フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# 2010 フィギュアスケート グランプリファイナル 女子FS・最終結果

◆2010/2011 フィギュアスケート グランプリファイナル
◇女子 フリー・スケーティング/最終順位
■プロトコル (pdf)   ■競技結果
----------------------------------------------------------
*1位 180.75 FS=116.99 アリッサ・シズニー(USA)
*2位 178.60 FS=116.47 カロリーナ・コストナー(ITA)
*3位 178.59 FS=117.12 村上佳菜子(JPN)
----------------------------------------------------------
*4位 173.72 FS=115.46 鈴木明子(JPN)
*5位 173.15 FS=122.70 安藤美姫(JPN)
*6位 127.57 FS=082.38 レイチェル・フラット(USA)
----------------------------------------------------------

村上佳菜子 銅メダル獲得

フィギュアスケートのグランプリファイナルは女子フリーを終え、アメリカのアリッサ・シズニー選手が初優勝を飾りました。 日本勢では、16歳の村上佳菜子選手が3位に入り、銅メダルを獲得しました

シズニーは見事な復活のシーズンとなっていますね。今日も綺麗な演技でした。
3Fでひとつアンダーローテを取られているのと、コンビネーションが一つ入らなかったですが、 見た目ではほぼパーフェクトに近い演技でした。
フリーの得点は3位ですが、SPの貯金が活きて、グランプリファイナル初制覇です。

2位はイタリアのカロリーナ・コストナー選手。
3Loが一つすっぽ抜けましたが、その他はOK。
コストナーは3F以上の高難度ジャンプは一切構成に組み込んでいませんが、 それでも他の要素をきっちりと決めていけばそれなりに高得点になるものですね。
ジャンプ以外でも、スパイラルやスピン,ステップでも高い評価を受けています。
グランプリファイナルでの自己最高順位を更新し、銀メダルを獲得です。

3位は村上佳菜子選手。
今日の3T+3Tも鮮やかでした。続く3Lzも着氷に成功しますが、相変わらずフルッツ気味で減点されています。
前半最後に予定していた3F+2Tは、最初のフリップが抜けてしまい1回転に。しかし後半1本目の3Fは成功させ、ここに2Tのコンビネーションを付けました。
あとは3S+2Lo+2Loの3連続ジャンプなどをきっちり決め、スピンやステップの高評価もあって、得点は自己最高の117.12点を記録しました。
この高得点には本人もびっくり顔でしたが、「あれ?こんなに高い点出せる選手だったっけ?」と、私もちょっとびっくりしました。
銀メダルのコストナーと0.01差っていうのが何とも悔しいですが、なにはともあれ、銅メダルおめでとう。

4位は鈴木明子選手。
大きなミスというと、3Fがひとつすっぽ抜けたことくらいなのですが、細かいところで言うと、フリップが両方ともエッジエラーで減点になっています。 SPはルッツがエッジエラーでしたが、今日の3Lzは綺麗に決まりました。
あとは2Aからの3Tがアンダーローテーションになっている模様。これは綺麗に決まっていたと思ったんですけど回転不足ですか…。
残念ながら2年連続のファイナル表彰台とはなりませんでしたが、演技そのものは良かったと思います。

5位は安藤美姫選手。
今シーズンのフリーはほぼ完璧な演技を続けていますが、今日はそれ以上に素晴らしい内容でした。
ジャンプは全て予定通りのパーフェクト!2Aからの3Tは今シーズン初めて成功し、これがかなり嬉しかったようです。
普段は演技後にあまり笑顔を見せる選手ではありませんが、今日は快心の出来に両手でガッツポーズしてましたね。もちろんモロゾフコーチも(笑)
得点は122.70を記録。もうちょっと出てほしいと思いましたが、スピンのレベルが3つとも2なのが惜しいところ。
まぁこのパーフェクトな演技を見たら、昨日の出遅れが惜しすぎるよなぁーとついつい思ってしまいますね。

6位はアメリカのレイチェル・フラット選手。
今日も回転不足や、予定の回転数に満たない失敗ジャンプが相次ぎ、不本意な結果となってしまいました。
あまり大崩れをする選手という印象はなかったのですが…今回は表情も暗かったし、ちょっと残念なファイナルになってしまったかな。

◇女子フリー・スケーティング 順位
*1位 122.70 TES:64.64+PCS:58.06 安藤美姫(JPN)
*2位 117.12 TES:59.98+PCS:57.14 村上佳菜子(JPN)
*3位 116.99 TES:55.68+PCS:61.31 アリッサ・シズニー(USA)
*4位 116.47 TES:55.56+PCS:60.91 カロリーナ・コストナー(ITA)
*5位 115.46 TES:58.18+PCS:57.28 鈴木明子(JPN)
*6位 082.38 TES:36.47+PCS:46.91 レイチェル・フラット(USA)

* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル
* TES=技術点/PCS=演技構成点


「浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック2010-2011
(DVD付)」

発売日:2010/10/20 | EMIミュージックジャパン
★浅田真央使用曲「タンゴ」「愛の夢」収録

「フィギュア・スケート ミュージック・セレクション’10-’11」
発売日:2010/12/22 | ワーナーミュージック・ジャパン
★主要選手の使用曲を多数収録
★ジョニー・ウィアーが歌でも魅せる!




ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonking.blog2.fc2.com/tb.php/1015-fb9cff1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

# 2016-2017 シーズン

▼国別対抗戦
男子SP/女子SP/アイスダンスSD
男子FS/ペアSP/アイスダンスFD
女子FS/ペアFS

▼世界選手権
 男子結果   女子結果

▼四大陸選手権
 男子結果   女子結果

▼全日本選手権
 男子結果   女子結果

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 スケート・アメリカ
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 ロステレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 フランス杯
 男子結果   女子結果

 ▽第5戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第6戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

 ▽グランプリファイナル
 男子結果   女子結果

▼ジャパンオープン
 結果

■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索