フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# 2015 世界ジュニアフィギュアスケート選手権 女子FS・最終結果

◆2015 世界ジュニアフィギュアスケート選手権大会
◇女子 フリー・スケーティング/最終順位
■プロトコル   ■競技結果

*1位 192.97 FS=124.49 エフゲニア・メドベデワ(RUS)
*2位 186.15 FS=123.06 セラフィマ・サハノビッチ(RUS)
*3位 185.57 FS=124.30 樋口 新葉(JPN)

*4位 173.44 FS=117.49 エリザベート・トゥルシンバエワ(KAZ)
*5位 169.04 FS=115.09 マリア・ソツコワ(RUS)
*6位 166.25 FS=107.53 坂本 花織(JPN)
*7位 163.93 FS=107.00 永井 優香(JPN)
*8位 157.30 FS=105.66 カレン・チェン(USA)
*9位 156.38 FS=102.06 チェ・ダビン(KOR)
10位 148.63 FS=097.41 ディアナ・ニキチナ(LAT)
~ 以下 略 ~

樋口新葉 銅メダル

世界ジュニアフィギュアスケート選手権は女子のフリー演技を終え、ロシアのエフゲニア・メドベデワが初優勝を飾りました。 同じくロシアのサハノビッチが昨季に続く準優勝となり、3位の樋口新葉は日本の女子選手として5年振りのメダル獲得となりました。

いやー、樋口選手は素晴らしい演技でした。減点要素が一つもないノーミス演技です。 3年連続となるロシア勢の表彰台独占を阻止しただけでなく、村上佳菜子以来久々のメダル獲得となりました。
ジャンプ構成は「3Lz+3T/3Lo/3S//2A+3T/3Lz+2T+2Lo/3F/2A」で、どれもキレのある質の良いジャンプでした。 3Fにアテンションが付かなかったのはラッキーかもしれませんが、これを含めて4つのジャンプで1点以上の加点が付いています。 私は特に彼女の3Loが好きですね。跳ぶ前とランディングであれだけスピードを失わずに綺麗なループを跳べる選手はなかなかいないです。GOEでも+1.3の高評価でした。
ステップはレベル3でしたが、スピンはオールレベル4を獲得。技術点はロシアっ娘たちを大きく上回る69.50! シニアより要素が一つ少ないジュニアとしては驚異的な技術点です。 EU選手権のフリーでトゥクタミシェワが73点という技術点を叩き出した時には驚いたものですが、 単純にもうひとつ要素があったとすれば樋口選手もそれに匹敵していたことになります。
全日本のあと調子を落としていたようですが、こういう大きな舞台で遺憾なく自分の力を発揮できる技術力、精神力は大したもの。 大きく飛躍したシーズンになりました。 PCSについてはまだそれほど評価が高いとは言えず、特にトランジションには課題がありますが、それは来季以降に徐々に身に付けて行ってほしいと思います。 銅メダルおめでとう!

SP4位スタートの坂本花織選手は、3Loの転倒があり順位を落としてしまいましたが、 それでも今大会ではSP,FS,総合得点全てで自己ベストを更新しました。世界ジュニアの舞台で6位という結果は健闘したと思います。

永井優香選手は7位。冒頭のジャンプがいきなり1Lzになったのが痛かったです。
四大陸と同じように2つ目のジャンプを3Lz+3Tにし、その後は見た目でミスは無かったのですが、 3Fで珍しくeを取られ、後半の3Sでアンダーを取られていたため、技術点の取りこぼしが多くなってしまいました。
彼女の場合はジャンプの安定が今後の課題と言えそうです。せっかく良い物を持っているのにジャンプの抜けで大きく点を落とすのは勿体ないです。

ロシア勢は相変わらずの強さでした。上位の2人はホントに大きなミスをやらかさない、まるで精密機器の様。 普通にジャンプを跳ぶだけじゃ物足りないのか、多くのジャンプにタノを使用しています。 個人的にはあまり多用するのもどうかとは思うのですが、それだけ能力が高いってことですもんね。
女子もレベルが上がってきて(特にロシア勢)、3Aを除けば最高レベルの構成をこなせる選手が増えてきているので、 どこで差別化を図るかが難しくなってきているのでしょう。
トゥクタミシェワはいよいよ3Aを試合で跳び始めましたし、競技のレベルがどんどん上がっていくことは望ましいことですが、 それが一国だけに集中しないように、日本勢もなんとか付いていってほしいと思います。
今回の世界ジュニア(女子)は、日本から出場した3選手が全員入賞し、ロシアと共に来季の出場枠3をキープしましたが、 その一方でアメリカはちょっと人材不足な感じでしょうか?全米で好演技を披露し、 得点を盛りに盛ってアピールしたカレン選手も今大会は平凡な結果になりましたし、もう一人の選手が19位ということで2枠維持がやっとな感じです。 現在、シニアでは強い選手がいますが、将来的な事を考えると他国ながら少し気になってしまいました。

* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル
* UR=アンダーローテッド(1/4以上1/2未満の回転不足)
* DG=ダウングレード(1/2以上の回転不足)
* TES=技術点/PCS=演技構成点


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonking.blog2.fc2.com/tb.php/1573-46d80d32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# カレンダー

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

# 2016-2017 シーズン

▼国別対抗戦
男子SP/女子SP/アイスダンスSD
男子FS/ペアSP/アイスダンスFD
女子FS/ペアFS

▼世界選手権
 男子結果   女子結果

▼四大陸選手権
 男子結果   女子結果

▼全日本選手権
 男子結果   女子結果

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 スケート・アメリカ
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 ロステレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 フランス杯
 男子結果   女子結果

 ▽第5戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第6戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

 ▽グランプリファイナル
 男子結果   女子結果

▼ジャパンオープン
 結果

■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索