フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# THE ICE 2011 観戦レポート (愛知公演・7月24日・夕)

 先週末、愛・地球博記念公園のアイススケート場にて行なわれた、フィギュアスケートのアイスショー「THE ICE 2011」を観に行って来ました。
愛知公演では、2日間で合計4回の公演が行なわれましたが、私が行ったのは2日目の夕方公演。
今日はその感想などを書きたいと思いますが、今回はショーを楽しむことに終始していたので、メモなどは一切とっていません。
演技順や、誰がどの種のジャンプを跳んだ…等は、正直覚えていないことも多く、間違いが多々あるかもしれませんが、ご了承ください。
曲紹介も確か無かったと思うので、レポートとしては内容が薄くなってしまうかもしれません。
とはいえ、ネタバレ要素を含んでいますので、大阪公演まで内容を知りたくない!という方はご注意ください。
#8/01→分かったものだけ、一部曲情報を追加。

7月24日、日曜日。
当日の朝に高速バスで名古屋に向かい、食事とホテルのチェックインを済ませたのが午後2時頃。
開場が3時半だったので、早い人はもう到着してるのかな~と思いつつ、モリコロ・パークへ向けて名古屋駅を出発!
途中、リニモへの乗換えを経て「愛・地球博記念公園」の駅に到着。
「愛知は相当暑いだろうなぁ~」と覚悟して来ていたのですが、この日は猛暑というほどでも無かったようで、 暑さに弱い私は助かりました。ε-(´∀`*)ホッ
駅の出口を出ると、数百メートル先に見えるスケート場へ向かって、大勢の人が歩を進めていました。

3時頃にスケート場の外へたどり着くと、募金コーナーや物販コーナーが設けられていて、来た人が次々と吸い込まれていきました。
500円以上の募金をすると、選手のサインが入ったチャリティグッズの抽選券が貰えるとのことで、私は真っ先に募金の列にGO!
この回にグッズを提供してくれたのが、浅田真央選手, チン・パン&ジャン・トン ペア, フローラン・アモディオ選手, 無良崇人選手でした。
私が誰の抽選箱に入れたのかは書くまでもないですね(^ω^)
続いて、パンフレットとペンライトを入手。その奥ではDVDとかmaomaoブランドの商品を扱うコーナーも見えましたが、そこはスルー。
こういう場へ来ると、つい財布の紐がゆるくなりすぎちゃうんですよね~。何か欲しいものがあったら買ってしまいそうなので…我慢我慢。
あとで見た情報によると、真央ちゃんのDVDのそばに某KYのDVDも置いてあったらしい。…うん、いろいろ見なくて正解だったかも。

会場の中は、外との気温差もあってか結構寒かったです。
時より、空調で冷たい風が当たったりしたので、長ズボンと長袖シャツで行ったのは正解でした。
席に座り、パンフレットを読んだり、周りを眺めたりすること1時間。
デジタル時計が16:30を表示し、いよいよ公演開始です!

▼オープニング
オープニングに登場したのは純白衣装の真央選手。
「月の光」の音楽に乗せて滑り出すと、同じ装いの女子選手がそれぞれ丸いボールのようなものをもって登場。
それに真央選手が近づくと、ひとつひとつ明かりが灯り、真央選手を先頭に光が後を追う…。
なんだか灯篭流しのようで、震災の追悼の意味が込められた演出なんだなぁと感じました。
選手が去ると同時に、真央選手から震災に関するメッセージが流れます。(多分収録音声)
最後の「日本に元気を!!」という言葉と同時に会場が明るくなり、ジョン・レノンの「POWER TO THE PEOPLE」が華やかに流れ出します。
会場中に沸き起こる手拍子の中、出演者が次々と登場。
選手みんなが手を繋いで一列になり、風車のようにぐるぐると回っていました。
外周側の選手は結構なスピードでリンクを回ることになるのですが、 このとき最外周にいた(多分 佳菜子)選手が、スピードに間に合わずに若干遅れぎみになってたのがまた可愛かったです。

そして、ショーの第1部がスタート。
トップバッターを務めたのは、ノービスの野間さな子選手。小学校6年生です。
最初のジャンプはトゥが抜けて失敗してしまったけど、あとは綺麗に決まりました。
なかなかスピード感もあって良かったと思います。

