。

7位は浅田真央選手。
3Aは回転不足で降りてしまい、膝を着いてしまったので転倒扱い。
3Lo+2Loは着氷に成功しますが、3Fも回転不足で転倒してしまいました。フリップはアンダーローテかな…。
練習ではジャンプの着氷率はかなり高くなっていて、真央ちゃん自身もかなり手応えは掴んできていたと思うのですが 、なかなか本番でうまくいかなくて…辛いですね。
キスクラでのあの表情見てると…ね、完璧じゃなくてもいいから、フリーではある程度結果が出てほしいです。


さて、上で書いたとおり、ファイナルへの残り1枠はシズニーが濃厚です。
しかし、今井選手があまりにもいい演技をしたので、フリーが非常に楽しみになってきました。
可能性は厳しいですが、もし今井選手が優勝して、なおかつシズニーが5位以下で終わったとすると、 他の選手の順位に関係なく、今井選手のファイナル出場が決定します。
コルピや未来選手はフリーに課題がありそうですし、ファヌフとは点差があるので、 もし今井選手がいい演技をできれば、優勝の可能性は十分にあると思われます。
「シズニーの5位以下」っていうのがなかなか無さそうではあるけど…期待したいですねぇ。

* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル

「浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック2010-2011
(DVD付)」

発売日:2010/10/20 | EMIミュージックジャパン
★浅田真央使用曲「タンゴ」「愛の夢」収録

「フィギュア・スケート ミュージック・セレクション’10-’11」
発売日:2010/12/22 | ワーナーミュージック・ジャパン
★主要選手の使用曲を多数収録
★ジョニー・ウィアーが歌でも魅せる!




ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# フィギュアスケート グランプリシリーズ 第6戦 フランス大会 男子SP・結果

◆2010/2011 フィギュアスケート グランプリシリーズ
◇第6戦 エリック杯 男子 ショート・プログラム
■プロトコル (pdf)
----------------------------------------------------------
*1位 77.64 小塚崇彦(JPN)
*2位 75.62 フローラン・アモディオ(FRA)
*3位 72.46 ブランドン・ムロズ(USA)
----------------------------------------------------------
*4位 70.33 シャフィク・ベセギエ(FRA)
*5位 66.95 ブライアン・ジュベール(FRA)
*6位 66.53 ペーター・リーベルス(GER)
*7位 66.13 ケビン・レイノルズ(CAN)
*8位 62.88 ソウ・ナン(CHN)
*9位 55.79 アントン・コワレフスキー(UKR)
10位 53.02 ゾルターン・ケレメン(ROU)

小塚崇彦 SP首位スタート

グランプリシリーズの第6戦・フランス大会は男子SPを終え、日本の小塚崇彦選手が77.64点で首位に立ちました。 2位はフランスのフローラン・アモディオ, 3位にはアメリカのブランドン・ムロズが入り、ファイナル出場を争う3名が上位を占めました。

小塚選手は3Aの着氷が若干乱れた以外はほぼ完璧に滑りきり、上々の出だしとなりました。 小塚君は3位以上でファイナル進出が確定しますので、フリーで大きく崩れるようなことさえ無ければ大丈夫でしょう。

2位のアモディオはシーズンベストを大きく更新して2位スタート。
ジャンプの着氷が非常に美しいです。着実に力をつけてきていますね。

アメリカのムロズもシーズンベストを更新して3位スタート。
ジャンプの着氷が乱れるシーンが2つほどあり、上位2人とは若干差が付いてしまいました。

フランスのジュベールは、首位と11点近く離され5位スタート。
冒頭は4T+3Tの予定でしたが、4Tの着氷が乱れたことで、4T+1Tになってしまいました。4回転-1回転だと規定を満たしていないことになるので、GOEは必ずマイナス評価になります。
続く3Aも着氷が乱れ、これは回転が足りていないように見えたので、おそらくアンダーローテを取られていると思います。
4回転のあとに無理矢理1回転トゥを付けるくらいなら、無理せず他のジャンプに3回転のコンビを付けることを考えた方が良かったんじゃないかなぁと思いました。
せっかくの地元大会ですが…、苦しいスタートです。

今年、4回転ジャンプで注目を集めるようになったカナダのレイノルズは、前回を14点も下回る7位スタートとなりました。
4S+3Tや3Aを軽々成功させ、最後の4Tで転倒はしてしまいましたが、 多分回転は足りていたんじゃないかと…でも技術点が前回より10点も下がってます。他の要素で何かミスがあったのでしょうか?
レイノルズ自身も、点数が出た途端「Why?」って顔でしたね…。
スタッツが公開されたら確認してみようと思います。

◇追記
レイノルズの4Sと4Tは両方ともアンダーローテ判定になっていました。
前回は両方とも綺麗に成功させて加点も貰っていましたが、今回は両方ともGOEはマイナス評価となっており、そこで技術点の大きな差が出てしまったようです。

* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル

「浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック2010-2011
(DVD付)」

発売日:2010/10/20 | EMIミュージックジャパン
★浅田真央使用曲「タンゴ」「愛の夢」収録

「フィギュア・スケート ミュージック・セレクション’10-’11」
発売日:2010/12/22 | ワーナーミュージック・ジャパン
★主要選手の使用曲を多数収録
★ジョニー・ウィアーが歌でも魅せる!




ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# バレーボール男子~広州アジア大会 決勝 日本×イラン

◇スタメン (順不同)
日本:米山裕太 山村宏太 清水邦広 福澤達哉 富松崇彰 宇佐美大輔 L=永野健
イラン:マルーフ ムーサビ ザリニ ナーディ ナザリアフシャール モハンマドカゼム L=アッタル

日本はこの試合に勝つと、アジア大会では4大会振りの金メダル獲得となります。
イランとは力の差はほとんどありませんし、ぜひ勝って金メダルを獲得していただきたいですね。

韓国戦で新タアナが実況してたんで、今日も期待してたら土井アナかよ…。さすがにNHKで絶叫はないか…。

第1セット
イランのタッチネットで1-0.拾って繋ぎ、清水決めて2-0.
ラリー中にまたイランがタッチネットをし3-0.米山サーブミス3-1.
山村のAで4-1.ナザリ決めて4-2.ナザリアフシャール(以下ナザリ)のクロスがアウトで5-2.
ナーディのAをシャットし6-2.清水のノータッチエースで7-2.
清水サーブミス7-3.富松の縦Bで8-3.1stTTO。
福澤サーブミス8-4.米山が平行トスを決めて9-4.
福澤のバックアタックで10-4.ザリニ→カマルバンドIN。
イランのツーが決まって10-5.山村のBで11-5.
宇佐美サーブミス11-6.カット乱れるも、イランのオーバーネットで12-6.
カマルバンドをシャットし13-6.ナザリのバックアタックで13-7.
日本のタッチネットで13-8.カマルバンドサーブミス14-8.
ムーサビのAで14-9.互いにサーブミスで15-10.
福澤決めて16-10.2ndTTO。
福澤がサーブ時にラインを踏んで16-11.何回やっても直らんね…。
富松のAで17-11.モハンマドカゼム(以下カゼム)のバックライトで17-12.
山村のBで18-12.ナザリのパイプで18-13.
ここでマルーフにサービスエースを許し、日本がタイム。18-14.
ナザリのバックアタックを山村がシャットし19-14.イランのコンビミスで20-14.
ムーサビのBで20-15.カット乱れ、清水の2段打ちはアウトで20-16.
フェイント拾われるも、ナザリの攻撃はアウトで21-16.
ムーサビのAで21-17.福澤決めて22-17.
カマルバンドのバックアタックで22-18.カットが大きくなるも、宇佐美のツーが決まって23-18.
ピンサ長江IN。拾って繋ぐも、長江のバックアタックはシャットされて23-19.
ナザリのサーブミスで24-19.ワンブロ鈴木IN。
最後はサービスエースで25-19.

第2セット
イランはザリニを復帰させてます。
山村のAをムーサビにシャットされ0-1.清水決めて1-1.
ムーサビのAを富松がドシャットし2-1.今度は福澤のブロックで3-1.
ナザリ決めて3-2.サーブミスで4-2.拾って繋ぎ、清水のバックライトで5-2.
清水サーブミス5-3.カゼムもサーブミスで6-3.
イランのホールディングで7-3.ナザリのスパイクはアウトで8-3.1stTTO。
福澤サーブミス8-4.ナザリのエースで8-5.富松のBで9-5.
ザリニ決めて9-6.福澤のバックアタックはネットを越えず9-7.
山村の縦Bはアウトで9-8.カット乱れるも清水決めて10-8.
カゼムのバックライトで10-9.清水決めて11-9.
カゼムがセンターラインを踏み越えて12-9.米山サーブミス12-10.
ザリニもサーブミスで13-10.カゼムを富松がシャットし14-10.
ラリーで福澤がワンタッチを取って15-10.カゼム→アンダリブIN。
クイック攻撃を富松がシャットし16-10.2ndTTO。
アンダリブを福澤がシャットし17-10.ムーサビ→ゴラミIN。
マルーフのツーで17-11.富松がブロックアウトを取り18-11.
また福澤のブロックで19-11.ブロックがいいですねぇ。カゼム復帰。
ザリニのバックアタックを福澤が1枚でシャットし20-11.
イランのセッターがマフダビに替わっているようです。
ラリーでカゼムのクロスがアウトになり21-11.清水サーブミス21-12.
福澤決めて22-12.ピンサで石島IN。ナザリ決めて22-13.
清水が決めて23-13.ワンブロ鈴木IN。
速攻拾い、清水が決めて24-13.最後は富松のノータッチエースで25-13.
このまま一気に勝ってほしいですね。眠いし(笑

第3セット
カゼムのバックライトで0-1.福澤のクロスで1-1.
ムーサビの強烈なAで1-2.富松のBがアウトで1-3.
福澤のクロスで2-3.ザリニ決めて2-4.福澤決めて3-4.
カマルバンド決めて3-5.ムーサビのサーブミスで4-5.
ラリーはカマルバンドが制し4-6.カゼムのエースで4-7.
カット乱れ、清水シャットで4-8.うーむ、やはりあっさりとは終わらせてくれないか…。1stTTO。
米山決めて5-8.宇佐美サーブミス5-9.カット乱れ、米山シャットで5-10.清水決めて6-10.
カゼムのバックライトで6-11.ナーディのサーブミスで7-11.
再びカゼムのバックライトで7-12.清水がブロックアウトを取り8-12.
ラリーを清水のバックライトで制し9-12.福澤の攻撃がネットを越えず9-13.
富松拾われ、カマルバンド決めて9-14.ザリニサーブミス10-14.
福澤→ピンサ上場IN。拾って繋ぎ、清水決めて11-14.
カゼム決めて11-15.福澤戻し。清水のバックライトで12-15.
ピンサ長江。その長江のサーブで崩し、宇佐美が押し込んで13-15.
ラリーはナーディのAで13-16.2ndTTO。
清水のバックライトで14-16.ナーディのAで14-17.
清水のクロスで15-17.ピンサ石島IN。しかしサーブミスで15-18.
山村のBで16-18.拾って繋ぐも、福澤シャットで16-19.
ラリーで福澤がブロックアウトを取り17-19.清水サーブミス17-20.
ザリニのエースで17-21.うーん。清水のバックライトで18-21.
サーブで崩し、カマルバンドのクロスがアウトで19-21.
拾って繋ぎ、清水がブロックアウトを取り20-21.よっしゃ。
ムーサビ→ゴラミIN。拾って繋ぐも、福澤のバックアタックは3枚で思いっきりドシャット。20-22.
富松のクイックで21-22.富松のエースで22-22!ザリニ→ナザリIN。
カマルバンド決めて22-23.宇佐美のツーを拾われるも、カゼムのバックライトをシャットし23-23.
ナーディのクイックで23-24.最後はブロックに捕まり23-25.

第4セット
ナザリがサーブミス1-0.拾って繋ぎ、清水決めて2-0.
イランのコンビミスで3-0.マルーフのツーで3-1.
清水の攻撃はネットを越えず3-2.今度は清水決めて4-2.
清水のバックライトはドシャットで4-3.ムーサビの縦Bで4-4.
カット乱れるも、清水決めて5-4.カゼム決めて5-5.
カマルバンドサーブミス6-5.ムーサビのAで6-6.
不運なネットインエースで6-7.ムーサビのサーブミス7-7.
ナザリを山村がシャットし8-7.1stTTO。
ナーディのクイックはアウトで9-7.今度はナーディ決めて9-8.
カゼムサーブミス10-8.カゼムのバックライトで10-9.
山村のBがアウトで10-10.清水決めて11-10.カゼムのバックライトで11-11.
富松の縦Bは読まれて11-12.福澤のクロスで12-12.
清水のサーブで崩し、宇佐美のダイレクトで13-12.さらに清水のエースで14-12.
次も崩し、宇佐美のブロックで15-12.ザリニIN。
ザリニの攻撃を拾い、福澤のクロスで16-12.5連続ポイントで2ndTTO。
拾って繋ぎ、清水のクロスが決まって17-12.カゼムのバックライトを福澤がシャットし18-12.7連続P!
清水サーブミス18-13.清水ふかして18-14.
清水のバックライトで19-14.ピンサ長江のエースで20-14.
ムーサビのBで20-15.富松のBで21-15.ワンブロ鈴木IN。
ムーサビのAで21-16.ムーサビサーブミス22-16.
速攻拾い、福澤のバックアタックで23-16.ナザリ決めて23-17.
福澤のバックアタックで24-17.アジア大会ゴールドメダルポイント。
米山サーブミス24-18.最後は山村のBで25-18.
日本、16年ぶりアジア大会金メダル獲得!!

