フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# 2013 フィギュアスケート 全日本選手権 女子FS・最終結果

生観戦
◆第82回全日本フィギュアスケート選手権大会
◇女子 フリー・スケーティング/最終順位
■プロトコル (pdf)   ■競技結果
----------------------------------------------------------
*1位 215.18 FS=144.99 鈴木 明子
*2位 202.52 FS=135.10 村上 佳菜子
*3位 199.50 FS=126.49 浅田 真央
----------------------------------------------------------
*4位 191.58 FS=125.06 宮原 知子
*5位 186.16 FS=125.53 今井 遥
*6位 176.31 FS=117.06 本郷 理華
*7位 171.12 FS=106.25 安藤 美姫
*8位 160.10 FS=103.75 木原 万莉子
*9位 158.29 FS=107.35 松田 悠良
10位 157.17 FS=102.10 大庭 雅
----------------------------------------------------------
11位 156.86 FS=102.21 中塩 美悠
12位 152.50 FS=106.99 三原 舞依
13位 152.37 FS=098.65 加藤 利緒菜
14位 151.92 FS=097.65 上野 沙耶
15位 151.85 FS=095.56 坂本 花織

鈴木明子 初優勝!
佳菜子2位 真央3位


フィギュアスケートの全日本選手権は女子のフリーを終え、圧巻の演技を披露した鈴木明子が大会史上最高得点で初優勝。 ノーミス演技の村上佳菜子が2位に順位を上げ、浅田真央は3位となりました。

優勝 鈴木 明子
【ジャンプ構成*3F+2T+2Lo2A+3T/3Lz//3F/3Lo/3S+2T/3S】
ひとつのミスもないパーフェクト演技でした。素晴らしい!
技術点, 演技構成点共に70点を越え、得点はなんと144.99!
13度目の挑戦にして、遂に全日本女王のタイトルを獲得しました。
ジャンプの構成を少し変え、やはりルッツを一つに減らして安全策を取りましたね。
鈴木選手はジャンプが抜けてしまうことが多いけど、今回は最後まで持ち堪えました。
ジャンプの体勢に入る度に観客も息を飲んで見守っていましたが、最後のサルコウを決めてからの盛り上がりは凄かったです。
少し回転が怪しいかも…と思ったところはありましたが、回転不足もエラーも全く取られていません。 ノーミスだったから気持ちよく…って感じかな(;´∀`)
てか今回の演技はソチに取っておきたかったよな~…なんて思ったりもする。
まぁ何はともあれ、初の全日本制覇、そしてオリンピックの代表おめでとうございます!

2位 村上 佳菜子
【ジャンプ構成*3T+3T/3Lz/3Lo//3F+2T/3F/2A/3S+2Lo+2Lo】
ショートに続き、フリーも見事なノーミス演技!
ルッツのエラー以外は一切減点になったエレメンツはありません。
PCSも4項目で8点台を記録し、得点は国内外通じて初の130点台! 合計でも200点を突破する会心の演技でした。 よく自分に打ち勝ったな、、、そんな風に感じます。
これにより、文句無しで初のオリンピック出場が決まりました。
佳菜子は四大陸も世界選手権も出ることになっているので、とにかく体調管理に気を付けてやってほしいと思います。

3位 浅田 真央
【ジャンプ構成*3A/1A+SEQ/3F//2A+3T/3S/3F+1Lo/3Lo】
最終滑走で登場した真央ちゃんですが、少し残念な内容になってしまいました。
冒頭の3Aは回転不足(UR)の両足着氷となり、2本目は1A。 1Aの後ろに付けた中途半端なコンビネーションは不要でした。 ここでジャンプが抜けた場合、次のフリップでリカバリーすることを考えた方が得策でしょう。
この後は立ち直りを見せますが、3連続ジャンプが上手く入らず3+1に。だいぶ足に来ていたようにも見えました。
ショートの時もそうでしたが、直前練習でクリーンなアクセルが決まらなかったことで、 良いイメージを持って本番に挑めなかったのも影響したかもしれません。
でもこの構成で行くと決めた以上、こうならないように調整を積んでいくしかないですね。
これが五輪でなくて良かったとポジティブに考えましょう。 最高の演技はオリンピックですればいいのです。
真央ちゃんは四大陸回避のため、次の演技はもうソチの舞台なんですよね…。
そこに上手くピークを持って行ってほしいと思います。

