フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# フィギュアスケート グランプリシリーズ第4戦 NHK杯 男子SP・結果

◆2013-2014 フィギュアスケート グランプリシリーズ
◇第4戦 NHK杯 男子 ショート・プログラム
■プロトコル
----------------------------------------------------------
*1位 95.55 高橋 大輔(JPN)
*2位 84.78 ハビエル・フェルナンデス(ESP)
*3位 82.70 織田 信成(JPN)
----------------------------------------------------------
*4位 82.25 アダム・リッポン(USA)
*5位 79.97 無良 崇人(JPN)
*6位 79.80 セルゲイ・ボロノフ(RUS)
*7位 78.78 ジェレミー・アボット(USA)
*8位 76.21 マックス・アーロン(USA)
*9位 73.57 コンスタンチン・メンショフ(RUS)

高橋大輔 SP首位
自己ベスト更新!


グランプリシリーズの第4戦・NHK杯は男子のSPを終え、会心の演技を披露した高橋大輔が首位スタートを切りました。 織田信成は3位, 無良崇人は5位スタートとなっています。

1位 高橋 大輔(JPN)
【ジャンプ構成*4T/3A//3Lz+3T】
いやはや、、、3週でここまで状態を上げてくるとは…さすが高橋大輔ですね。
スケアメ後に激怒したというモロゾフも、涙を流して大喜び(笑)
冒頭の4T, 続く3Aをクリーンに決め、共に高い加点が付きました。
4Tもそうですが、あそこまで綺麗に決まった3Aも久しぶりだったと思います。
後半の3Lz+3Tも問題なく決め、ステップは加点MAXの+2.10の評価でした。
PCSは3項目で9点台を付け、得点は世界歴代2位となる95.55!
この演技で自信も取り戻したでしょうし、フリーもぶっちぎりで優勝決めてほしいです。

2位 ハビエル・フェルナンデス(ESP)
【ジャンプ構成*4S/3A//3Lz+3T】
冒頭の4Sは珍しく着氷が乱れ、GOEで大きくマイナスされました。
他の要素にミスは無かったのですが、普段ほとんどミスをすることの無い4Sで失敗したためか、本人はちょっと不満そうでしたね…。
しかしフリーは4回転3本の攻め構成ですから、大差が付いたとはいえまだチャンスがあると言えます。

3位 織田 信成(JPN)
【ジャンプ構成*4T+3T/3A//3Lz】
冒頭の4T+3T含め、ミスのない会心の演技でした…が、点数は伸びず。
3Lzのe判定は仕方ないですが、4Tは回転不足ですか?そうは見えなかったのですが…。
点数が出て凍りつく本人の表情や、会場のどよめき…こんなのは見たくなかったです。
あれだけ採点に時間が掛かっているという事は、どっちともとれる回転だったのだと思います。 しかしそういう場合は「スケーターの利益になるように務めるべき」とされているわけですから、 あそこまで厳しく見る必要があったのか…甚だ疑問です。水を差された感は否めません。。。

4位 アダム・リッポン(USA)
【ジャンプ構成*4T//3A/3F+3T】
今回は4Lzを回避し、冒頭のジャンプは4Tに変更しました。
その4Tこそお手付きになりましたが、減点要素はその一つのみ。
その他のジャンプは何れも綺麗に降り、スピンやステップでも全てレベル3以上を獲得しました。
締めのポーズの前にバランスを崩したのはご愛嬌。

5位 無良 崇人(JPN)
【ジャンプ構成*4T+3T/3A/3Lz】
冒頭の4T+3Tは着氷に乱れがあったものの、回転不足無しで降りました。
ダイナミックな3Aには+2.00の加点。3Lzは少し危なかったですが、なんとか着氷しています。
スピンやステップも全てレベル3以上を獲得。PCSもスケカナから3点以上上昇しました。
前回が悔しい内容でしたので、まずは好スタートを切れて何よりです。

7位 ジェレミー・アボット(USA)
【ジャンプ構成*4T/3Lz+3T/3A】
冒頭の4Tは3回転弱で回転がバラけ、4Tのダウングレード判定になりました。
しかし前回ミスった3+3はしっかりと決め、3Aも鮮やかに着氷しました。
スピンはオールレベル4.ステップはレベル3評価でした。
PCSは4項目で8点台が出ています。4回転さえ決まれば90点狙えそうなのですが…。

8位 マックス・アーロン(USA)
【ジャンプ構成*4S+2T/3Lz//3A】
冒頭は4S+2T。4Sで僅かに着氷が乱れ、片手を付いています。
続いて跳んだ3Lzは、着氷でバランスを崩し両手を付きました。 これは転倒の扱いになっている模様で、ディダクション1が付いています。
後半の3Aは問題なし。スピンやステップは全てレベル3以上を獲得しました。
8位スタートとはいえ、アーロンはフリーが強いですからねー、気付けば表彰台…なんてこともあるかもしれません。

9位 コンスタンチン・メンショフ(RUS)
【ジャンプ構成*3A/4T+3T/3Lz】
もう30歳の大ベテランですが、動きは軽快ですね。
相変わらず高難度のジャンプを軽々と決めています。
4回転も余裕で降りていましたが、3Aは4回転に出来ちゃうんじゃないかというくらいの余裕がありました。 単独の3Lzを回転不足(UR)で転倒したのが残念でしたね。その分点数も伸びなかったです。

2013-2014 グランプリシリーズ 大会別出場予定選手一覧

* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル
* UR=アンダーローテッド(1/4以上1/2未満の回転不足)
* DG=ダウングレード(1/2以上の回転不足)
* TES=技術点/PCS=演技構成点



ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonking.blog2.fc2.com/tb.php/1453-72534b56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

# 2016-2017 シーズン

▼国別対抗戦
男子SP/女子SP/アイスダンスSD
男子FS/ペアSP/アイスダンスFD
女子FS/ペアFS

▼世界選手権
 男子結果   女子結果

▼四大陸選手権
 男子結果   女子結果

▼全日本選手権
 男子結果   女子結果

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 スケート・アメリカ
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 ロステレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 フランス杯
 男子結果   女子結果

 ▽第5戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第6戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

 ▽グランプリファイナル
 男子結果   女子結果

▼ジャパンオープン
 結果

■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索