フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# ソチ五輪 フィギュアスケート 男子SP・結果

◆2014ソチオリンピック フィギュアスケート
◇男子 ショート・プログラム
■プロトコル
----------------------------------------------------------
*1位 101.45 羽生 結弦(JPN)
*2位 97.52 パトリック・チャン(CAN)
*3位 86.98 ハビエル・フェルナンデス(ESP)
----------------------------------------------------------
*4位 84.40 高橋 大輔(JPN)
*5位 86.04 ペーター・リーバース(GER)
*6位 86.00 ジェイソン・ブラウン(USA)
*7位 85.84 ブライアン・ジュベール(FRA)
*8位 85.66 閻 涵(CHN)
*9位 84.06 デニス・テン(KAZ)
10位 83.81 アレクサンデル・マヨロフ(SWE)
----------------------------------------------------------
11位 83.48 町田 樹(JPN)
12位 81.95 ミハル・ブレジナ(CZE)
13位 81.09 トマシュ・ベルネル(CZE)
14位 75.58 フローラン・アモーディオ(FRA)
15位 72.58 ジェレミー・アボット(USA)
16位 72.52 ヨリック・ヘンドリックス(BEL)
17位 68.76 ケビン・レイノルズ(CAN)
 - 以下略 -

羽生結弦 SP首位!
史上最高得点


ソチオリンピックのフィギュアスケート男子シングルはSPを終え、 パーフェクト演技の羽生結弦がSP史上初の100点超えで首位スタートを切りました。
高橋大輔が4位, 町田樹は11位からメダル獲得を狙います。

1位 羽生 結弦(JPN)
【ジャンプ(公式判定)*4T//3A/3Lz+3T】
いやー・・・凄い!それしか言えない。恐るべき19歳!
全てのジャンプは回転不足を心配する必要の無い余裕のある着氷でした。
スピンがひとつレベル3止まりでしたが、何も引くところの無いクリーン演技です。
PCSは全項目9点台に乗り、チャンにも肉薄しています。
2位のチャンとの差は4点弱。その下との差が大きいため、両者で金メダルを争うことになるでしょう。 フリーでよい演技をした方が栄光を手にすることになりそうです。
PCSではチャンの方が高く出るでしょうが、羽生君のフリーはその分を技術点で補えるだけの構成になっています。 あともう一息!頑張れ!!

2位 パトリック・チャン(CAN)
【ジャンプ(公式判定)*4T+3T/3A//3Lz】
滑走順では羽生君よりも後ということで、余計に緊張感を背負っての演技になりました。
冒頭の4+3は非常にクリーンでしたが、苦手の3Aでステップアウト。 これが普通に決まって加点を得ていれば、羽生君との差はほぼ無くなっていたことでしょう。
PCSこそ僅かに羽生君を上回りましたが、技術点は4.5の差がついています。
この程度のミスで首位を奪われることはここ数年無かったことですから、精神的な動揺はきっとあるでしょう。 フリーの滑走順は再び羽生君の後ということで、見ている我々も固唾を呑んで彼の演技を見ることになりそうです。

3位 ハビエル・フェルナンデス(ESP)
【ジャンプ(公式判定)*4S/3A//3Lz+3T】
回転不足や転倒はありませんでしたが、4Sと3+3コンボで着氷が乱れました。
両方ともクリーンに決まっていれば、あと5点はスコアが伸びたと思われます。
フリーでは3本の4回転がメダル争いの鍵を握ることになると思いますが、 ここ最近彼の4回転がクリーンに決まるシーンが無いのは気になります。

4位 高橋 大輔(JPN)
【ジャンプ(公式判定)*4T<</3A//3Lz+3T】
観客席で演技直前にラッパみたいの鳴らしてる奴摘み出してくんないかなー…。
冒頭の4Tは回転不足の両足着氷となり、判定はダウングレード。
しかしその他の要素は良かったと思います。スピンとステップはオールレベル4でした。
4回転さえ戻ってくればな・・・というところなのですが、練習映像や報道を見る限りだと少し厳しいように見えます。 もし今日の4回転が現状のベストに近いのであれば、フリーで2本入れることは危険かもしれません。 メダル獲得を優先するのであれば、4回転は1本に抑えて綺麗に演技を纏めたいところです。 フリーの滑走順がフェルナンデスの後になるため、彼の得点次第で構成変更をするのも一つでしょうか。 とにかく、集大成の演技が本人の納得いくものになることを願います。

7位 ブライアン・ジュベール(FRA)
【ジャンプ(公式判定)*4T+3T/3A//3Lz】
大きなミスのない演技になりました。
ただし序盤の2つのジャンプは完成度が高くなかったため、加点は稼げていません。
PCSの評価は審判によって少し差があるようですが、4項目で8点台が出ています。
何とか降りているジャンプが多くなっている印象があり、フリーで最後まで持ちこたえられるかがキーポイントになりそうです。