日本 3 - 1 イラン
25-19   25-13   23-25   25-18 )


◇最終順位 男子
金 日本
銀 イラン
銅 韓国
*4 タイ
*5 中国
*6 インド
*7 サウジアラビア
*8 カタール
*9 カザフスタン
10 パキスタン
11 チャイニーズ・タイペイ
12 クウェート
13 インドネシア
14 ミャンマー
15 トルクメニスタン
16 ベトナム


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# バレーボール男子~広州アジア大会 準決勝 日本×韓国

日本 3 - 2 韓国
( 25-27   21-25   25-19   25-20   15-12 )


スタメン(順不同)
宇佐美 富松 山村 清水 福澤 米山 L=永野

ほとんど注目されていないようですが、今日はBS1で放送があったので途中から見ていました。 日本は最近韓国に勝てておらず、今日も立て続けに2セットを取られる苦しい展開となります。
しかし第2セットの終盤には連続ポイントで追い上げるシーンもあり、チームのムードは良くなっていました。 そして勢いそのままに、第3セットをいいリズムで奪い返します。

第4セットは韓国が一歩リードする展開となりますが、激しいラリーで交互得点が続き、日本も離されません。そして、2ndTTOを目前に山村の連続エースで逆転すると、その後も連続ポイントを奪い、このセットも日本が取ります。このセットの終盤、韓国は点を入れてはサーブミスの繰り返しでした。

第5セットはいきなり連続失点となりますが、清水のエースなどで追いつき、終盤は立て続けにブロックポイントも出て14-9とします。ここから不運なネットインエース等で反撃を許すも、最後は清水が決めてゲームセット。


日本は4大会振りの決勝進出となり、銀メダル以上が確定しました。
決勝では、金メダルを賭けてイランと対決します。


なお、女子は準々決勝で韓国に敗れ、4強入りはなりませんでした。
日本女子がメダルを逃したのは今大会が初めてとのことですが、他の国が普段の代表メンバーで挑んでくる中、全日本入りの経験がない選手ばかりの3軍以下で戦っているのだから、ある程度想定の範囲内でしょう。


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# 続・iPodのバグ…?再生回数が反映されない…

以前、「iPodのバグ…?再生回数が反映されない…」 という不満記事を書いたところ、 この記事へは検索エンジンを通して毎日何件ものアクセスをいただいています。
申し訳ないことに解決方法をご案内しているわけではないのですが、 多くの方がこの問題に悩んでいて解決策を探しているということがよく分かります。

あれから私もいろいろと試してはいるのですが、解決策は見つかっていません。
結論としては、ソフト側のバグだと思っています。

iPod側が悪いのかiTunes側が悪いのかは分からないけど、
私のiTunes(iPod)は最近ますますおバカさんになってしまったようで、 iPodを接続したってまともに再生回数を反映しなくなってしまいました。
iPodで1曲だけ再生したあと、すぐに同期を行っても反映しない始末。
私がSONYのネットワークウォークマンへの浮気を考え始めたからといって…そんな不機嫌になることないのにさ。
iPodの復元を試してみても効果なかったし…もうお手上げ状態です。

ここまで悪くなった理由が分からないですが、タイミングとしては先週のアップデート(Ver.10.1.0.59)を適用した途端なんですよね…。
お休みの間はかなり音楽を聴いていて、意識的にちょくちょく同期を試みていたのですが、 きちんと再生回数が反映されたのなんて10回中2回くらいでしたよ…。
これまでも再生回数を反映しない症状は出ていましたが、せいぜい3~5回に1回くらいで、今ほどに悪くはなかったです。

なんだか分からないけど、アップデート適用後は、iPodを接続してもiTunesが起動しない率が高くなって、 そのかわり自動再生でiPod内のフォルダが表示されるようになってしまったんですよね…。
もちろん、iTunesの設定で「ディスクとして使用する」にはチェックを入れていません。
そもそも、ちゃんとiTunesが起動されることもありますし…。一体何なのか…。
検索する限り、アップデート適用後におかしくなったという人は見つからないので、 たまたまタイミングが重なってしまっただっただけなのかもしれませんが。

アップデート通知が来るたびに、「もしかして問題が解決するかも?」なんて淡い期待を抱いてはいるのですが、 良くなるどころがますますおかしくなるなんて、appleさん…頼みますよ…でも、もう半ば諦めモードです。

私もこの問題を解決したいのでいろいろと検索をしてきたのですが、 そうすると、結構個人の方のブログ記事や掲示板の書き込みがヒットしてくるわけです。
その記事の投稿日が2006年とか2007年とかっていうのもあるし、かなり前からこの問題は存在するってことですよね。
apple側が認識していないはずはないのだけど、結局は原因が分からないからいつになっても修正できないんでしょう。
それに、登録したアルバムアートワークがある日突然消えたりとか、 全く別の画像にすり替わっていたりとか訳の分からない変な現象も相変わらず出るし…
もう、一からソフトウェア作り直してほしいわ…。

去年iPodを購入する前は、SONYのウォークマンにするべきかちょっと迷ったんですよね。
でも、再生回数をカウントできる機能が私にとっては魅力的だったのでiPodに決めたのですが、まさかそれに悩まされることになろうとは…。
SONYのウォークマンに同じ機能が付いたら本気で乗換えを考えるのにな。

…とまぁこんな具合なんで、ここ数日、iPodで音楽を聴くときは、再生した曲を紙にメモってます…。
同期で再生回数がカウントされなかったら、そのメモを頼りにiTunes上で1曲1曲の再生回数を手作業で操作するという… まったく、なんたる原始的な作業でしょうか…。
こんなことから開放される日は果たして来るのだろうか。


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# MJ presents 新世紀アニソンSP.4 @ALI PROJECT

2ちゃんのアリプロスレッドからの情報です。
ALI PROJECTが出演する、NHKの特別音楽番組
「MJ presents 新世紀アニソンSP.4」の収録が昨日行われ、
収録に先立って行われた記者会見の様子がアップされています。

ttp://moca-news.net/article/20101122/201011222214a/01/
ttp://closeup-nettube.livedoor.biz/archives/3784659.html

殿「JAM Projectの片倉です」って…爆笑しちゃったじゃないっすか(笑)
集合写真を見ると、確かに片倉さんがJAM Projectの一員に見える(^ω^)
片倉さんはこういう場は苦手なのかと思ったけど、楽しんで出来たようでなによりです。

この日ALI PROJECTが披露したのは、

・聖少女領域
・亡國覚醒カタルシス

の2曲で、オンエアでは聖少女領域が流れる予定とのことです。

気になる放送日は、来年1月16日(日)の午後6:10~6:40(NHK総合)が予定されています。 ついにアリプロが地上波のゴールデンに登場ですね…!

多分この数ヵ月後には「完全版」が放送されると思うので、
そこでは2曲とも見ることが出来ると思います。…待ち遠しいですね。


★今日のアリプロソング★ ♪繭
収録アルバム 「AVENGER O.S.T」
発売日:2003/12/03 | ビクターエンタテインメント

◆NOW ON SALE
・Best Album 「La Vita Romantica」 2010/01/13
・27th Single  「亂世エロイカ」 2010/07/14
・Live DVD 「月光ソワレVI ~Gothic Opera~」 2010/07/14
・28th Single 「刀と鞘」 2010/08/25
・New Album  「汎新日本主義」 2010/09/29



ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# フィギュアスケート グランプリシリーズ 第5戦 ロシア大会 女子FS・最終結果

◆2010/2011 フィギュアスケート グランプリシリーズ
◇第5戦 ロシア大会 女子 フリー・スケーティング/最終順位
■プロトコル (pdf)   ■競技結果
----------------------------------------------------------
*1位 174.47 FS=120.47 安藤美姫(JPN)
*2位 172.74 FS=115.31 鈴木明子(JPN)
*3位 167.02 FS=110.85 アシュリー・ワグナー(USA)
----------------------------------------------------------
*4位 153.78 FS=096.94 アグネス・ザワツキー(USA)
*5位 153.71 FS=100.10 バレンティナ・マルケイ(ITA)
*6位 153.05 FS=098.06 ソフィア・ビリュコワ(RUS)
*7位 150.45 FS=097.52 クセーニャ・マカロワ(RUS)
*8位 144.32 FS=091.06 ミリアム・サムソン(CAN)
*9位 144.06 FS=097.45 アリョーナ・レオノワ(RUS)
10位 131.20 FS=085.42 エレーナ・グレボワ(EST)

安藤美姫 シリーズ連勝!
鈴木明子 2位!
共にファイナル進出決定 


グランプリシリーズの第5戦・ロシア大会は女子FSを終え、日本の安藤美姫選手が合計174.47点で逆転優勝を飾りました。 中国大会に続く連勝で、ポイントランキングでも単独トップ。日本の女子選手史上最多となる6度目のグランプリファイナル進出を決めました。 昨季を含めると、安藤選手はGPシリーズ4連勝です。
2位には鈴木明子選手が入り、こちらも2年連続のファイナル進出を決めました!

安藤選手は腰がだいぶ辛そうではありましたが、ミスらしいミスの無いほぼ完璧な演技を披露し、120点を超える高得点を記録しました。 合計174.47という得点は、今季のシリーズ最高得点です。
セカンドの3回転がなかなか入らないですが、それを除いては回転不足判定もレベルの取りこぼしも無く、 本当に質のいい演技だったと思います。今シーズンはジャンプの安定感が凄いですね。 演技後はモロゾフコーチがガッツポーズを連発していました。
ファイナルでは体調を万全にして、3回転3回転を見せてほしいと思います。

鈴木選手は演技構成点では全体のトップとなる得点を記録していますが、 技術点では完璧な演技を披露した安藤選手を7点以上下回りました。
後半のルッツがすっぽ抜けてしまったことが、得点では一番響いてしまったでしょうか。
あとは3Sでアンダーローテーションを取られているのと、3連続ジャンプの3つ目が1回転になってしまっています。
それから、鈴木選手の場合はルッツの踏み切り違反を取られてしまうので、 一見非常に綺麗に決まったようにも見える最初の3Lzも減点になってしまうんですよね。
まだ課題はあると思いますが、全体的に見るとスピード感もあって非常にいい演技だったと思います。

3位はアメリカのアシュリー・ワグナー選手。
素晴らしい演技で表彰台を獲得しましたが、NHK杯が5位に終わっているのでファイナル進出は絶望的です。

地元開催ということで期待されていたマカロワやレオノワですが、ミスが目立つ内容となってしまい、上位に食い込むことは出来ませんでした。


さて、来週の第6戦・フランス大会の主な出場者(女子)は以下の通りです。
日本→浅田真央/今井遥/村主章枝
他→長洲未来/シンシア・ファヌフ/アリッサ・シズニー/キーラ・コルピ など

来週は浅田真央選手の2戦目ですね。ジャンプの状態がどうなのか気になるところではありますが、 いきなり完璧に修正できるものでもないでしょうから、特別な好成績は期待しません。
もちろん好成績が出るに越したことはないと思いますが、 真央ちゃんにとって何か手応えを掴めるような大会になってくれればそれでいいと私は思います。

そして、現在のポイントランキングは以下の通りとなっています。
【確】が付いている選手は、既にファイナル進出が決まっています。

*1 30P 安藤美姫 【確】
*2 26P カロリーナ・コストナー 【確定】
*3 26P 村上佳菜子 【確定】
*4 26P 鈴木明子 【確定】
*5 26P レイチェル・フラット 【確定】
*6 18P アシュリー・ワグナー

女子の場合は、残るファイナルへの枠はあと1つだけです。
よほどのことが無い限り、アメリカ大会で優勝しているシズニーで決定でしょう。
シズニーが5位以下になるようなことがあると、未来, ファヌフ, コルピにも、優勝することで逆転が可能になります。

* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル

「浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック2010-2011
(DVD付)」

発売日:2010/10/20 | EMIミュージックジャパン
★浅田真央使用曲「タンゴ」「愛の夢」収録

「フィギュア・スケート ミュージック・セレクション’10-’11」
発売日:2010/12/22 | ワーナーミュージック・ジャパン
★主要選手の使用曲を多数収録
★ジョニー・ウィアーが歌でも魅せる!




ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# フィギュアスケート グランプリシリーズ 第5戦 ロシア大会 男子FS・最終結果

◆2010/2011 フィギュアスケート グランプリシリーズ
◇第5戦 ロシア杯 男子 フリー・スケーティング/最終順位
■プロトコル (pdf)   ■競技結果
----------------------------------------------------------
*1位 230.31 FS=156.21 トマシュ・ベルネル(CZE)
*2位 227.21 FS=145.25 パトリック・チャン(CAN)
*3位 217.21 FS=139.60 ジェレミー・アボット(USA)
----------------------------------------------------------
*4位 207.30 FS=141.61 サミュエル・コンテスティ(ITA)
*5位 204.68 FS=134.18 アルバン・プレオベール(RUS)
*6位 202.94 FS=130.53 アルトゥール・ガチンスキー(USA)
*7位 202.66 FS=132.42 羽生結弦(JPN)
*8位 189.85 FS=124.24 イワン・トレチャコフ(RUS)
*9位 184.06 FS=117.60 ハビエル・フェルナンデス(ESP)
10位 181.15 FS=113.81 コンスタンチン・メンショフ(RUS)
----------------------------------------------------------
11位 177.01 FS=120.64 町田樹(JPN)
12位 175.54 FS=115.49 アントン・コワレフスキー(UKR)

グランプリシリーズの第5戦・ロシア大会は男子FSを終え、チェコのトマシュ・ベルネルが合計230.31点で逆転優勝を飾りました。

ベルネルがこの大会でファイナル進出を決めるには優勝しかなかったわけですが、安定した演技で見事な逆転優勝でした。
今シーズンのベルネルは4回転を跳びませんが、それが功を奏したのか安定感が戻ってきていますね。いずれまた4回転に挑戦してほしいです。

よっぽどのことが無い限り優勝だと思っていたパトリック・チャンは2位。
4T, 3A, 3Lzで計3回の転倒があり、さらにはコンビネーションの跳びすぎで点数が貰えない要素もありました。
これだけ得点を下げる要素があっても145点なのだから、完璧に演じきれたら世界最高得点かもね・・・。
しっかしカナダ大会と合わせて合計8回も転倒して1位と2位かぁ…。
たしかにスケーティングの技術はすっごい上手いと思うのですが、ジャンプでこれだけ失敗が目立つと…なんでこんなに高得点?と思ってしまいますよね。

アメリカのアボットはミスが目立って3位。
今大会でファイナル進出を決めることは出来ず、来週のフランス杯の結果次第では上位6名に残れない可能性も出てきました。

日本の羽生結弦選手は7位でした。
最初の4回転では軸が曲がって3回転となりますが、その他のジャンプで大きく乱れることはありませんでした。
ステップに入るところで転倒があったにしろ、ちょっと点数が低いな…と感じていたのですが、 どうやらトリプルジャンプの回数違反があり、無効となってしまった要素があったみたいです。
3回転以上のジャンプの場合、2種類までは同じものを2回跳ぶことを許されていますが、それ以上の回数を跳んだ場合、その要素は無効になってしまいます。
羽生選手の場合、3T,3A,3Lzの3種類のジャンプを2回ずつ跳んでしまったことがルール違反となり、回数違反となった3Lz+2Tが無効な要素となってしまいました。
これは最初の4Tが3Tになってしまったがために起こってしまったんですね。4Tが決まった場合、3Tは1回しか跳んでいないことになるので、ルール上は何の問題もなくなります。
男子の場合は4回転が3回転になってしまうことはありうる話なので、そうなった場合の構成も考えておかないといけないわけですね。
これをザヤックルールと言うそうですが、お恥ずかしながら私はこのルールを知らずに、記事修正前まではおかしな見解を書いておりました。大変失礼いたしました。(コメントで指摘していただいた方、ありがとうございます。) フィギュアスケートのルールは複雑ですね…。
ちなみに、この違反が無かったとしたら、おそらく総合で4位には入れていたと思われます。


さて、来週の第6戦・フランス大会の主な出場者(男子)は以下の通りです。
日本→小塚崇彦
他→ブライアン・ジュベール/フローラン・アモディオ/ブランドン・ムロズ など

そして、現在のポイントランキングは以下の通りとなっています。
【確】が付いている選手は、既にファイナル進出が決まっています。

*1 30P 高橋大輔 【確】
*2 28P パトリック・チャン 【確定】
*3 26P トマシュベルネル 【確定】
*4 26P 織田信成
*5 24P ジェレミー・アボット
*6 22P アダム・リッポン

来週のフランス大会の結果にてファイナルの進出者6名が決定しますが、 上記選手以外で可能性を残しているのは、小塚君、アモディオ、ムロズ、ジュベール の4人かな?
ジュベールの場合は、自身が優勝した上、他の3人の結果が悪くなければならないので、可能性はかなり低いです。 逆に、小塚君は表彰台に乗れればファイナル確定です。
織田選手のファイナルはまだ決まってはいませんが、7位以下に弾き出される条件のほうが厳しいので、ほとんど確定と言ってもいいと思います。

* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル

「浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック2010-2011
(DVD付)」

発売日:2010/10/20 | EMIミュージックジャパン
★浅田真央使用曲「タンゴ」「愛の夢」収録

「フィギュア・スケート ミュージック・セレクション’10-’11」
発売日:2010/12/22 | ワーナーミュージック・ジャパン
★主要選手の使用曲を多数収録
★ジョニー・ウィアーが歌でも魅せる!




ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# フィギュアスケート グランプリシリーズ 第5戦 ロシア大会 女子SP・結果

◆2010/2011 フィギュアスケート グランプリシリーズ
◇第5戦 ロシア杯 女子 ショート・プログラム
■プロトコル (pdf)
----------------------------------------------------------
*1位 57.43 鈴木明子(JPN)
*2位 56.84 アグネス・ザワツキー(USA)
*3位 56.17 アシュリー・ワグナー(USA)
----------------------------------------------------------
*4位 54.99 ソフィア・ビリュコワ(RUS)
*5位 54.00 安藤美姫(JPN)
*6位 53.61 バレンティナ・マルケイ(ITA)
*7位 53.26 ミリアム・サムソン(CAN)
*8位 52.93 クセーニャ・マカロワ(RUS)
*9位 46.61 アリョーナ・レオノワ(RUS)
10位 45.78 エレーナ・グレボワ(EST)

鈴木明子 首位スタート
安藤美姫 5位


グランプリシリーズの第5戦・ロシア大会は女子SPを終え、日本の鈴木明子選手が57.43点で首位スタートを切りました。
そこから3.43点差の5位には、安藤美姫選手が入っています。

鈴木選手はスピンでややバランスを崩す場面はありましたが、点数に大きく響くようなミスはなく演技を終えました。 中国大会は2位フィニッシュだったので、今回は優勝できるといいですねー。

腰を痛めているという安藤選手は、冒頭は3-3ではなく、3Lz-2Loに抑えました。続く3Fは多分アンダーローテーションを取られてると思います。
順位こそ5位ですが、鈴木選手とは3.43点差。まだまだ逆転は十分に可能ですが、 あまりコンディションが良くないからか表情が浮かない感じだったのが気になります。

今大会のショートでは大きなミスをした選手が非常に少なく、上位は大混戦状態となっています。
8位までの選手が50点を越えるというハイレベルで、首位の鈴木選手から8位のマカロワまでの点差は僅か4.5点しかありません。
フリーでどういう逆転劇が起こっても全くおかしくない状況ですね。

今回、鈴木選手が最終滑走で出てきたので「あれ?」と思ったのですが、 いつの間にやら鈴木選手が安藤美姫を抜いて世界ランキング2位になってたんですね。
どういう計算法なのかしらないけど、過去3シーズンの結果が安定してるからかな。

さて、グランプリファイナルについてですが、ざっと計算してみたところ、今大会はマカロワが優勝しない限り、鈴木選手は2位以上でファイナル進出は決定だと思います。
安藤選手は中国大会の優勝という最高の結果があるので、表彰台にさえ上れれば6度目のファイナルが確定です。
佳菜子ちゃんが既にファイナル行きを決めているので、二人ともファイナルに進出となれば日本人が3人も出場できることになりますね。

男女のフリーの様子は、テレビ朝日系で今夜24:30~放送され、BS朝日でも明日放送予定が組まれています。

* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル

「浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック2010-2011
(DVD付)」

発売日:2010/10/20 | EMIミュージックジャパン
★浅田真央使用曲「タンゴ」「愛の夢」収録

「フィギュア・スケート ミュージック・セレクション’10-’11」
発売日:2010/12/22 | ワーナーミュージック・ジャパン
★主要選手の使用曲を多数収録
★ジョニー・ウィアーが歌でも魅せる!




ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# フィギュアスケート グランプリシリーズ 第5戦 ロシア大会 男子SP・結果

◆2010/2011 フィギュアスケート グランプリシリーズ
◇第5戦 ロシア杯 男子 ショート・プログラム
■プロトコル (pdf)
----------------------------------------------------------
*1位 81.96 パトリック・チャン(CAN)
*2位 77.61 ジェレミー・アボット(USA)
*3位 74.10 トマシュ・ベルネル(CZE)
----------------------------------------------------------
*4位 72.41 アルトゥール・ガチンスキー(USA)
*5位 70.50 アルバン・プレオベール(RUS)
*6位 70.24 羽生結弦(JPN)
*7位 67.34 コンスタンチン・メンショフ(RUS)
*8位 66.46 ハビエル・フェルナンデス(ESP)
*9位 65.69 サミュエル・コンテスティ(ITA)
10位 65.61 イワン・トレチャコフ(RUS)
----------------------------------------------------------
11位 60.05 アントン・コワレフスキー(UKR)
12位 56.37 町田樹(JPN)

グランプリシリーズの第5戦・ロシア大会は男子SPを終え、カナダのパトリック・チャンが81.96点で首位に立ちました。 2位にジェレミー・アボット, 3位にはトマシュ・ベルネルが入り、実力者が上位を占める形となっています。

チャンは冒頭の4T+3Tを美しく成功させますが、課題の3Aでは今回も転倒しました。
転倒してこの点数なのだから、おそらく回転自体は足りていたものと思われます。
前回は計4回転んでも優勝しましたので、フリーですっぽ抜けジャンプを連発させるようなことが無ければ、このまま逃げ切るでしょうね。

2位のアボットと3位のベルネルは、ノーミス演技で上々のスタートとなりました。
ベルネルはファイナル進出を決めるには優勝が条件となってきますが…上位2人が強いのでなかなか厳しいですね…。

日本の羽生結弦選手は6位スタート。
3Aで軸がぶれて危ない着氷にはなりましたが、続く3Lz+3Tは綺麗に決めていました。
得点は70点台に乗り、NHK杯よりも高い得点が出ました。
フリーでの美しい4回転、期待してます。

もう一人の日本人選手である町田樹選手は、ジャンプにスピンに精彩を欠き最下位スタートとなってしまいました。
ただ、前回はミスがありつつもフリーで高得点が出ていましたので、なんとか巻き返してほしいですね。

* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル

「浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック2010-2011
(DVD付)」

発売日:2010/10/20 | EMIミュージックジャパン
★浅田真央使用曲「タンゴ」「愛の夢」収録

「フィギュア・スケート ミュージック・セレクション’10-’11」
発売日:2010/12/22 | ワーナーミュージック・ジャパン
★主要選手の使用曲を多数収録
★ジョニー・ウィアーが歌でも魅せる!




ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# 2010/11/15付 バレーボール女子 世界ランキング

2010/11/15付 バレーボール女子 世界ランキング
順位(前) チーム ポイント
1 (1) ブラジル 240.00
2 (2) アメリカ 205.50
3 (4) イタリア 165.75
3 (5) 日本 165.75
5 (3) 中国 157.00
6 (7) ロシア 143.75
7 (6) キューバ 104.50
8 (8) ポーランド 98.25
9 (9) セルビア 83.75
10 (15) ドイツ 77.25
11 (10) オランダ 75.50
12 (22) トルコ 70.75
13 (11) ドミニカ共和国 62.25
14 (12) タイ 60.75
15 (14) アルジェリア 53.75
16 (13) プエルトリコ 50.50
17 (17) ペルー 49.25
18 (16) カザフスタン 45.25
19 (21) 韓国 44.50
20 (24) カナダ 36.25
21 (19) チュニジア 34.00
22 (19) アルゼンチン 34.00
23 (18) カメルーン 29.50
24 (42) チェコ 28.00
25 (23) セネガル 25.75
26 (31) コスタリカ 25.00
27 (28) メキシコ 24.75
28 (26) コロンビア 24.00
29 (45) クロアチア 22.75
30 (35) ケニア 22.25

先日まで行われていた世界選手権の結果を反映した、女子バレーの最新世界ランキングです。
ランキング1位はブラジルが引き続きキープ。アメリカも2位で変動なし。
世界選手権銅メダルの日本は2つ順位を上げ、イタリアとともに世界ランク3位となりました。
日本の世界ランキング3位は、過去最高順位だそうです。
世界選手権連覇のロシアは大量のポイントを獲得して順位を上げはしましたが、 ワールドグランプリの不出場や、ヨーロッパ選手権での不振が影響して6位止まりとなっています。
トルコが大きくジャンプアップして12位に浮上。2次ラウンドで敗退した韓国の上昇はわずかに留まりました。


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# 2010/10/11付 バレーボール男子 世界ランキング

2010/10/11付 バレーボール男子 世界ランキング
順位(前) チーム ポイント
1 (1) ブラジル 247.50
2 (2) ロシア 185.00
3 (3) アメリカ 172.00
4 (4) セルビア 167.75
5 (8) キューバ 157.25
6 (5) イタリア 150.50
7 (7) ブルガリア 120.75
8 (9) アルゼンチン 98.25
9 (6) ポーランド 93.75
10 (11) ドイツ 81.25
11 (10) 中国 74.75
12 (12) フランス 64.00
13 (14) エジプト 61.75
14 (12) 日本 58.75
15 (15) ベネズエラ 53.25
16 (17) プエルトリコ 49.25
17 (21) カメルーン 48.50
18 (18) イラン 46.75
19 (16) 韓国 40.25
20 (26) メキシコ 39.75
21 (20) カナダ 38.75
22 (19) アルジェリア 38.25
23 (36) チェコ 38.00
24 (37) スペイン 35.25
25 (22) チュニジア 34.75
26 (22) モロッコ 27.75
27 (24) コロンビア 27.00
28 (28) オランダ 26.50
28 (31) オーストラリア 26.50
30 (32) ドミニカ共和国 24.75


世界選手権の結果を反映した、男子バレーの最新世界ランキングです。
日本のランクは2つ下がって14位となりました。
こうしてみると、チェコやスペイン、オランダといった強豪国のランクって意外と下なんですね。
如何にヨーロッパのレベルが高いかがよく分かります。
関連記事

# フィギュアスケート グランプリシリーズ 第4戦 アメリカ大会 女子FS・最終結果

◆2010/2011 フィギュアスケート グランプリシリーズ
◇第4戦 スケートアメリカ 女子 フリー・スケーティング/最終順位
■プロトコル (pdf)   ■競技結果
----------------------------------------------------------
*1位 164.93 FS=110.18 村上佳菜子(JPN)
*2位 162.86 FS=111.84 レイチェル・フラット(USA)
*3位 154.87 FS=094.59 カロリーナ・コストナー(ITA)
----------------------------------------------------------
*4位 146.90 FS=095.73 ヨシ・ヘルゲッソン(SWE)
*5位 146.68 FS=096.13 アメリー・ラコステ(CAN)
*6位 142.26 FS=100.35 ヴィクトリア・ヘルゲッソン(SWE)
*7位 139.36 FS=094.09 エレーネ・ゲデバニシビリ(GEO)
*8位 137.05 FS=137.05 マエ・ベレニス・メイテ(FRA)
*9位 132.49 FS=081.83 キャロライン・ジャン(USA)
10位 127.76 FS=084.89 ジェナ・マッコーケル(GBR)
----------------------------------------------------------
11位 125.21 FS=080.80 クァク・ミンジョン(KOR)
12位 122.46 FS=077.60 アレクシ・ギルス(USA)

村上佳菜子 逆転優勝!
GPファイナル進出決定!


グランプリシリーズの第4戦・アメリカ大会は、女子FSを終え、日本の16歳・村上佳菜子選手が合計164.93点で逆転優勝を飾りました。

やりましたね~佳菜子選手!
NHK杯の3位に続き今回は優勝という結果を残せましたので、これでグランプリファイナルへの進出も決定です!

SPに続き、冒頭の3T+3Tは綺麗に成功。加点が1.4も付く非常に質の良いジャンプでした。 セカンドジャンプはホントに高さがあって綺麗ですよね。
続く3Lzも着氷に成功(踏み切り違反判定ですが)しますが、3つ目のジャンプとなる3Fで、回転がすっぽ抜けるミスが出てしまいました。
後半の3Fからのコンビネーションや、SPでミスのあった2Aは綺麗に成功しますが、 3Loは着氷が乱れてアンダーローテーション判定となり、 最後の3S+2Lo+2Loもやや乱れ、2つのループが両方ともアンダーローテーション判定になっています。
それでも先日のNHK杯のように大きく崩れるようなことはなく演技を終え、得点は110点台に乗りました。
細かいミスがちょくちょくあったので、完璧な演技が出来たらまだまだ得点が伸びそうですね。
次は全日本選手権まで試合はないのかな?暫く期間が開きそうなので、一つ一つの要素に磨きをかけていってほしいと思います。

2位に入ったのはアメリカのレイチェル・フラット選手。
ミスらしいミスは特に見当たらないほぼ完璧な内容になりました。
3回転ジャンプで2つほどアンダーローテーションを取られていますが、素晴らしい演技だったと思います。

3位はイタリアのカロリーナ・コストナー選手。
SPでは2位以下に差を付ける上々の出だしとなりましたが、フリーでは崩れてしまいました。
ジャンプの着氷ミスが相次ぎ、コンビネーションジャンプをひとつもつけられなかったことも大きく響きました。
それでも、SPの地点で4位以下の選手とは大きく差を付けていましたので、なんとか表彰台は確保しました。
NHK杯では優勝していますので、コストナーのファイナル進出もほぼ確実でしょう。

現在のポイントランキングでは、コストナー・村上佳菜子・フラットの3名が26Pで首位に立っています。
同じポイント数であっても、今シリーズの最高順位>シリーズの総得点にて順位付けをされるので、 現在の順位は、コストナー>村上佳菜子>フラット の順になります。
ここに安藤選手や鈴木選手、シズニーやマカロワあたりが加わり、ファイナルの6枠を争うことになりそうですね。


最後に、来週の第5戦・ロシア大会の主な出場者(女子)です。
日本→安藤美姫/鈴木明子
他→アシュリー・ワグナー/アリョーナ・レオノワ/クセーニャ・マカロワ など

* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル

「浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック2010-2011
(DVD付)」

発売日:2010/10/20 | EMIミュージックジャパン
★浅田真央使用曲「タンゴ」「愛の夢」収録

「フィギュア・スケート ミュージック・セレクション’10-’11」
発売日:2010/12/22 | ワーナーミュージック・ジャパン
★主要選手の使用曲を多数収録
★ジョニー・ウィアーが歌でも魅せる!




ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# 大相撲九州場所二日目 白鵬敗れ、連勝記録は63でストップ!

