フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# 2017-2018 フィギュアスケート グランプリシリーズ第4戦 NHK杯 女子

◆2017-2018 フィギュアスケート グランプリシリーズ
◇第4戦 NHK杯 女子 競技結果

*1   224.39   エフゲニア・メドベージェワ   RUS
*2   212.24   カロリーナ・コストナー   ITA
*3   210.19   ポリーナ・ツルスカヤ   RUS

*4   194.46   長洲 未来   USA
*5   191.80   宮原 知子   JPN
*6   190.95   アリョーナ・レオノワ   RUS
*7   187.83   本郷 理華   JPN
*8   171.94   白岩 優奈   JPN
*9   166.04   マライア・ベル   USA
10   159.78   ニコル・ライチョヴァー   SVK
11   159.36   アレーヌ・シャルトラン   CAN
12   135.79   パク・ソヨン   KOR



エフゲニア・メドベージェワ
フリーの冒頭の3Fで転倒し、3Lzでも着氷が乱れるという、彼女にしては非常に珍しいことが起こりましたが、 それでも2位以下に大差をつけての優勝となりました。2位のコストナーと共にファイナル進出確定です。
絶対女王のメドベージェワと言え、これで2試合連続で転倒クラスの大きなミスをしているので付け入る隙が無いわけではないのですが、 如何せんPBが一人別次元ですからね…。一つや二つミスをしてくれてもなかなか手が届きません。
たまにはメドベージェワの上を行く選手も見てみたいんですけどねー。

宮原 知子
11か月ぶりの国際大会復帰戦です。
ケガの影響もあって、普段のシーズンのように十分な滑り込みを経ての試合ではなかったでしょうから、それを考えるとまずまずの内容であったと思います。
ショートとフリーで回転不足が計3つと、フリーではフリップとサルコウが2回転に抜けるなど、ジャンプで課題が残りましたが、それ以外の面では高評価を得ています。
今まではジャンプが抜けるということがほぼ無かったことを考えると、ジャンプの状態はまだ戻っていないのでしょう。 あと1か月強の間にどれだけ追い込めるかどうかですね。
とりあえずは、元気に復帰戦を迎えることができてなによりです。
しかし綺麗になったねー知子ちゃん。

■ショート・プログラム     ジャッジ・スコア(プロトコル)
*1   79.99   エフゲニア・メドベージェワ   RUS
*2   74.57   カロリーナ・コストナー   ITA
*3   70.04   ポリーナ・ツルスカヤ   RUS
*4   65.83   本郷 理華   JPN
*5   65.17   長洲 未来   USA
*6   65.05   宮原 知子   JPN
*7   63.61   アリョーナ・レオノワ   RUS
*8   57.34   白岩 優奈   JPN
*9   57.25   マライア・ベル   USA
10   53.36   ニコル・ライチョヴァー   SVK
11   51.54   パク・ソヨン   KOR
12   49.60   アレーヌ・シャルトラン   CAN

■フリー・スケーティング     ジャッジ・スコア(プロトコル)
*1   144.40   エフゲニア・メドベージェワ   RUS
*2   140.15   ポリーナ・ツルスカヤ   RUS
*3   137.67   カロリーナ・コストナー   ITA
*4   129.29   長洲 未来   USA
*5   127.34   アリョーナ・レオノワ   RUS
*6   126.75   宮原 知子   JPN
*7   122.00   本郷 理華   JPN
*8   114.60   白岩 優奈   JPN
*9   109.76   アレーヌ・シャルトラン   CAN
10   108.79   マライア・ベル   USA
11   106.42   ニコル・ライチョヴァー   SVK
12   84.25   パク・ソヨン   KOR

2017-2018 グランプリシリーズ エントリー選手一覧

ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事
 | ホーム | 

# 2017-2018 フィギュアスケート グランプリシリーズ第4戦 NHK杯 男子

◆2017-2018 フィギュアスケート グランプリシリーズ
◇第4戦 NHK杯 男子 競技結果

*1   271.12 セルゲイ・ボロノフ   RUS  
*2   261.99 アダム・リッポン   USA  
*3   252.07 アレクセイ・ビチェンコ   ISR  

*4   245.95 ジェイソン・ブラウン   USA  
*5   235.80 キーガン・メッシング   CAN  
*6   234.80 デニス・ヴァシリエフス   LAT  
*7   231.93 友野 一希   JPN  
*8   223.45 ドミトリー・アリエフ   RUS  
*9   220.45 ミハル・ブレジナ   CZE  
10   214.51 ナム・グエン   CAN  
11   199.20 佐藤 洸彬   JPN  

30歳セルゲイ・ボロノフGPシリーズ初優勝。
表彰台の3人の年齢が、30歳, 28歳, 29歳! ベテラン勢頑張った!