4位 宮原 知子
【ジャンプ構成*3Lz+3T/3F/3Lo/2A//2A+3T/3Lz+2T+2T/3S】
サトコちゃんナイスファイト!
ショートは佳菜子に感動させられたけど、フリーで一番感極まったのは知子ちゃんの演技だったかもしんないな~。 彼女がオリンピックに行くには、SPもFSも大きなミス無しで纏めることが絶対条件になると思っていましたが、 あの殺伐とした緊張感の中でそれを遣って退けるのだから…本当に大したものです。 自分がこの立場だったら、まず足が動かないだろうってのに…。大人しい子だけど、芯が強いんだろうなぁ。 知子ちゃんの演技が最終グループに良い流れを作ってくれたのかもね。
残念ながら先輩たちには一歩及ばずにオリンピックの出場は叶いませんでしたが、 力を出し尽くした結果だから仕方ないです。 知子ちゃんは四大陸の代表と、ジュニアの世界選手権代表に選出されました。 夢の舞台はまた次の機会に頑張ってほしいですね。

5位 今井 遥
【ジャンプ構成*3F/3Lo/3S+2T+2Lo//2A+3T/3Lo+2T/3S/2A】
やっとショートとフリーの両方で纏まった演技が出来ましたね。 きっと遥ちゃん史上最高の試合になったんじゃないかな。私も嬉しいです。
遥ちゃんの演技が作り出す独特の雰囲気は前から好きだったけど、 ジャンプがしっかり入ることでより一層深みを増します。
次は久しぶりの四大陸出場です。今度は国際大会での好演技にも期待したいですね。

6位 本郷 理華
【ジャンプ構成*3Lz/3F+2T/2A+1Lo+3S//2A+3T/3Lo/3F/3S】
転倒や回転抜けなど、目立つミスのない好演技でした。去年の全日本を思い出しますね。
3回転ジャンプで2つ回転不足(UR)を取られているので、これが無ければ120点を越えていたでしょう。 回転不足で点数を損しているケースが目立つので、これから改善していってほしいと思います。
理華ちゃんは2年連続世界ジュニアの代表に選ばれました。昨シーズンは力を出し切れなかった部分もあったので、 今シーズンは笑顔で終わりたいですね。

7位 安藤 美姫
【ジャンプ構成*3Lz+2Lo/1S/2A+3T/1Lz//3S/3S+2T/2A】
6分間練習では3S+3Loのコンビネーションを決めるなど好調だったのですが、 本番ではサルコウとルッツの2つが1回転になる痛いミスが出てしまいました。
ショートから順位を落としてしまい、オリンピックの出場は叶いませんでした。
試合後に現役引退を表明し、これからは指導者として新たな道を歩むとのことです。 色々あったスケート人生でしたが、これまで大変お疲れ様でした。

10位 大庭 雅
【ジャンプ構成*3A/3F/3S//2A+3T/3S+SEQ/3Lo/3Lo+2T】
普段の練習で3Aを跳んでいるという選手はいても、 実際に試合で跳ぶ選手がなかなか出て来ないのが現状なのですが、遂に雅ちゃんが大技に挑戦です。
残念ながら回転不足(UR)の転倒となりましたが、6分間練習では結構惜しいのもあったんだよね…。 雅ちゃんは昔からそうだけど、繋ぎかと思った部分で突然サラリとジャンプを跳んじゃったりするんですよね。 練習で初めて彼女の3Aを目にした時も、「その助走で3A跳ぶんかい!」って感じでしたもん。
良い物は持っているので、これから安定した演技が出来るように頑張ってほしいと思います。