●白鵬 寄り切り 稀勢の里○

大相撲の記事を書くのはすごく久しぶりになりますが、
ついに・・・横綱白鵬、敗れました。
双葉山の持つ歴代1位の連勝記録にはあと6つ及ばず、白鵬の連勝記録は「63」でストップです。

個人的には白鵬に新記録を作ってほしいと思いつつ、いい加減に誰かが連勝止めろよ~という気持ちもあったので、敗れた瞬間は残念にも思いつつ、この連勝を稀勢の里が止めたという点では嬉しくも思いました。

稀勢の里はねぇ、白鵬を負かすくらいの力は持っているんだから、いつまでも平幕~関脇を行ったり来たりしてないで、早くその上の番付を狙えるくらいの安定感が欲しいですよね。
38歳の魁皇が唯一の日本人大関やってんだもん、早く若手の日本人力士がその地位に方を並べてほしいです。
そういう意味で今最も期待しているのが栃煌山なのですが、今日は豊真将に負けてしまいましたね。まだまだ場所はスタートしたばっかりなので、しっかり立て直していってほしいと思います。


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# 世界バレー2010 女子大会 最終順位&各賞受賞者

◆2010年 バレーボール世界選手権 女子大会 最終順位

*1位 ロシア
*2位 ブラジル
*3位 日本

*4位 アメリカ
*5位 イタリア
*6位 トルコ
*7位 ドイツ
*8位 セルビア
*9位 ポーランド
10位 中国
11位 オランダ
12位 キューバ

13位 韓国 タイ

15位 チェコ ペルー

17位 コスタリカ クロアチア ドミニカ共和国 プエルトリコ

21位 アルジェリア カナダ カザフスタン ケニア


◆各賞受賞者

■MVP:ガモワ(ロシア)

◇ベストスコアラー:ネスリハン(トルコ)

◇ベストスパイカー:コシェレワ(ロシア)

◇ベストブロッカー:フュルスト(ドイツ)

◇ベストサーバー:フロットヒュース(オランダ)

◇ベストディガー:シコラ(アメリカ)

◇ベストセッター:魏秋月(中国)

◇ベストレシーバー:トム(アメリカ)

◇ベストリベロ:シコラ(アメリカ)




ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# 世界バレー2010 女子 3位決定戦 VS アメリカ

2010 バレーボール女子 世界選手権 決勝ラウンド
3位決定戦
日本 VS アメリカ(世界ランキング2位)


◇スタメン (サーブ順)
日本:山本愛 竹下佳江 木村沙織 井上香織 山口舞 江畑幸子 L=佐野優子
アメリカ:バウン バーグ トム アキンラデウォ フーカー ラーソン L=シコラ

第1セット
トム決めて0-1.井上のCワイドで1-1.
長いラリーで井上がフーカーをシャットして2-1.
ラーソンが連続で決めて2-3.トムのサーブミスで3-3.
アキンラデウォの強烈なAで3-4.山口シャットで3-5.
江畑のストレートはアウトで3-6.うーん、なんかなぁ…。
次は江畑決めて4-6.井上のノータッチエースで5-6.
ラリーはフーカーのインナー打ちで5-7.木村ジャンプトスから山口決めて6-7.
日本のタッチネットで6-8.1stTTO。
ラーソンのノータッチエースで6-9.ラリーは江畑が制し7-9.
トムのスパイクはマーカーに当たり8-9.フーカーの一人時間差のような滞空時間の長いバックアタックで8-10.すげぇジャンプ力…。
ラリーは江畑のバックフェイントで9-10.トムのクロスで9-11.
井上のフェイントで10-11.決まる決まらないは別として、今日はフェイントばっかりだなぁ…。
フーカー決めて10-12.日本のタッチネット判定で10-13.
トムのサーブミスで11-13.ラーソンのプッシュで11-14.
井野のCはアウトで11-15.日本がタイム。
木村のバックフェイントはシャットで11-16.2ndTTO。
山口シャットで11-17.うーん、こんな内容では勝てる気がしないよ…せめてもう少し楽しませておくれ。
江畑ドシャットで11-18.井上→荒木IN。
荒木のAで12-18.サーブで崩し、チャンスボールを山本のBで決め13-18.そうそう、この攻撃よ。
荒木サーブミス13-19.フーカーもサーブミス14-19.2枚替え。
フーカーのバックフェイントで14-20.バウンのブロードで14-21.
山本決まらず、トム決めて14-22.フーカーのサーブミスで15-22.
フーカーのバックライトで15-23.木村決めて16-23.
ラリーは栗原シャットで16-24.フロックフォローが今日はダメだ。
木村決めて17-24.山口戻り。アキンラデウォのブロードがアウトで18-24.
栗原のサーブで崩すも、フーカーが決めて18-25.

第2セット
井上が戻っています。
井上のBがアウトで0-1.木村ドシャットで0-2.
井上のCはネットを越えず0-3.ラリーは木村の攻撃がアウトで0-4.チーン。
木村のクロスで1-4.アキンラデウォのブロードはまたアウトで2-4.
次もアキンラデウォのブロードがアウトで3-4.なにやってんだ…?
フーカー決めて3-5.ラリーは木村のプッシュで4-5.
フーカーのクロスで4-6.ラリーはラーソンのバックアタックで4-7.
江畑がブロックアウトを取り5-7.井上のエースで6-7.
ラーソンの強打で6-8.1stTTO。
山本・山口のダブルクイックで7-8.バウンのBで7-9.
木村のバックタックはネットに掛かり7-10.今日はこういうミスが多いよな… 江畑のスパイクも今日は威力が無いし、明らかに疲れも見える。使うほうも悪いんだろうけどさ。 江畑のストレートはアウトで7-11.アメリカの反則で8-11.
江畑→石田IN。やっと替えるか。フーカー決めて8-12.
石田のバックライトで9-12.拾って繋ぎ、井上のブロードで10-12.
ワンタッチ取り、井上のワンレッグで11-12.おお、なんか流れが変わった。
次もラリーになるも木村の攻撃がアウトで11-13.木村のミスが多い…。でもとても木村を責める気にはなれない…。
バーグのサーブミスで12-13.竹下のエースで13-13.
ラリーは木村の軟攻で14-13.次も崩し、フーカーがふかして15-13.
拾って繋ぐも、山口の攻撃はネットを越えず15-14.もったいないわ…。
木村決めて16-14.2ndTTO。
クイック拾い、山口の攻撃は拾われるも、アメリカからの返球がアウトで17-14.
アキンラデウォ→タマスIN。ラーソン決めて17-15.
石田のクロスで18-15.フーカー決めて18-16.
山口シャットで18-17.カット乱れるも、石田がワンタッチを取り19-17.
山口→井野。井野サーブミス19-18.トム決めて19-19.
山本が2連続で拾われるも、トムのスパイクがネットに掛かり20-19.
サーブで崩してワンタッチを取るも、誰もフォローできず20-20.
ラリーは木村の押し込みで21-20.ワンブロ荒木IN。
タマスのブロードで21-21.竹下戻り。
木村のインナー打ちで22-21.井野→山口戻り。
拾って繋ぎ、木村の超インナー打ちで23-21.さおりん…相当疲れてんだろうけど頑張ってるね。
次も繋ぐも木村シャットで23-22.カット乱れるも、山口が何とか決めて24-22.
タマスのブロードで24-23.最後は石田決めて25-23.
石田の投入で完全に流れが変わりましたね。

第3セット
タマスのブロードで0-1.井上がブロックアウトを取り1-1.
サーブで崩し、チャンスボールを木村が決めて2-1.
ラリーはアメリカのコンビが合わず3-1.次もサーブで崩し、フーカーを井上がシャットして4-1.竹下のサーブが効果的。
フーカー決めて4-2.井上決まらず、ラーソンのクロスで4-3.
トムのサーブを繋げず4-4.次も崩れ、フーカー決めて4-5.
やっとサーブミスしてくれて5-5.フーカーのフェイントがアウトで6-5.
タマスのAで6-6.井上決まらずラリーになるも、石田決めて7-6.
しっかしセンター線がホントに機能しないなぁ…。
井上のネットインエースで8-6.2ndTTO。
長いラリーはラーソンが制し8-7.フーカーサーブミス9-7.
バウンのブロードで9-8.ラーソンの強烈なサーブで9-9.
ラーソンサーブミス10-9.フーカーのバックアタックで10-10.
ラリーはトムが決めて10-11.木村決めて11-11.
山本のアウトっぽいサーブを、ラーソンがわざわざジャンプして触ってくれて12-11.
トム決めて12-12.木村決めて13-12.フーカーの強打で13-13.
石田のバックアタックはドシャットで13-14.木村がライトから決め14-14.
ラーソンの攻撃を拾うも、山口ドシャットで14-15.
ラリーは石田が制し15-15.ラーソン決めて15-16.2ndTTO。
石田拾われ、ラーソン決めて15-17.フーカーのサーブミス16-17.2枚替えで栗原・中道IN。
フーカーのバックフェイントで16-18.栗原決まらず、トムのフェイントで16-19.
石田のダイレクトで17-19.石田のサーブで崩し、トムのスパイクミスで18-19.
石田サーブミス18-20.石田→井野。
ピンサのバルボッサに崩され、タマスのダイレクトで18-21.
フーカー決めて18-22.次も崩れ、フーカー決めて18-23.2枚替え戻し。
山本決めて19-23.フーカーのバックライトで19-24.石田戻り。
木村がブロックアウトを取って20-24.ラリーはフーカーのスパイクミスで21-24.
最後はフーカーの強打で21-25.

第4セット
井上に代わって荒木がスタメンスタート。
ラリーは荒木のCワイドで1-0.ワンタッチ取り、木村のフェイントで2-0.
タマスのBで2-1.レフトから山口決めて3-1.フーカー決めて3-2.
荒木のBで4-2.バウンのBがアウトで5-2.荒木のエースで6-2.
フーカーのクロスで6-3.石田のスパイクがアウトで6-4.
木村がバックアタックでブロックアウトを取り7-4.バーグのツーで7-5.
山本決まらずも、トムを山本がシャットし8-5.1stTTO。
石田のエースで9-5.バウンのフェイントで9-6.
トムのツー打ちで9-7.山本のブロードで10-7.
拾って繋ぎ、木村決めて11-7.タマスのブロードで11-8.
荒木のBで12-8.竹下サーブミスで12-9.トムもサーブミス13-9.
ラーソンを山口が1枚でシャットし14-9.軟攻上げるもお見合い…14-10.
荒木囮の山口ブロードで15-10.荒木のサーブで崩し、石田のダイレクトで16-10.荒木がいい仕事してる。2ndTTO。
ラリーは石田のドリブルで16-11.ラリーは木村のバックアタックで17-11.
山口→井野IN。井野のサーブで崩してラリーになり、石田がブロックアウトを取って18-11.2枚替えで入っていたナマニが決めて18-12.
山本のブロードで19-12.拾って繋ぎ、木村がブロックアウトを取って20-12.
バウンのブロードで20-13.木村拾われ、トム決めて20-14.
山本のブロードで21-14.ワンブロ井上。ラリーはフーカーのスパイクミスで22-14.
トムのクロスがアウトで23-14.山本サーブミス23-15.竹下戻り。
カット乱れ、木村シャットで23-16.またブロックフォローができない…。
トム決めて23-17.嫌な流れでフルセットに行きたくないですね。
木村拾われ、トム決めて23-18.荒木のブロードがシャットされ23-19.5連続。
木村渾身の強打で24-19.山口戻り。最後はアメリカのミスで25-19.

第5セット
木村決まらず、ラーソン決めて0-1.長いラリーを木村が制し1-1.
フーカー決めて1-2.木村ブロックアウトで2-2.
バウンのブロードで2-3.荒木の強烈なAで3-3.
木村のノータッチエースで4-3.次も崩し、荒木が押し込んで5-3.
ラリーはラーソンが制し5-4.木村のバックアタックで6-4.
フーカーのバックライトがアウトで7-4.トム決めて7-5.
カット乱れるも、石田決めて8-5.コートチェンジ。
ピンサ井野のサーブはホームラン…8-6.山本のブロードで9-6.
フーカーの強打で9-7.ラリーは木村のダイレクトで10-7.
フーカー決めて10-8.木村決めて11-8.山口戻り。
フーカーのセンター攻撃はアウトで12-8.バウンのブロードを木村がシャットし13-8.
ラリーはラーソンの返球がネットに掛かり14-8.ついにこの時が来た!
フーカーの強打を拾い、最後は木村沙織ーー!!ブロックアウトで15-8!

日本32年ぶり! 世界選手権 銅メダル獲得!!

日本 3 - 2 アメリカ
( 18-25   25-23   21-25   25-19   15-8 )


第1セットを見た限り、とても勝てるとは思わなかった!
ホントに最後までよくやった!それしかない!!

★決勝ラウンド 第2日 全試合結果
◇11位-12位決定戦
オランダ 3-0 キューバ (32-30 25-23 25-17)

◇9位-10位決定戦
ポーランド 3-0 中国 (25-23 25-21 25-22)

◇7位-8位決定戦
セルビア 1-3 ドイツ (25-20 21-25 22-25 23-25)

◇5位-6位決定戦
イタリア 3-0 トルコ (25-23 25-20 25-21)

◇3位-4位決定戦
アメリカ 2-3 日本 (25-18 25-23 21-25 25-19 15-8)

◆決勝戦
ロシア 3 - 2 ブラジル
( 21-25   25-17   20-25   25-14   15-11 )


頂点を賭けた戦いは、まさに決勝戦に相応しい激闘となりました。
フルセットの末、ロシアが2大会連続優勝を達成です!
ブラジルはどうしても世界選手権では優勝できないですねぇ。

最終順位表と各賞については、別記事をアップします。


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# フィギュアスケート グランプリシリーズ 第4戦 アメリカ大会 女子SP・結果

◆2010/2011 フィギュアスケート グランプリシリーズ
◇第4戦 スケートアメリカ 女子 ショート・プログラム
■プロトコル (pdf)
----------------------------------------------------------
*1位 60.28 カロリーナ・コストナー(ITA)
*2位 54.75 村上佳菜子(JPN)
*3位 51.17 ヨシ・ヘルゲッソン(SWE)
----------------------------------------------------------
*4位 51.02 レイチェル・フラット(USA)
*5位 50.66 キャロライン・ジャン(USA)
*6位 50.55 アメリー・ラコステ(CAN)
*7位 48.27 マエ・ベレニス・メイテ(FRA)
*8位 45.27 エレーネ・ゲデバニシビリ(GEO)
*9位 44.86 アレクシ・ギルス(USA)
10位 44.41 クァク・ミンジョン(KOR)
----------------------------------------------------------
11位 42.87 ジェナ・マッコーケル(GBR)
12位 41.91 ヴィクトリア・ヘルゲッソン(SWE)

コストナー首位
村上佳菜子 SP2位


グランプリシリーズの第4戦・アメリカ大会は、女子SPを終え、イタリアのカロリーナ・コストナー選手が60.28点の高得点で首位スタートを切りました。
首位から5.53点差の2位には、日本の村上佳菜子選手が入りました。

コストナーは先月のNHK杯でも優勝をしていますので、ファイナルに向けて順調なスタートですね。 この大会で優勝すればもちろんですが、フリーで大崩れするようなことがなければファイナルへの進出は確実なものとなるでしょう。

村上佳菜子選手は2位スタート。
今日も元気いっぱいに滑りきりましたが、唯一2Aがシングルになるミスがありました。
最初の3T+3Tは今日も決まったように見えたけど、回転はどうだったかな?
首位のコストナーとはやや差がありますが、このまま2位以上をキープできれば、佳菜子選手のファイナル進出も濃厚になってくるのではないでしょうか。 NHK杯のフリーでは転倒が相次いで悔しい思いをしているので、今回は笑顔で終われるようフリーも頑張ってほしいと思います。

* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル

「浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック2010-2011
(DVD付)」

発売日:2010/10/20 | EMIミュージックジャパン
★浅田真央使用曲「タンゴ」「愛の夢」収録

「フィギュア・スケート ミュージック・セレクション’10-’11」
発売日:2010/12/22 | ワーナーミュージック・ジャパン
★主要選手の使用曲を多数収録
★ジョニー・ウィアーが歌でも魅せる!




ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# フィギュアスケート グランプリシリーズ 第4戦 アメリカ大会 男子FS・最終結果

◆2010/2011 フィギュアスケート グランプリシリーズ
◇第4戦 スケートアメリカ 男子 フリー・スケーティング/最終順位
■プロトコル (pdf)   ■競技結果
----------------------------------------------------------
*1位 227.07 FS=148.95 高橋大輔(JPN)
*2位 226.09 FS=146.81 織田信成(JPN)
*3位 211.17 FS=143.56 アーミン・マーバヌーザデー(USA)
----------------------------------------------------------
*4位 203.12 FS=129.18 アダム・リッポン(USA)
*5位 203.00 FS=135.99 村上大介(JPN)
*6位 194.63 FS=132.41 ケビン・ヴァンデルペレン(BEL)
*7位 188.20 FS=124.49 アドリアン・シュルタイス(SWE)
*8位 186.62 FS=129.68 ショーン・ソーヤー(CAN)
*9位 184.20 FS=125.06 スティーブン・キャリエール(USA)
10位 180.10 FS=117.89 ソウ・ナン(CHN)
----------------------------------------------------------
11位 176.11 FS=111.61 デニス・テン(KAZ)
12位 162.47 FS=107.46 ヴィクトール・ファイファー(AUT)

高橋大輔 GPシリーズ2連勝!
織田信成 2位


グランプリシリーズの第4戦・アメリカ大会は男子FSを終え、日本の高橋大輔選手が合計227.07点で優勝を飾りました。 織田信成選手は0.98点差の2位でした。
高橋選手はこれでグランプリファイナル進出が決定し、織田選手もほぼ確定と言っていい状況となりました。

ただ、フリーの内容は二人とも満足のいくものではありませんでした。
高橋選手は、冒頭の4回転が3回転となり、続く3Aも着氷が乱れました。
サーキュラーステップでは最高難度のレベル4を獲得するなど、ここは高橋選手らしさが出ていたのですが、 後半1発目のコンビネーションジャンプがやや乱れ、続く3Aはダウングレードになった上に転倒ジャンプとなってしまいました。
さすがにこれだけミスがあると技術点は伸びませんが、やはりPCSが高く出るので得点的には救済されているかなという感じです。

織田選手は冒頭の4回転で転倒するも、続く3Aや、3F+3Tのコンビネーションを成功させます。
後半の3Aも成功させますが、ここにコンビネーションをつけることが出来ませんでした。
続いて3Lz+3T<, 3Loと予定通りジャンプを跳んでいきますが、この後、過去に何度も犯した重大なミスをまたやってしまいました…。
続いて3S+2T+2Loの3連続ジャンプを成功させましたが、これが無効な要素として「0点」になってしまったのです。
フリーに取り入れることの出来るコンビネーションは3つまでと決まっているのですが、これに違反してしまったためです。
一見、(1) 3F+3T (2) 3Lz+3T (3) 3S+2T+2Lo …と規定を守っているようにも見えるのですが、織田選手は2回の3Aを両方とも単独で跳んでいますよね? 規定により、同じ種のジャンプを跳ぶ場合、どちらかにはコンビネーションジャンプを付けなくてはなりません。 それをしなかった(あるいは出来なかった)場合、2回目に跳んだジャンプは強制的にシークエンスジャンプとなり、コンビネーションジャンプの1つとして数えられます。
このため、3連続ジャンプを跳ぶ以前に、(1) 3F+3T (2) 3A+SEQ (3) 3Lz+3T…と、既に3つのコンビネーションを使っていたことになりますので、 4つ目のコンビネーションとなった3連続ジャンプは「無効な要素」となってしまったのです。
よって、あの3連続を跳ばずに単独ジャンプを成功させていれば、間違いなく優勝できていたわけですね。
織田君の場合、以前もこのミスをして涙を飲んだわけですが…どうしても冷静さを失ってしまうんですかね…。
せっかく高橋選手を倒して完全優勝できるチャンスだったのに…もったいなかったです。


最後に、来週の第5戦・ロシア大会の主な出場者(男子)です。
日本→羽生結弦/町田樹
他→パトリック・チャン/ジェレミー・アボット/トマシュ・ベルネル など

* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル

「浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック2010-2011
(DVD付)」

発売日:2010/10/20 | EMIミュージックジャパン
★浅田真央使用曲「タンゴ」「愛の夢」収録

「フィギュア・スケート ミュージック・セレクション’10-’11」
発売日:2010/12/22 | ワーナーミュージック・ジャパン
★主要選手の使用曲を多数収録
★ジョニー・ウィアーが歌でも魅せる!




ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# フィギュアスケート グランプリシリーズ 第4戦 アメリカ大会 男子SP・結果

◆2010/2011 フィギュアスケート グランプリシリーズ
◇第4戦 スケートアメリカ 男子 ショート・プログラム
■プロトコル (pdf)
----------------------------------------------------------
*1位 79.28 織田信成(JPN)
*2位 78.12 高橋大輔(JPN)
*3位 73.94 アダム・リッポン(USA)
----------------------------------------------------------
*4位 67.61 アーミン・マーバヌーザデー(USA)
*5位 67.01 村上大介(JPN)
*6位 64.50 デニス・テン(KAZ)
*7位 63.71 アドリアン・シュルタイス(SWE)
*8位 62.22 ケビン・ヴァンデルペレン(BEL)
*9位 62.21 ソウ・ナン(CHN)
10位 59.14 スティーブン・キャリエール(USA)
----------------------------------------------------------
11位 56.94 ショーン・ソーヤー(CAN)
12位 55.01 ヴィクトール・ファイファー(AUT)

織田信成 SP首位スタート
高橋大輔 2位


グランプリシリーズの第4戦・アメリカ大会は、男子SPを終え、日本の織田信成選手が79.28点で首位スタートを切りました。 1.16点差の2位には高橋大輔選手が入っています。

織田選手はほぼミスの無い完璧な演技でした。
技術点は文句なしでトップを記録し、PCSも2項目で8点台が出ています。

高橋選手は3A<や3Lzの着氷ミスが技術点に響く形になりましたが、PCSは全項目で8点以上が出ているため、得点では織田選手に肉薄しています。ストレートラインステップでは最高難度のレベル4を獲得しました。

今大会は、上位3人とそれ以下の実力差が離れているように感じるので、よっぽどのことが無ければこの3強は変わらないんじゃないかと思います。
高橋選手はNHK杯で優勝、織田選手はカナダ大会で2位に入っていますので、今回表彰台を確保できれば、共にファイナルへの進出が濃厚になってきそうですね。

* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル

「浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック2010-2011
(DVD付)」

発売日:2010/10/20 | EMIミュージックジャパン
★浅田真央使用曲「タンゴ」「愛の夢」収録

「フィギュア・スケート ミュージック・セレクション’10-’11」
発売日:2010/12/22 | ワーナーミュージック・ジャパン
★主要選手の使用曲を多数収録
★ジョニー・ウィアーが歌でも魅せる!




ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# 世界バレー2010 女子 準決勝 VS ブラジル

2010 バレーボール女子 世界選手権 決勝ラウンド
準決勝
日本 VS ブラジル(世界ランキング1位)


◇スタメン (サーブ順)
日本:木村沙織 井上香織 山口舞 江畑幸子 山本愛 竹下佳江 L=佐野優子
ブラジル:ジャケリネ タイーザ シェイラ ナタリア ファビアナ ファビオラ L=ファビ

今日は迫田が登録を外れ、石田が登録されているようです。

第1セット
まずタイーザのBで0-1.ナタリア決めて0-2.
タイーザのサーブミスで1-2.ナタリアの強打で1-3.
シェイラのサーブミスで2-3.再びナタリアの強打で2-4.
木村のバックアタックで3-4.サーブで崩し、チャンスボールを木村が決めて4-4.次も崩し、ブラジルのダブルコンタクトで5-4.
ジャケリネの強打で5-5.山本のBで6-5.お、ブロード多用の竹下にしては珍しいトス回し。山本のBとか今大会あったっけか?
サーブで崩し、チャンスボールは江畑のバックライトで制し7-5.
山本サーブミスで7-6.長いラリーは井上へのトスが合わず7-7.
江畑のバックライトで8-7.1stTTO。
シェイラの強烈なクロスで8-8.井上のBで9-8.おお、またB使った。
シェイラ決めて9-9.タイーザのエースで9-10.アウトじゃ?
ラリーは山口のブロードで10-10.サーブで崩し、チャンスボールは山口のフェイントで11-10.山口の攻撃はアウトで11-11.
カット乱れるも、江畑決めて12-11.ファビアナのBで12-12.
ジャケリネの攻撃はアウトで13-12.江畑サーブミス13-13.
ファビアナもサーブミスで14-13.サーブで崩し、ジャケリネの2段はアウトで15-13.
ジャケリネが今度は決めて15-14.井上拾われるも、ジャケリネの攻撃はアウト…。しかしポイントはブラジルへ…。主審のは4本の指を立てて何故かオーバータームスの判定…。
( ゚Д゚)ハァ? なんでブラジルの攻撃のあとにオーバータイムス判定をしてんのにブラジルに得点が入るわけ?そもそも今のラリーのどこを見たらオーバータイムスという判定が出てくるのさ。この審判ルール知ってんの?買収審判か?16-14.
(追記:映像を見返したところ、おそらく主審の4本の指の意味は、「4番の井上がワンタッチをした」という意味だと思われます。とはいえ、見ていた人ならお分かりだと思いますが、全くワンタッチはしていません。)
木村のクロスで16-15.2ndTTO。
江畑がアタックラインを踏んで16-16.木村決めて17-16.
タイーザのBで17-17.長いラリーはシェイラが制し17-18.
ブラジルのタッチネットで18-18.ファビアナのBを山本がシャットし19-18.
シェイラのストレートで19-19.ラリーは山本のCワイドで20-19.
ラリーは山本のブロードで21-19.ブラジルがタイム!このままあと4点!
ナタリアのダイレクトで21-20.シェイラの攻撃はマーカー外で22-20.目の前で見てるくせに笛吹くのおせーよ。なんなのこの主審。
竹下→栗原。シェイラのバックアタックで22-21.栗原→竹下。
長いラリーは木村が制し23-21.ふぅー!ピンサ石田!頼む!
ラリーはブラジルのコンビミスで24-21.その前の石田の執念のレシーブが生きた!ナイス石田!!やっばい超興奮してきた!ブラジルが2度目のタイム。
タイーザのダイレクトで24-22.さぁここで決めろ!
木村拾われるも、ナタリアのバックアタックがアウトで25-22!
いやー、先制できたのは大きいぞ!

第2セット
ジャケリネのサーブミスで1-0.ナタリアのクロスで1-1.
江畑の攻撃はシェイラにシャットされ1-2.山口決めて2-2.
井上のエースで3-2.すっげぇ落差!次も崩すも、シェイラの技ありフェイントで3-3.
江畑のクロスで4-3.ラリーは木村のレシーブエースで5-3.
ファビアナのブロードで5-4.山本のBはタイミングが合わずにシャットされ5-5.カット乱れ、江畑の攻撃はネット伝いにアウトになり5-6.
江畑の軟攻で6-6.江畑のエースで7-6.
ファビアナのブロードで7-7.竹下のツーで8-7.1stTTO。
タイーザのBで8-8.江畑のバックアタックはシャットで8-9.
井上のCワイドも捕まって8-10.カット乱れ、江畑シャットで8-11.うーむ…。日本がタイム。
木村拾われるも、ジャケリネを井上がドシャットし9-11.ナイスブロック!
攻撃拾うも井上のトスミスで9-12.木村がライトから決めて10-12.
タイーザのBはアウトで11-12.まだまだいける!
木村のサーブで崩し、井上のダイレクトで12-12.よっしゃ!ブラジルがタイム。
次も崩し、チャンスボールを山口が決めて13-12.ナタリアのフェイントで13-13.
ナタリアの強打で13-14.山口のCワイドで14-14.
シェイラ決めて14-15.シェイラサーブミスで15-15.
ファビアナのブロードで15-16.2ndTTO。
カット乱れ、ファビアナのダイレクトで15-17.イタタ…。
次も乱れるも、江畑決めて16-17.拾って繋ぎ、木村がブロックアウトを取って17-17.よっしゃー!
ジャケリネの強烈なストレートで17-18.ピンサでサッサIN.
カット乱れるも、難しいトスを木村が決めて18-18.今のはさすが木村だわ。
ラリーはジャケリネが制し18-19.次のラリーは木村シャットで18-20.日本がタイム。
今日の日本ならまだ追いつけるはず…。そう信じたい!
江畑のバックアタックで19-20.ラリーは木村が決めて20-20!
タイーザのBで20-21.木村の超クロスで21-21.
シェイラの超クロスはアウトで22-21!ブラジルがタイム。
やばいな…今日は興奮しすぎて文字の打ち間違いばっかり、あとで直さなきゃ!
シェイラ決めて22-22.江畑のクロスで23-22.ピンサ石田。
思惑通り崩すも、チャンスボールでお見合い…23-23.
カット乱れ、江畑の2段はドシャットで23-24.江畑決めて24-24.
日本2枚替え。ファビアナのブロードで24-25.2枚替え戻し。
山本のブロードで25-25.拾って繋ぐも、木村の攻撃はアウトで25-26.ぬぁーーーーーーー!
木村がブロックアウトを取り26-26.ジャケリネ決めて26-27.
ラリーは木村で制し27-27.シェイラの強打で27-28.
ブラジルのドリブルで28-28.サーブで崩すもナタリア決めて28-29.
江畑決めて29-29.ナタリアを一旦シャットするも、シェイラ決めて29-30.
シェイラのサーブミスで30-30.ナタリアの強打で30-31.
長いラリーは山本の高速Cワイドで31-31.あーードキドキする。
ラリーはジャケリネが制し31-32.木村がブロックアウトを取り32-32.
サーブで崩し、ジャケリネの攻撃はアウトで33-32.ついに逆転!
タイーザのBで33-33.木村決めて34-33.
最後はラリーを木村が制て35-33!!!!!
よっしゃぁああああああああああーーーーーーーーーー!!!!
頼む…このまま勝ってくれ…!