■ショート・プログラム     ジャッジ・スコア(プロトコル)
*1   90.06 セルゲイ・ボロノフ   RUS  
*2   85.52 アレクセイ・ビチェンコ   ISR  
*3   85.36 ジェイソン・ブラウン   USA  
*4   84.95 アダム・リッポン   USA  
*5   80.13 キーガン・メッシング   CAN  
*6   79.88 友野 一希   JPN  
*7   77.51 ドミトリー・アリエフ   RUS  
*8   76.51 デニス・ヴァシリエフス   LAT  
*9   76.24 ミハル・ブレジナ   CZE  
10   75.95 佐藤 洸彬   JPN  
11   65.82 ナム・グエン   CAN  

■フリー・スケーティング     ジャッジ・スコア(プロトコル)
*1   181.06 セルゲイ・ボロノフ   RUS  
*2   177.04 アダム・リッポン   USA  
*3   166.55 アレクセイ・ビチェンコ   ISR  
*4   160.59 ジェイソン・ブラウン   USA  
*5   158.29 デニス・ヴァシリエフス   LAT  
*6   155.67 キーガン・メッシング   CAN  
*7   152.05 友野 一希   JPN  
*8   148.69 ナム・グエン   CAN  
*9   145.94 ドミトリー・アリエフ   RUS  
10   144.21 ミハル・ブレジナ   CZE  
11   123.25 佐藤 洸彬   JPN  

2017-2018 グランプリシリーズ エントリー選手一覧

ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事
 | ホーム | 

# 2017-2018 フィギュアスケート グランプリシリーズ第3戦 中国杯 女子

◆2017-2018 フィギュアスケート グランプリシリーズ
◇第3戦 中国杯 女子 競技結果

*1   213.88   アリーナ・ザギトワ   RUS
*2   212.52   樋口 新葉   JPN
*3   206.82   エレーナ・ラジオノワ   RUS

*4   206.07   三原 舞依   JPN
*5   198.32   本田 真凜   JPN
*6   196.83   ガブリエル・デールマン   CAN
*7   196.68   エリザベータ・トゥクタミシェワ   RUS
*8   174.82   李 香凝   CHN
*9   165.99   チェ・ダビン   KOR
10   151.14   アンバー・グレン   USA
11   144.71   趙 子セン   CHN



■ショート・プログラム     ジャッジ・スコア(プロトコル)
*1   70.65   ガブリエル・デールマン   CAN
*2   70.53   樋口 新葉   JPN
*3   70.48   エレーナ・ラジオノワ   RUS
*4   69.44   アリーナ・ザギトワ   RUS
*5   67.10   エリザベータ・トゥクタミシェワ   RUS
*6   66.90   本田 真凜   JPN
*7   66.90   三原 舞依   JPN
*8   59.20   李 香凝   CHN
*9   53.90   チェ・ダビン   KOR
10   52.61   アンバー・グレン   USA
11   50.39   趙 子セン   CHN

樋口 新葉
キレッキレのクリーンプログラム。表現面の成長は目を見張るものがあるし、音の取り方も上手になりました。
音楽と振り付けがピッタリ合っていてかっこ良い!
ジャンプは全て決まりましたが、フリップにアテンションが付いたので加点は取れませんでした。
フリップよりもループで加点を取りに行った方が確実だとは思うのだけど…どうなんだろう?
しかし2Aの高さ・幅・ランディング…どれをとっても素晴らしい。

アリーナ・ザギトワ
昨シーズンの途中から全くミスする姿を目にしていなかったので、3Lz+3Loの転倒にはびっくり。
でも、他のエレメンツではしっかりレベルや加点を稼いだので、ひとつ転倒したとはいえそれなりに点数は出してきます。

本田 真凜
見た目はクリーンで綺麗にまとめたのですが、ジャンプは微妙に全部危なかった気が…。
3F+3Tではセカンドジャンプがアンダーローテーションになっていますが、どっちかというとフリップの方が足りていない感じでした。 2Aも厳しいスペシャリストなら回転不足を取られてもおかしくなかったです。
判定には助けられたかもしれませんが、前回が前回だっただけにとりあえずは良かったかな?

三原 舞依
6分間練習でのリーザとの接触の影響があったかどうかは分かりませんが、 3Lzのクオリティがいつもより低くて、3Tは付けたものの回転不足になりました。 この失敗を引きずらずに他のエレメンツをしっかり決められたのは良かったです。

■フリー・スケーティング     ジャッジ・スコア(プロトコル)
*1   144.44   アリーナ・ザギトワ   RUS
*2   141.99   樋口 新葉   JPN
*3   139.17   三原 舞依   JPN
*4   136.34   エレーナ・ラジオノワ   RUS
*5   131.42   本田 真凜   JPN
*6   129.58   エリザベータ・トゥクタミシェワ   RUS
*7   126.18   ガブリエル・デールマン   CAN
*8   115.62   李 香凝   CHN
*9   112.09   チェ・ダビン   KOR
10   98.53   アンバー・グレン   USA
11   94.32   趙 子セン   CHN