▼無良崇人
3Aが豪快に決まりました。
この2日間のどの公演かは定かではないけど、4回転に挑んだとの情報も。
前にも書きましたが、無良選手は如何にも「男子選手」という感じのダイナミックな滑りがかっこいいですね。

▼アダム・リッポン
秘かにリッポンルッツを期待していたのですが、この回のプロではやらなくてちょっと残念。
4回転のルッツジャンプの習得を目指している…って紹介されたの確かリッポンだったよね。
男子はどんどん高難度技に挑戦する選手が出てきてるので、今後が楽しみです。

▼高橋成美&マーヴィン・トラン
曲は「imagine」
しっとりと、大人っぽいプログラムでした。
スロージャンプでは大きな拍手も。

▼長洲未来
自分で振り付けたという、とてもノリの良いプログラムでした。
ひとつひとつの技が本当に綺麗☆
未来ちゃんはいつか生で見たいなぁと思っていたので、初めて見れて嬉しかった。
パンフには「トリプルアクセル習得間近との噂!」と書かれていてびっくり。本当?

▼羽生結弦
曲は「ロミオとジュリエット」
なんか見たこと無いすごいジャンプ跳んでました!
3Aが決まって拍手してたら、シークエンスを挟んでもういっちょ3A!
3A+3A+SEQとか…、こんなジャンプ見たことねえええ!
私も含め、お客さんもめっちゃ興奮してました。
あとで調べたら、別の部では4T+3Tのコンボも跳んだみたいです。ゆづ、魅せるのぉ~!
仙台に戻っての練習では4Sも着氷してたし、今シーズンはまた更なる飛躍を遂げることでしょう。試合が楽しみです。

▼シニード・カー&ジョン・カー
2人ともサラリーマンのような格好で登場。
お姉さんが弟を盛り上げる「逆リフト」 初めて見たけどすんごいねぇ!
カバンや椅子などの小道具もあって、いかにもショーって感じでした。

▼村上佳菜子
真っ白な衣装で登場。曲は「アマルティ・シ」
佳菜子ちゃんと言ったら明るいポップなイメージが強いのですが、 今回はスローナンバーでとても大人っぽい演技でちょっとびっくりさせられました。

続いて、「THE ICE 思い出の名場面」が、モニターの映像と共にランキング形式で発表されました。
1位は、真央ちゃんとバトルが共演した「アラジン」
アラジン衣装のバトルと、ジャスミン衣装の真央ちゃんが登場。モニターの映像ではなく、目の前での再演です!
1位に選ばれるくらいのプログラムですから、この共演をまた見ることができて感動した人も多かったことと思います。ってかジャスミン真央かわえぇ(´∀`*)

ここで第1部が終了。
休憩に入る前に、出演スケーターによるトークショーと、チャリティグッズの抽選会が行なわれました。
この回のトークショーに登場したのが、バトル&リッポン&無良選手の3人。
上に書いていませんが、第1部の途中で、バトルが振り付けしたプロを男子選手が滑るというコーナーがあったのですが、 トークショーではその感想だったり、日本語を勉強中というリッポンが日本語を話したりしていました。

抽選会では、チャリティグッズを提供してくれた選手が登場。
自分のグッズ紹介と、本人による抽選のくじ引きが行なわれました。
真央ちゃんのチャリティグッズは、世界選手権で使用したというキャリーバック。
本人からの紹介は、「えっとこれは~、今年の世界選手権の時に使った…コロコロです!」(会場笑)
進行役の本田恵美アナからすかさずツッコミが入り、本人も笑ってました。
コロコロって(笑)真央ちゃんらしくて和むわー。
そういえば、マイク越しとはいえ、真央ちゃんのリアルな生声初めて聞けた(^ω^)
抽選はというと…300番違いくらいでハズれました。
まぁ、当選なんて奇跡のようなもんだからねぇ。当たった人が羨ましすぎるぜ!

全ての抽選が終了後に休憩を挟み、第2部がスタートです。

▼ダンス対決!
公演ごとに2人のスケーターが登場し、同じ曲で交互にダンスを披露するというもので、観客の拍手の大きさで勝者が決定します。
勝負はトーナメント方式で行なわれ、大阪公演の千秋楽で優勝者が決まります。
この回の対決は、高橋成美 VS ジェフリー・バトル!!

