フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# 2012 フィギュアスケート グランプリファイナル 男子FS・最終結果

◆2012-2013 フィギュアスケート グランプリファイナル
◇男子 フリー・スケーティング/最終順位
■プロトコル (pdf)   ■競技結果
----------------------------------------------------------
*1位 269.40 FS=177.11 高橋 大輔(JPN)
*2位 264.29 FS=177.12 羽生 結弦(JPN)
*3位 258.66 FS=169.39 パトリック・チャン(CAN)
----------------------------------------------------------
*4位 258.62 FS=178.43 ハビエル・フェルナンデス(ESP)
*5位 253.27 FS=166.88 小塚 崇彦(JPN)
*6位 198.63 FS=128.05 町田 樹(JPN)
----------------------------------------------------------

高橋大輔 初優勝!
日本男子史上初 ファイナル制覇!


フィギュアスケートのグランプリファイナルは男子フリーを終え、高橋大輔が首位を守り初優勝。日本男子史上初のグランプリファイナル初制覇を果たしました。 SP3位の羽生結弦は順位をひとつ上げ、ファイナル2度目の挑戦で初めてのメダルを獲得です。

優勝 高橋 大輔(JPN)
【ジャンプ構成*4T/4T+3T/3A/3A+2T/3Lo/3S/3Lz+2T+2Lo/3F】
最初の4Tはしっかり回りましたが、ランディングでエッジが引っかかり転倒。
続いて2本目の4Tはきっちり降りて、3Tのコンビネーションを付けました。 3Tは回転不足(UR)の判定ですが、2本目の4回転が入ったのは今季初めてですよね。今後に向けても明るい材料ではないでしょうか。
ただやっぱり4回転2つは負担が大きいのか、いつもの大輔選手に比べると、疲れを見せるのが少し早いかな~という気もしましたね。 それでも3Aが2本ともやや乱れたくらいで大きく崩れなかったのはさすがです。
7度目の挑戦にして遂に初めてのファイナル制覇!本当におめでとうございます!

2位 羽生 結弦(JPN)
【ジャンプ構成*4T/2S/3F/3A+3T/3A+2T/3Lo/3Lz+2T+2T/3Lz】
冒頭の4Tは余裕で成功させるも、4Sのほうは力が入りすぎたか2Sで抜けてしまいました。しかしこの後が見事でした。
後半は3A+3Tや3A+2Tを続けて決め、3連続もしっかり着氷しました。今日は最後まで崩れなかったです。 この4Sが2回転で抜けたことで余力が残ったという見方も出来そうですが、最後までよくヘバらずに滑りきったよねー。
得点は自己ベストをマークし、総合得点は遂に260点台に乗りました。SPもFSも予定通りノーミスなら280点はいけますね(^ω^;) 彼ならいつか達成してくれそうな気がして楽しみです。

3位 パトリック・チャン(CAN)
【ジャンプ構成*4T/4T+SEQ/3Lz/3A/3Lo/3Lz+2T/3F+1Lo+3S/2A+2T*】
冒頭の4Tは転倒。2本目は決めるもコンビネーションにはならず。
後半は3Aの着氷が乱れた以外はまずまずで、3F+1Lo+3Sの3連続は綺麗に決まりました。
この時点で3つのコンボ権は消費済みで、あとは単独の2Aを…というところだったのですが、 あろうことか2Aに2Tのコンビネーションをつけてしまいました。これは4つ目のコンビネーションなので当然ノーカンで無得点にされます。
着氷に成功した2つ目の4Tをコンボにしなかったので「なぜ?」とは思っていましたが、 強制SEQ扱いになることが頭に入っていなかったようです。随分と初歩的なミスを犯してしまいました。
4位のフェルナンデスとは0.04差…なんとか表彰台に残してもらったという感は否めません。

4位 ハビエル・フェルナンデス(ESP)
【ジャンプ構成*4T/4S+3T/3A/4S/3Lz+2T/2Lo/3F+1Lo+3S/3S】
冒頭の4Tは少し曲がったかな~という感じでしたが、なんとか堪えて着氷に成功。
続いて4Sを鮮やかに着氷し、後ろに3Tをつけてコンビネーションにしました。
前半最後の3Aも問題なく決めて、後半1本目は4S!…なんつー構成ですか…凄すぎ(笑) 彼は4Tよりも4Sのほうがさらに上手ですよね。後半の4回転をサルコウにしたのもそういうことが絡んでるのかなー。
もうこの時点でだいぶ疲れも蓄積していたと思われますが、この後は2Loのミスだけで堪えました。 スピンとステップはオールレベル4を獲得し、技術点は脅威の95.93!このTESは成功最高なのでは??
フリーの得点は全体の1位でしたが、SPでの少々の出遅れが響き、表彰台には手が届きませんでした。

5位 小塚 崇彦(JPN)
【ジャンプ構成*4T/4T+SEQ/3A/3A+2T+2Lo/3F/3Lo/3Lz+3T/3S】
最初の4Tは成功。コンビネーションにするべき2つ目の4Tはツーフット着氷で転倒になりました。回転も足りておらずUR判定になっています。 さらに3Aは軸が曲がり、これも着氷が乱れてしまいました。
しかしこの後はしっかりと立て直し、減点要素なく最後まで滑りきっています。
トータルスコアは250点を超えているのに5位とは…今年の世界選手権よりもレベルが高いですね…。

6位 町田 樹(JPN)
【ジャンプ構成*3A/4T/3Lz+3T/1A+2T/2Lo/3Lz/1F/3S】
冒頭の3Aは綺麗に成功。4回転は今回も転倒です。
続いて3+3コンボをしっかり決めるも、後半1つ目の3Aが1回転半になってしまいます。 フリーは4回転と後半1本目の3Aが鬼門ですね。
しかし今回はそれ以外にも2Loや1Fのミスも発生し、過去2戦に比べると自分の力を出し切れなかったなという印象です。


* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル
* UR=アンダーローテッド(1/4以上1/2未満の回転不足)
* DG=ダウングレード(1/2以上の回転不足)
* TES=技術点/PCS=演技構成点


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonking.blog2.fc2.com/tb.php/1348-e6fad426
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

# 2016-2017 シーズン

▼国別対抗戦
男子SP/女子SP/アイスダンスSD
男子FS/ペアSP/アイスダンスFD
女子FS/ペアFS

▼世界選手権
 男子結果   女子結果

▼四大陸選手権
 男子結果   女子結果

▼全日本選手権
 男子結果   女子結果

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 スケート・アメリカ
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 ロステレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 フランス杯
 男子結果   女子結果

 ▽第5戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第6戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

 ▽グランプリファイナル
 男子結果   女子結果

▼ジャパンオープン
 結果

■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索