13位 加藤 利緒菜
【ジャンプ構成*3Lo/2A/3F//2A+3T/2Lz/3F+1T+1Lo/3Lo+2T】
冒頭の3Loは綺麗に決めて加点1.26。 日本のジュニア選手が単発ジャンプで1点以上の加点を貰うことは少ないと思うのですが、 利緒菜選手のループは評価が高いですね。
続いて2Aは単発に留め、3Fは綺麗に成功。前半はまずまずの内容で終えます。
後半1本目の2Aに3Tを付けるも転倒。ルッツは2回転となり、 3連続ジャンプは3+1+1になるなど、後半でミスが続いてしまいました。
6分間練習では3F+1Lo+3Sを綺麗に跳んでいましたが、本番では実践できなかったですね。 この選手も良い物を持っているので、埋もれずに頑張って貰いたいと思ってます。


表彰式終了後には、1月に行われる四大陸選手権と、2月のソチオリンピック, そして3月に日本で開催される世界選手権の代表選手が発表になりました。

◆ソチオリンピック代表選手
◇男子シングル
羽生 結弦 町田 樹 高橋 大輔
◇女子シングル
鈴木 明子 浅田 真央 村上 佳菜子
◇アイスダンス
キャシー・リード/クリス・リード
◇ペア(団体戦)
高橋 成美/木原 龍一
◆四大陸選手権代表選手
◇男子シングル
織田 信成→無良 崇人 小塚 崇彦 田中 刑事
◇女子シングル
村上 佳菜子 宮原 知子 今井遥
◇アイスダンス
平井 絵己/マリオン・デ・ラ・アソンション

◆世界選手権代表選手(シニア)
◇男子シングル
羽生 結弦 町田 樹 高橋 大輔
◇女子シングル
鈴木 明子 浅田 真央 村上 佳菜子
◇アイスダンス
キャシー・リード/クリス・リード
◇ペア
高橋 成美/木原 龍一
◆世界選手権代表選手(ジュニア)
◇男子シングル
田中 刑事 宇野 昌磨
◇女子シングル
本郷 理華 宮原 知子


なんとかこう、納まるところに納まったかな…という感じですね。
高橋選手がコールされた時の会場の沸きっぷりは凄かったです(;´∀`)
やっぱり高橋大輔のいないソチ五輪なんて考えられないもんな~。
小塚君は残念だけど、昨日書いたアピールポイントと今シーズンの成績を天秤にかけると…やっぱり分が悪かったですね。
ソチの代表選手はそのまま世界選手権の代表にも選ばれました。
また日本でこの選手達の演技が見られると思うと嬉しいです。

知子ちゃんはジュニアの世界選手権に回ることになりました。連続出場の本郷選手と共に、3枠復帰を狙ってほしいですね。 男子は順当に田中くんと昌磨くんの2人が選ばれました。

四大陸の代表は、ソチの選考に漏れた織田君と小塚君。さらに田中君がシニアの国際大会にデビューすることとなりました。(#追記 織田君は引退を正式表明したため、出場はなくなりました。)
女子は、佳菜子、知子、遥ちゃん。なかなか新鮮な顔ぶれですね。
アイスダンスは平井絵己&マリオン・デ・ラ・アソンションのカップルが選出されました。
2年前の全日本でデビューした時からすると、この2人も随分と上達しましたよね。 今回は点数からしても、リード姉弟とそんなに遜色ないくらいの好演技でした。マリオン君も技が身についてきた感じですね。表情にも余裕を感じました。 それにしても橋本聖子はいつになったら「マリオン・デ・ラ・アソンション」をきっちり言えるようになるのだろうか…(笑)

jfc2013_1.jpg
jfc2013_2.jpg

* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル
* UR=アンダーローテッド(1/4以上1/2未満の回転不足)
* DG=ダウングレード(1/2以上の回転不足)
* TES=技術点/PCS=演技構成点


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonking.blog2.fc2.com/tb.php/1482-f08e203a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

# 2016-2017 シーズン

▼国別対抗戦
男子SP/女子SP/アイスダンスSD
男子FS/ペアSP/アイスダンスFD
女子FS/ペアFS

▼世界選手権
 男子結果   女子結果

▼四大陸選手権
 男子結果   女子結果

▼全日本選手権
 男子結果   女子結果

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 スケート・アメリカ
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 ロステレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 フランス杯
 男子結果   女子結果

 ▽第5戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第6戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

 ▽グランプリファイナル
 男子結果   女子結果

▼ジャパンオープン
 結果

■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索