フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# フィギュアスケート グランプリシリーズ第4戦 ロシア大会 男子SP・結果

◆2012-2013 フィギュアスケート グランプリシリーズ
◇第4戦 ロス・テレコム杯 男子 ショート・プログラム
■プロトコル (pdf)
----------------------------------------------------------
*1位 85.44 パトリック・チャン(CAN)
*2位 76.73 コンスタンチン・メンショフ(RUS)
*3位 76.34 小塚 崇彦(JPN)
----------------------------------------------------------
*4位 74.50 ジャン・ブッシュ(RUS)
*5位 74.07 アルトゥール・ガチンスキー(RUS)
*6位 73.83 ミハル・ブレジナ(CZE)
*7位 67.44 リチャード・ドーンブッシュ(USA)
*8位 63.18 織田 信成(JPN)
*9位 59.42 デニス・テン(KAZ)
10位 57.47 ジョニー・ウィアー(USA)

チャン SP首位
小塚崇彦 3位


グランプリシリーズの第4戦・ロス・テレコム杯は男子のSPを終え、カナダのパトリック・チャンが首位スタート。 日本の小塚崇彦は3位, 織田信成は大きなミスが重なり8位スタートとなりました。

1位 パトリック・チャン(CAN)
【ジャンプ構成*4T+1T/3A/3Lz】
冒頭の4回転、着氷には成功しましたがコンビネーションが1Tになり、 「2回転以上」という規定を満たしていないのでGOEは強制-3です。 ここで慌てて1Tを付けるくらいなら後半の3Lzを3+3コンボにすれば良かったのですが… なかなか咄嗟の判断は難しいのでしょう。
チャンとしては珍しく、スピンとステップで一つしかレベル4を獲れませんでした。

2位 コンスタンチン・メンショフ(RUS)
【ジャンプ構成*3A/4T+3T/3Lz】
冒頭の3Aを荒々しく決めて、お次は4T+3Tのコンビネーションを鮮やかに着氷しました。 4回転の安定感はピカイチですね。得点は自己ベストを更新です。

3位 小塚 崇彦(JPN)
【ジャンプ構成*4T/3A/3Lz+3T】
最初の4Tはツーフット着氷となり、回転不足(UR)も合わさって大きく点を落としました。
3Aもお手つきで減点されましたが、3Lz+3Tのコンビネーションは無事綺麗に決まっています。
小塚君は台乗りでファイナルが確定するので、よほどフリーで崩れなければ大丈夫なハズですが、 できれば80点台に乗せてもう少し下位の選手と得点差を付けたかったですね…。

4位 ジャン・ブッシュ(RUS)
【ジャンプ構成*3A/4T+2T/3Lz】
ノーミスのクリーン演技です。4回転も綺麗に決まっていたし、 強いて言えばコンビネーションの3回転も狙えたんじゃないかな~という点くらいかな。 スピンやステップは全てレベル3を獲得です。

5位 アルトゥール・ガチンスキー(RUS)
【ジャンプ構成*4T/3A/3Lz+2T】
4回転は跳んだ瞬間から軸が斜めになり激しく転倒。 3Aは何とか堪え、3Lzに2Tを付けてコンビネーションにしました。
そこそこに纏められれば高得点が期待できるのですが、どうしても大きいミスが出てしまいますねー。

6位 ミハル・ブレジナ(CZE)
【ジャンプ構成*2S/3F+3T/3A】
冒頭の4Sが2回転でバラけてしまいましたが、他はほぼ完ぺきに決めています。
しかし、4Sの基礎点が10.5で、それが2Sになって減点MAXだと0.7…。回転抜けだけは避けたいところです。

7位 リチャード・ドーンブッシュ(USA)
【ジャンプ構成*4T/3A/2Lz+COMBO】
4Tは綺麗に成功するも、3Aがお手つきになって、後半3+3にしたかったところが単独の2Lzでパンク…。 痛い出遅れにはなりましたが、フリーで170点前後の得点を出せる実力があることはフィンランディア杯で証明済みなので、 まだ上位に食い込めるチャンスはあると思います。

8位 織田 信成(JPN)
【ジャンプ構成*3T+3T/1A/3F】
冒頭のジャンプは4回転にならず、3T+3Tのコンビネーションに。
さらに3Aが1回転半になるミスも重なり、スピンやステップでもあまり高いレベルを獲れませんでした。
演技前から相当な緊張感が伝わってきましたが、ファイナルを決めるには優勝しかない上、 ミスが許されないというプレッシャーに押し潰されてしまった感があります。
これだけの点差が付くと、フリーがパーフェクトでも優勝は難しいと思いますが、 シーズンはこれからも続くわけですし、この後に繋がるような内容にしてもらいたいと思います。

9位 デニス・テン(KAZ)
【ジャンプ構成*4T/3A/2F+3T】
冒頭の4Tは回転不足(UR)で転倒。完全に軸が外れちゃいました。
3Aも回転不足(UR)で転倒し、後半の3+3コンボは2+3に…。 全てのジャンプが失敗で減点もMAXということで、見るのも辛い点数になってしまっています。

10位 ジョニー・ウィアー(USA)
【ジャンプ構成*4T/3A/3Lz+2T】
4Tは回転不足(DG)で転倒。3Aはツーフット。コンビネーションジャンプは2+2になっています。 スピンやステップでもレベル2止まりが目立ち、得点は伸びませんでした。


2012-2013 グランプリシリーズ 大会別出場予定選手一覧


* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル
* UR=アンダーローテッド(1/4以上1/2未満の回転不足)
* DG=ダウングレード(1/2以上の回転不足)
* TES=技術点/PCS=演技構成点


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonking.blog2.fc2.com/tb.php/1326-68d38219
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# カレンダー

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

# 2016-2017 シーズン

▼国別対抗戦
男子SP/女子SP/アイスダンスSD
男子FS/ペアSP/アイスダンスFD
女子FS/ペアFS

▼世界選手権
 男子結果   女子結果

▼四大陸選手権
 男子結果   女子結果

▼全日本選手権
 男子結果   女子結果

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 スケート・アメリカ
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 ロステレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 フランス杯
 男子結果   女子結果

 ▽第5戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第6戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

 ▽グランプリファイナル
 男子結果   女子結果

▼ジャパンオープン
 結果

■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索