第3セット
興奮しすぎて倒れそ…。今までバレーを見てきて一番興奮してる。
しかしリードしたとは言っても相手はブラジル。まだ全然分からない!
木村のサーブミスで0-1.カット乱れるも、江畑がブロックアウトを取って1-1.
シェイラ決めて1-2.ラリーはナタリアが制し1-3.
江畑のインナー打ちで2-3.フェイントを拾い、江畑決めて3-3.
ファビの足レシーブも飛び出した長いラリーは木村が制し4-3.素晴らしい!
山口サーブミス4-4.江畑決めて5-4.拾って繋ぎ、木村決めて6-4!
ジャケリネの強打で6-5.ファビアナのネットインエースで6-6.あんなコースにネットインされてはどうにもならん…。仕方ない!
ラリーは江畑のバックフェイントが決まって7-6.山本サーブミス7-7.
江畑がバックアタックはブロックアウトで8-7.1stTTO。
サーブで崩すも、シェイラ決めて8-8.江畑のバックライトはドシャットで8-9.
木村のフェイントも封じられ8-10.ジャケリネのサーブミスで9-10.
ジャケリネのバックアタックはアウトで10-10.ジャケリネOUT→サッサIN。ジャケリネをぶっ潰した!次はサッサだ!
ラリーを江畑が制し11-10!シェイラ決めて11-11.
山口のブロードはブロック吸い込みで12-11.井上サーブミス12-12.
シェイラのバックライトで12-13.よくコース見て打ってくるなぁ…。
ラリーはサッサのバックフェイントで12-14.日本がタイム。
シェイラがアタックラインを踏んで13-14.ピンサ井野。
ナタリアの強打を拾い、江畑決めて14-14.佐野ナイスディグ!
ナタリアを山本がシャットし15-14!ナタリアの強打はアウトで16-14.2ndTTO。
ナタリア決めて16-15.山本決まらず、サッサ決めて16-16.
さらにシェイラのバックアタックで16-17.江畑決めて17-17.
サーブで崩すもサッサが決めて17-18.次もサッサ決めて17-19.サッサめ…。ジャケリネ潰したまではいいのだけど、このサッサにやりたい放題させてるとまずいな…日本がタイム。
ファビアナのサーブミスで18-19.サッサがブロックアウトを取り18-20.
ラリーは竹下ブロックで19-20.竹下サーブミス19-21.
木村決めて20-21.ナタリアのダイレクトで20-22.
ファビアナのBで20-23.タイーザのサーブミスで21-23.ピンサ石田。
再びファビアナのクイックで21-24.江畑決めて22-24.ワンブロ荒木IN。
しかしサーブが山口…。最後はファビアナのブロードで22-25.
セットカウント2-1.

第4セット
うわ…16-15から放送。
ということは、このセットの結果は分かったようなものなので書きません。
これだから録画放送は…。
22-25でブラジルが連取。セットカウント2-2.

第5セット
ナタリアの強打で0-1.ラリーは木村のツーアタックで1-1.ナタリアの顔面直撃!
山本サーブミス…1-2.山本…。木村決めて2-2.
ラリーは木村シャットで2-3.ラリーはサッサを木村がシャットし3-3.
木村サーブミス…3-4.遥か後方からのトスを江畑が決め4-4.
シェイラのバックアタックで4-5.江畑スパイクミス…4-6。ミスが…。
山口決めて5-6.ブラジル選手の目が怖ぇ…どうでもいいけどナタリアの顔がジャイアンツのラミレスに見えて仕方ない…。
ラリーは江畑シャットで5-7.タイーザ高ぇ…ブロック跳んだらネットの上に顔が出てきそう。
次も江畑がシャットされ5-8.次も江畑シャットで5-9.
江畑のダイレクトで6-9.ナタリアの強打で6-10.
江畑のバックアタックで7-10.2枚替え。サーブは石田。
ナタリアを井上がシャットし8-10.シェイラ決めて8-11.2枚替え戻し。
カット乱れ、チャンスボールはナタリアの強打で8-12.
木村シャットで8-13.木村のクロスで9-13.
ナタリアのクロスで9-14.ラリーはナタリアのスパイクミスで10-14.
ラリーは江畑が制し11-14.しかし最後はファビアナのブロードで11-15.
2セットアップからの逆転負け!

日本 2 - 3 ブラジル
25-22   35-33   22-25   22-25   11-15


これは堪える負け方だなぁ…。
ブラジルが意地を見せたってもんだけど、でもなぁ、勝てる試合だったよなぁ…。
第4セットも終盤まで競いながら、スパイクミスやらピンサのサーブミスが出て…それでもついていったけど、 最後はとにかく木村頼みのトス回しをマークされてシャットの連続…。このセットの終盤はどうしても悔やまれるなぁ…。
第2セットの攻防なんかは本当に素晴らしかったし、ブラジル相手にここまでの試合をできたことは良かったのですが、 やはりツメの甘い部分がまだあるわけなんですよねぇ。あー、遂に3大大会でのメダル確定の瞬間が見れると思ったのに…悔しいなぁほんとに。
記事の前半は超興奮状態で、今読み返してみるとなんか恥ずかしくなってきましたが、いちいち書き直す元気もないのでこのままアップします。

★決勝ラウンド 第1日 全試合結果
◇準決勝
ロシア 3-1 アメリカ (25-16 13-25 25-19 25-21)
ブラジル 3-2 日本 (22-25 35-33 22-25 22-25 11-15)

◇5位-8位
ドイツ 2-3 トルコ (23-25 18-25 25-14 25-20 11-15)
セルビア 0-3 イタリア (20-25 15-25 22-25)

◇9位-12位
ポーランド 3-2 オランダ (24-26 25-22 25-22 19-25 15-9)
キューバ 1-3 中国 (25-16 22-25 19-25 22-25)

ということで、明日の決勝は、ブラジル×ロシアとなりました。
前回大会と同じカードですが、ブラジルが前回の雪辱を晴らすのか、それともロシアが連覇を達成するか…注目です。
そして日本は、アメリカとの3位決定戦に挑みます。
今日は悔しくて夜も眠れないでしょうし疲れもなかなか消えないとは思いますが、まだメダルのチャンスは残っているわけです。
これが最後の試合ですし、なんとか悔いの残らないようにしっかり戦って欲しいと思います。


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# Kalafina LIVE 2010 “Red Moon” at JCB HALL

梶浦由紀さんプロデュースのヴォーカルユニット「Kalafina」が、 今年の6月に行ったライヴの模様をブルーレイ&DVDの2形態でリリースします。
Kalafina初の映像作品となる今作は、6月12日にJCBホールで行われたライブの模様がほぼ全曲収録されるとのこと。
特典として、3月の香港ツアーのドキュメント映像も収録され、収録時間は約150分とボリュームたっぷりです。発売日は12月1日!

私は最近Kalafinaを好きになったのでまだライヴに行ったことはないのですが、 CD聴いてるだけでも鳥肌モノなのに、ライヴの映像なんて見たらきっと行きたくて仕方なくなるんでしょうね…。
いつかあのハーモニーを生で聴ける時が来たら幸せです。

ちなみに、公式ページなどでもまだ収録曲のリストは発表されていないようなので、 個人の方のブログ等で、JCBホールでのセットリストを調べてみました。
(※あくまでもセットリストです。BD&DVDの収録曲リストではありません。)

◇2010/11/30 収録曲リスト追記
Kalafina LIVE 2010 “Red Moon” at JCB HALL [Blu-ray]
[Blu-ray]

Kalafina LIVE 2010 “Red Moon” at JCB HALL [DVD]
[DVD]
*1. Red Moon
*2. テトテトメトメ
*3. fantasia
*4. sapphire
*5. 星の謡
*6. 闇の唄
*7. 夏の林檎
*8. fairytale
*9. ARIA
10. progressive
11. 春は黄金の夢の中
12. storia
13. intermezzo
14. Lacrimosa
15. また風が強くなった
16. Kyrie
17. 音楽
18. 光の旋律
19. love come down
20. sprinter
21. I have a dream





ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# 世界バレー2010 女子 2nd Round VS ロシア

2010 バレーボール女子 世界選手権 2次ラウンド
日本 VS ロシア(世界ランキング7位)


◇スタメン (サーブ順)
日本:山本愛 竹下佳江 木村沙織 井上香織 山口舞 江畑幸子 L=佐野優子
ロシア:スタルツェワ メルクロワ シャチコワ ガモワ ボロダコワ ゴンチャロワ L=クリュチコワ

ロシアはPool Eの1位通過が99%決まっていますので、今日は控えの選手も出してきました。 そして、ガモワに加えてメルクロワも。202cmが二人とか…低い日本に対する嫌がらせか(笑)
対する日本のスタメンは一切変わらず。ほとんど消化試合なんだから控えを使ってもいいと思うのだが…。

第1セット
シャチコワ決めて0-1.スタルツェワのエースで0-2.
木村のクロスで1-2.メルクロワのCが空振りで2-2.
ガモワのクロスで2-3.井上のフェイントで3-3.
シャチコワの軟攻で3-4.カット乱れ、江畑のスパイクミスで3-5.
山口のブロードで4-5.ゴンチャロワ決めて4-6.
江畑決まらず、ゴンチャロワの超クロスで4-7.ガモワサーブミス5-7.
ガモワのバックアタックで5-8.1stTTO。
江畑決めて6-8.ラリーは木村が制し7-8.ガモワのバックアタックで7-9.
江畑のバックライトで8-9.山本のノータッチエースで9-9.
メルクロワのブロードで9-10.長いラリーを木村が制し10-10.
拾って繋ぎ、木村のクロスで11-10.フェイント上げるも、山口のトスミスを押し込まれ11-11.山口…昨日もやったよな。
ボロダコワのAで11-12.メルクロワのサーブミスで12-12.
木村のノータッチエースで13-12.シャチコワ決めて13-13.
シャチコワのエースで13-14.井上のブロードで14-14.
山口決めて15-14.ガモワ決めて15-15.江畑スパイクミス15-16.2ndTTO。
山口のブロードで16-16.山口→井野IN。その井野のエースで17-16.
次はサーブミスで17-17.山本のCワイドで18-17.
拾って繋ぐも、木村のフェイントはネットを越えず18-18.
江畑拾われ、シャチコワ決めて18-19.ラリーは木村が制し19-19.
山本→中道IN。ガモワ決めて19-20.山本戻り。シャチコワ決めて19-21.
木村のクロスで20-21.井野→山口IN。シャチコワ決めて20-22.
木村がセンターに切り込んで21-22.ガモワの超クロスで21-23.
カット乱れ、江畑シャットで21-24.そういやシャットアウトはこれが初?
最後はシャチコワのノータッチエースで21-25.

第2セット
江畑に代わって迫田がスタメンスタート。
ガモワのバックアタックで0-1.さらにガモワ決めて0-2.
木村拾われ、シャチコワ決めて0-3.迫田のバックアタックで1-3.
ガモワがブロックの上から決めて1-4.迫田決めて2-4.
シャチコワのブロードで2-5.シャチコワサーブミスで3-5.
ゴンチャロワ決めて3-6.ガモワのバックアタックで3-7.
山本のブロードで4-7.ゴンチャロワ決めて4-8.1stTTO。
迫田のバックライトで5-8.好レシーブ連発の長いラリーは、スタルツェワの押し込みで5-9.
迫田のバックアタックは、202cmの反則的長身人物に止められ5-10.
ゴンチャロワのノータッチエースで5-11.木村のインナー打ちで6-11.
竹下のノータッチエースで7-11.メルクロワのワンレッグ攻撃を木村がシャットし8-11.シャチコワ決めて8-12.
迫田のバックフェイントで9-12.ガモワが叩き落して9-13.
シャチコワのフェイントで9-14.迫田のクロスがアウトで9-15.
ガモワがブロックアウトを取り9-16.2ndTTO。
ガモワの押し込みで9-17.山口のブロードで10-17.
ガモワ決めて10-18.迫田が2段を決めて11-18.山口→中道。竹下→栗原IN。
ゴンチャロワ決めて11-19.スタルツェワ→コシェレワIN。
ゴンチャロワ決めて11-20.ラリーはゴンチャロワのダイレクトで11-21.
次もゴンチャロワ決めて11-22.ガモワのサーブミスで12-22.
ガモワ→ウリャキナIN。コシェレワ決めて12-23.迫田→井野IN。
サーブミスで13-23.日本のタッチネットで13-24.
木村の強打で14-14.中道→山口IN。最後はシャチコワ決めて14-25.

第3セット
迫田のバックアタックで1-0.山本のサーブで崩す、ロシア返球できず2-0.
シャチコワの強烈なブロードを拾い、迫田のスパイクを上げられるも、井上のダイレクトで3-0.山本のほぼ顔面レシーブ…これはすごい。
ガモワのクロスで3-1.シャチコワ決めて3-2.木村の軟攻で4-2.
拾って繋ぎ、木村決めて5-2.ガモワのフェイントで5-3.
迫田のバックアタックはブロック吸い込みで6-3.サーブで崩し、井上のダイレクトで7-3.木村のエースで8-3.1stTTO。
次も崩し、井上の押し込みで9-3.ゴンチャロワの強打を連続で上げ、ボロダコワの押し込みを井上が押し返し10-3.
木村のサーブミスで10-4.山口のブロードがシャットされ10-5.
ラリーは木村のバックアタックで11-5.ワンタッチ取り、木村からのジャンプトスを山口が決めて12-5.
ガモワのバックフェイントで12-6.ガモワのバック亜宅で12-7.
メルクロワののタッチネットで13-7.ゴンチャロワの強打で13-8.
ガモワのバックアタックはネットを越えず14-8.シャチコワを竹下がシャットし15-8.竹下すげー。
拾って繋ぐも、迫田のバックアタックはアウトで15-9.
木村のクロスで16-9.2ndTTO。
シャチコワ→マフノIN。山本サーブミスで16-10.
日本のタッチネットで16-11.木村が2段を決めて17-11.
竹下サーブミス17-12.マフノのエースで17-13.次はサーブミスで18-13.
木村サーブミス18-14.なんなのこのサーブミスの多さ。
スタルツェワ→コシェレワIN。迫田ドシャットで18-15.山口のブロードで19-15.
ガモワ→ウリャキナIN。山本→荒木IN。コシェレワ決めて19-16.
山口決めて20-16.山口→井野IN。サーブで崩すも、コシェレワ決めて20-17.
マフノ→シャチコワ戻り。サーブかと乱れ、シャチコワのダイレクトで20-18.
木村のバックアタックを上げられるも、リターンを迫田が押し込み21-18.
メルクロワのAで21-19.ここまで異常にセンター線を使ってこなかったので、超久しぶりのクイック攻撃でした。 コシェレワ→スタルツェワ戻り。ウリャキナ→ガモワ戻り。
迫田のバックライトで22-19.ガモワ決めて22-20.
シャチコワのスタンディング攻撃が決まり22-21.木村決めて23-21.
井野→山口戻り。ラリーは木村の強打で24-21.
ボロダコワのBで24-22.木村決まらず、ゴンチャロワ決めて24-23.
カット乱れるも、木村が2段を決めて25-23.

第4セット
井上が下がって荒木がスタメンスタート。
迫田サーブミス0-1.ラリーは迫田の返球がネットに掛かり0-2.
木村のクロスで1-2.メルクロワのBで1-3.
シャチコワのスパイクミスで2-3.ボロダコワのAで2-4.
ゴンチャロワ決めて2-5.次もゴンチャロワで2-6.
シャチコワサーブミスで3-6.木村シャットで3-7.ガモワのエースで3-8.1stTTO。
次もガモワのエースで3-9.山口へのトスが合わず、ネットに掛けて3-10.
なおもガモワのエースで3-11.徹底して木村狙い。公開処刑状態。
ゴンチャロワのストレートで3-12.荒木のタッチネットで3-13.
木村→井野IN。初めて木村がコート外へ。
ゴンチャロワ決めて3-14.8連続失点!
ラリーは荒木の軟攻で4-14.山口→栗原IN。
ゴンチャロワ決めて4-15.迫田決めて5-15.メルクロワのブロードがアウトで6-15.
メルクロワが今度は決めて6-16.2ndTTO。
シャチコワを山本がシャットし7-16.井野→木村戻り。
メルクロワのブロードで7-17.ガモワ決めて7-18.
木村決めて8-18.メルクロワのBで8-19.急にセンター線の攻撃が多くなってきた。
木村決めて9-19.ガモワのフェイントで9-20.
シャチコワのノータッチエースで9-21.ガモワのフェイントで9-22.
木村決めて10-22.ゴンチャロワを栗原がシャットし11-22.
ここまでのブロック数は、日本が9で、ロシアが5。
木村のエースで12-22.迫田シャットで12-23.
ライトから栗原決めて13-23.ゴンチャロワの強打で13-24.
最後は、いつの間にか入ってたコシェレワが決めて13-25.

