フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# 2013 フィギュアスケート国別対抗戦 男子FS・個人最終順位

◆世界フィギュアスケート国別対抗戦 2013
◇男子 フリー・スケーティング/個人最終順位
■プロトコル (pdf)   ■競技結果
----------------------------------------------------------
*1位 249.52 FS=168.65 高橋 大輔(JPN)
*2位 240.21 FS=153.54 パトリック・チャン(CAN)
*3位 237.65 FS=164.13 ケビン・レイノルズ(CAN)
----------------------------------------------------------
*4位 236.62 FS=159.24 マックス・アーロン(USA)
*5位 233.68 FS=156.03 無良 崇人(JPN)
*6位 231.84 FS=151.60 ジェレミー・アボット(USA)
*7位 227.95 FS=151.40 ブライアン・ジュベール(FRA)
*8位 221.79 FS=145.12 マキシム・コフトゥン(RUS)
*9位 207.81 FS=143.27 閻 涵(ハン・ヤン)(CHN)
10位 183.57 FS=125.27 王 一(CHN)
----------------------------------------------------------
11位 165.59 FS=108.20 ロマン・ポンサール(FRA)
棄権 ---.-- FS=---.-- コンスタンティン・メンショフ(RUS)

高橋大輔 逆転
男子シングル制覇!


フィギュアスケートの国別対抗戦は男子のフリーを終え、チーム日本の高橋大輔がSP2位から逆転!2大会連続で男子シングルを制しました。

1位 高橋 大輔(JPN)
【ジャンプ構成*4T/3F+2T/3A/3A+2T/3Lo/3S/3Lz+3T/3F】
まず驚いたのが冒頭の4回転!着氷で手は付きましたが、完全に4回転回りきってます。
昨日の本人のコメントを聞いても、4回転はどうにも状態が戻ってない感じでしたし、 実際に跳んだ4回転を見ても今回はアンダーのツーフットがいいとこかなー…なんて思っていたので、最後に跳べて本当に良かったです。
2本目は回避しましたが、終わってみれば後半の3Aがちょっと乱れたくらいで、あとは今出来ることを出し切れたのではないでしょうか。
ジャンプの調子が悪い中でここまでまとめて来るとはさすがキャプテンですね!良い演技でした。 明日は応援頑張ってください(笑)

2位 パトリック・チャン(CAN)
【ジャンプ構成*4T+3T/3T/3Lz/3A/3Lo/3F+1Lo+3S/3Lz+SEQ/1A】
冒頭の4T+3Tこそ鮮やかに決めましたが、2つ目は途中で回転がバラけて3回転になります。
それでも次の3Lzはしっかり決め、ステップとスピンも確実にこなしていきます。
しかし後半は3Aの転倒から始まり、3連続の着氷は乱れ、コンボ必須の3Lzでも転倒。 さらにアクセルジャンプが1回転半になった上、最後はスピンの入りにも失敗して転倒するなど、散々な内容になってしまいました。
結局SPのリードを守ることはできず、今年も高橋大輔に逆転を許す形となりました。

3位 ケビン・レイノルズ(CAN)
【ジャンプ構成*4S/4T+3T+2Lo/3A+3T/4T/2A/3F+3Lo/3Lz/3S】
パッと見だと、4Sと3Aの着氷がツーフットになったくらいで、大きなミスはありませんでした。
見事にこの鬼構成を滑りきり、本人も満足そうでした。ただ、点数は予想ほど出なかった印象があります。
プロトコルを確認すると、前半の4Tと3Aは共に回転不足(UR)を取られてるんですね。
どちらもかなり大きな得点源なので、回転不足と減点が重なったのが少々響きましたか…。
しかし、四大陸の好演技がマグレでないことはワールドでも国別でも証明できたし、 今シーズン後半は凄く有意義なものになったのではないでしょうか。来シーズンはさらに難度を上げたりするかな? 今度は4Loを復活させて、SPとFSで3種6クワドとかどう?流石のレイノルズも苦笑いの鬼構成(笑)

