フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# フィギュアスケート グランプリシリーズ第1戦 アメリカ大会 男子SP・結果

◆2012-2013 フィギュアスケート グランプリシリーズ
◇第1戦 スケート・アメリカ 男子 ショート・プログラム
■プロトコル (pdf)
----------------------------------------------------------
*1位 95.07 羽生 結弦(JPN)
*2位 85.32 小塚 崇彦(JPN)
*3位 77.71 ジェレミー・アボット(USA)
----------------------------------------------------------
*4位 75.78 町田 樹(JPN)
*5位 73.32 コンスタンチン・メンショフ(RUS)
*6位 69.26 ミハル・ブレジナ(CZE)
*7位 68.27 アーミン・マーバヌーザデー(USA)
*8位 60.48 アレクサンドル・マヨロフ(SWE)
*9位 58.79 トマシュ・ベルネル(CZE)
10位 57.06 ダグラス・ラザノ(USA)

羽生 結弦 SP首位
世界最高得点


グランプリシリーズの開幕戦・スケートアメリカは男子のSPを終えて、羽生結弦選手が世界歴代最高得点で首位スタートを切りました。 2位に小塚崇彦選手が入り、町田樹選手も4位と好スタートになりました。

1位 羽生 結弦(JPN)
【ジャンプ構成*4T/3A/3Lz+3T】
こ、この得点は…!(;´∀`) 凄すぎる。
まず冒頭の4Tを鮮やかに決め、GOEでも+2.0の高い加点を獲得。
スピンを2つ挟み、演技後半に構成した3Aもきっちり決めました。 難しい入り方の3Aでしたが、幅も凄かったし綺麗でしたね。GOEでは+2.14の評価です。 さらに3Lz+3Tも問題なく決めて、最後までノーミスで滑り切りました。
演技構成点では軒並み8点台後半を揃え、中には9点台の評価を出しているジャッジもチラホラ見られます。

いやー、それにしても凄い得点…。自己ベストを一気に10点以上更新です。
今季からSPでも後半ジャンプの基礎点1.1倍ルールが適用されているため 昨シーズンまでの得点と単純比較はできませんが、仮に以前の採点方法だとしても90点は越えてますよね。
今回はシットスピンとステップがレベル3だったので、これが最高レベルになればさらに高得点だったわけで…。 SPの100点突破とか、そう遠くないうちに達成しちゃうのでは…。
フリーでは4Tと4Sを含んだ構成になっていて、先日のフィンランディア杯では両方決めて170越えの得点を記録していましたが… 果たして今回はどうなるか、フリーも大いに期待ですね。

2位 小塚 崇彦(JPN)
【ジャンプ構成*4T/3A/3Lz+3T】
冒頭の4Tは無事に着氷。ほんの少し着氷が乱れたためGOEはマイナスでしたが、回転もOKなので大きく点を失うようなことはありませんでした。 このジャンプに-3出してるジャッジとかさぁ、どう考えてもおかしいでしょ?どこ見てるの?
スピンを2つ挟み、小塚君も3Aと3Lz+3Tのコンボを後半に配置し見事成功させました。
スピンはオールレベル3, ステップがレベル2だったのは惜しいところですが、 去年はSPでガッツポーズするような演技がほぼ無かったので、まずはいいスタートが切れて何よりです。
まぁでも…PB出して羽生君に10点差を付けられるとは思ってなかっただろうな~…。

3位 ジェレミー・アボット(USA)
【ジャンプ構成*4T/3Lz+3T/3A】
最初の4Tは回転不足(UR)で転倒。他のジャンプは着氷しましたが、 スピンやステップがレベル2か3に留まるなど、技術点を思うように稼げていません。 アボットは4回転の成功率が高いとは言えないので、SPから入れるのは結構博打かも。

4位 町田 樹(JPN)
【ジャンプ構成*3A/3F+3T/3Lz】
今年もランビエール振付のプログラムです。
冒頭の3Aは高さもあり余裕の着氷でGOE+2.0の高い加点を得ました。
3F+3Tも決まりましたが、エッジエラーで僅かに減点されています。 後半に配置した3Lzも成功し、最後までノーミスの演技を披露してくれました。
スピンはオールレベル3で、ステップはレベル2の評価です。 ステップの評価を確認してみると、ほとんどの選手がレベル2の評価になっているのですが、 レベルを取るのが難しくなったのでしょうか?今回の判定が辛いだけなのかな?毎年のようにちょこちょこルール改正があるのでよく分からないですね。
町田君は表彰台圏内まで2点ほど。相手がアボットなのでなかなか厳しいところはありますが、 GPシリーズ初の表彰台を目指してフリーも頑張ってもらいたいです。

5位 コンスタンチン・メンショフ(RUS)
【ジャンプ構成*3A/4T+3T/2Lz】
冒頭で3A, お次は4T+3Tを決めましたが、3Lzがダブルになるミスが出てしまいました。
アクセルや4+3をあれだけ余裕で決めているのにここでミスするか~って感じでちょっと勿体ないですね。
さらにタイムオーバーでもマイナス1が付いています。

6位 ミハル・ブレジナ(CZE)
【ジャンプ構成*4S/3A/1F+3T】
4Sは回転自体はOKながらも転倒。3Aは綺麗に決まりましたが、 後半の3+3コンボのファーストジャンプが1Fになり、無理やり3Tを付けるも転倒になりました。
大きな得点源で2つのミスが出てしまい、苦しいスタートです。

7位 アーミン・マーバヌーザデー(USA)
【ジャンプ構成*4T/3A/3Lz+3T】
ライサチェクの欠場により急遽出番が回ってきたアーミン君。
練習では4T+3Tを決めていたということですが、本番では回転不足(UR)で転倒となってしまいました。続く3A以降は見た目ノーミスで滑り切りましたが、 3Lz+3Tのセカンドジャンプが回転不足(UR)の判定になっています。
アメリカの男子もこれから新星が上に上がってきそうだし、アーミン君もフリーで巻き返して存在感を示したいですね~。

9位 トマシュ・ベルネル(CZE)
【ジャンプ構成*4T/3A/1Lz+COMBO】
4Tはツーフット着氷となり減点。回転も足りておらずアンダーローテーションになっています。 3Aは決めますが、後半の3+3コンボが1Lzにすっぽ抜け大きく点数を失いました。 スピンやステップでもあまりレベルを取れておらず、厳しいスタートになりました。

2012-2013 グランプリシリーズ 大会別出場予定選手一覧


* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル
* UR=アンダーローテッド(1/4以上1/2未満の回転不足)
* DG=ダウングレード(1/2以上の回転不足)
* TES=技術点/PCS=演技構成点


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonking.blog2.fc2.com/tb.php/1311-27b43917
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# カレンダー

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

# 2016-2017 シーズン

▼国別対抗戦
男子SP/女子SP/アイスダンスSD
男子FS/ペアSP/アイスダンスFD
女子FS/ペアFS

▼世界選手権
 男子結果   女子結果

▼四大陸選手権
 男子結果   女子結果

▼全日本選手権
 男子結果   女子結果

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 スケート・アメリカ
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 ロステレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 フランス杯
 男子結果   女子結果

 ▽第5戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第6戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

 ▽グランプリファイナル
 男子結果   女子結果

▼ジャパンオープン
 結果

■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索