フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# 2014年 全日本フィギュアスケート選手権大会 男子FS・最終結果

◆第83回 全日本フィギュアスケート選手権大会
◇男子 フリー・スケーティング/最終順位
■プロトコル   ■競技結果

*1位 286.86 FS=192.50 羽生 結弦
*2位 251.28 FS=165.75 宇野 昌磨
*3位 245.68 FS=173.29 小塚 崇彦

*4位 242.61 FS=152.45 町田 樹
*5位 236.40 FS=157.86 無良 崇人
*6位 206.80 FS=139.61 山本 草太
*7位 202.08 FS=120.80 村上 大介
*8位 187.43 FS=124.60 田中 刑事
*9位 181.33 FS=120.10 日野 龍樹
10位 174.42 FS=108.21 佐藤 洸彬


羽生結弦 3連覇!
宇野2位 小塚3位


フィギュアスケートの全日本選手権は男子フリーを終え、羽生結弦が大会3連覇を達成しました。
全日本ジュニア王者の宇野昌磨が自己最高の2位に入り、小塚崇彦が逆転で3位に入りました。

※全日本選手権はプロトコルの公開が遅いので、以下は得点の詳細を知らない状態で書いています。 内容に誤りがある場合がありますので、予めご了承ください。

1位 羽生 結弦
【ジャンプ構成*4S/4T/3F//3Lz+2T/3A+3T/3A+1Lo+3S/3Lo/3Lz】
冒頭の4Sは転倒でしたが、その後は見事なノーミス演技です。
前回は3Lzだけ惜しかったけど、今度は4Sだけが…ね。
まあ、完璧な演技は世界選手権でお願いしますっ!
3連覇おめでとう~!

2位 宇野 昌磨
【ジャンプ構成*4T/3A/3A+2T//2A+1Lo+3F/3S/3Lo/3Lz/3F+3T】
1年前には3Aも決められなかったのに…今年の成長には驚かされますね。
前半は4回転と3A2本を決め、後半も次々とジャンプを決めていきます。
一番最後の3F+3Tのセカンドが回転不足で着氷が乱れてしまいましたが、それ以外の要素で減点は無いと思います。
大会前は、3位ならチャンスがあるかと思ったら…なんと準優勝です!
昌磨君は世界ジュニアの代表が濃厚と思ってはいましたが、2位で且つ250越えともなれば…これはどうするでしょうね~? ただ、昌磨君をシニアの世界選手権に出すとジュニアの方が草太君くらいしかいなくなってしまうので…難しいところですね。 明日の代表発表の瞬間に大きな注目が集まります。

3位 小塚 崇彦
【ジャンプ構成*4T/4T+2T/3A//3A+2T+2Lo/3Lz+3T/3F/3Lo/3S】
久しぶりに良い演技が出来て、こちらも嬉しいです。
小塚君のあんなガッツポーズは初めて見ましたけど、そんだけ苦しんだからねぇ…。よほど嬉しかったのだろう。
少し出来栄えの面でどうかと思ったジャンプはあったけど、転倒やすっぽ抜けは一つもなく、 すべて構成通りのジャンプを跳びました。長らく封印していた3Loも復活したし、構成だけを見てもこの試合に掛ける意気込みというのが表れてますね。これを一つの切欠としてまた上がって行けたらなにより。
これで世界選手権の選考基準を満たしたことになりますが、どういう判断になるか…今年は発表の瞬間まで分からないですね。

4位 町田 樹
【ジャンプ構成*4T/4T+REP/3A//3S/3Lo/2A+2T/3F/3Lz】
やはりこのプログラムを完璧に滑るというのは並大抵のことじゃないですね…。
最初の4Tは降りたものの、2つ目は転倒で基礎点も7割に減。 3Aは着氷が乱れ、後半も構成通りにジャンプを消化できませんでした。
これでまさかの台落ちとなってしまいましたが、これまた代表選考でどういう判断がされるかですね…。 実績で考えると町田君を欠くというのは日本としても結構なダメージでもあると思いますが、勝負の世界だからなぁ…。

5位 無良 崇人
【ジャンプ構成*4T/4T+3T/3A//3Lo/3A+2T/3F/3S+1Lo+2S/3Lz】
最初の4Tはお手つき。2つ目は4T+3Tのコンビネーションを綺麗に決めました。
3Aは2本とも決めましたが、3Loのステップアウトや、3Fが途中でバラけるなどちょこちょこと点数の取りこぼしがあった感じです。
結果、表彰台には10点弱届かず5位となり、世界選手権の代表選考では極めて厳しい立場となりました。

6位 山本 草太
【ジャンプ構成*3A/3Lz+3T/3F+2T//2A+1Lo+3S/3Lo/3Lz/3F/2A】
冒頭の3Aこそ転倒でしたが、その後はほぼノーミス演技です。最後の2Aが惜しかった。
しかしアクセル以外のジャンプの安定感は凄いですね。ひとつひとつのジャンプが実に綺麗です。
これで3Aが安定して入るようになればジュニアで頂点を狙える選手になると思います。 (と言っても既にJGPFで準優勝するまでになってますが。)
しかもまだ14歳だからね~。1歩1歩上がって行ってほしい。これからが本当に楽しみな選手です。

7位 村上 大介
【ジャンプ構成*4S/4S+REP/1A//3A/3Lz/3Lo/3F/3S】
序盤の4Sは2本とも転倒し、3Aは1回転半に。
後半のジャンプは決めましたが、コンビネーションが1つも入っておらず、技術点で相当な取りこぼしをしています。 最初が決まっていればまた違う結果になったのかな~とも思いますが…繊細なものですよね。
残念ながらNHK杯の再現とはならなかったけど、また次のチャンスにはアピールできるように練習頑張ってほしいです。

* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル
* UR=アンダーローテッド(1/4以上1/2未満の回転不足)
* DG=ダウングレード(1/2以上の回転不足)
* TES=技術点/PCS=演技構成点


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonking.blog2.fc2.com/tb.php/1554-dc8f446c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

# 2016-2017 シーズン

▼国別対抗戦
男子SP/女子SP/アイスダンスSD
男子FS/ペアSP/アイスダンスFD
女子FS/ペアFS

▼世界選手権
 男子結果   女子結果

▼四大陸選手権
 男子結果   女子結果

▼全日本選手権
 男子結果   女子結果

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 スケート・アメリカ
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 ロステレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 フランス杯
 男子結果   女子結果

 ▽第5戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第6戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

 ▽グランプリファイナル
 男子結果   女子結果

▼ジャパンオープン
 結果

■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索