フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# 世界ジュニアフィギュアスケート選手権2017 女子・結果

◆世界ジュニアフィギュアスケート選手権 2017
◇女子 競技結果
■プロトコル  SP /  FS

*1位 208.60 アリーナ・ザギトワ(RUS) [SP=70.58①/FS=138.02①]
*2位 201.61 本田 真凜(JPN) [SP=68.35②/FS=133.26②]
*3位 195.54 坂本 花織(JPN) [SP=67.78③/FS=127.76③]

*4位 180.81 イム・ウンス(KOR) [SP=64.78④/FS=116.03④]
*5位 174.38 白岩 優奈(JPN) [SP=62.96⑤/FS=111.42⑤]
*6位 162.84 スタニスラワ・コンスタンティノワ(RUS) [SP=58.90⑥/FS=103.94⑥]
*7位 161.36 ブラディ・テネル(USA) [SP=57.47⑦/FS=103.89⑦]
*8位 157.11 リア・ヨハンナ・ダスティシュ(GER) [SP=53.95⑬/FS=103.16⑧]
*9位 156.26 イー・クリスティー・リュン(HKG) [SP=56.01⑧/FS=100.25⑩]
10位 155.91 ポリーナ・ツルスカヤ(RUS) [SP=54.30⑪/FS=101.61⑨]
~ 以下 略~



本田真凛 銀
坂本花織 銅


世界ジュニアフィギュアスケート選手権は女子の競技を終え、ロシアのアリーナ・ザギトワがジュニア歴代最高得点で初優勝。 本田真凛は大会連覇こそなりませんでしたが、ジュニア史上2人目となる200点越えを果たして銀メダル。 坂本花織も自己ベストを大きく更新して銅メダルを獲得しました。

優勝 アリーナ・ザギトワ(RUS)
ショートもフリーも全てのジャンプを後半に配置したプログラムながらも、当然のようにノーミスで滑りきってしまう…なんと恐ろしい子なのだろうか…。 直前に本田真凛がパーフェクト演技で200点を超えてきたため、大きなミスは許されないというプレッシャーはあったはずなのですが…だか、しかし。
今季のJGPが始まった頃にもその構成には驚きましたが、ジャンプの質は大して良いとは感じなかったし、 後半にジャンプを詰め込みすぎているがゆえ、一旦ミスをし始めると止まらないような印象があったのですが、 ファイナルから人が変わったようにジャンプの質も精度も上昇しています。
ただでさえベースバリューが高い上に加点までしっかり稼がれれば、これに勝てるジュニア選手はいないでしょうね~。 コレオスパイラルが無いジュニアでTES=75.81って…。技術点に関してはメドベージェワでも勝てないかも。

2位 本田 真凜(JPN)
女子ジュニア選手史上2人目, 日本女子選手史上5人目となる総合200点越えを達成しながら、優勝には手が届きませんでした。
優勝できなかった点にはやっぱり悔しさを隠しきれませんでしたが、今自分にできる精一杯の力を出し切れた結果だからこれは仕方がありません。 現状でノーミス同士の対決になってしまったら、得点で勝るのはザギトワのほうです。
しかし、2年連続世界選手権の大舞台でショートとフリーの両方をパーフェクトに滑り切れただけでも素晴らしいことです。 見目好いだけでなく、こういうあたりにも真凜ちゃんのスター性を感じずにはいられません。とても美しい演技でした。
妹たちにとっても自慢のお姉ちゃんでしょう。

3位 坂本 花織(JPN)
ショート,フリーともにミスのないクリーン演技でした。それぞれのジャンプがダイナミックで美しいです。
フリーは後半に3Loと2Aしかないので技術点は稼ぎづらいのですが、加点を多く得て得点を伸ばしてきました。
来季は後半5ジャンプに挑戦したいとのことです。彼女の200点越えも近そうですね。
メダルを獲得した3選手それぞれ、SP,FSともにプロトコル上には一切マイナスがありません。レベルの高い戦いでした。

5位 白岩 優奈(JPN)
ショートはジャンプに慎重さが窺えたものの、ノーミスの演技で自己ベストを更新しました。
フリーは冒頭から綺麗なジャンプを決めていき、見た目上のミスは3Lzの転倒のみだったのですが、 細かいところで回転不足を3つ取られ得点を伸ばせませんでした。
背中のテーピングやが痛々しくて…万全な状態で試合に臨めれば良かったのですけど…。

* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル
* UR=アンダーローテッド(1/4以上1/2未満の回転不足)
* DG=ダウングレード(1/2以上の回転不足)
* TES=技術点/PCS=演技構成点


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事
 | ホーム | 

# カレンダー

02 ≪│2017/03│≫ 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

# 2017-2018 シーズン

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 ロス・テレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

■GPシリーズエントリー選手
■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索