日本 1 - 3 ロシア
( 21-25   14-25   25-23   13-25


★2次ラウンド 第5日 全試合結果
◇Pool E
ペルー 0-3 中国 (17-25 22-25 21-25)
セルビア 3-0 韓国 (25-17 25-22 25-16)
ポーランド 3-1 トルコ (25-23 24-26 27-25 25-22)
日本 1-3 ロシア (21-25 14-25 25-23 13-25)

◇Pool F
チェコ 1-3 タイ (25-16 18-25 20-25 23-25)
ブラジル 3-1 アメリカ (25-19 24-26 25-19 25-23)
オランダ 1-3 ドイツ (12-25 14-25 25-19 25-27)
イタリア 2-3 キューバ (25-19 24-26 25-21 23-25 22-24)

2次ラウンドの最終順位です。(勝敗の右にある数字は得点率)

◆Pool E
*1 ロシア 7勝0敗 1.339
*2 日本 5勝2敗 1.045
*3 セルビア 4勝3敗 0.964
*4 トルコ 3勝4敗 1.026
*5 ポーランド 3勝4敗 1.013
*6 中国 3勝4敗 0.989
*7 韓国 3勝4敗 0.948
*8 ペルー 0勝7敗 0.753

◆Pool F
*1 ブラジル 7勝0敗 1.317
*2 アメリカ 5勝2敗 1.090
*3 ドイツ 4勝3敗 1.082
*4 イタリア 4勝3敗 1.082
*5 キューバ 3勝4敗 0.915
*6 オランダ 2勝5敗 0.965
*7 タイ 2勝5敗 0.815
*8 チェコ 1勝6敗 0.859

各組の上位2チームずつが準決勝に進出です。
同3位~6位のチームも決勝ラウンドに進出し、各順位決定戦に挑みます。
韓国は昨日の日本戦の前までは4強入りの可能性もあったのに、昨日今日とあっさり敗れて4敗目。4敗で4チームが並ぶも、得点率も大幅に下げたことで7位となり、4強どころか決勝ラウンドへの進出もならず、13位で今大会終了となりました。

さて、今週末の2日間で各順位決定戦が行われ、全ての順位が決定します。
準決勝の組み合わせは、

ロシア × アメリカ
ブラジル × 日本

となりました。
もちろん日本がブラジルに勝つのが一番なのですが、 3位決定戦までを考えたときに、イタリアが今日勝って準決勝に来てくれていたほうが嬉しかったですよね。キューバになんてあっさり勝つかと思えばまさか負けるだなんて…。


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# 世界バレー2010 女子 2nd Round VS 韓国

2010 バレーボール女子 世界選手権 2次ラウンド
日本 VS 韓国(世界ランキング21位)


◇スタメン (サーブ順)
日本:井上香織 山口舞 江畑幸子 山本愛 竹下佳江 木村沙織 L=佐野優子
韓国:ファン・ヨンジュ チョン・デヨン キム・ヨンギョン キム・サネ ヤン・ヒョジン ハン・ソンイ L=ナム・ジヨン

今日の試合でセルビアがロシアに敗れたため、日本はこの韓国戦に勝つと、準決勝への進出が決定します。 もしベスト4が決定すると、世界選手権では実に28年ぶりだそうです。

第1セット
江畑決めて1-0.ファンヨンジュのバックライト攻撃で1-1.
江畑が2段を決めて2-1.ヤンとヨンギョンの時間差で2-2.
木村拾われるも、キムヨンギョンのバックアタックはネットに掛かり3-2.
ハンソンイ決めて3-3.キムヨンギョンのバックアタックはアウトで4-3.
山口のミストスを押し込まれて4-4.てか今のラリーで何回トスミスしてんだよ…。
ん?と思ってたら韓国のファンヨンジュのオーバーネット判定で5-3.
ヤンの攻撃を拾うも、江畑のバックアタックがアウトで5-4.山口決めて6-4.
拾って繋ぐも、木村のバックアタックはネットに掛かり6-5.
ブロックされたならともかくだけど、こうやってミスで何回も連続得点のチャンスを潰すのはいかんね。
江畑が遅れて跳んできたチョンデヨンのブロックに引っかかり6-6.
井上囮の山口時間差で7-6.山口にしては珍しい強打。
キムヨンギョン決めて7-7.ファンヨンジュのサーブミスで8-7.1stTTO。
ネット上の押し合いに竹下が勝って9-7.ラリーはキムヨンギョンが制し9-8.
江畑拾われるも、韓国お見合いで10-8.キムヨンギョン決めて10-9.
山本のブロードはシャットで10-10.木村の強打で11-10.
ファンヨンジュのバックフェイントで11-11.カット崩れるも、木村の軟攻で12-11.
木村が1枚でドシャットされ12-12.え~、木村が1枚でシャットされるとは珍しい。
ラリーで山口の攻撃がアウト判定となり12-13.完全にワンタッチしてるぞバッキャロ。
ファンヨンジュを井上がシャットし13-13.木村のエースで14-13.
チョンデヨンのBで14-14.江畑決めて15-14.
サーブで崩し、チャンスボールを木村のバックアタックで決め16-14.2ndTTO。
チョンデヨンの速攻を拾い、江畑決めて17-14.韓国がタイム。
井上サーブミスで17-15.ファンヨンジュのエースで17-16.
江畑拾われるも、キムヨンギョンのスパイクがアウトで18-16.山口→井野IN。
キムヨンギョンのクロスで18-17.キムサネ→キムセヨンIN。これで韓国の前衛は全員190cm超え。
ラリーはキムヨンギョンが制し18-18.日本がタイム。
チョンデヨンのサーブミスで19-18.キムセヨン→キムサネIN。
キムヨンギョン決めて19-19.完全にワンタッチ取ったのにもったいない…。
江畑のバックアタックで20-19.山本のサーブは大きくアウトで20-20.おい。
江畑拾われ、キムヨンギョンのバックアタックで20-21.日本がタイム。
長いラリーはハンソンイが制し20-22.うわぁ、1セット目は落としたくない…。
木村決めて21-22.井野→山口IN。ハンソンイを山口がシャットし22-22!
ワンタッチ取り、木村が決めて23-22.さらに、キムヨンギョンのバックアタックがアウトで24-22.今日のヨンギョンはミスが多くて助かる。
拾って繋ぎ、木村決めて25-22.最後は5連続ポイントで第1セット奪取。

第2セット
ヤンヒョジンのAで0-1.カット乱れるも、江畑のバックアタックで1-1.
ファンヨンジュのプッシュで1-2.江畑のクロスで2-2.
井上のエースで3-2.ラリーは江畑が制して4-2.
キムヨンギョンのフェイントを山口が止めて5-2.韓国がタイム。
ファンヨンジュのオーバーネットで6-2.キムヨンギョン決めて6-3.
山本のCワイドで7-3.チョンデヨンのBで7-4.
チョンデヨンのサーブミスで8-4.1stTTO。
ファンヨンジュのバックライト攻撃がアウトで9-4.江畑サーブミス9-5.
木村のフェイントで10-5.ヤンヒョジンのBで10-6.
キムサネのサーブミスで11-6.竹下のサービスエースで12-6.
ファンヨンジュ決めて12-7.今度はヤンヒョジンのエースで12-8.
江畑のバックアタックで13-8.ハンソンイを井上がシャットし14-8.
木村のエースで15-8.韓国は木村と竹下のサーブでかなり崩れてる。
タイムアウトまであと1点だが、韓国が堪らずタイム要求。
さらに木村のエースで16-8.2ndTTO。
木村サーブミスで16-9.井上のAで17-9.井上サーブミス17-10.
韓国2枚替え。キムサネ→ハンユミIN。ファンヨンジュ→イ ソラIN。
イソラのサーブミスで18-10.山口→井野IN。
井野のサーブで崩すも、キムヨンギョンが無理矢理打ったスパイクがネットインになり18-11.木村のバックアタックで19-11.
ハンユミ決めて19-12.山本のCワイドで20-12.
今度は日本が2枚替え。山本→中道IN。竹下→荒木IN。
ハンユミの攻撃を拾うも繋ぎきれず20-13.2枚替え戻し。
山本のCワイドで21-13.井野→山口IN。
ラリーでハンソンイを井上がドシャットし22-13.木村シャットで22-14.
ラリーは木村が制し23-14.木村のバックアタックはアウトで23-15.
ラリーを江畑が制し24-15.キムヨンギョンが叩き落して24-16.
山口決まらず、キムヨンギョン決めて24-17.最後は江畑の強打で25-17.

第3セット
江畑のクロスで1-0.井上のエースで2-0.キムヨンギョン決めて2-1.
江畑の2段は拾われ、キムヨンギョンのフェイントで2-2.
江畑が2段を決め3-2.木村のバックフェイントで4-2.
ヨンギョンの強打を拾い、江畑がブロックアウトを取って5-2.韓国がタイム。
キムヨンギョン決めて5-3.ラリーで江畑が2段を決めて6-3.
江畑サーブミスで6-4.キムヨンギョンもサーブミスで7-4.
ファンヨンジュのバックライト攻撃で7-5.木村決めて8-5.1stTTO。
ハンソンイのストレートがアウトで9-5.ファンヨンジュを井上がシャットし10-5.
ヤンヒョジンのCで10-6.ラリーでハンソンイを木村がシャットし11-6.
ファンヨンジュのプッシュで11-7.山口のブロードで12-7.
キムヨンギョンのインナー打ちで12-8.ファンヨンジュのサーブミスで13-8.
山口→井野IN。キムヨンギョンのクロスを山本がシャットし14-8.韓国がタイム。
キムヨンギョンのフェイントで14-9.さらにヨンギョンのクロスで14-10.
なおもキムヨンギョンのフェイントで14-11.今度は日本がタイム。
江畑のクロスで15-11.キムヨンギョンの攻撃を拾い、江畑のバックアタックで16-11.2ndTTO。
江畑のエースで17-11.ヤンヒョジンのAで17-12.
山本のCワイドで18-12.山本→中道IN。ヤンヒョジン決めて18-13.山本戻り。
ハンソンイがエンドラインギリギリに決めて18-14.江畑のバックアタックで19-14.
井野→山口IN。ハンソンイのワンタッチ狙いスパイクが決まって19-15.
山口が中に切り込んで20-15.チョンデヨンとハンソンイの時間差で20-16.
江畑のクロスで21-16.チョンデヨンのAで21-17.
韓国2枚替え。キムサネ→ハンユミIN。ファンヨンジュ→イ ソラIN。
江畑のスパイクはアウトで21-18.イソラのホームランサーブで22-18.
ラリーを江畑が制し23-18.主審後方からのトスを山本決めて24-18.
竹下→荒木IN。キムヨンギョン決めて24-19.竹下戻り。
最後は山本がブロックアウトを取り25-19.

日本 3 - 0 韓国
25-22   25-17   25-19 )


第1セットだけはちょいとヒヤリとさせられましたが、やっぱり韓国は韓国だったって感じです。
これで日本はPool Eの2位以内が確定し、4強入りが確定しました。
決勝ラウンドの前に明日のロシア戦が残っていますが、ロシアの得点率が高すぎるため、 勝とうが負けようが順位は変わりません。(もの凄く極端な勝ち方をすれば逆転できるが、普通に考えて不可能なレベル。)

★2次ラウンド 第4日 全試合結果
◇Pool E
セルビア 0-3 ロシア (19-25 8-25 12-25)
ペルー 0-3 トルコ (15-25 18-25 20-25)
ポーランド 0-3 中国 (21-25 23-25 18-25)
日本 3-0 韓国 (25-22 25-17 25-19)

◇Pool F
チェコ 1-3 キューバ (22-25 30-28 22-25 23-25)
ブラジル 3-0 ドイツ (25-16 25-13 25-21)
イタリア 3-0 タイ (25-13 25-12 25-19)
オランダ 0-3 アメリカ (17-25 22-25 18-25)


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# 世界バレー2010 女子 2nd Round VS トルコ

2010 バレーボール女子 世界選手権 2次ラウンド
日本 VS トルコ(世界ランキング22位)


◇スタメン (サーブ順)
日本:江畑幸子 山本愛 竹下佳江 木村沙織 井上香織 山口舞 L=佐野優子
トルコ:バハル ネスリハン エスラ エダ ナズ ネリマン L=ギュルデン

第1セット
エスラ決めて0-1.木村がブロックアウトを取って1-1.
トルコのタッチネットで2-1.エスラの2段打ちが決まって2-2.
長いラリーは木村のフェイントで3-2.ラリーは江畑のバックアタックで4-2.
ラリーでネリマンを井上がシャットし5-2.エダのブロードで5-3.
山口のBがアウトで5-4.今のミスすんなよ…。
ネリマン決めて5-5.エダサーブミスで6-5.
ネスリハンのフェイントで6-6.江畑が乱れたレシーブトスを決めて7-6.
ネスリハン決めて7-7.山口拾われるも、ネスリハンのスパイクミスで8-7.1stTTO。
ここのところ山口が空気だから最初から栗原使うのかなぁと思ったけどねぇ…。
エスラのクロスで8-8.江畑の2段はシャットで8-9.
山本決まらず、トルコからの返球が再度ギリギリに落ち8-10.
ネスリハン決めて8-11.サーブカットが乱れすぎ!
次も乱れてラリーになるも、江畑が2段を決めて9-11.
エスラがブロックアウトを取り9-12.木村のクロスで10-12.
ラリーはエスラが決めて10-13.井上拾われるも、ネリマンを井上がシャットし11-13.
ナズのツーで11-14.カット乱れるも山口決めて12-14. サーブで崩し、江畑のダイレクトで13-14.次も崩し、ネスリハンを3枚でシャットし14-14.
ネリマンのフェイントで14-15.井上・山口の時間差で15-15.
井上のサーブで崩し、トルコ繋げず16-15.2ndTTO。
井上のエースで17-15.拾って繋ぎ、木村のバックフェイントで18-15.
バハルのBで18-16.ネスリハンのタッチネットで19-16.山口→井野IN。
拾って繋ぎ、ネスリハンのスパイクミスで20-16.ここまでネスリハンに気持ちよく決めさせてないのは大きい。このままキレてくれればいいが。
サーブで崩し、山本の押し込みで21-16.ネスリハンのフェイントで21-17.
バハルのサーブはアウト判定で22-17.どう見てもサイドギリギリに入ってたけど。。。
ラリーはエスラ決めて22-18.おっとネスリハンがジャンサ打たない!
江畑のバックアタックで23-18.2枚替え。
エスラのクロスで23-19.即2枚替え戻し。
井上のブロードで24-19.拾って繋ぎ、最後は木村決めて25-19.

