フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonking.blog2.fc2.com/tb.php/1218-9c988854
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# 2012 フィギュアスケート世界選手権 男子FS・最終結果

◆2012 世界フィギュアスケート選手権大会
◇男子 フリー・スケーティング/最終順位
■プロトコル (pdf)   ■競技結果
----------------------------------------------------------
 266.11 FS=176.70 パトリック・チャン(CAN)
 259.66 FS=173.94 高橋 大輔(JPN)
 251.06 FS=173.99 羽生 結弦(JPN)
----------------------------------------------------------
*4位 244.58 FS=161.11 ブライアン・ジュベール(FRA)
*5位 243.03 FS=163.07 フローラン・アモディオ(FRA)
*6位 239.55 FS=151.88 ミハル・ブレジナ(CZE)
*7位 229.70 FS=153.70 デニス・テン(KAZ)
*8位 226.19 FS=151.34 ジェレミー・アボット(USA)
*9位 225.87 FS=144.00 ハビエル・フェルナンデス(ESP)
10位 224.89 FS=151.34 サミュエル・コンテスティ(ITA)
----------------------------------------------------------
11位 218.63 FS=146.85 小塚 崇彦(JPN)
12位 217.20 FS=144.25 ケビン・レイノルズ(CAN)
13位 216.63 FS=143.08 アダム・リッポン(USA)
14位 216.33 FS=146.75 宋 楠(CHN)
15位 214.04 FS=147.66 ケビン・バンデルペレン(BEL)
16位 210.66 FS=140.28 トマシュ・ベルネル(CZE)
17位 210.04 FS=143.23 セルゲイ・ボロノフ(RUS)
18位 205.06 FS=136.56 アルトゥール・ガチンスキー(RUS)

高橋大輔 銀メダル!
羽生結弦 銅メダル!


フィギュアスケートの世界選手権は男子フリーを終え、カナダのパトリック・チャンが連覇達成。
SP3位の高橋大輔が順位を上げて銀メダルを獲得し、SP7位スタートの羽生結弦が見事銅メダルを獲得しました!
日本勢の上位二人の高順位により、来季の出場枠も最大の3枠を確保しています。

金メダル パトリック・チャン(CAN)
【ジャンプ構成*4T/4T+3T/3A/3Lz+1Lo+2S/3Lo/3F/3Lz/1A】
前半のジャンプは完璧でしたが、フライング足替えスピンは乱れてレベル1判定。
後半はハーフループを挟む3連続でミス。最後のアクセルは回転できずに無得点。(プロトコル上は1Aのダウングレードと表記)
…これでフリー1位ですか??PCSも断トツとかありえねー。
はいはい、連覇乙。

銀メダル 高橋 大輔(JPN)
【ジャンプ構成*4T/3A/3S/3A+3T/3F+2T/3Lo/3Lz+2T+2Lo/3F】
最初の4回転を含め、見た目ノーミスのクリーン演技でした!
スピンもステップもオールレベル4を獲得です。しかし最後の3Fが回転不足(UR)なんですね…これはややキツい判定な気が。
正直得点はもっと出ると思って見ていたので、ちょっと「う~ん」って感じ。本当にいい演技だったのになぁ。 ってか、チャンのPCSが9点台に乗るのに大輔選手が全部8点台ってのは不当としか言えないですね。
銀メダルはおめでたいですが…、私は真の優勝者は高橋大輔だと思います。

銅メダル 羽生 結弦(JPN)
【ジャンプ構成*4T/3A/3F/3Lz+2T/3A+3T/3Lz+2T+2T/3Lo/3S】
神演技きた…!すっげぇー、カッコ良すぎるぜ結弦…!
阿部コーチも泣いてたねぇ、ホントによく頑張りました。感動した!!
技術点が驚異の91.99と、全選手中最高の得点を記録。演技構成点も5項目全てで8点台に乗っています。 フリーの173.99、総合得点251.06はもちろん自己ベストです。
総合の250点というのは一つの目標だったと思うけど、シーズンの集大成に見事達成しました。 これでまだまだ進化過程なんだもんねぇ、今後がますます楽しみです。 PCSの評価も上がってきたら、フリーの180点突破も全然夢じゃありませんね。
本当にお疲れ様、感動をありがとう。そして…銅メダルおめでとう!!

