フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# フィギュアスケート グランプリシリーズ第3戦 中国杯 男子FS・最終結果

◆2013-2014 フィギュアスケート グランプリシリーズ
◇第3戦 中国杯 男子 フリー・スケーティング/最終順位
■プロトコル   ■競技結果
----------------------------------------------------------
*1位 245.62 FS=155.48 閻 涵(CHN)
*2位 238.65 FS=156.81 マキシム・コフトゥン(RUS)
*3位 226.92 FS=145.30 小塚 崇彦(JPN)
----------------------------------------------------------
*4位 224.80 FS=147.75 デニス・テン(KAZ)
*5位 218.57 FS=136.64 フローラン・アモディオ(FRA)
*6位 213.39 FS=145.99 リチャード・ドーンブッシュ(USA)
*7位 200.80 FS=131.46 ペーター・リーベルス(GER)
*8位 196.80 FS=128.12 宋 楠(CHN)
*9位 185.22 FS=121.95 王 一(CHN)

小塚崇彦 3位

グランプリシリーズの第3戦・中国杯は男子フリーを終え、SP1位のハン・ヤンがフリーでも1位となり、合計245.62で初優勝を飾りました。 小塚崇彦はフリーで5位となったものの、総合3位でフィニッシュです。

優勝 閻 涵(CHN)
【ジャンプ構成*3A/4T+3T/3F//2Lo/3Lz+2T+2Lo/3F+SEQ/3Lz/3S】
グランプリ初出場初優勝、おめでとう~。地元で決めて喜びも一入でしょう。
冒頭の3Aは軸が曲がって珍しく乱れましたが、続く4T+3Tはきっちり決めました。
後半は2Loや3Fの転倒はありましたが、決まったジャンプはどれも質が良く、加点も稼いでいます。スピンやステップでしっかりレベルを取っているのも良いですね。
PCSは3項目で8点台をつけ、特にSSは8.54の高評価でした。
フリーの得点こそコフトゥンに及びませんでしたが、SPの貯金で逃げ切りに成功です。
ハン・ヤンの2試合目は第5戦のエリック杯です。チャンと羽生君が出場する大会ですが、 3位でもファイナルが確定することを考えると、かなり有力かな?ってか羽生君には2位以上に入ってもらわないと困るので、何とか3位で我慢して貰えない?(笑)

2位 マキシム・コフトゥン(RUS)
【ジャンプ構成*4S/4S+2T/2T//3A/3A+2T/3Lz/3S+2T/2A】
まさかと言ったら失礼だけど、コフトゥンがここまでやるとは正直思ってなかった(;´∀`)
前半は4回転を3本, 後半は3A2本と、技術点をたっぷり稼ぐ構成になっています。
まず4Sは2本とも成功させましたが、4Tはダブルになってしまいました。
4Sにしても4Tにしても、あまり加点を見込めなそうなジャンプなのがちょっと惜しい…。
後半は2本の3Aを含めノーミスで滑り切り、見事フリーの得点は1位を獲得しました。
コフトゥンもGPデビュー戦でいきなり2位だもんね、上々でしょう。
彼の2試合目は最終第6戦です。ここは強豪揃いなので、今回のような演技が出来ても表彰台争いに絡めない可能性さえあります。 とにかく自分の演技をしっかりすることですね。

3位 小塚 崇彦(JPN)
【ジャンプ構成*4T/3A/3Lz+2T//1A+2T+2Lo/3F/2A/3Lz+3T/3S】
とりあえず表彰台に上がれて良かったとは思いますが、まだちょっとバラつきがある感じかな…。
冒頭の4Tは回転不足(UR)で転倒。3Aと3Lz+2Tのコンボは問題なく決めました。
後半は3Aからの3連続予定が1A+2T+2Loになり、3Fでは転倒してしまいました。
3Lz+3Tの3+3コンボがしっかり入ったのは良かったです。
スピンはレベル2~4, ステップはレベル3評価でした。PCSはSSが8.50と高評価を受けており、他は8点台に乗るか乗らないかといったところです。
これで小塚君はGPの2試合を終えて、次はいよいよ全日本での代表争いになるのかな?あと50日、、、何とか調子が上向いてくれるといいのですが…。

