フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# フィギュアスケート グランプリシリーズ第1戦 アメリカ大会 男子FS・最終結果

◆2012-2013 フィギュアスケート グランプリシリーズ
◇第1戦 スケート・アメリカ 男子 フリー・スケーティング/最終順位
■プロトコル (pdf)   ■競技結果
----------------------------------------------------------
*1位 251.44 FS=166.12 小塚 崇彦(JPN)
*2位 243.74 FS=148.67 羽生 結弦(JPN)
*3位 229.95 FS=154.17 町田 樹(JPN)
----------------------------------------------------------
*4位 212.53 FS=139.21 コンスタンチン・メンショフ(RUS)
*5位 211.35 FS=133.64 ジェレミー・アボット(USA)
*6位 209.67 FS=140.41 ミハル・ブレジナ(CZE)
*7位 203.65 FS=135.38 アーミン・マーバヌーザデー(USA)
*8位 197.36 FS=138.57 トマシュ・ベルネル(CZE)
*9位 187.73 FS=130.67 ダグラス・ラザノ(USA)
10位 182.42 FS=121.94 アレクサンドル・マヨロフ(SWE)

小塚崇彦 逆転優勝
羽生2位 町田3位


グランプリシリーズの開幕戦・スケートアメリカは男子フリーを終え、SP2位の小塚崇彦が逆転優勝を飾りました。 SP首位の羽生結弦はフリーで崩れ2位。SP4位だった町田樹は順位を1つ上げ、グランプリシリーズ初となる表彰台を獲得しました。

優勝 小塚 崇彦(JPN)
【ジャンプ構成*4T/4T+2T/3A/3A+2T+2Lo/3F/3Lo/3Lz+2T/3S】
逆転優勝おめでとう~。小塚君の国際大会の優勝って久しぶりだよね。今年はいいスタートが切れて良かったと思います。 SPで10点差を付けられた時、流石に逆転優勝は…と思っていたのですが、よく頑張りました。
冒頭の4Tは成功。2つ目の4Tはツーフット気味になり回転不足(UR)の判定になりましたが、 2つとも着氷できたしこれから精度を上げていってくれればいいでしょう。
全体を通して大きく点を失うようなミスはほとんど無かったし、シーズン序盤としては十分に合格点なのではないでしょうか。 今季は大活躍を期待してもいいのかな?(笑)

2位 羽生 結弦(JPN)
【ジャンプ構成*4T/4S/3A/3A+3T/2Lz/3Lz/3Lo/3F】
世界最高得点から一転、フリーはほろ苦いものになってしまいました。
冒頭の4T,4Sは共に転倒。しかし回転自体は両方足りているので、4回転の基礎点は入っています。
3Aは2つとも問題なしで高い加点も得ていますが、2Lzがダブルになったり、3Fでも転倒するなどミスが目立ち、 コンビネーションジャンプも1つしか入りませんでした。
終盤は明らかに疲れが見え、コレオグラフィックシークエンスは規定の要素を満たしていなかったのか無得点に。 最後のコンビネーションスピンの時はフラフラになっていて、レベルも1となっています。
課題が沢山出たフリーとなりましたが、まぁこういう時もあるでしょう。 シーズン序盤から何もかも上手く行きすぎたら逆に怖いし…。この悔しさをバネに、次の試合頑張ってください。

3位 町田 樹(JPN)
【ジャンプ構成*3A/4T/3Lz+3T/3A+SEQ/3Lo/3Lz/3F+2T/3S】
フリーの得点&総合得点でも自己ベストを更新し、グランプリシリーズで初の表彰台を獲得です。 なかなかメダルには手が届かなかっただけに、本当に良かったと思います。 町田君の活躍もあって、日本選手で表彰台独占だもんね…こいつぁめでたい!
冒頭の3Aは鮮やかに決めてGOE+2.0の加点を獲得。4Tは転倒しましたが、回転自体は足りています。 後半1本目となる3Aは着氷が乱れてコンビネーションになりませんでしたが、 この後は崩れることなく最後まで演じ切りました。
PCSでは3項目で8点台出てますね。良い演技を続けていけばさらに評価は上がるだろうし、 2戦目も好演技を期待しています。

4位 コンスタンチン・メンショフ(RUS)
【ジャンプ構成*4T/4T+2T/2A/3Lz/3A+2T/2S/3Lo/3T】
SPの5位から一つ順位を上げました。
序盤の2つの4回転は余裕で決めていましたが、3Aと3Sが2回転になるミスが一つずつありました。
失礼な言い方をすると、メンショフはジャンプが軒並み汚いというか…決まっても綺麗ではないので加点も全然付かないんですよね… あれだけ4Tは上手なのに勿体ないなぁと思います。