4位 ブライアン・ジュベール(FRA)
【ジャンプ構成*4T/3S/3A+3T/3A/3S+2T/3Lo/3Lz/3F+2A+SEQ】
ジュベールも素晴らしいノーミス演技を披露してくれました。
細かいところを指摘すると、後半の3Loで回転不足(UR)を取られており、最後のフリップはe判定です。 スピンではレベル1と2がそれぞれ1つずつあり、 こうしたところが期待ほどの点数にならなかった要因かなぁと思います。
それでも久しぶりに輝いたジュベールを見れた気がしてなんだか嬉しかったです。

5位 フローラン・アモーディオ(FRA)
【ジャンプ構成*4S/3A+2T/3A/3Lz+2T+2T/3S+3T/2Lz/3F/2A】
最初の4Sは手をつきそうになりながらも成功。ジャンプの大きなミスは2Lzのみですが、 3Fは相変わらずe判定を食らってます。
パーフェクトではなかったですが、彼にとっても間違いなく今季一のフリー演技だったのではないでしょうか。 シーズン前半は苦しかったですが、よくここまで状態を上げたと思います。

6位 ミハル・ブレジナ(CZE)
【ジャンプ構成*3A/4T/4S/3A+3T/3F+2T/3Lo/3Lz/3S+2T】
残念ながら今年もメダルには届きませんでした。
最初の3Aは完璧に決めるも、続く4Tは転倒。4Sも着氷が乱れて手を付いてしまいました。
このあとは大きなミスは無かったと思いますが、 やや着氷の乱れるジャンプがいくつかあり点数を伸ばすことはできませんでした。

7位 デニス・テン(KAZ)
【ジャンプ構成*4T/3A/3A+2T/3Lo/3Lz+1Lo+3S/3Lo+2T/2F/2A】
冒頭の4回転は完璧に成功。高さ・回転の速さ・着氷の綺麗さ、どれをとっても今季一番の4回転だったと思います。 跳んだ瞬間に「おっ、これはいったな!」と思いました。GOEで+2の加点付き。
続く3Aは着氷が乱れて大きく減点されましたが、次の3A+2Tは決めています。 まぁ、本来ならここは3A+3Tだったのかなぁ。
後半の3連続ジャンプではハーフループと3Sで回転不足(UR)を取られ、3Fは2回転になりました。
それでも大幅に点を引かれるようなミスは最小限に抑えられたことで、得点はパーソナルベストを更新です。

8位 ジェレミー・アボット(USA)
【ジャンプ構成*4T/3A+2T/3F/3A/3Lz+3T/1Lo/3Lz/3S】
大きなミスは後半のループが1回転になったくらいですが、全体的に着氷の乱れたジャンプが多く見られました。 表現力の豊かさやスケーティングの綺麗さはさすがですね…、これがクリーンだったら鳥肌ものなんだろうなぁ。

9位 ハビエル・フェルナンデス(ESP)
【ジャンプ構成*4T/4S/3A/3A+3T/2Lz/3S+2T/2F+2T+2Lo/2Lo】
冒頭の4Tは鮮やかに成功させ、続く4Sは着氷が乱れながらも何とか堪えました。3Aは軸が斜めになり転倒です。
後半最初の3A+3Tはセカンドが回転不足(UR)となり、そのあとは2回転ジャンプを連発するなどミスが重なりました。
メダルを狙える位置で迎えたフリーは14位に終わり、総合でも9位まで順位を下げてしまいました。