アリーナ・ザギトワ
ショートの失敗を見るに、さすがのザギトワも硬くなっているのかと思いましたが、 フリーでは全ジャンプが後半のハイレベル構成をノーミスで滑りきりました。
3Lzでひとつ回転不足を取られていますが、それでも技術点は76.09で全体のトップです。
ショート4位からの逆転で、GPデビュー戦にて初優勝を飾りました。 トータルスコアではメドベージェワのGPデビュー戦をも上回っています。

樋口 新葉
マイナス評価が一つもないパーフェクト演技。すげぇ…!
PCSもっと出してやってよ~と思うほどの素晴らしいパフォーマンスでした。
シーズンはまだまだこれからですが、他の選手より一足先にGP2試合を戦い終え、まずは良いアピールが出来たのではないかと思います。
2試合とも強敵の多い試合ながら、しっかり表彰台に上がれたのは自信にもなったでしょう。
ファイナル争いでは3-2だとかなり微妙なラインではあるのですが、 これだけ各選手のレベルが上がっている状況では意外な試合結果になったりすることもあると思うので…なんとは残ってほしいなぁ。

三原 舞依
前半の2Aの着氷で僅かな乱れがあった以外は、全てのジャンプに高い加点が付くパーフェクトな演技でした。
3Sでは両手タノに挑戦して+1.40の加点を得ました。技術点では新葉ちゃんを上回っています。
3番滑走だったのでPCSは出にくかったと思いますが、140点近い高得点を残しました。
ショートで多少のミスがあってもフリーに引きずらないのが舞依ちゃんのいいところだね。
しかしGPシリーズで206点とって台落ちとか…。先週なら7位のリーザだって銀メダルだったのに。
次戦優勝ならファイナルの可能性は残りますが、 舞依ちゃんは激戦必至の2試合にエントリーされているのが気の毒なところ。次のフランス大会もオズモンドやザギトワが居て、更にはソツコワとかリーザまでいるし…。

本田 真凜
序盤の3F+3Tが2F+3Tになったため、最後の2Aを3Fにしてリカバリーを図りました。
結果的に回転不足にはなっていますが、ナイス判断だったと思います。
これ以外のジャンプは全て綺麗に決めて、自己ベストに近いところまで得点を伸ばしてきました。
でも、シニアの壁は厚いよなー…。日本選手内での争いでもそうですが、まだまだレベルアップが必要です。
ファイナルの可能性は無いので次の大きな大会はもう全日本になると思いますが、大舞台に強い真凜ちゃんの本領発揮なるか…!?

2017-2018 グランプリシリーズ エントリー選手一覧

ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事
 | ホーム | 

# 2017-2018 フィギュアスケート グランプリシリーズ第3戦 中国杯 男子

◆2017-2018 フィギュアスケート グランプリシリーズ
◇第3戦 中国杯 男子 競技結果

*1   279.38   ミハイル・コリヤダ   RUS
*2   264.48   金 博洋   CHN
*3   259.69   マックス・アーロン   USA

*4   256.66   ヴィンセント・ジョウ   USA
*5   254.61   閻 涵   CHN
*6   253.06   ハビエル・フェルナンデス   ESP
*7   247.17   田中 刑事   JPN
*8   226.50   ケビン・レイノルズ   CAN
*9   216.44   グラント・ホクスタイン   USA
10   186.04   アレクサンドル・マヨロフ   SWE
11   186.02   アレクサンドル・ペトロフ   RUS
12   167.58   張 鶴   CHN

コリヤダが初のファイナル確定。
フェルナンデスはまさかの6位でファイナル進出絶望…。



■ショート・プログラム     ジャッジ・スコア(プロトコル)
*1   103.13   ミハイル・コリヤダ   RUS
*2   93.89   金 博洋   CHN
*3   90.57   ハビエル・フェルナンデス   ESP
*4   87.19   田中 刑事   JPN
*5   83.11   マックス・アーロン   USA
*6   82.22   閻 涵   CHN
*7   80.55   グラント・ホクスタイン   USA
*8   80.23   ヴィンセント・ジョウ   USA
*9   68.58   アレクサンドル・ペトロフ   RUS
10   64.40   ケビン・レイノルズ   CAN
11   64.27   アレクサンドル・マヨロフ   SWE
12   46.99   張 鶴   CHN

■フリー・スケーティング     ジャッジ・スコア(プロトコル)
*1   176.58   マックス・アーロン   USA
*2   176.43   ヴィンセント・ジョウ   USA
*3   176.25   ミハイル・コリヤダ   RUS
*4   172.39   閻 涵   CHN
*5   170.59   金 博洋   CHN
*6   162.49   ハビエル・フェルナンデス   ESP
*7   162.10   ケビン・レイノルズ   CAN
*8   159.98   田中 刑事   JPN
*9   135.89   グラント・ホクスタイン   USA
10   121.77   アレクサンドル・マヨロフ   SWE
11   120.59   張 鶴   CHN
12   117.44   アレクサンドル・ペトロフ   RUS

2017-2018 グランプリシリーズ エントリー選手一覧

ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事
 | ホーム | 

# カレンダー

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

# 2017-2018 シーズン

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 ロス・テレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

■GPシリーズエントリー選手
■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索