フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# バレーボール アジア選手権2011~女子 決勝 VS 中国

2011年アジア選手権女子。決勝カードは日本×中国です。
今日は試合経過も書きますが、ネットの低画質動画で見ているため、間違いがチラホラあるかと思います。ご了承ください。

◇スタメン (順不同)
日本:竹下佳江 木村沙織 荒木絵里香 山口舞 新鍋理沙 江畑幸子 L=佐野優子
中国:王一梅(オウ・イメイ) 惠若(ケイ・ジャクキ) 魏秋月(ギ・シュウゲツ) 楊クン菁(ヨウ・クンセイ) 馬蘊文(マ・ユンブン) 張磊(チョウ・ライ) L=張嫻(チョウ・ゲン)

▽第1セット
竹下のサーブでスタート
ラリーを江畑のバックフェイントで制し1-0.
張磊の軟攻で1-1.木村のライト攻撃で2-1.
惠若のクロスで2-2.速攻拾われ、再び惠若決めて2-3.
江畑決めて3-3.サーブで崩すも軟攻決められ3-4.
大きくなったサーブカットを押し込まれ3-5.次もほぼ同じで3-6.
新鍋のライト攻撃で4-6.新鍋サーブミスで4-7.
山口Cワイドで5-7.ラリーの末、王一梅のクロスで5-8.TTO.
木村止められ5-9.ラリーを再び王一梅に制され5-10.
楊クン菁の速攻で5-11.山口ブロードで6-11.
山口のサーブが荒木の後頭部にヒットし6-12.中国もサーブミスで7-12.
ラリーは張磊に制され7-13.惠若決めて7-14.
王一梅の強烈なサーブに崩され、惠若のダイレクトで7-15.
木村のライト攻撃で8-15.惠若決めて8-16.TTO.
江畑決めて9-16.速攻決められ9-17.
山口のBがアウトで9-18.木村のバックセンターを止められ9-19.
ラリーを惠若に制され9-20.張磊サーブミスで10-20.2枚替え。
中道サーブミスで10-21.惠若もサーブミスで11-21.
木村の軟攻決まって12-21.ラリーは木村のスパイクミスで12-22.
惠若のバックセンターがアウトで13-22.ピンサ岩坂のエースで14-22.
楊クン菁のブロードで14-23.舞子決めて15-23.
速攻拾うも舞子ドリブルで15-24.新鍋決めて16-24.
最後はサーブミスで16-25.

▽第2セット
魏秋月のサーブでスタート。
魏秋月サーブミスで1-0.王一梅決めて1-1.
新鍋決めて2-1.中国の繋ぎのミスで3-1.
ラリーを江畑が制し4-1.張磊のセンター攻撃で4-2.
江畑シャットで4-3.荒木の縦Bで5-3.
ラリーを惠若に制され5-4.馬蘊文決めて5-5.
惠若のクロスで5-6.サーブカットが乱れすぎ!
張磊のサーブミスで6-6.張磊が男にしか見えない…。
王一梅のバックセンターで6-7.山口ブロードで7-7.
速攻拾うも、江畑へのトスが合わず7-8.TTO.
カット乱れるも、木村決めて8-8.速攻決められ8-9.
荒木のCワイドをシャットされ8-10.さらにスパイクミスで8-11.
ラリーを木村が制し9-11.竹下のエースで10-11.
楊クン菁のダイレクトで10-12.これがブロックに跳んだ荒木の顔面を直撃…って今日の荒木は災難続きだな。
王一梅のサーブミスで11-12.サーブで崩すも張磊が決めて11-13.
ラリーで新鍋がシャットされ11-14.ラリーを惠若に制され11-15.
楊クン菁のエースで11-16.TTO.
迫田決めて12-16.迫田いつの間に入ってたんだ?
馬蘊文のブロードで12-17.迫田決めて13-17.
攻撃拾うも繋ぎ切れず13-18.ラリーを王一梅に制され13-19.
サーブミスで14-19.迫田もサーブミスで14-20.
王一梅決めて14-21.迫田のバックセンターで15-21.
ピンサ岩坂のサーブで崩してチャンスボールを貰うも、迫田スパイクミスで15-22.
木村のフェイントで16-22.張磊がセンターに切り込み16-23.
今度は木村のセンターに切り込む攻撃で17-23.惠若のフェイントで17-24.
荒木の速攻がアウトで17-25.

▽第3セット
竹下のサーブでスタート。
荒木が下がって岩坂が入っている模様。
竹下のエースで1-0.木村の軟攻で2-0.
王一梅のスパイクミスで3-0.竹下サーブミスで3-1.
王一梅にフローターでエースを取られ3-2.次もエース(?)で3-3.
迫田(?)決めて4-3.惠若決めて4-4.
中国のタッチネットで5-4.王一梅のバックセンターで5-5.
ラリーは王一梅のスパイクミスで6-5.新鍋サーブミスで6-6.
王一梅決めて6-7.カット乱れるも、山口のセンター攻撃で7-7.
馬蘊文のブロードで7-8.TTO。
山口のブロードを止められ7-9.木村決めて8-9.
楊クン菁のブロードで8-10.王一梅のスパイクミスで9-10.
木村の軟攻で10-10.ラリーを木村が制し11-10.
楊クン菁のブロードで11-11.ラリーを惠若に制され11-12.
王一梅のカットミスがそのまま日本コートに落ち11-13.
新鍋止められ11-14.映像が止まっている間に12-15.
楊クン菁のサーブミスで13-15.張磊決めて13-16.TTO.
迫田決めて14-16.2枚替え。木村が惠若をシャットし15-16.
王一梅のバックフェイントで15-17.
迫田のライト攻撃をシャットされ15-18.
サーブのカットミスを押し込まれ15-19.王一梅のスパイクミスで16-19.
ツー攻撃を拾い、迫田のバックセンターで17-19.
サーブで崩すも、王一梅の強打で17-20.迫田のバックセンターで18-20.
中国の乱れたレシーブを舞子が押し込んで19-20.
楊クン菁のブロードで19-21.木村シャットで19-22.
迫田へのトスが合わず19-23.木村が2段を決めて20-23.
王一梅のミスで21-23.ラリーは新鍋のプッシュで22-23.
舞子サーブミスで22-24.こういうところでミスしちゃダメだわ…。
木村のライト攻撃で23-24.惠若をシャットし24-24.
ラリーは迫田が制し25-24.惠若決めて25-25.
迫田決めて26-25.ラリー中、日本の返球後になぜか日本に得点が入って27-25.
タッチネットかな?中国選手が相当不満そうに抗議するが覆らず。
日本からの返球がマーカー外ってアピールか、もしくはタッチネットなんかしてねええ!ってことなのかな。
あっさりスト負けだろうなぁと思ったらなんとか1セット取り返しました。