対決の前には、バトルと舞ちゃんによるお手本披露があるとのことですが、 今回はバトルが対決に出場するため、代役をリッポンが務めていました。

で、本戦のほうはというと、

「高橋成美、パネェ」

この一言に尽きるわ(笑)
高橋成美が出ると聞いた瞬間、「あの成美ちゃんが無難に終わらせるワケがないっしょ!(笑)」と期待してはいたのですが、 期待を遥かに上回る暴れっぷり壊れっぷりでめちゃめちゃ面白かった。
小さい体をこれでもかっていうくらいめいっぱい使って、激しいダンス(!?)を披露。観客の心を一気に鷲掴みです。
荒ぶり過ぎて何回もコケてた(笑)さすが成美ちゃん。
勝敗は言うまでもあるまい…ってか、どっちの"ダンスが上手か" という本来の判定基準を考えれば勝者はバトルなんだろうと思うけど、いかんせん印象がさ…(笑)
いやー、でもいいものが見れたわー。でも、(´・ω・`)ショボーンなバトルがカワイソス。

▼ジョアニー・ロシェット
うーん、ロシェット姐さん、綺麗すぎます…。
今年のジャパンオープンにも出場が決定し、そのうち競技会にも復帰するんだろうと思っていたのですが、 パンフでは「アマチュアの活動に区切りをつけた」と紹介されていて、初めて知った私はビックリでした。
ジャンプとかも全然衰えを感じないし、何だか勿体無く感じてしまいますね。

▼フローラン・アモディオ
曲は「Summer Time」
最初はスローナンバーで「ん?」と思ったのですが、途中で楽曲チェンジ!
「Mess Around」に乗せて、ノリノリでフィニッシュ!と思ったら、東側の観客席から赤いドレスの佳菜子ちゃんが登場!
「Pretty Woman」に乗せて、二人のコラボプロが披露されました。
最後は、アモディオが佳菜子にKiss☆

▼チン・パン&ジャン・トン
曲は「愛の夢」
中国のペア界をリードする二人とあって、スロージャンプやリフト等、さすがの完成度でした。拍手が非常に大きく、スタオベも沸き起こっていました。
私がペアのプログラムを見たのはこのショーが初めてですが、 ツルツル滑る氷の上で、女性を片手で持ち上げたりクルクル回転させたりと…なんだか人間業とは思えず、ただただ「すげぇ…」と思わされました。

▼ジェフリー・バトル
長ーいイーグルが凄かったです。
あのままリンクを1週してしまうのかと思った。

▼アリッサ・シズニー
本当に何もかも美しい、美貌を含めてね☆
曲は「Moon River」 ヴォーカル入りです。
噂には聞いていたが、滑る音がほとんどしない。
そしてシズニーといえば世界最高峰のスピン!堪能させてもらいました。
演技中に、バレエジャンプを2回続けてするシーンがあったのですが、姿勢は綺麗だし、足は180度どころか200度くらい開脚してたように見えた。
ほんの一瞬のバレエジャンプで沢山の拍手を貰えるあたりも、さすがシズニーだなと思いました。

▼メリル・デイビス&チャーリー・ホワイト
曲は「インディアン・フォーク・ダンス」
2009-2010シーズンのオリジナルダンスで使用していた、インド音楽のプログラムでした。
幾つもの金メダルを手にするカップルだけあって、スピード感やキレ、ツイズルのシンクロなど素晴らしかったです。

▼小塚崇彦
新しいSPを披露してくれました。曲は「インナー・アージ」
最初のジャンプが3Tだったのを見ると、試合ではここを4回転にしてくるのだと思います。
今シーズンの活躍も楽しみです。

▼浅田真央
淡いブルーの衣装。曲はLiberaの「I vow to thee my country」(Jupiter)です。
この曲を選んだのはやはり震災が関係しているんだろうなぁと思ったんですが、 表情一つをとっても、とても気持ちをこめて滑っているのが伝わってきました。
普段の愛らしい真央ちゃんとは一味も二味も違って…息をするのも忘れて見入ってしまいました。
ジャンプは2A, 3Lo, 3Fで全て綺麗に決まっていました。

