フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# フィギュアスケート グランプリシリーズ第4戦 ロシア大会 男子FS・最終結果

◆2012-2013 フィギュアスケート グランプリシリーズ
◇第4戦 ロス・テレコム杯 男子 フリー・スケーティング/最終順位
■プロトコル (pdf)   ■競技結果
----------------------------------------------------------
*1位 262.35 FS=176.91 パトリック・チャン(CAN)
*2位 229.99 FS=153.65 小塚 崇彦(JPN)
*3位 224.56 FS=150.73 ミハル・ブレジナ(CZE)
----------------------------------------------------------
*4位 223.72 FS=146.99 コンスタンチン・メンショフ(RUS)
*5位 217.92 FS=154.74 織田 信成(JPN)
*6位 210.89 FS=143.45 リチャード・ドーンブッシュ(USA)
*7位 209.84 FS=135.77 アルトゥール・ガチンスキー(RUS)
*8位 199.37 FS=124.87 ジャン・ブッシュ(RUS)
*9位 177.77 FS=118.35 デニス・テン(KAZ)
棄権 ---.-- FS=---.-- ジョニー・ウィアー(USA)

チャン 優勝 小塚崇彦 2位
共にファイナル確定


グランプリシリーズの第4戦・ロス・テレコム杯は男子フリーを終え、カナダのパトリック・チャンが優勝しました。 日本の小塚崇彦は2位となり、2季ぶりのグランプリファイナル進出を決めました。

優勝 パトリック・チャン(CAN)
【ジャンプ構成*4T+3T/4T/3Lz/2A/2Lo/3Lz+2T/3F+1Lo+2S/2A】
前半は2つの4回転を含め完璧な内容で、4回転にはいずれも2点を超える高い加点が付きました。
後半は3回転の予定が2回転になるジャンプがいくつかありましたが、着氷自体が乱れたり転倒するようなシーンはありませんでした。 ファイブコンポーネンツは全て9点台。10点満点を出しているジャッジもいるなど…まぁ、凄いことになってますね。
しっかし…2A/2Lo/2Tが全部3回転で決まってたら一体どうなっていたことやら…。
この優勝でチャンはファイナル進出が決定です。

2位 小塚 崇彦(JPN)
【ジャンプ構成*4T/4T+SEQ/3A/3A+2T+2Lo/3F/3Lo/3Lz+3T/3S】
序盤の2つの4回転は両方ツーフットで回転不足(UR)となり、コンビネーションにする必要があった2つ目の4Tは転倒でした。
しかしこの後は大きなミスなく踏ん張り、ほぼノーミスにまとめました。
ファイブコンポーネンツは2項目で8点台を記録し、3項目は7点台後半です。
4回転の失敗を引きずるようなことがあれば危なかったですが、なんとか2位を獲り2シーズンぶりのファイナル進出を決めました。 ファイナルに向け、4回転の状態を上げていきたいですね。

3位 ミハル・ブレジナ(CZE)
【ジャンプ構成*4S/3A/2S/3A+3T/3F/3Lo/3Lz/3S+2T+1T】
2つの4Sは、片方が転倒, もう片方は2Sに抜けました。
しかしそれ以外の要素で大きなミスをしなかったため、得点は150点台に乗せてきました。
SPから順位を上げて銅メダル獲得です。

4位 コンスタンチン・メンショフ(RUS)
【ジャンプ構成*4T/3T+2T/3A/3Lz/3A+2T/3S/3Lo+2T+2T/2T】
多少着氷の乱れたジャンプはあれど、よく踏ん張ったと思います。
ただ、鉄壁の4回転がひとつ3回転で抜けてしまったのが悔やまれます。
あれが決まっていればグランプリ初のメダルは間違いなかったことでしょう。

5位 織田 信成(JPN)
【ジャンプ構成*4T/3A/3A+2T/3Lz+3T/3F+2T+2Lo/3Lo/3S/3F】
冒頭の4回転は転倒になりましたが、それ以降は大きなミスのないクリーン演技でした。
細かいところでは、3Sの回転不足(UR)と最後のコンビネーションスピンでレベルを取りこぼしがあったようです。
しかし、SPのミスを引きずることがなく、次に繋がる演技になったと思います。
フリーは全体の2位と健闘し、総合5位まで順位を上げました。

7位 アルトゥール・ガチンスキー(RUS)
【ジャンプ構成*4T/4T+SEQ/3A/3A+2T/1Lz/3Lo/2S/2A+2A+SEQ】
2つの4Tは両方とも手を付くような着氷となり、コンビネーションにできませんでした。
このあと2つの3Aは決まりましたが、後半にもルッツが1回転になったり、3Sが2回転になるミスが見られ、 今回も本来の演技には程遠い内容になってしまいました。

9位 デニス・テンー(KAZ)
【ジャンプ構成*1T/2T/3A/3Lz/3F/3Lo/3F+SEQ/2T】
冒頭の4Tはタイミングが合わず1回転に。2つ目の4Tも2回転で抜けてしまいました。
後半もジャンプの着氷が乱れるシーンがあり、コンビネーションはひとつも入りませんでした。 この大会は随分調子が悪いですね…大丈夫かな。


第5戦・エリック杯の出場予定選手(男子)は以下の通りです。

●第5戦 エリック・ボンパール杯 11/16~11/18(フランス/パリ)
▽男子
ヨリック・ヘンドリックス(BEL)
関 金林(CHN)
宋 楠(CHN)
トマシュ・ベルネル(CZE)
フローラン・アモディオ(FRA)
シャフィック・ベセギエ(FRA)
ブライアン・ジュベール(FRA)
無良 崇人(JPN)
ジェレミー・アボット(USA)
ジョニー・ウィアー(USA)

この大会に日本から出場するのは無良崇人選手ただ一人です。
前回上手く行かなかった部分を修正して、悔いが残らない試合にしてほしいと思います。
このメンバーだとアボットが優勝候補の筆頭に来るとは思いますが、 初戦を見る限りではかなり不安もありそうなので、誰が表彰台の中央に立つのか予想がつかないです(^^ゞ;

2012-2013 グランプリシリーズ 大会別出場予定選手一覧


* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル
* UR=アンダーローテッド(1/4以上1/2未満の回転不足)
* DG=ダウングレード(1/2以上の回転不足)
* TES=技術点/PCS=演技構成点


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonking.blog2.fc2.com/tb.php/1328-5b3e0d09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

# 2016-2017 シーズン

▼国別対抗戦
男子SP/女子SP/アイスダンスSD
男子FS/ペアSP/アイスダンスFD
女子FS/ペアFS

▼世界選手権
 男子結果   女子結果

▼四大陸選手権
 男子結果   女子結果

▼全日本選手権
 男子結果   女子結果

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 スケート・アメリカ
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 ロステレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 フランス杯
 男子結果   女子結果

 ▽第5戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第6戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

 ▽グランプリファイナル
 男子結果   女子結果

▼ジャパンオープン
 結果

■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索