フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# フィギュアスケート グランプリシリーズ第5戦 エリック・ボンパール杯 男子FS・最終結果

◆2013-2014 フィギュアスケート グランプリシリーズ
◇第5戦 エリック・ボンパール杯 男子 フリー・スケーティング/最終順位
■プロトコル   ■競技結果
----------------------------------------------------------
*1位 295.27 FS=196.75 パトリック・チャン(CAN)
*2位 263.59 FS=168.22 羽生 結弦(JPN)
*3位 243.09 FS=158.32 ジェイソン・ブラウン(USA)
----------------------------------------------------------
*4位 214.23 FS=129.89 閻 涵(CHN)
*5位 206.22 FS=134.31 ミハル・ブレジナ(CZE)
*6位 204.73 FS=133.37 宋 楠(CHN)
*7位 191.13 FS=117.48 フローラン・アモディオ(FRA)
*8位 180.62 FS=120.90 アレクサンデル・マヨロフ(SWE)

チャン 完全優勝
羽生結弦 2位


グランプリシリーズの第5戦・エリック・ボンパール杯は男子フリーを終え、パトリック・チャンが世界最高得点で圧勝。羽生結弦は2位をキープし、共にファイナル進出が決まりました。
また、今大会の結果により、NHK杯で優勝した高橋大輔のファイナル進出も確定しています。

優勝 パトリック・チャン(CAN)
【ジャンプ構成*4T+3T/4T/3A//3Lz+1Lo+3S/3Lz/3Lo/3F+2T/2A】
まさかチャンがフリーもパーフェクトに滑るとは…。これをやられたら誰も勝てません…。
チャンがショートとフリーを完璧に揃えたのは初めてじゃないかな?
フリーのテクニカルスコアは驚異の100点越え。これも史上初かな。
オリンピックでこの演技を再現できたとすれば、得点は300点を超えるでしょう。
ただ、技術的な実力は誰もが認めるでしょうが、表現面ではどうしてもまだまだな印象を受けるんですよね…。 悪い言い方をすれば、ただ滑っているだけというか、抑揚がないというか。
毎回「得点が高すぎる」という疑問を持たれるのはこういうところでしょうね。
Interpretation 9.79ってのはどうも違うと思うのですが…。

2位 羽生 結弦(JPN)
【ジャンプ構成*1S/4T/3F//3A+3T/3A+2T/3Lo/3Lz+1Lo+3S/3Lz】
まず冒頭の4Sは1回転。踏み切る直前にエッジが引っ掛かってしまった感じです。
さらに4Tを転倒するという、らしくないミスも出てしまいます。
これ以上のミスはファイナル進出にも影響してくるところでしたが、この後はよく頑張りました。
4Tの転倒以降は、GOEでマイナス評価になるようなエレメンツは一つもありませんでした。
後半の3A+3T, 3A+2T, 3Lz+1Lo+3Sという大きな得点源がしっかり決まったのは大きかったです。
これで羽生君のファイナル進出も無事決定です!

3位 ジェイソン・ブラウン(USA)
【ジャンプ構成*2A/3A+2T/1A//3Lz+1Lo+3S/3F+3T/2A/3Lz/3Lo】
前半に得点源の3Aを2つ組み込んでいますが、ひとつは3+2に留まり、もうひとつは1Aとなりました。
しかしその後はミスらしいミスがなく、後半の3Fからのコンビネーションを3Tにするなど、前半のミスのリカバリーもしっかりと考えていました。
得点が出て表彰台が確定した時のブラウン君、まぁお上品だこと(笑)

4位 閻 涵(CHN)
【ジャンプ構成*3A/4T+3T/3F+2T//3Lo/3Lz+2T+1Lo/3F*+1T*/1Lz/3S】
3Aの転倒や、予定の回転数に満たないジャンプを連発するなど、フリーは6位に沈みました。
さらにはコンビネーションを跳び過ぎるという違反もあり、中国杯とはまるで別人のような演技でした。
SPから順位を上げることは出来ませんでしたが、下がることも無かったのはラッキーです。
ポイントランキングでは4位となり、最終戦でこれを上回れる選手が最大2人であるため、辛うじて初のファイナル進出は決定しました。


さて、次はいよいよ最終戦です。この試合の結果でファイナルの進出者が出そろいますね!
第6戦ロシア杯、男子の出場エントリー選手は以下の9名です。

●第6戦 ロス・テレコム杯 11/22~11/24(ロシア/モスクワ)
▽男子
ペーター・リーベルス(GER)
町田 樹(JPN)
アルトゥール・ガチンスキー(RUS)
コンスタンチン・メンショフ(RUS)
マキシム・コフトゥン(RUS)
ハビエル・フェルナンデス(ESP)
リチャード・ドーンブッシュ(USA)
ジョシュア・ファリス(USA)
ミーシャ・ジー(UZB)

日本からは町田樹選手が出場します。この大会で4位以上ならファイナルが決まるため、調子が落ちてなければまず問題ないでしょう。
ファイナルの最終予想は後程別記事で上げる予定です。

2013-2014 グランプリシリーズ 大会別出場予定選手一覧

* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル
* UR=アンダーローテッド(1/4以上1/2未満の回転不足)
* DG=ダウングレード(1/2以上の回転不足)
* TES=技術点/PCS=演技構成点


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonking.blog2.fc2.com/tb.php/1461-ca721416
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

# 2016-2017 シーズン

▼国別対抗戦
男子SP/女子SP/アイスダンスSD
男子FS/ペアSP/アイスダンスFD
女子FS/ペアFS

▼世界選手権
 男子結果   女子結果

▼四大陸選手権
 男子結果   女子結果

▼全日本選手権
 男子結果   女子結果

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 スケート・アメリカ
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 ロステレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 フランス杯
 男子結果   女子結果

 ▽第5戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第6戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

 ▽グランプリファイナル
 男子結果   女子結果

▼ジャパンオープン
 結果

■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索