第2セット
トルコはギョズデがスタメンスタート。
山本のブロードで1-0.速攻拾うも江畑シャットで1-1.
ネスリハンのジャンサをきっちり返すも決まらず、エダに決められ1-2.
ネスリハンの全力サーブがエダの後頭部を激しく直撃し2-2.ちょ、脳震盪でも起こしそう…。笑っちゃいけないけど吹いてしまった。
ラリーはギョズデ決めて2-3.エスラのインナー打ちで2-4.
井上のブロードがネットに掛かり2-5.江畑のバックアタックで3-5.
ネスリハンの強烈なバックアタックで3-6.井上・木村の時間差で4-6.
ネスリハンのバックライトで4-7.カット乱れるも、江畑がワンタッチを取り5-7.
エスラ決めて5-8.1stTTO。
エスラサーブミスで6-8.ネスリハンのフェイントで6-9.
解説の河合氏が、山口のサーブはいいサーブじゃないんで…って思わず言っちゃったね。ほんと何か工夫が欲しい。
バハルのサーブを山口が弾き6-10.日本がタイム。
ここまでのサーブレシーブ成功率は、トルコも日本も20%台と大崩れ。
木村のバックアタックで7-10.江畑のバックアタックはアウトで7-11.
ネスリハンのフローターサーブはアウトで8-11.強打拾い、木村決めて9-11.
ラリーは山口のレシーブエースで10-11.ラッキー。
ギョズデのフェイントで10-12.長いラリーはエスラが制し10-13.
エスラがブロックアウトを取り10-14.日本がタイム。
江畑決まらず、エダのブロードで10-15.ネスリハンのスパイクミスも、先に日本のタッチネットで10-16.2ndTTO。
井上→荒木IN。木村決めて11-16.エスラがブロックアウトを取り11-17.
山口が中から決めて12-17.エスラの強打で12-18.
山口決めて13-18.ネスリハン決めて13-19.
エスラのエースで13-20.江畑の強打で14-20.2枚替え。
ネスリハンの軟攻で14-21.バハルのサーブミスで15-21.
木村の大きいトスがそのままトルココートに落ち16-21.
サーブで崩し、栗原のダイレクトで17-21.ラリーはネスリハンが決め17-22.
木村の軟攻がネットを越えず17-23.木村決めて18-23.
エダの返球がネットに掛かり19-23.拾って繋ぐも栗原シャットで19-24.今の割れたトスではしょうがない…。
木村決めて20-24.中道→山口IN。栗原はそのままサーブへ。
そして栗原のエースで21-24.次も崩し、木村が決めて22-24.
エスラのクロスがアウトで23-24.しかし最後は栗原サーブミスで23-25.あぁ。

第3セット
ギョズデ決めて0-1.ネスリハンのサーブミスで1-1.
ラリーで木村のフェイントが決まり2-1.トルコのタッチネットで3-1.
エダのブロードで3-2.ギョズデのサーブミスで4-2.
サーブで崩し、ネスリハンのスパイクミスで5-2.ラリーで荒木がギョズデをシャット6-2.
木村シャットで6-3.カット乱れるも、木村決めて7-3.
拾って繋ぎ、江畑の強烈なインナー打ちが決まって8-3.1stTTO。
エスラがワンタッチを取り8-4.カット乱れるも、江畑決めて9-4.
サーブで崩し、山口がネスリハンをシャットし10-4.ナイス!
さらに荒木のエースで11-4.今度は江畑がエスラをシャットし12-4.
荒木サーブミスで12-5.山本のCはシャットで12-6.
エスラサーブミスで13-6.トルコはサーブミスが多くなってきた。
ネスリハンの強烈なクロスで13-7.木村がブロックアウトを取り14-7.
エダのAで14-8.おっと、ネスリハンのサーブ順でメンバーチェンジ。ネスリハン→セダIN。
木村しっかり決めて15-8.確かに今日はネスリハンのサーブミスが多いけど、入ったサーブでは崩されてるからね、これは助かった。
エスラのスパイクがアウトで8-16.2ndTTO。
エダのブロードで16-9.再びエダ決めて16-10.
江畑のバックアタックで17-10.エダのブロードを上げ、江畑のバックアタックで18-10.ラリーはセダのバックアタックで18-11.
エダのノータッチエースで18-12.荒木のブロードで19-12.
木村サーブミスで19-13.江畑が軽く決めて20-13.
拾って繋ぎ、江畑が難しい2段を決めて21-13.セダ決めて21-14.
山口決まらず、セダ決めて21-15.山本、山口の時間差で22-15.
山口→井野。竹下→栗原。ギョズデがブロックアウトを取り22-16.栗原→竹下。
互いにサーブミスで23-17.木村決まらず、ギョズデ決めて23-18.
山本のブロードで24-18.山本サーブミス24-19.
最後は荒木のライト攻撃で25-19.セットカウント2-1.

第4セット
トルコはネスリハンが戻っています。
木村の軟攻で1-0.ラリーはエスラを荒木がシャットし2-0.いいねぇ荒木。
木村のノータッチエースで3-0.ネスリハンのバックアタックがアウトで4-0.
長いラリーは江畑決めて5-0.ナズのツー返しが決まって5-1.
江畑の強打で6-1.ラリーで江畑が2段を決め7-1.江畑ノリノリ!
拾って繋ぎ、また江畑決めて8-1.1stTTO。
トルコは、セッターをナズからエリフに交代。
エスラ決めて8-2.江畑が2段を決めて9-2.
また江畑が2段を決めて10-2.もう神掛かってるね。
ラリーはギョズデ決めて10-3.山本のブロードで11-3.
ラリーは木村のツーアタックで12-3.エダのAで12-4.
ネスリハンが全く決まらず、江畑のバックアタックで13-4.
山本のエースで14-4.次はサーブミスで14-5.
日本のタッチネットで14-6.ギョズデのエースで14-7.
荒木のブロードで15-7.竹下のエースで16-7.2ndTTO。
エスラがブロックアウトを取って16-8.カット乱れるも、木村決めて17-8.
ネスリハンのバックアタックがアウトで18-8.トルコのタッチネットで19-8.
先ほどからバハルに代わって入っているビュスラのブロードがアウトで20-8.
やっとネスリハン決めて20-9.江畑の2段打ちはネットに掛かり20-10.
山口のフェイントで21-10.ビュスラ→バハルIN。
エスラがブロックアウトを取り21-11.江畑がブロックアウトを取り22-11.
山口→井野IN。ギョズデ決めて22-12.バハルのエースで22-13.
次はサーブミスで23-13.竹下→井上IN。
トルコのコンビが合わず24-13.最後のラリーは木村が制し25-13.
今日は江畑24得点、木村22得点!

日本 3 - 1 トルコ
25-19   23-25   25-19   25-13 )


今後得点率勝負になった場合を考えると、この試合をこのスコアで取れたことは大きいですね。 明日の休みを挟み、火曜日はいよいよ韓国戦!

★2次ラウンド 第2日 全試合結果
◇Pool E
ペルー 1-3 韓国 (26-24 15-25 18-25 23-25)
セルビア 3-1 中国 (21-25 25-20 25-22 25-22)
ポーランド 0-3 ロシア (17-25 21-25 31-33)
日本 1-3 トルコ (25-19 23-25 25-19 25-13)

◇Pool F
オランダ 3-1 タイ (15-25 23-25 25-15 24-26)
チェコ 0-3 ドイツ (8-25 17-25 16-25)
ブラジル 3-1 キューバ (23-25 25-20 25-13 25-18)
イタリア 3-1 アメリカ (25-16 24-26 27-25 27-25)

Pool Eでは、韓国がペルーに苦戦しながらも勝って3勝目。
第2試合はセルビアが中国を降し、こちらも3勝目。
セルビアは4強入りへのライバルになる可能性があるため、できれば中国に勝ってほしかった…。
ロシアはポーランドをストレートで降して全勝キープです。


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# フィギュアスケート グランプリシリーズ 第3戦 中国大会 女子FS・最終結果

◆2010/2011 フィギュアスケート グランプリシリーズ
◇第3戦 中国杯 女子 フリー・スケーティング/最終順位
■プロトコル (pdf)   ■競技結果
----------------------------------------------------------
*1位 172.21 FS=116.10 安藤美姫(JPN)
*2位 162.86 FS=104.89 鈴木明子(JPN)
*3位 148.61 FS=097.82 アリョーナ・レオノワ(RUS)
----------------------------------------------------------
*4位 146.23 FS=087.47 長洲未来(USA)
*5位 142.48 FS=091.39 コウ・ヒョウワ(CHN)
*6位 132.45 FS=085.72 アマンダ・ドブス(USA)
*7位 131.40 FS=082.57 ヨシ・ヘルゲソン(SWE)
*8位 119.45 FS=078.65 クリスティーン・ムサデンバ(USA)
*9位 113.98 FS=075.15 クァク・ミンジョン(KOR)
10位 095.43 FS=057.26 ダイアン・シュミット(CAN)
----------------------------------------------------------
棄権 ---.-- FS=---.-- チュ・チウイン(CHN)

安藤美姫 逆転優勝!
鈴木明子 2位


グランプリシリーズの第3戦・中国大会は、女子FPを終え、日本の安藤美姫選手が合計172.21点で逆転優勝を飾りました。
2位には鈴木明子選手も入り、日本勢がワン・ツー フィニッシュを達成です。

安藤選手は全ての要素をミス無く決め、圧巻の演技でした。
回転不足や減点も一切無く、ほぼパーフェクトな演技と言えるでしょう。
セカンドに3回転を予定していた2つのコンビネーションは何れも安全策で2回転にしましたが、初戦から上々の出来ではないでしょうか。

2位は鈴木明子選手。
最大の得点源である後半の3Lz+2T+2Loを綺麗に決めるなど、 ここまではほぼ順調だったのですが、終盤のジャンプですっぽ抜けや着氷の乱れが相次ぎました。
演技構成点では全選手中最も高い得点を記録していますが、ジャンプのミスが響き、さすがに安藤選手を逆転するまでには至りませんでした。
といっても2位ですから、2年連続のファイナルを目指す上ではいいスタートが切れましたね。

3位はロシアのレオノワ選手。
グランプリシリーズで初の表彰台を狙った長洲未来選手は4位。
ダウングレードジャンプが相次ぐなど精彩を欠き、残念ながら今回も表彰台に乗ることはできませんでした。
さすがにフリーともなると、調整不足の影響がだいぶ出てきてしまいますね。


最後に、来週の第4戦・アメリカ大会の主な出場者(女子)です。
日本→村上佳菜子
他→カロリーナ・コストナー/レイチェル・フラット/キャロライン・ジャン/エレーネ・ゲデバニシビリ など

* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル

「浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック2010-2011
(DVD付)」

発売日:2010/10/20 | EMIミュージックジャパン
★浅田真央使用曲「タンゴ」「愛の夢」収録

「フィギュア・スケート ミュージック・セレクション’10-’11」
発売日:2010/12/22 | ワーナーミュージック・ジャパン
★主要選手の使用曲を多数収録
★ジョニー・ウィアーが歌でも魅せる!




ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# フィギュアスケート グランプリシリーズ 第3戦 中国大会 男子FS・最終結果

◆2010/2011 フィギュアスケート グランプリシリーズ
◇第3戦 中国杯 男子 フリー・スケーティング/最終順位
■プロトコル (pdf)   ■競技結果
----------------------------------------------------------
*1位 233.51 FS=156.11 小塚崇彦(JPN)
*2位 216.80 FS=146.96 ブランドン・ムロズ(USA)
*3位 214.81 FS=144.50 トマシュ・ベルネル(CZE)
----------------------------------------------------------
*4位 210.29 FS=135.49 ブライアン・ジュベール(FRA)
*5位 200.95 FS=134.17 町田樹(JPN)
*6位 198.84 FS=138.24 サミュエル・コンテスティ(ITA)
*7位 197.13 FS=130.03 ロス・マイナー(USA)
*8位 196.92 FS=131.97 カン・キンリン(CHN)
*9位 175.94 FS=116.16 ペーター・リーベルス(GER)
10位 172.56 FS=114.80 ゴ・カリョウ(CHN)
----------------------------------------------------------
11位 150.69 FS=095.84 チン・ハイトウ(CHN)
棄権 ---.-- FS=---.-- セルゲイ・ボロノフ(RUS)

小塚崇彦 完全優勝!

グランプリシリーズの第3戦・中国大会は男子FSを終え、日本の小塚崇彦選手が合計233.51点で優勝を飾りました。
冒頭の4回転は手をつきながらも無事着氷し、2度の3A含め、他の3回転やコンビネーションも全て成功させました。
フリーでの156.11という点数は小塚選手のパーソナルベストだそうです。
4回転がもっと綺麗に決まったり、2度跳んだ3Lz+2Tのセカンドを3回転にすることなどでまだまだ得点が伸びるでしょうし、 PCSがもう少しもらえるようになればかなりの高得点が期待できるようになりますね。
なにはともあれ、完全優勝おめでとう!

2位は、ノーミス演技を披露したアメリカのブランドン・ムロズ選手。
3位には、今日も特別大きなミス無く滑りきったトマシュ・ベルネル選手が入りました。
表彰台はほぼ確実と思われていたジュベールは4位。
今日も4回転を跳びましたが、中間点採用の回転不足判定。
その他にも予定の回転数に満たないジャンプがあり、スピンやステップの評価が相変わらず低いこともあって得点は伸びませんでした。
スピンは全部レベル1と厳しい評価。私には分かりませんがそんなに悪いんでしょうか?

日本の町田樹選手は5位と健闘しました。
4Tや3Aでの転倒や、ルッツのパンクなどがありましたが、 単独の3回転や、前半の3A+3Tなどでは加点も貰っています。
スピンでもなかなかの評価は得ているようで、技術点だけを見ればジュベールよりも7点近く上回りました。
ミスでかなりの得点を失っていてもこの得点が出るのだから、完璧な演技をしたらかなりの高得点が狙えそうですね。
まだ若いですし、これからにも注目したいと思います。


最後に、来週の第4戦・アメリカ大会の主な出場者(男子)です。
日本→高橋大輔/織田信成/村上大介
他→アダム・リッポン/ケビン・バンデルペレン/ショーン・ソーヤー/デニス・テン など

* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル

「浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック2010-2011
(DVD付)」

発売日:2010/10/20 | EMIミュージックジャパン
★浅田真央使用曲「タンゴ」「愛の夢」収録

「フィギュア・スケート ミュージック・セレクション’10-’11」
発売日:2010/12/22 | ワーナーミュージック・ジャパン
★主要選手の使用曲を多数収録
★ジョニー・ウィアーが歌でも魅せる!




ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

# カレンダー

10 ≪│2010/11│≫ 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

# 2016-2017 シーズン

▼国別対抗戦
男子SP/女子SP/アイスダンスSD
男子FS/ペアSP/アイスダンスFD
女子FS/ペアFS

▼世界選手権
 男子結果   女子結果

▼四大陸選手権
 男子結果   女子結果

▼全日本選手権
 男子結果   女子結果

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 スケート・アメリカ
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 ロステレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 フランス杯
 男子結果   女子結果

 ▽第5戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第6戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

 ▽グランプリファイナル
 男子結果   女子結果

▼ジャパンオープン
 結果

■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索