フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# 2013 フィギュアスケート国別対抗戦 女子SP・結果

◆世界フィギュアスケート国別対抗戦 2013
◇女子 ショート・プログラム
■プロトコル (pdf)
----------------------------------------------------------
*1位 67.13 アデリナ・ソトニコワ(RUS)
*2位 66.56 鈴木 明子(JPN)
*3位 60.98 グレイシー・ゴールド(USA)
----------------------------------------------------------
*4位 59.77 アシュリー・ワグナー(USA)
*5位 59.39 浅田 真央(JPN)
*6位 58.51 マエ=ベレニス・メイテ(FRA)
*7位 55.18 ケイトリン・オズモンド(CAN)
*8位 54.97 張 可欣(CHN)
*9位 53.16 李 子君(ジジュン・リー)(CHN)
10位 49.94 エリザベータ・トゥクタミシェワ(RUS)
----------------------------------------------------------
11位 49.41 レナエル・ギルロン=ゴリー(FRA) 
12位 48.82 ガブリエル・ダレマン(CAN) 

フィギュアスケートの国別対抗戦は女子のショート・プログラムを終え、チームロシアのアデリナ・ソトニコワが首位スタートを切りました。

1位 アデリナ・ソトニコワ(RUS)
【ジャンプ構成*3Lz+3T/3F/2A】
冒頭のジャンプは3Lz+3Tに難度を上げてきましたが、どうやら以前やっていた3Lz+3Loをやるつもりだったらしいですね~。 ファーストジャンプの着氷の感じを受け、セカンドは急遽3Tに変更したようです。ただ、セカンドジャンプは回転が足りておらずアンダーローテーションを取られています。
しかし、これ以外は減点要素が一切ない会心の内容になりました。スピンやステップは全てレベル4を獲得。 冒頭のジャンプ以外、全ての要素に1点以上の加点が付きました。

2位 鈴木 明子(JPN)
【ジャンプ構成*3T+2T/3F/2A】
冒頭のジャンプこそ3T+2Tでしたが、プログラムを通して減点を受けるような要素はなく、綺麗にまとまったと思います。 鈴木選手もスピンとステップはオールレベル4獲得しました。
去年は3T+3Tが入り、ルッツも認定されて67点でしたから、それからすると今回は大盤振る舞いな得点にも思えます。
あっこさんの場合、好演技をしても演技構成点で8点台の評価を貰えないことが多いと感じていますが、 今回は4項目で8点台を付けています。それなら普段からこういう評価を出して欲しいと思うのですが・・・。

3位 グレイシー・ゴールド(USA)
【ジャンプ構成*3Lz+3T/3F/2A】
冒頭のコンビネーションは、ファーストジャンプの着氷が不満足ながらもセカンドトリプルに挑み転倒。 回転が足りていたのはまだ救いでしたね。
3Fはエッジエラーで減点。2Aは綺麗に決まりました。ゴールドもスピンとステップは全てレベル4を獲得です。

4位 アシュリー・ワグナー(USA)
【ジャンプ構成*3F+3T/3Lo/2A】
今シーズンの最後の最後で遂にワグナーも3+3を解禁です。
来季に向けて思い切ったことを試す選手もいるので、そういったところも国別対抗戦の楽しみの一つではないでしょうか。
冒頭の3F+3Tは、セカンドジャンプが両足気味で回転不足(UR)の判定です。
レベル4を獲得した2つのスピンを挟み、後半1本目の3Loは綺麗に着氷。しかし2Aは着氷が乱れて両手を着きました。
スピンやステップではしっかりとレベルを獲得していますが、2Aのミスだけは余計だったかな・・・。 得点は60点台に届きませんでした。

5位 浅田 真央(JPN)
【ジャンプ構成*3A/3F+2Lo/3Lo】
冒頭の3Aは転倒。今シーズン初めての転倒で、しかもかなり激しく転んだので心配しましたが、どうやら大丈夫のようですね。 6分間練習からすっぽ抜けを連発していたので、感覚が掴めないまま本番になってしまったのが残念でした。 本番ではすっぽ抜けこそ回避しましたが、ダウングレード+減点になっているので、ほぼ得点になっていません。
続いて3F+2Loは着氷しましたが、フリップが回転不足だったこともあり、出来栄えも減点です。3Loは綺麗に決めました。
スピンは2項目でレベル4。ステップシークエンスも最高レベルを獲得し、最も高い加点を得ました。
今回は不本意な出だしにはなりましたが、守りに入るような大会ではないので、フリーも思い切ってチャレンジして欲しいと思います。
初日の各選手の演技を見ていると、普段はしないようなミスをする選手が非常に多いですよね。 軒並み転倒かそれに近いミスが見られるので、今回は氷の状態があまり良くないのでしょうか。

それにしてもアレだなー、今朝スポーツ新聞の記事を見ていたら、コケるのを待っていたかのように「跳べない真央!」って。 そんなにこのフレーズが使いたかったんですかね。 たった1回、しかも他の誰も跳べないジャンプでミスしただけで即刻「跳べない真央!」って。バカじゃないの?

9位 李 子君(CHN)
【ジャンプ構成*3F+COMBO/3Lz/2A】
今シーズン、SPでは冒頭で3T+3Tを跳んでいましたが、今回は難度の高い構成に変更。
冒頭はフリップからの3+3を予定していましたが、ファーストジャンプで転倒。 続いて3Lzを決めましたが、ここでリカバリーできなかったのがちょっと勿体無かったかなー。 ルッツはエッジエラーですが、1点を超えるやや厳しい減点が付きました。
スピンやステップではレベル4を揃えています。

10位 エリザベータ・トゥクタミシェワ(RUS)
【ジャンプ構成*3Lz+COMBO/3Lo/2A】
序盤の2つのジャンプはいずれも転倒となり、コンビネーションが入りませんでした。
3Loは勢いを付けた着氷を試みたように見えましたが、 もしやセカンド3回転でリカバリーしようと考えていたのでしょうか?それが逆に仇となってしまったのかもしれません。
さすがに2コケでコンボなしでは得点が伸びず、50点台に届かない厳しいスタートとなりました。

さて、大会第1日目は男女のSPとアイスダンスSDが行われ、 順位をポイントに換算した暫定順位は以下の通りです。

1位 47P 日本
2位 47P アメリカ
3位 41P ロシア
4位 34P カナダ
5位 23P フランス
6位 21P 中国
大会2日目となる今日は、ペアのSP,アイスダンスのFD,そして男子のフリーが行われます。
日本はペアの出場がありませんので、男子シングルでなるべくポイントを稼いでおきたいところですね。



* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル
* UR=アンダーローテッド(1/4以上1/2未満の回転不足)
* DG=ダウングレード(1/2以上の回転不足)
* TES=技術点/PCS=演技構成点


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonking.blog2.fc2.com/tb.php/1398-5828605f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

# 2016-2017 シーズン

▼国別対抗戦
男子SP/女子SP/アイスダンスSD
男子FS/ペアSP/アイスダンスFD
女子FS/ペアFS

▼世界選手権
 男子結果   女子結果

▼四大陸選手権
 男子結果   女子結果

▼全日本選手権
 男子結果   女子結果

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 スケート・アメリカ
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 ロステレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 フランス杯
 男子結果   女子結果

 ▽第5戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第6戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

 ▽グランプリファイナル
 男子結果   女子結果

▼ジャパンオープン
 結果

■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索