5位 ジェレミー・アボット(USA)
【ジャンプ構成*3Lz/4T/3F/3A/3A+SEQ/2Lz+2T+2T/2Lo/2S】
冒頭で単独の3Lzを決め、2つめの要素で4Tを跳びましたが、回転不足(UR)で転倒となりました。 成功率が低い上に転倒や回転不足が重なることが多いので、確実性を取るなら入れないほうがいいと思うのですが、 男子のトップスケーターが4回転を回避するってのはもう許されない流れになってますし…厳しいですね。
今回のプログラムでは前半にコンビネーションジャンプを跳ばず、後半に集めて技術点を稼ぐ作戦のようですが、 その後半にミスが重なってしまました。3Aをほとんど間を入れずに2回跳ぶところは一つの見どころになっていますが、 一つ目は降りたものの、コンビネーションにするべき2つ目で転倒してしまいました。 これって、もし1つ目で転倒したらどう考えても2つ目のアクセルに挑めない感じがしますが、もしそうなったらどうするんでしょうね…?
この後も2回転ジャンプを連発するなど立て直すことができず、フリーの技術点は全選手中最下位となってしまいました。
最終順位が5位となってしまったので、次の試合でもし優勝してもファイナルに進出できない可能性が出てきました。

6位 ミハル・ブレジナ(CZE)
【ジャンプ構成*4S/3A/4S+SEQ/3A+2T/3F/3Lo/3Lz/3S+2T+2T】
冒頭の4Sは回転不足(DG)で転倒。単独の3Aを綺麗に決めたあとに再度4Sに挑むも再び回転不足(UR)で転倒となりました。 大きな得点源の4Sが両方失敗とはなってしまいましたが、それ以降はしっかり立て直し、最後までノーミスで滑り切りました。
それでも2回の4回転が両方回転不足の転倒でひとつはコンボ無し…というミスが大きく響き、 このミスだけでも点数的には25点以上失っているんじゃないかと思います。成功すれば大きいですが、やはりリスキーなものですね…。
最終順位が6位となったため、2年連続のファイナル進出は非常に難しくなりました。

7位 アーミン・マーバヌーザデー(USA)
【ジャンプ構成*4T/3A/3Lz+3T/3Lo/1A+3T/3Lz+1Lo+3S/1F/2A】
さぁこれから演技開始…と、カッコ良くポーズを決めるアーミン君。
しかし待てども待てども鳴らぬ音楽…ざわつく会場…ニヤつくアーミン(笑)
結局20秒も待たされた挙句、「Once again」のコール。盛り上がる会場…アーミン君は苦笑いするしかありません(笑)せっかく集中してたのに可愛そうに…ってことで仕切り直し。
このハプニングで緊張もほぐれて演技も順調に…と行けばよかったのですが、SPに続き冒頭の4Tは回転不足(UR)で転倒となります。このあと持ち直しつつありましたが、後半の3Aが1回転半に抜け、3Fも1回転になってしまうミスが出てしまいました。フリーでのPB更新はなりませんでした。残念。


第2戦・スケートカナダの出場予定選手(男子)は以下の通りです。

●第2戦 スケート・カナダ 10/26~10/28(カナダ/ウィンザー)
▽男子
パトリック・チャン(CAN)
リアム・フィルス(CAN)
エラッジ・バルデ(CAN)
フローラン・アモディオ(FRA)
無良 崇人(JPN)
織田 信成(JPN)
デニス・テン(KAZ)
アルトゥール・ガチンスキー(RUS)
ハビエル・フェルナンデス(ESP)
ロス・マイナー(USA)

第2戦には地元のチャンが登場です。ボロボロだったジャパンオープンからどこまで立て直しているでしょうか。 日本からは織田選手と無良選手が初戦を迎えます。織田君は有力なメダル候補ですが、 無良君も町田君の活躍に刺激を受けて頑張ってほしいですね。

2012-2013 グランプリシリーズ 大会別出場予定選手一覧


* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル
* UR=アンダーローテッド(1/4以上1/2未満の回転不足)
* DG=ダウングレード(1/2以上の回転不足)
* TES=技術点/PCS=演技構成点


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonking.blog2.fc2.com/tb.php/1313-aa58d86f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

# 2016-2017 シーズン

▼国別対抗戦
男子SP/女子SP/アイスダンスSD
男子FS/ペアSP/アイスダンスFD
女子FS/ペアFS

▼世界選手権
 男子結果   女子結果

▼四大陸選手権
 男子結果   女子結果

▼全日本選手権
 男子結果   女子結果

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 スケート・アメリカ
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 ロステレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 フランス杯
 男子結果   女子結果

 ▽第5戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第6戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

 ▽グランプリファイナル
 男子結果   女子結果

▼ジャパンオープン
 結果

■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索