8位 閻 涵(CHN)
【ジャンプ(公式判定)*3A/4T//3Lz+3T】
まず冒頭の3Aをクリーンに決め、全選手の中で最高の加点を獲得。
しかしその後の4T, 3Lz+3T共に着氷が乱れてしまい、自己ベストの更新はなりませんでした。
上位陣の中でも何かしらミスをしている選手が多いですね。これが五輪の重圧か…。

9位 デニス・テン(KAZ)
【ジャンプ(公式判定)*4T/3A/3F+2T】
冒頭の4回転は着氷が大きく乱れて減点。お手つきで足以外に体重が乗ったため、転倒の扱いとなりました。 続く3Aはクリーンに決めたものの、後半のコンビネーションを3+3にすることが出来ず、技術点を伸ばしきれませんでした。
PCSはかなり出ているほうだと思うので、ジャンプさえ決まればかなり高い得点も期待できそうですが…。

11位 町田 樹(JPN)
【ジャンプ(公式判定)*4T+2T/3A//2Lz】
スーパー弱い町田樹が出てしまったのだろうか、ちょっと残念な内容になりました。
冒頭の4Tが際どい着氷になり、コンビネーションは2回転。
この後ノーミスで行ければ良かったのですが、後半の3Lzがダブルになってしまいました。
PCSは全項目で8点台中盤付近まで出ているのものの、技術点は40.98に留まりました。
本来の演技ならあと10点は伸ばせたでしょうし、相当悔しい思いをしていると思います。
ただ、順位こそ11位ながら、幸い表彰台圏内までは3.5の差しかありません。
持っている力を考えてもまだまだ有力なメダル候補であることに変わりはないし、 フリーで自分の納得する演技が出来るように頑張ってほしいです。

15位 ジェレミー・アボット(USA)
【ジャンプ(公式判定)*4T<</3Lz+3T//3A】
冒頭の4Tは跳び上がった瞬間に大きく軸が曲がり、大転倒。
脇腹を強打し、10秒以上立ち上がることができませんでした。
果たして演技が続行できるのかと心配しましたが、演技に戻ってからは大きなミスをせずに纏めました。
しかし最初の4Tがダウングレードであったことや、完全に演技の流れが切れてしまったこともあり、 PCSは本来のアボットよりも低い数字となりました。
アボットはバンクーバーもうまくいかなかったんだよね・・・最後の五輪だし悔いのない演技が出来ればいいのですが・・・。

17位 ケビン・レイノルズ(CAN)
【ジャンプ(公式判定)*4S</4T+3T/3A<】
冒頭の4Sは回転不足(UR)で転倒。4T+3Tは何とか降りたものの、3Aは再び回転不足(UR)での転倒となりました。 先日の団体戦での演技を見る限り調子は良さそうでしたけど・・・。

棄権 エフゲニー・プルシェンコ(RUS)
【ジャンプ(公式判定)* ─】
皇帝プルシェンコの最後の演技・・・楽しみにしていましたが、残念ながら体が持ちませんでした。 私達が思っていた以上に満身創痍の状態で戦っていたのでしょう。
前日の練習で4回転を転倒したことで腰の状態を悪化させ、演技直前の6分間練習で3Aを降りた際、更に激しい痛みが襲ったようです。 そこからの数分間は葛藤があったと思いますが、最後は自分の体からのサインを受け入れ、無念の棄権となりました。
今後は自分の体を労わってあげてください。長い間フィギュア界の未来のために尽くしてくれてありがとう。本当にお疲れ様でした。
「喜んでユヅルのコーチになる」という発言、近い将来に実現することを結構期待してます・・・!

今夜から明日未明にかけて行われる男子フリーの滑走順(後半2グループ)は以下の通りです。※時間は日本時間

13 デニス・テン(KAZ)
14 ブライアン・ジュベール(FRA)
15 アレクサンデル・マヨロフ(SWE)
16 ミハル・ブレジナ(CZE)
17 閻 涵(CHN)
18 町田 樹(JPN) ※2:59~

19 ハビエル・フェルナンデス(ESP)
20 高橋 大輔(JPN) ※3:23~
21 羽生 結弦(JPN) ※3:32~
22 パトリック・チャン(CAN)
23 ペーター・リーバース(GER)
24 ジェイソン・ブラウン(USA)


* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル
* UR=アンダーローテッド(1/4以上1/2未満の回転不足)
* DG=ダウングレード(1/2以上の回転不足)
* TES=技術点/PCS=演技構成点


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonking.blog2.fc2.com/tb.php/1503-89750e4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

# 2016-2017 シーズン

▼国別対抗戦
男子SP/女子SP/アイスダンスSD
男子FS/ペアSP/アイスダンスFD
女子FS/ペアFS

▼世界選手権
 男子結果   女子結果

▼四大陸選手権
 男子結果   女子結果

▼全日本選手権
 男子結果   女子結果

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 スケート・アメリカ
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 ロステレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 フランス杯
 男子結果   女子結果

 ▽第5戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第6戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

 ▽グランプリファイナル
 男子結果   女子結果

▼ジャパンオープン
 結果

■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索