フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# 2013 フィギュアスケート世界選手権 男子SP・結果

◆2013 世界フィギュアスケート選手権大会
◇男子 ショート・プログラム
■プロトコル (pdf)
----------------------------------------------------------
*1位 98.37 パトリック・チャン(CAN)
*2位 91.56 デニス・テン(KAZ)
*3位 85.16 ケビン・レイノルズ(CAN)
----------------------------------------------------------
*4位 84.67 高橋 大輔(JPN)
*5位 84.17 ブライアン・ジュベール(FRA)
*6位 83.09 ミハル・ブレジナ(CZE)
*7位 80.76 ハビエル・フェルナンデス(ESP)
*8位 78.20 マックス・アーロン(USA)
*9位 75.94 羽生 結弦(JPN)
10位 75.73 フローラン・アモーディオ(FRA)
----------------------------------------------------------
11位 73.46 無良 崇人(JPN)
12位 73.03 宋 楠(CHN)
14位 70.24 ロス・マイナー(USA)
17位 68.05 トマシュ・ベルネル(CZE)
19位 65.85 マキシム・コフトゥン(RUSA)

チャン SP首位
高橋大輔 4位


フィギュアスケートの世界選手権は男子SPを終え、地元のパトリック・チャンが世界歴代最高得点で首位スタート。 日本勢では高橋大輔が4位スタートを切りましたが、羽生結弦は9位, 無良崇人は11位と出遅れました。

1位 パトリック・チャン(CAN)
【ジャンプ構成*4T+3T/3A/3Lz】
ジャンプは全て成功。スピンステップもオールレベル4!世界記録更新のSPでした。
今シーズンのチャンはそれほど絶対的な存在ではないと考えていましたが、 世界選手権にしっかり照準を合わせてきたのは流石だと思います。
SPの首位に異論はありませんが、今年の男子の戦いは非常に楽しみにしていた分、 結果がもう決まってしまったという面ではね…正直少々残念というか面白くないというか…。

2位 デニス・テン(KAZ)
【ジャンプ構成*4T/3A/3F+3T】
四大陸では4回転も入れられず不完全燃焼な感じだったですが、今回は冒頭の4回転を含めて完璧な内容でした。スピン,ステップも全て最高レベルを獲得です。
なんというか、「ようやくこの演技が出来た…!」というような、本当に会心の演技になったのではないでしょうか。 最近のテン君、あまり上手くいってなかったので、こっちも嬉しいです。
得点はもちろん自己ベストを更新。まさかのテン君が台風の目になりますか…!? フリーにも期待…ではありますが、日本勢が心配なので、ほどほどにしておいてくれると助かるかなぁなんて思ったりして…。

3位 ケビン・レイノルズ(CAN)
【ジャンプ構成*4S+3T/3A/4T】
冒頭の4S+3T, 3A共に問題なし。4Tはツーフットで減点にはなっていますが、回転は大丈夫です。
得点は80点台半ばに到達し、見事SPのPBを更新しました。レイノルズはホント一皮剥けた感じですね~。
フリーは3度の4回転。SP,FSで計5本の4回転が認定された選手はまだいないので、どうなるか楽しみです。

4位 高橋 大輔(JPN)
【ジャンプ構成*4T/3A/3Lz+3T】
冒頭の4回転は両足着氷の回転不足(UR)。続く3Aは決まってホッと一安心でしたが、3+3コンボのセカンドでも回転不足(UR)を取られています。 これにより得点は伸びていませんが、表彰台圏内とは僅かな差です。
4回転の調子が今ひとつという情報をニュースで見てはいましたが、今の状態だと回転不足の両足着氷になる確率が高い感じでしょうか…。 今回の4回転もツーフットと回転不足によって5点すら稼げていませんし、フリーで無理に2回跳ぶのもリスクが高いような気もします。
今回は枠取りという使命もあるので、フリーが悪い内容になると日本としては結構厳しいことになりますよね。なんとか上手くいってくれることを願うしかありませんが…。

5位 ブライアン・ジュベール(FRA)
【ジャンプ構成*4T+2T/3A/3Lz】
冒頭の4回転は綺麗に決まりましたが、綺麗に決まっただけに後ろは3回転にして欲しかった気もします。
練習で苦しんでいたという3Aは無事決まり、単独の3Lzも問題無しです。
スピンもレベル4を揃え、まずは順調な出だしを見せました。

6位 ミハル・ブレジナ(CZE)
【ジャンプ構成*4S/3F+3T/3A】
冒頭の4Sを綺麗に降り、続く3+3コンボもきっちり入りました。 3Aは着氷でターンが入ったものの、得点を大きく失うようなミスは無し。ガッツポーズが見せるなど、本人も納得の出来だった様子。
少々の減点はありつつも、まずは好発進です。