4位 マックス・アーロン(USA)
【ジャンプ構成*4S+2T/4S/3A+2T/3Lz/3A/3T+1Lo+3S/3F/3Lo】
序盤2つの4Sは何れも成功。後半の3Aで転倒したのが唯一の大きなミスでした。
アーロンはあまり大崩れすることがなくて、安定して230点くらいの得点出してきますよね。
シーズン序盤は名前すら知られていなかったのに、全米優勝機に一躍アメリカを代表する選手の一人に成長しました。 これを単なる確変にしないよう、来季も頑張ってください。

5位 無良 崇人(JPN)
【ジャンプ構成*4T/3Lz+3T/3A/3Lo/3A+SEQ/3S/3Lz/3F】
SPで決めることの出来なかった4Tは見事に成功し、GOEでチャンの4+3を上回る+2.14の加点を獲得。
この後は出来栄えで少し減点されるジャンプがいくつかあったものの、転倒や回転不足はありませんでした。
ただ、3Aをひとつコンボに出来なかったのと、3連続ジャンプが入らなかったこともあり、自己ベストを更新するには至りませんでした。
PCSではSSが遂に8点台に乗ってきました。ジャッジからの評価も着実に上がってきて、来季の活躍がますます楽しみです。

6位 ジェレミー・アボット(USA)
【ジャンプ構成*2T/3Lz/3A+2T/3A/3F/3Lz+3T/3Lo+2T/3S】
大きなミスは冒頭の2Tと後半3F<の転倒です。
練習を見ていても4回転がきっちり入りそうな気配がありません。
アボットのスケーティングや表現力は本当に引き込まれるものがあるのですが、 ジャンプに関しては今の時代についていけていないのが残念なところです。

7位 ブライアン・ジュベール(FRA)
【ジャンプ構成*4T/3A/3Lz/3T+3T/3F/3Lz+2T/3S/2A+2A+SEQ】
ワールドでザヤックルールに抵触したことからか、フリーは再度構成が変わっていました。
大きなミス無くまとめましたが、強いて言えば、3T+3Tのところが4T+3Tだったら尚良かったですね。
SPで問題点として挙げたルッツは、フリーでは入り方を変えてしっかりフリップとの差別化が出来ていました。
もう少し点が出てもいいかと思うのですが、少し難度を下げたこともあり、トップ選手と比べるとやや技術点が見劣りしている感じです。

棄権 コンスタンティン・メンショフ(RUS)
【ジャンプ構成*4T+2T/4T/3A…】
昨日は多くの選手にミスが目立つ中、見事なノーミス演技で3位スタートを切っていたメンショフ選手。
フリー演技も序盤で2つの4Tを豪快に決める好調な出だしでしたが、3Aで激しく転倒し肩を脱臼。 演技続行が不可能となり、無念の棄権となってしまいました。せっかく好調だったのに残念です。どうかお大事に。

さて、本日の大会2日目はペアのSPとアイスダンスのFDも行われ、 アイスダンスのリード姉弟が自己ベストを更新する演技で4位フィニッシュしました。
これらの順位をポイントに換算した、2日目終了時点での暫定順位は以下の通りです。

1位 55P アメリカ
2位 50P カナダ
3位 48P 日本
4位 42P ロシア
5位 35P フランス
6位 32P 中国



* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル
* UR=アンダーローテッド(1/4以上1/2未満の回転不足)
* DG=ダウングレード(1/2以上の回転不足)
* TES=技術点/PCS=演技構成点


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonking.blog2.fc2.com/tb.php/1399-a0ad5656
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

# 2016-2017 シーズン

▼国別対抗戦
男子SP/女子SP/アイスダンスSD
男子FS/ペアSP/アイスダンスFD
女子FS/ペアFS

▼世界選手権
 男子結果   女子結果

▼四大陸選手権
 男子結果   女子結果

▼全日本選手権
 男子結果   女子結果

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 スケート・アメリカ
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 ロステレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 フランス杯
 男子結果   女子結果

 ▽第5戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第6戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

 ▽グランプリファイナル
 男子結果   女子結果

▼ジャパンオープン
 結果

■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索