ショーはエンディングに突入。
まずはバトルとロシェットが登場し、LADY GAGAの「BORN THIS WAY」に乗せてダンスを披露。これカッコ良かったです!
続いてシズニー・未来のアメリカコンビが登場。「川の流れのように」のインストの乗せて、スピンやイナバウアーなどを披露していました。
シズニーと未来ちゃんのスピンが同時に見れるなんて贅沢だ~。
お次は、パン・トンペア, 高橋・トランペア, メリ・チャリのカップルが登場。誰を見たらいいのか迷ってしまった。
そして今度は、それ以外の他の選手達(小塚&真央選手を除く)が海賊衣装で登場。
ぞれぞれが剣などを持っていて誰々と戦っていました。舞ちゃんは何故かジュリアナみたいなフワフワの扇子を持ってて、その扇子を武器に佳菜子と戦ってました(笑)
暫くすると、赤と黒の衣装を身にまとった真央選手(峰不二子)が登場。
他の選手たちが退場していく中、最後まで残ったアモディオが真央選手を攫おうとすると…そこに小塚選手(ルパン)が登場!
バキューン!と銃声が響き、撃たれたアモディオは、苦しそうな演技をして退散。
ここからはニュースでも散々出ていましたが、小塚&真央によるペアプログラム「ルパン三世」
凄く息が合っていていいなと思いましたが、小塚君やっぱり照れてた?(笑)
フィニッシュ後、キスをしようと近寄る小塚選手を真央ちゃんが突き飛ばして転ばすという演出もあって面白かったです。
転んだ小塚選手を見てケラケラ笑う真央ちゃんがまた可愛かった(´∀`)

▼フィナーレ
「君の瞳に恋してる」の音楽に合わせ、ザ・アイス恒例、選手・会場一体となってのフィナーレ・ダンス!
フィナーレダンスの存在は当日の朝に知って、YouTubeにあった舞ちゃんのレッスン映像を見て覚えていきました。
今年は「ラブ注入」のポーズが入ってて、「こんなの恥ずかしくて出来ねー」と思ってたけど、その場に行ったらなんてことないわ(笑)
しっかりと踊ってきました…
…ってあれ?そういや自分のダンスに手一杯で、真央ちゃんのダンスとラブ注入を見てないぞ!?アフォ…。

とまぁ、こんなチョンボもありつつ初めてのTHE ICE観戦でしたが、盛り上がるところは盛り上がって、 感動するところは感動して…とても楽しい時間を過ごすことができました。
大体の選手はプログラムを2つ用意していて、公演によって披露するプログラムを変えていたようです。
真央選手の場合でも、タラソワさんが振り付けした「ワルツ(ショパン)」と、ローリー・ニコルが振り付けした「I vow to thee my country(Libera)」の2種類があったようです。
ワルツのほうは衣装を写真で見たくらいで内容は知らないのですが、 ジュピター見て凄い感動したし、こっちのほうを見ることができて良かったなぁと思ってます。
どの選手も、素晴らしい演技をありがとう。海外の選手も、日本に来てくれてありがとうございます。残りの大阪公演も頑張ってください。

THE ICE 2011_01

THE ICE 2011_02


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事
 | ホーム | 

# ALI PROJECT 『月光ソワレⅦ ~Les Papillons~』

7月6日水曜日。ALI PROJECTのコンサート『月光ソワレⅦ ~Les Papillons~』を観るべく、渋谷のNHKホールに行ってまいりました。 以下は、当日のセットリストです。

01.パピヨン輪廻
02.胡蝶夢心中
-MC-
03.秘密の花園
04.天体瑠璃星万華鏡
-MC-
05.眼帯兎と包帯羊のMarchen
-MC-
06.エルフの娘は地上に降り
07.灰桜
08.Les Papillons -inst.-
09.革命の血脈
10.亂世エロイカ -Strings ver.-
-MC-

*~* 片倉コーナー *~*
11.Troubadour
12.絶國TEMPEST
-殿からのお知らせ-
*~*~*~*~*~*~*~*

-MC-

13.修羅と蝶
14.百合の日々は追憶の中に潜み薫る
-MC-
15.逢魔蛾城の伯爵
16.この國よ静かに目覚めたまえ -inst.-
17.君の名を
-MC-
18.共月亭で逢いましょう