7位 ハビエル・フェルナンデス(ESP)
【ジャンプ構成*4S/1A/3Lz+3T】
最初の4Sは完璧でしたが、3Aが1回転半…。
後半の3Lz+3Tはしっかり決めたものの、1Aのミスが痛すぎです。GOE分を考えても、ここで10点近くは失ってるでしょうね。 今年は世界王者をも狙える存在だと思っていましたが、SPは7位スタートと出遅れました。
ただ、EUではフリーで186点もの得点を出しているので、メダル争いではまだ全然絡んでいけるでしょう。
本当は彼に完璧な演技をしてもらって、チャンの近辺にいてくれれば面白かったんですけどね。

8位 マックス・アーロン(USA)
【ジャンプ構成*4S+2T/3Lz/3A】
冒頭のジャンプは4S+2T。全米から見ていますが、4Sの成功率はかなり高いようです。
四大陸では失敗した3Aも今回はきっちり決めて、国際大会のPBを更新しました。
強いて言えば、4回転のコンビネーションはトリプルにしたかったところ。

9位 羽生 結弦(JPN)
【ジャンプ構成*4T/3A/3Lz+COMBO】
冒頭の4Tは転倒。軸が傾いてしまいました…。3Aは綺麗に決めたものの、3Lzは着氷が乱れてコンビネーションを付けられませんでした。 羽生くんにしては演技前の表情も硬い感じがしたし…シーズンの疲れが蓄積しているのか、調子を崩しているのか分からないけど、ちょっと心配です。

→記事を書いた後に知りましたが、どうやら1週間前の練習で左膝を負傷し、痛み止めを飲んでの強行出場だそうです…。長丁場となるフリーは大丈夫なのでしょうか…。 無事に滑り終えて欲しいですが、大会前には確実と思われた日本男子の3枠確保・・・ここへ来て急激に厳しい状況に立たされたと言えます。

10位 フローラン・アモーディオ(FRA)
【ジャンプ構成*3S/3A/3Lz+3T】
最初のジャンプは4回転にならず、トリプルで降りてしまいます。 これ以降はしっかり立て直したかに見えましたが、一番最後のスピンで転倒し、得点になりませんでした。
大きなミスが2つ…ということで、自己ベストを14点も下回る苦しいスタートになりました。

11位 無良 崇人(JPN)
【ジャンプ構成*1T/3A/3Lz+3T】
冒頭の4回転はトウがしっかり付けずに流れてしまい、まさかの1回転…。ココだけでもマイナス10点くらいにはなってますよねー…。 他の部分が非常に良い内容だったのに…残念すぎる。

14位 ロス・マイナー(USA)
【ジャンプ構成*4S/3A/3Lz+3T】
冒頭の4Sは転倒。回転も足りておらず、ダウングレードの判定です。
他はほぼノーミスで、スピンやステップもレベル4を揃えています。
しかし最初の4Sはほとんど点になっていないのが影響し、得点は70点がやっと。 順位が14位ということで、枠取りの面でも厳しいスタートになっています。

17位 トマシュ・ベルネル(CZE)
【ジャンプ構成*4T+COMBO/3A/3Lz】
4Tは着氷でターンが入って減点。回転も足りていなかったようで、アンダーローテーションを取られてます。
3Aは転倒し、3Lzもステップアウトとなり、コンビネーションを入れることが出来ませんでした。
ベルネルがこの調子だと、フリーでブレジナが崩れてしまった場合、チェコは最悪2枠取れない可能性も…。

19位 マキシム・コフトゥン(RUS)
【ジャンプ構成*3T+1T/3A/3Lz】
シニア上がりでいきなりロシアの枠取りを任されたコフトゥンですが…やはり荷が重かったでしょうか。
最大の武器である4T+3Tが3+1になり、SPは大きく出遅れてしまいました。 男子フリーの滑走順(後半)は以下の通りです。

13 羽生 結弦(JPN)
14 フローラン・アモディオ(FRA)
15 ハビエル・フェルナンデス(ESP)
16 宋 南(CHN)
17 マックス・アーロン(USA)
18 無良 崇人(JPN)

19 高橋 大輔(JPN)
20 ミハル・ブレジナ(CZE)
21 パトリック・チャン(CAN)
22 ブライアン・ジュベール(FRA)
23 デニス・テン(KAZ)
24 ケビン・レイノルズ(CAN)



* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル
* UR=アンダーローテッド(1/4以上1/2未満の回転不足)
* DG=ダウングレード(1/2以上の回転不足)
* TES=技術点/PCS=演技構成点


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonking.blog2.fc2.com/tb.php/1390-8b8bbb8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# カレンダー

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

# 2016-2017 シーズン

▼国別対抗戦
男子SP/女子SP/アイスダンスSD
男子FS/ペアSP/アイスダンスFD
女子FS/ペアFS

▼世界選手権
 男子結果   女子結果

▼四大陸選手権
 男子結果   女子結果

▼全日本選手権
 男子結果   女子結果

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 スケート・アメリカ
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 ロステレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 フランス杯
 男子結果   女子結果

 ▽第5戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第6戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

 ▽グランプリファイナル
 男子結果   女子結果

▼ジャパンオープン
 結果

■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索