フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# フィギュアスケート グランプリシリーズ第3戦 中国大会 男子FS・最終結果

◆2012-2013 フィギュアスケート グランプリシリーズ
◇第3戦 中国杯 男子 フリー・スケーティング/最終順位
■プロトコル (pdf)   ■競技結果
----------------------------------------------------------
*1位 236.92 FS=153.44 町田 樹(JPN)
*2位 231.75 FS=146.96 高橋 大輔(JPN)
*3位 217.61 FS=144.03 セルゲイ・ボロノフ(RUS)
----------------------------------------------------------
*4位 205.48 FS=133.67 アダム・リッポン(USA)
*5位 202.07 FS=132.20 ケビン・レイノルズ(CAN)
*6位 188.27 FS=131.02 王 一(CHN)
*7位 171.04 FS=115.07 関 金林(CHN)
*棄権 ---.-- FS=---.-- 宋 楠(CHN)
*棄権 ---.-- FS=---.-- ブライアン・ジュベール(FRA)

町田樹 逆転優勝!
ファイナル進出一番乗り


グランプリシリーズの第3戦・中国杯は男子フリーを終え、SP2位の町田樹が逆転優勝。 全選手中一番乗りで初のグランプリファイナルへの進出を決定させました。
SP首位の高橋大輔はフリーで崩れ、2位フィニッシュとなりました。

優勝 町田 樹(JPN)
【ジャンプ構成*3A/4T/3Lz+3T/3A+SEQ/3Lo/3Lz/3F+2T/3S】
初戦ではグランプリシリーズ初の表彰台に上がり、今回は初優勝をゲットです!
ただ、4Tの転倒と、後半3A+SEQのミスは前回と全く同じということで、本人も内容には納得していませんでしたね。
町田君は3位+1位で獲得ポイントが26Pとなり、初のグランプリファイナルへの進出も決定しました。 ここで更なる好演技を期待したいと思います!初優勝おめでとうございます。

町田君がファイナル行きを決めたことにより、今年は日本選手が4人ファイナルに行けるかもしれませんね~。 次戦で織田くんが優勝して小塚くんが2位などという事態が発生すれば、5人行ける可能性も…って、さすがにそれは出来すぎですね。 「全日本の最終グループ状態」のファイナルも見てみたい気はしますが・・・(笑)

2位 高橋 大輔(JPN)
【ジャンプ構成*4T/4T+1T/3A/3Lz+2T/3A+1T/3S/3Lo/3F】
冒頭の4回転はツーフット着氷となり、回転も足りておらずダウングレードになりました。 続いてもうひとつの4回転もツーフット着氷となり、何とか1Tを付けてSEQ扱いを免れました。 こちらの4回転も回転が足りておらず、アンダーローテーションの判定です。
後半は3Aがコンビネーションにならず、3Loでも転倒するなど課題の残る内容になってしまいました。 スピンやステップはオールレベル4を獲ってます。
大輔選手の2戦目は、最終戦となるNHK杯です。ここで2位以上(もしくは3位でもOKの可能性あり)でファイナル進出が決まります。
ジャンプの状態はこれから上がってくると思いますが、NHK杯は羽生くんをはじめPBの高い選手が複数出場するので、 ファイナルを確定させるのなら、状態を見極めて臨機応変な対応が必要になるかもしれません。

3位 セルゲイ・ボロノフ(RUS)
【ジャンプ構成*4T/3A/3A+2T/3T+2T/3F/2A+2T+2T/3Lo/3S】
前半は4回転と2種の3Aを予定通り決め、後半も3連続のセカンドが3回転にならなかった以外はほぼ完璧な内容でした。 グランプリシリーズでは2季ぶりとなるメダルを獲得です。

4位 アダム・リッポン(USA)
【ジャンプ構成*1A+2T/3S/3Lo/3A/3Lz+2T+2Lo/2Lz/2A/3F】
まだ4回転の調子が上がっていないのか、フリーも4回転抜きの構成でした。
冒頭のアクセルがすっぽ抜けるも、他はまずまず…といったところでしょうか。
リッポンもそろそろ一皮剥けたいよなぁ~…。

棄権 宋 楠(CHN)
【ジャンプ構成*-】
直前の練習中、リッポンと正面衝突してそのまま担架で運ばれるアクシデントが発生。
結果、顔面打撲でリンクに戻ることは出来ず、残念ながら棄権となりました。
あのアクシデントを目の当たりにした中国のファンは残念だったでしょうね…。
会場で6分間練習を見ていると、たまに紙一重な場面って結構見かけるんですけど、 スピードが出ている分、もろに当たってしまうとこういう事態が起こってしまうんですよね…。
宋楠選手が早期回復することをお祈りいたします。

なお、SP7位のブライアン・ジュベール選手は、腹痛や発熱などの体調不良ということで、こちらもフリーを棄権することになりました。


第4戦・ロス・テレコム杯の出場予定選手(男子)は以下の通りです。

●第4戦 ロス・テレコム杯 11/09~11/11(ロシア/モスクワ)
▽男子
パトリック・チャン(CAN)
ミハル・ブレジナ(CZE)
小塚 崇彦(JPN)
織田 信成(JPN)
デニス・テン(KAZ)
ジャン・ブッシュ(RUS)
アルトゥール・ガチンスキー(RUS)
コンスタンチン・メンショフ(RUS)
リチャード・ドーンブッシュ(USA)
ジョニー・ウィアー(USA)

日本からは、小塚崇彦選手と織田信成選手が出場予定。 両者ともファイナル行きが懸かります。
織田君は前回が3位なので、ここでファイナルを決めるなら優勝が条件になります。 チャンが出場することを考えると、優勝するには最低でもパーフェクトな演技が必要でしょう。
小塚君は初戦で優勝しているので、3位以上ならファイナル確定。4位でも高い確率で残れると思います。

2012-2013 グランプリシリーズ 大会別出場予定選手一覧


* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル
* UR=アンダーローテッド(1/4以上1/2未満の回転不足)
* DG=ダウングレード(1/2以上の回転不足)
* TES=技術点/PCS=演技構成点


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonking.blog2.fc2.com/tb.php/1323-4fa960d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# カレンダー

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

# 2016-2017 シーズン

▼国別対抗戦
男子SP/女子SP/アイスダンスSD
男子FS/ペアSP/アイスダンスFD
女子FS/ペアFS

▼世界選手権
 男子結果   女子結果

▼四大陸選手権
 男子結果   女子結果

▼全日本選手権
 男子結果   女子結果

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 スケート・アメリカ
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 ロステレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 フランス杯
 男子結果   女子結果

 ▽第5戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第6戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

 ▽グランプリファイナル
 男子結果   女子結果

▼ジャパンオープン
 結果

■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索