-ご挨拶-

前半はパピヨンの曲を中心に、静かめ曲が次々と披露されていきます。
伸びやかで綺麗な歌声にうっとり。アリカさんも調子よさそうでした。
それで心地良くなったのか分からないけど、となりのおじさんが寝落ちしそうだったのが気になってしかたなかった(;^ω^)( ̄q ̄)

8曲目、「Les Papillon」のインスト曲を挟み、アリカさんは真っ赤なドレスへと衣装チェンジ。これは「QUEENDOM」の時の衣装だったかな?
ここから、「革命の血脈」「亂世エロイカ」と勇ましい曲が続き、MCを挟んで片倉コーナーへ。
殿の登場に、会場からは大きな拍手と歓声が沸き起こります。

今回の片倉コーナーは2曲。
いつもは3曲やっているのですが、片倉さんが「2曲でいいよ!」と言ったのでそうなったらしい。 片倉さんの前方の席からは「( ´゚д゚`)エーッ !」の声。「あとで喋ってもらいましょう。」とアリカさん。

プログラムには曲名が記載されておらず、何をやるかはお楽しみ状態でしたが、披露されたのは、「Troubadour」と「絶國TEMPEST」の2曲。
赤いドレスで出てきた地点で「Troubadour」は絶対やるだろうと思っていたし、直前のMCでも言っていたのですが、 次の「絶國TEMPEST」は予想外でした。イントロが流れても一瞬何の曲か分からなかったけど、絶國と分かった瞬間すごく興奮しました。
2曲とも、CDとはまた一味も二味も違って、とてもカッコよかったです。
一音一音が胸にズンズン響いてくるあの感じは、やっぱり生ならではですね。
「Troubadour」の時の照明が、去年の「Poisoner」並みに眩しかった!

続いて殿からのお知らせ。
「元気ぃーー?会いたかったよー」と片倉さん(笑)
会場からは「ミッキー!」の声。
「もっと言ってーー」と片倉さん。
こだまのように、次々「ミッキーッ!」の声。しかし…

殿 「男ばっかりだな~…」

会場大爆笑。
再び「ミッキー!」の声が飛び交うと、今度は女性率が高くて殿も満足そう(笑)

ファンクラブ会員限定のトークショー&ライヴがあるとのお知らせ。
日付を発表するときに、用意していたメモが暗くて見えなかったのか、
殿 「8月にじゅう・・・あれ?見えねぇ…(汗)」 再び会場笑。

イベントは、8月21日に恵比寿act squareで2回あるらしい。しかもディナー付きとのことです。詳細は追って発表される模様。

殿 「歌って欲しいあんな白アリ、こんな白アリがあったらぜひ。」
ア 「募集するんですか(苦笑)」
殿 「募集します」
ア 「ガーーン」

あんな白アリ・こんな白アリって…あれしかないっしょ(笑)

ア 「じゃあ、ファンクラブに入っていない人は入ったほうがいいですね。」
殿 「強制?」
ア 「強制じゃないけど、私なら入りますね!」
殿 「僕も入るよ。ゆうくんも入るよね?・・・あ、もう入ってる?」

こんな感じのMCだったかなぁ。面白かった(笑)
汎新ツアーのファイナルでは片倉さんのMCは一切無かったので、今回は沢山喋ってくれて満足。

14曲目、「ユリの歌」のあとには、10月のV-ROCKにアリプロが出演するというお知らせ。
アリプロはV系なのか?という話題で、

「つよぽん と ゆうくんが髪立てて化粧すればいいんじゃない?昔のXみたいに。そのときはモチロン殿もです。 見た目がV系になれば文句言われないでしょ」

会場は笑いと拍手。

そして、プログラム上の最後の曲「逢魔蛾城の伯爵」を披露して、一同退場。

数十秒後、鳴り止まぬ拍手の中、バイオリンガイズと指揮者の平野さんが再登場し、 インスト曲「この國よ静かに目覚めたまえ」が演奏されました。
アリカさんが再登場し、「君の名を」を披露。

