フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# フィギュアスケート グランプリシリーズ第6戦 ロシア杯 女子FS・最終結果

◆2013-2014 フィギュアスケート グランプリシリーズ
◇第6戦 ロス・テレコム杯 女子 フリー・スケーティング/最終順位
■プロトコル   ■競技結果
----------------------------------------------------------
*1位 190.80 FS=118.56 ユリア・リプニツカヤ(RUS)
*2位 190.12 FS=122.38 カロリーナ・コストナー(ITA)
*3位 175.37 FS=114.93 長洲 未来(USA)
----------------------------------------------------------
*4位 171.87 FS=111.71 エリザベータ・トゥクタミシェワ(RUS)
*5位 165.76 FS=109.19 宮原 知子(JPN)
*6位 163.21 FS=102.76 アグネス・ザワツキー(USA)
*7位 162.46 FS=113.22 村上 佳菜子(JPN)
*8位 157.17 FS=106.96 ニコル・ゴスヴィアニ(RUS)
*9位 145.30 FS=095.75 今井 遥(JPN)

リプニツカヤ 逃げ切り優勝

グランプリシリーズの最終戦・ロシア杯は女子フリーを終え、ユリア・リプニツカヤが逃げ切り優勝。 日本勢の最高は宮原知子の5位。村上佳菜子は7位フィニッシュとなり、今井遥は9位でした。

優勝 ユリア・リプニツカヤ(RUS)
【ジャンプ構成*3Lz/2A//3F+2T/2A+3T/3Lo/2S/2Lz+2T】
冒頭の3Lzは転倒。続く2Aも着氷が乱れ、大きな得点源が共に失敗となるスタート。
後半は3Fに+2T, 2Aに+3Tを付け、最初のミスのリカバリーを図ります。
しかし3Sと3Lzが共にダブルになるミスが出てしまい、技術点を稼ぎ切れませんでした。
何とか逃げ切り優勝しましたが、今回優勝できたのは地元の利だと思います。
普段は冷静沈着に見えるリプニツカヤも、地元の期待を背負って優勝が懸かった演技に挑むとなれば、やはり心に乱れが生じるのでしょう。 まだ若いし、これもいい経験なんじゃないかな。

2位 カロリーナ・コストナー(ITA)
【ジャンプ構成*3Lz/2A/3F+2T//3T/3Lo/3S/3S+SEQ】
前半はまずまず良い内容でしたが、後半は着氷の乱れるジャンプが相次ぎました。
コンビネーションは1つしか入らず、コストナーも思うように技術点を稼ぎ切れていません。
中国杯とは違い、回転抜けや転倒が無かったのは良かったと思います。
まぁ、調子はこれから徐々に上げてくることでしょう。
リプニツカヤとの点差を考えると、最後綺麗に決まった3Sに1Tでも1Loでも付けていれば、SEQ回避で逆転できてたのかな…と。 ただ、最後の3Sは演技の締めに跳んでいるジャンプなので、リカバリーに使うのは難しいのかもしれません。そう考えると、ひとつ前の3Sを3連続予定にしているのは少しリスクを伴いますね。
コストナーはポイントランキングで8位となり、ファイナル進出はなりませんでした。

3位 長洲 未来(USA)
【ジャンプ構成*3F+2T+2Lo/2A+2T/3Lz//3Lo+2T/3F/3Lo/2A】
NHK杯とは別人のように、大きなミスのない素晴らしい演技でした。
3回転の回転不足はひとつもありませんでした。ただ、フリップが両方エラー判定になっており、その点で少々点数に伸びを欠いた印象です。 未来ちゃんはルッツが良い時はフリップがエラーになって、フリップが良い時はルッツがエラーになっちゃうんだよね…。 今季はルッツが認定されているので、少し構成を考えた方が良いかもしれません。
次は全米選手権かな?アメリカも3番手争いが激しくなりそうなので、ケガに気を付けて調整頑張ってほしいです。

4位 エリザベータ・トゥクタミシェワ(RUS)
【ジャンプ構成*3Lz/3Lz+2T/3F//2A+3T/3S+2T/3Lo/2A】
序盤は3Lzと3Fの2つのジャンプで転倒。後半は何とか乗り切りました。
リーザは最も嫌な時に体形変化が来ちゃったよね…。ジャンプが重たく感じるのもそうだけど、 こんなに体硬かったっけ?と思うほど足も上がらなくなってる…。