▽第4セット
魏秋月のサーブでスタート。
岩坂のBで1-0.木村のダイレクトで2-0.楊クン菁決めて2-1.
迫田シャットで2-2.王一梅のエースで2-3.
日本のスパイクミスで2-4.木村のライト攻撃で3-4.
フェイント拾い、木村のバックセンターで4-4.
岩坂(?)のブロックで5-4.木村のエースで6-4.
ラリーを木村のバックセンターで制し7-4.
ラリーは迫田のスパイクミスで7-5.これは勿体ない…。
カット乱れて迫田止められ7-6.再び迫田止められ7-7.江畑に交代。
岩坂へのトスが合わず7-8.TTO。せっかくいい流れだったのに。
江畑もスパイクミスで7-9.中国のタッチネット(?)で8-9.
惠若決めて8-10.ラリーを新鍋が制し9-10.
馬蘊文のブロードで9-11.山口ブロードで10-11.
王一梅決めて10-12.再び山口ブロードで11-12.
王一梅決めて11-13.文字入力にアップアップしてるうちに連続失点で11-15.
木村決めて12-15.王一梅がブロックを弾き飛ばし12-16.TTO.
新鍋ドシャットで12-17.岩坂Aで13-17.
張磊のライト攻撃で13-18.木村のバックセンターをシャットされ13-19.
中国からの返球がコート真ん中に落ち13-20.
ラリーを江畑が制し14-20.馬蘊文のブロードで14-21.
山口のCは完全に読まれ14-22.江畑決めて15-22.2枚替え。
ラリーを舞子が制し16-22.張磊が下がって陳麗怡が入っている模様。
ブロードを拾い、木村のバックセンターで17-22.
惠若決めて17-23.舞子スパイクミスで17-24.
カット乱れ、最後もスパイクミスで17-25.

▼決勝戦
日本 1 - 3 中国
( 16-25   17-25   27-25   17-25


中国が3大会ぶりの金メダルを獲得。
敗れた日本は前回大会より1つ順位を上げたものの、2大会ぶりの優勝とはなりませんでした。

▼3位決定戦
韓国 3 - 2 タイ
( 22-25   26-24   23-25   27-25   15-13 )


激闘となった3位決定戦は、韓国がタイを振り切って銅メダルを獲得。
スコアを見ての通り、ほぼ全セット最少得点差の戦いでした。
タイは第4セットでマッチポイントを握りながらも、連続失点で逆転されていたので勿体なかったです。
韓国がアジア選手権でメダルを手にするのは、2003年大会以来8年ぶり。

★9/23 全試合結果
▼決勝
中国 3-1 日本 (25-16 25-17 25-27 25-17)

▼3位-4位決定戦
韓国 3-2 タイ (22-25 26-24 23-25 27-25 15-13)

▼5位-6位決定戦
北朝鮮 1-3 チャイニーズ・タイペイ (25-17 17-25 20-25 18-25)

▼7位-8位決定戦
ベトナム 3-1 イラン (25-14 25-23 18-25 25-11)

▼第16回 バレーボールアジア選手権 女子 最終順位
※カッコ内は前回順位
*1位 中国 (2)
*2位 日本 (3)
*3位 韓国 (4)
*4位 タイ (1)
*5位 チャイニーズ・タイペイ (6)
*6位 北朝鮮 (-)
*7位 ベトナム (7)
*8位 イラン (8)
*9位 カザフスタン (5)
10位 オーストラリア (9)
11位 スリランカ (14)
12位 インド (11)
13位 インドネシア 13)
14位 トルクメニスタン (-)

▼各賞受賞者
ベストスコアラー賞:キム・ヨンギョン(KOR)
ベストスパイカー賞:キム・ヨンギョン(KOR)
ベストブロッカー賞:楊クン菁(CHN)
ベストサーバー賞:王一梅(CHN)
ベストセッター賞:竹下佳江(JPN)
ベストリベロ賞:ナム・ジヨン(KOR)
MVP:王一梅(CHN)

ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonking.blog2.fc2.com/tb.php/1108-44f575df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

# 2016-2017 シーズン

▼国別対抗戦
男子SP/女子SP/アイスダンスSD
男子FS/ペアSP/アイスダンスFD
女子FS/ペアFS

▼世界選手権
 男子結果   女子結果

▼四大陸選手権
 男子結果   女子結果

▼全日本選手権
 男子結果   女子結果

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 スケート・アメリカ
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 ロステレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 フランス杯
 男子結果   女子結果

 ▽第5戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第6戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

 ▽グランプリファイナル
 男子結果   女子結果

▼ジャパンオープン
 結果

■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索