この曲は震災での悲しい出来事が元になっているので、その後のMCでそんなお話もされていたのですが、

「アリプロは、被災地で歌を歌って励ますということはしないのですが… というか、アリプロが被災地に行って"亡國覚醒カタルシス"とか歌っても誰も喜ばないでしょ。」で、会場笑。
まぁ、私だったら喜ぶけど、ほとんどの人は( ゚д゚)ポカーン…だよねきっと(笑)

今回は新しい曲がほとんどを占めたのですが、いつかは生で聴きたいと思っていた 「共月亭で逢いましょう」が、最後の最後に披露されてすごく感動しました。
アリカさんのMCで、「明日は七夕なので、この曲しかないでしょう。"共月亭で逢いましょう"」と紹介された瞬間、 思わず小声で「おぉーーー!」と言ってしまったのですが、後ろからも同じような声がチラホラ聴こえました。 きっと、ひそかに期待していた人も多かったのでしょう。
それにしても、この曲を生演奏+生歌で聴けるなんて贅沢すぎる!アリカさんの喉も絶好調っぽかったし、 聴いていた私は鳥肌が立ちっぱなしでした。

メンバー紹介を終え一旦退場するも、片倉さんを加えた面々が再度入場。
アリカさんが、殿に挨拶をするよう促す仕草を見せるも、 「コンサートマスターの紹介してないでしょ!」と指摘され、平謝り。
殿からの紹介があったあと、アリカさんの締めの挨拶があり、今年の月光ソワレは幕を閉じました。


20110707_02.jpg


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事
 | ホーム | 

# レ・パピヨン

Les Papillons
ALI PROJECTのストリングスアルバム「Les Papillons」が発売になったので、来週のコンサートへ向け只今ヘビロテ中。
最初に聴いた時は、「これ、1週間じゃとても覚えられねーー(汗)」 と思うほど、音程やリズムが途轍もなく難しく感じたのだけど、一夜明けたらアラ不思議…。
なんだか脳が覚えていてくれたみたいで、頭の中で思い描いた音程やリズムがほぼ一致するようになってました。
さすがに歌詞まで全部覚えるのは厳しいけど、ほとんど口ずさめるくらいにはなったし、これでソワレへの準備は万端かな~!

今回は、「天体瑠璃星万華鏡」や「パピヨン輪廻」、「革命の血脈」あたりが人気ありそうな感じでしょうか。
私もこの3曲はお気に入りなのですが、「革命の血脈」は普段のアリプロのような世界観で真っ先に好きになりました。
既存曲をストリングスやオーケストラにアレンジするのが通例だけど、この曲に関しては逆アレンジでも聴いてみたいなと思った次第です。
それから、今回のインストが個人的に好きだなぁ。一番再生数多いかも。。

数日後にこれらを生で聴けるんだなぁと、いろいろとその光景を想像して、すごく楽しみな気持ちになっています。
当日の天気は、今のところ「曇り時々晴れ」 最高気温31℃の予報!
太陽ギラギラなのはキツイけど、雨に降られるよりは全然いいかな~。
でもロリィタファッションで来る子とかは暑そうだね。
コンサートに行く方は熱中症にならないようにお気をつけください。
ってか、人の心配をする以前に、暑さに弱い自分がぶっ倒れないか一番心配だわ。

いやー、あと3日が待ち遠しい。「もーいーくつ寝ーるーとぉ~」の状態だ。
…あ?そーいや、まだ高速バスの決済してなかったな~。
ってあれ…?自分、なんて名前のホテルに泊まるんだったっけ?つーか、そのホテルどの辺にあるんだっけか?
ん?それに、そっからNHKホールまでどうやって行きゃいいんだ!?
…って全然準備万端じゃねえええええ!
いかんいかん、そろそろ必要な情報を調べておかないと…。


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事
 | ホーム | 

# カレンダー

06 ≪│2011/07│≫ 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

# 2016-2017 シーズン

▼国別対抗戦
男子SP/女子SP/アイスダンスSD
男子FS/ペアSP/アイスダンスFD
女子FS/ペアFS

▼世界選手権
 男子結果   女子結果

▼四大陸選手権
 男子結果   女子結果

▼全日本選手権
 男子結果   女子結果

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 スケート・アメリカ
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 ロステレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 フランス杯
 男子結果   女子結果

 ▽第5戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第6戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

 ▽グランプリファイナル
 男子結果   女子結果

▼ジャパンオープン
 結果

■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索