フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# ALI PROJECT 『月光ソワレⅦ ~Les Papillons~』

7月6日水曜日。ALI PROJECTのコンサート『月光ソワレⅦ ~Les Papillons~』を観るべく、渋谷のNHKホールに行ってまいりました。 以下は、当日のセットリストです。

01.パピヨン輪廻
02.胡蝶夢心中
-MC-
03.秘密の花園
04.天体瑠璃星万華鏡
-MC-
05.眼帯兎と包帯羊のMarchen
-MC-
06.エルフの娘は地上に降り
07.灰桜
08.Les Papillons -inst.-
09.革命の血脈
10.亂世エロイカ -Strings ver.-
-MC-

*~* 片倉コーナー *~*
11.Troubadour
12.絶國TEMPEST
-殿からのお知らせ-
*~*~*~*~*~*~*~*

-MC-

13.修羅と蝶
14.百合の日々は追憶の中に潜み薫る
-MC-
15.逢魔蛾城の伯爵
16.この國よ静かに目覚めたまえ -inst.-
17.君の名を
-MC-
18.共月亭で逢いましょう

-ご挨拶-

前半はパピヨンの曲を中心に、静かめ曲が次々と披露されていきます。
伸びやかで綺麗な歌声にうっとり。アリカさんも調子よさそうでした。
それで心地良くなったのか分からないけど、となりのおじさんが寝落ちしそうだったのが気になってしかたなかった(;^ω^)( ̄q ̄)

8曲目、「Les Papillon」のインスト曲を挟み、アリカさんは真っ赤なドレスへと衣装チェンジ。これは「QUEENDOM」の時の衣装だったかな?
ここから、「革命の血脈」「亂世エロイカ」と勇ましい曲が続き、MCを挟んで片倉コーナーへ。
殿の登場に、会場からは大きな拍手と歓声が沸き起こります。

今回の片倉コーナーは2曲。
いつもは3曲やっているのですが、片倉さんが「2曲でいいよ!」と言ったのでそうなったらしい。 片倉さんの前方の席からは「( ´゚д゚`)エーッ !」の声。「あとで喋ってもらいましょう。」とアリカさん。

プログラムには曲名が記載されておらず、何をやるかはお楽しみ状態でしたが、披露されたのは、「Troubadour」と「絶國TEMPEST」の2曲。
赤いドレスで出てきた地点で「Troubadour」は絶対やるだろうと思っていたし、直前のMCでも言っていたのですが、 次の「絶國TEMPEST」は予想外でした。イントロが流れても一瞬何の曲か分からなかったけど、絶國と分かった瞬間すごく興奮しました。
2曲とも、CDとはまた一味も二味も違って、とてもカッコよかったです。
一音一音が胸にズンズン響いてくるあの感じは、やっぱり生ならではですね。
「Troubadour」の時の照明が、去年の「Poisoner」並みに眩しかった!

続いて殿からのお知らせ。
「元気ぃーー?会いたかったよー」と片倉さん(笑)
会場からは「ミッキー!」の声。
「もっと言ってーー」と片倉さん。
こだまのように、次々「ミッキーッ!」の声。しかし…

殿 「男ばっかりだな~…」

会場大爆笑。
再び「ミッキー!」の声が飛び交うと、今度は女性率が高くて殿も満足そう(笑)

ファンクラブ会員限定のトークショー&ライヴがあるとのお知らせ。
日付を発表するときに、用意していたメモが暗くて見えなかったのか、
殿 「8月にじゅう・・・あれ?見えねぇ…(汗)」 再び会場笑。

イベントは、8月21日に恵比寿act squareで2回あるらしい。しかもディナー付きとのことです。詳細は追って発表される模様。

殿 「歌って欲しいあんな白アリ、こんな白アリがあったらぜひ。」
ア 「募集するんですか(苦笑)」
殿 「募集します」
ア 「ガーーン」

あんな白アリ・こんな白アリって…あれしかないっしょ(笑)

ア 「じゃあ、ファンクラブに入っていない人は入ったほうがいいですね。」
殿 「強制?」
ア 「強制じゃないけど、私なら入りますね!」
殿 「僕も入るよ。ゆうくんも入るよね?・・・あ、もう入ってる?」

こんな感じのMCだったかなぁ。面白かった(笑)
汎新ツアーのファイナルでは片倉さんのMCは一切無かったので、今回は沢山喋ってくれて満足。

14曲目、「ユリの歌」のあとには、10月のV-ROCKにアリプロが出演するというお知らせ。
アリプロはV系なのか?という話題で、

「つよぽん と ゆうくんが髪立てて化粧すればいいんじゃない?昔のXみたいに。そのときはモチロン殿もです。 見た目がV系になれば文句言われないでしょ」

会場は笑いと拍手。

そして、プログラム上の最後の曲「逢魔蛾城の伯爵」を披露して、一同退場。

数十秒後、鳴り止まぬ拍手の中、バイオリンガイズと指揮者の平野さんが再登場し、 インスト曲「この國よ静かに目覚めたまえ」が演奏されました。
アリカさんが再登場し、「君の名を」を披露。

この曲は震災での悲しい出来事が元になっているので、その後のMCでそんなお話もされていたのですが、

「アリプロは、被災地で歌を歌って励ますということはしないのですが… というか、アリプロが被災地に行って"亡國覚醒カタルシス"とか歌っても誰も喜ばないでしょ。」で、会場笑。
まぁ、私だったら喜ぶけど、ほとんどの人は( ゚д゚)ポカーン…だよねきっと(笑)

今回は新しい曲がほとんどを占めたのですが、いつかは生で聴きたいと思っていた 「共月亭で逢いましょう」が、最後の最後に披露されてすごく感動しました。
アリカさんのMCで、「明日は七夕なので、この曲しかないでしょう。"共月亭で逢いましょう"」と紹介された瞬間、 思わず小声で「おぉーーー!」と言ってしまったのですが、後ろからも同じような声がチラホラ聴こえました。 きっと、ひそかに期待していた人も多かったのでしょう。
それにしても、この曲を生演奏+生歌で聴けるなんて贅沢すぎる!アリカさんの喉も絶好調っぽかったし、 聴いていた私は鳥肌が立ちっぱなしでした。

メンバー紹介を終え一旦退場するも、片倉さんを加えた面々が再度入場。
アリカさんが、殿に挨拶をするよう促す仕草を見せるも、 「コンサートマスターの紹介してないでしょ!」と指摘され、平謝り。
殿からの紹介があったあと、アリカさんの締めの挨拶があり、今年の月光ソワレは幕を閉じました。


20110707_02.jpg


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonking.blog2.fc2.com/tb.php/1083-41322f03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# カレンダー

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

# 2017-2018 シーズン

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 ロス・テレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

■GPシリーズエントリー選手
■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索