4位 デニス・テン(KAZ)
【ジャンプ構成*2T/3A+3T/3A//3F+1Lo+3S/3Lz+2T/3Lo/1Lz/2A】
冒頭の4回転はダブルになり失敗。3A+3Tのコンビネーションは、セカンドジャンプが回転不足(UR)の判定です。 単独の3Aもステップアウトで大きく減点されました。
後半は3+1+3の3連続や3+2のコンボを続けて成功させましたが、3Lzがシングルになるミスが出ています。
2Tと1Lzだけでもかなり技術点を失ってるので、点数が伸びないのは仕方ないですね。
体調不良もあって思うように調整が出来なかったのだと思います。

5位 フローラン・アモディオ(FRA)
【ジャンプ構成*4S/1S/3A/3A+SEQ/2Lo/3Lz/3S/3Lz+SEQ】
最初の4Sは回転不足(UR)で乱れた着氷となり、ほぼ転倒に近いマイナス評価となっています。 続いて挑んだ2本目は1Sにすっぽ抜けました。
このあとは見た目上での大きなミスはなかったのですが、3Aと3Lzの2本目をコンビネーションにせず、 両方ともSEQ扱いで基礎点が下がっています。どちらも加点の付くような着氷だったのにコンボを付けないってのはどういう考えでしょうか…。 音楽に遅れるとかそういうこと?結果的にひとつもコンビネーションを跳んでいないので、高い点数にならないのは無理もありません。 アモディオはこういう勿体ないミスが目立つんですよね…。
ちなみに冒頭で4Sを二つ決めたとすると、このあと3Aと3Lzを2回跳んでいるのでルール違反になるような気もしますが…。 どっちかのルッツをフリップにするってことなのかな?

さてと…、来週は第4戦のNHK杯です。男子の出場エントリー選手は以下の10名となっています。

●第4戦 NHK杯 11/08~11/10(日本/東京)
▽男子
シャフィク・ベセギエ(FRA)
無良 崇人(JPN)
織田 信成(JPN)
高橋 大輔(JPN)
コンスタンチン・メンショフ(RUS)
セルゲイ・ボロノフ(RUS)
ハビエル・フェルナンデス(ESP)
マックス・アーロン(USA)
ジェレミー・アボット(USA)
アダム・リッポン(USA)

日本からは3選手が出場します。高橋選手と織田選手はファイナルの可能性が残っており、 織田選手は優勝で確定, 高橋選手の場合は優勝で"可能性が繋がる"という状態になります。2位でも可能性がないことはないですが、かなり苦しいです。
外国選手に優勝されてしまうと、2人のうちどちらかはファイナルを逃すことになるでしょう。
2人とも残る方法を考えると、優勝:高橋 2位:織田 となり、かつリッポンが4位以下になってくれるのが理想なのかな…。 そうなることで、ファイナル争いのライバルであるアーロンやリッポンに、ポイントランキングで上を行かれることがなくなります。
まぁ、でもこの試合のカギを握っているのはハビエルかな~。JOの調子を見る限りは自爆しそうな雰囲気がないので、かなりの高得点が予想されます。 果たしてどのような結果になるのか…、かなりの緊張感が漂う大会になりそうです。

2013-2014 グランプリシリーズ 大会別出場予定選手一覧

* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル
* UR=アンダーローテッド(1/4以上1/2未満の回転不足)
* DG=ダウングレード(1/2以上の回転不足)
* TES=技術点/PCS=演技構成点


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonking.blog2.fc2.com/tb.php/1450-df7dffa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# カレンダー

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

# 2016-2017 シーズン

▼国別対抗戦
男子SP/女子SP/アイスダンスSD
男子FS/ペアSP/アイスダンスFD
女子FS/ペアFS

▼世界選手権
 男子結果   女子結果

▼四大陸選手権
 男子結果   女子結果

▼全日本選手権
 男子結果   女子結果

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 スケート・アメリカ
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 ロステレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 フランス杯
 男子結果   女子結果

 ▽第5戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第6戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

 ▽グランプリファイナル
 男子結果   女子結果

▼ジャパンオープン
 結果

■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索