5位 宮原 知子(JPN)
【ジャンプ構成*3Lz+3T/3F/3Lo/2A//2A+3T/2Lz/3S+2T+2T】
冒頭の3Lz+3Tは見事に成功。一つスピンを挟み、続いて3Fも着氷に成功です。
3Loは回転不足の着氷となり、ダウングレードの判定になりました。 知子ちゃんはジャンプが上手ですが、唯一ループだけは少し苦手なように見えます。気のせいかな。
後半は2A+3Tをきっちり決めるも、3連続を予定していたジャンプが2Lz単独に。最後の3Sを3連続にしてリカバリーしました。
少しミスがあったために得点はNHK杯を下回りましたが、2試合連続5位は頑張ったほうですよね。 現状OPの3番手争いで抜きん出ている選手が居ないので、彼女にも代表のチャンスは十分にあると思われます。 全日本では完璧な演技が出来るように、あと1か月間頑張って貰いたいですね。

7位 村上 佳菜子(JPN)
【ジャンプ構成*3T+3T/3Lz/3Lo//3Lo+2T/3F/2A/3S+2Lo+2Lo】
フリーは手直しが入ったようで、少し構成が変わっていました。 衣装も新しく変わっていたけど、こっちは素敵だと思います。
まず冒頭に3T+3Tを配置し見事成功。序盤の3T+3Tは鉄板だし、良い判断だと思います。
3Loと2Loで回転不足があったものの、回転抜けや転倒のミスは一つもなく、SPの出来からすればよく頑張りました。 全日本に向けても明るい材料になったことでしょう。
グランプリでは知子ちゃんの方が好成績を残していますが、 何だかんだ言っても佳菜子は尻上がりに調子を上げてくるほうなので、 全日本では今よりも良い内容を期待できると思います。最後に笑うのは誰になるのかな…。


今大会の結果を持ち、今年のファイナル進出者(女子)は以下の6名に決まりました。
※獲得ポイントが同じ場合は、「シリーズ最高順位>出場2試合の総得点」で順位が決定します。

▼2012グランプリファイナル出場者 女子シングル
*1 30P 浅田 真央(JPN) [(1)/(1)*412.14]
*2 30P ユリア・リプニツカヤ(RUS) [(1)/(1)*389.03]
*3 28P アシュリー・ワグナー(USA) [(2)/(1)*388.18]
*4 26P アンナ・ポゴリラヤ(RUS) [(1)/(3)*363.31]
*5 26P アデリナ・ソトニコワ(RUS) [(2)/(2)*364.51]
*6 24P エレーナ・ラジオノワ(RUS) [(3)/(2)*375.76]
▽補欠
*7 24P 鈴木 明子(JPN) [(2)/(3)*373.07]
*8 24P カロリーナ・コストナー(ITA)[(3)/(2)*363.52]
*9 20P グレイシー・ゴールド(USA)[(3)/(4)*364.46]

日本勢では浅田選手が圧倒的な強さを見せましたが、鈴木選手は残念ながら上位6人に残れませんでした。 ただし7番手に留まったため、誰か欠場者が出た時には繰り上がり出場となります。
結局真央ちゃんとワグナー以外は全員ロシアっ娘! その中で真央ちゃんが堂々1位にいるというのは嬉しいものですが、ジュニアのファイナルも女子はロシアとアメリカで占められているように、シニアも近いうちにそうなっちゃうのかなーと考えるとちょっと寂しいですね…。

2013-2014 グランプリシリーズ 大会別出場予定選手一覧

* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル
* UR=アンダーローテッド(1/4以上1/2未満の回転不足)
* DG=ダウングレード(1/2以上の回転不足)
* TES=技術点/PCS=演技構成点


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonking.blog2.fc2.com/tb.php/1465-29641d68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# カレンダー

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

# 2016-2017 シーズン

▼国別対抗戦
男子SP/女子SP/アイスダンスSD
男子FS/ペアSP/アイスダンスFD
女子FS/ペアFS

▼世界選手権
 男子結果   女子結果

▼四大陸選手権
 男子結果   女子結果

▼全日本選手権
 男子結果   女子結果

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 スケート・アメリカ
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 ロステレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 フランス杯
 男子結果   女子結果

 ▽第5戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第6戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

 ▽グランプリファイナル
 男子結果   女子結果

▼ジャパンオープン
 結果

■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索