11位 小塚 崇彦(JPN)
【ジャンプ構成*2T/4T+2T/3A/3A+2T+2Lo/2F/3Lo/3S/3Lz+3T】
最初の4回転は2回転でバラけてしまいましたが、2つ目の4回転は着氷が乱れたものの意地で着氷しました。 3Aはお手つきとなり減点となっています。
後半1本目の3A+2T+2Loは決まりましたが、フリップが2回転になるミスがあったのと、最後の3+3コンボのセカンドが回転不足(UR)の判定になっています。 スピンとステップは全てレベル4を獲得しました。
今シーズンはなかなか納得の演技が出来ないまま世界選手権を終えることになりましたが、また来シーズンに良い演技が見られることを期待します。

12位 ケビン・レイノルズ(CAN)
【ジャンプ構成*4S/2T/3A/3Lo/4T+2T/2A+3T/3Lz/3S+3T+2Lo】
最初の4Sは成功するも、続く4Tは2回転に。4Loは跳ばすにトリプルとしました。
後半の1本目は本来3F+3T+3Loだったと思いますが、ここに4T+2Tのコンビネーションを跳びました。 序盤の4Tの失敗や、前のジャンプで3Loを使った影響もあるかと思いますが、後半に4回転を持って来るとは凄いですね。
レイノルズのプログラムは高難度技が沢山見れるので見ごたえがありますよねー。

13位 アダム・リッポン(USA)
【ジャンプ構成*4S/3A+SEQ/3Lo/3A/3F+3T/3Lz+1Lo+3S/3Lz/2A】
冒頭の4Sは回転不足(DG)で転倒。3Aは2本とも軸がぶれて着氷が乱れました。 後半の3F+3Tはダイナミックで綺麗でしたね。リッポンルッツも今日は無事着氷。スピンステップはオールレベル4です。
アボットとの合計順位が21なので、アメリカの枠は来季も2のままとなりました。

16位 トマシュ・ベルネル(CZE)
【ジャンプ構成*3T/3Lz/3A/3A+SEQ/3Lo/3Lz+2T/3F/3S】
4回転は回避したのか、最初のジャンプは3Tでした。
最大の得点源となるべき後半の3Aが単発でシークエンス扱いになり、得点はイマイチ伸ばすことができませんでした。

18位 アルトゥール・ガチンスキー(RUS)
【ジャンプ構成*4T/4T+SEQ/3A+2T+2Lo/3A/2Lz/3S/3Lo/2A+2A+SEQ】
冒頭の4Tは回転不足(UR)で転倒。続く4Tは回転自体は足りていたものの再び転倒しコンビネーションになりませんでした。 大きな得点源2つでのミスは非常に大きく、今年は総合18位に沈みました。
ボロノフとの合計順位が35位となってしまったため、来季のロシア男子の出場枠はまさかの1枠。 プルシェンコも復帰してくるでしょうし、来季はガチンスキーの出場すら危うい状況ですね…。


「最新!フィギュア・スケート・ミュージック 2011-2012」
2011-2012シーズンの最新プログラムナンバーを中心に全15曲を収録 ★ 発売日:2011/11/23 | キングレコード



* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル
* UR=アンダーローテッド(1/4以上1/2未満の回転不足)
* DG=ダウングレード(1/2以上の回転不足)
* TES=技術点/PCS=演技構成点


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonking.blog2.fc2.com/tb.php/1218-9c988854
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# カレンダー

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

# 2016-2017 シーズン

▼国別対抗戦
男子SP/女子SP/アイスダンスSD
男子FS/ペアSP/アイスダンスFD
女子FS/ペアFS

▼世界選手権
 男子結果   女子結果

▼四大陸選手権
 男子結果   女子結果

▼全日本選手権
 男子結果   女子結果

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 スケート・アメリカ
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 ロステレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 フランス杯
 男子結果   女子結果

 ▽第5戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第6戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

 ▽グランプリファイナル
 男子結果   女子結果

▼ジャパンオープン
 結果

■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。