フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# 世界フィギュアスケート国別対抗戦2015 男子FS・結果

◆世界フィギュアスケート国別対抗戦 2015
◇男子 フリー・スケーティング
■プロトコル

*1位 192.31 TS=288.58① 羽生 結弦(JPN)
*2位 176.69 TS=263.17② ジェイソン・ブラウン(USA)
*3位 165.40 TS=247.44④ 無良 崇人(JPN)

*4位 163.14 TS=250.27③ 閻 涵(CHN)
*5位 161.92 TS=241.02⑤ セルゲイ・ボロノフ(RUS)
*6位 158.91 TS=233.74⑦ マキシム・コフトゥン(RUS)
*7位 158.63 TS=236.06⑥ ナム・グエン(CAN)
*8位 151.43 TS=227.51⑧ マックス・アーロン(USA)
*9位 127.33 TS=194.78⑨ ジェレミー・テン(CAN)
10位 124.99 TS=187.42⑩ 宋 楠(CHN)

11位 120.74 TS=194.54⑪ フローラン・アモディオ(FRA)
12位 120.61 TS=184.12⑫ ロマン・ポンサール(FRA)

フィギュアスケート国別対抗戦は男子のフリーを終え、チームジャパンの羽生結弦がショートに続いてフリーでも1位を獲得。 3位の無良崇人と合わせ、日本チームは大きく得点を伸ばし、大会2日目を2位で終えています。

1位 羽生 結弦(JPN)
【ジャンプ(公式判定)*4S/3T/3F//3Lz+2T/3A+2T/3A+1Lo+3S/3Lo/3Lz】
プログラムとしては、マイナス評価が一つもないクリーンなものになりましたが、4Tが3Tになってしまったのが惜しかった…。 その影響で後半の3A+3Tを3A+2Tにグレードダウンせざるを得なくなり、本来の技術点を稼ぎ切れていません。 もし4Tが入っていたらきっと3A+3Tも決まって…なんて考えると本当に惜しいですよね。 着氷の乱れや回転不足も一切なく、スピンやステップも全て最高レベルを取っているわけだから、本当のパーフェクトになったら間違いなく200点は突破します。
楽しみは持ち越しになりましたが、次のシーズンはいい状態で挑んで記録更新できるといいですね。 とにかく今シーズンはお疲れ様でした。明日は女子の応援よろしく頼みます

2位 ジェイソン・ブラウン(USA)
【ジャンプ(公式判定)*3A+2T/3A//3Lo/3Lz!/3F+3T/3Lz+1Lo+3S/2A/2A】
3Aを2本とも前半に跳び、1本が後半だった世界選手選手権から難度は下げたと言えますが、その分しっかりとノーミスでまとめてきました。 今更言うまでもありませんが、繋ぎの豊富さだったりスピンの独創性、所作の綺麗さや姿勢の美しさなど、ジャンプ以外の面でも本当に見応えのある選手ですね。 目を離す隙がありません。素晴らしいパーフェクト演技でした。PCSは2項目で9点台に乗っています。
そういやブラウンはショートもフリーもPBを更新しているので当然合計得点もパーソナルベストになるわけですが、 今大会は以前と違ってSP,FSそれぞれの順位に応じてポイントが配分され、合計得点と総合順位の意味が無くなっているように思いますが、 公認記録としては残るのでしょうか?
(ちなみにISUの大会ページにも合計得点と総合順位は一切掲載されていませんので、 上記の合計得点は私が電卓で計算したものです。打ち間違いがあったらごめんなさい)
#追記→ISUのサイトで調べたところ、スコアは全て公認記録となっていました。

3位 無良 崇人(JPN)
【ジャンプ(公式判定)*4T</4T+2T/3A//3Lo/3A+3T/3Fe/2S+1Lo+3S/3Lz】
冒頭の4Tは回転不足で両足着氷。2本目の4Tは無事着氷し、4+2のコンビネーションとします。
最近失敗が多く見られていた3Aは前後半で2本決め、後半の3Aに3Tを付けました。 織田君が解説していましたが、前半の4+3予定が4+2になったため、3A+2Tの予定を変更してきました。 更に、3S+1Lo+2Sのファーストジャンプがダブルになったのを受け、咄嗟にサードジャンプをトリプルに変更する機転も見せました。
少しジャンプのGOEで減点を受けている箇所はあったものの、今回は少しでも点数を重ねようという気迫が見られた演技でした。 PCSの83.28は多分無良選手の中では最高なのではないでしょうか?世界選手権から評価が戻って何よりです。

4位 閻 涵(CHN)
【ジャンプ(公式判定)*3A+2T/4T+3T</4T(f)//3A/3Lo/3Lz+2T+1Lo/3F/3S】
今季のこれまでとは構成を変え、前半の4Tを2本に増やし、3A一つを後半に移して難度を上げています。
課題の4回転については今日は比較的良かった(特に2本目)と思いますが、コンビネーションのミスや、 ランディングでの転倒で両方とも大きなマイナス評価になっています。 ジャンプでお手つきをするシーンが目立つ演技ではありましたが、大崩れはしませんでした。 PCSは5項目全て8点台評価です。

11位 フローラン・アモディオ(FRA)
【ジャンプ(公式判定)*3S/3A/3S+REP//3A*+1Lo+3S*/3Lz+3T/3Fe/3Lz*】
異様に得点が低いので何事かと思えば、ジャンプの規定違反をやらかしまくったようです。
4Sの失敗がそもそもの原因かとは思いますが、3Sを3回も跳び、3A+1Lo+3Sがノーカン。 そして3Sと3Aを2回使っているにも関わらず3Lzも2回跳び、ひとつノーカンになっています。おまけにジャンプ自体ひとつ少ない…。
ここまでくると何を考えて演技しているのかとさえ思ってしまうけど…も少し冷静になろうぜ。勿体なすぎるよ…。


さて、本日は男子フリーの他にペアのSPとアイスダンスのFDが行われ、ペアの古賀/ブードローオデ組がショート6位, アイスダンスのリード組はフリー6位となりました。
これらの順位をポイントに換算した、2日目終了時点での暫定順位は以下の通りです。

1位 83P アメリカ
2位 79P 日本
3位 77P ロシア
4位 63P カナダ
5位 59P 中国
6位 44P フランス


▼詳細版(クリックで大きい画像が開きます)
WTT_after_menfs.jpg


* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル
* UR=アンダーローテッド(1/4以上1/2未満の回転不足)
* DG=ダウングレード(1/2以上の回転不足)
* TES=技術点/PCS=演技構成点


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonking.blog2.fc2.com/tb.php/1582-65ac1baa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

# 2016-2017 シーズン

▼国別対抗戦
男子SP/女子SP/アイスダンスSD
男子FS/ペアSP/アイスダンスFD
女子FS/ペアFS

▼世界選手権
 男子結果   女子結果

▼四大陸選手権
 男子結果   女子結果

▼全日本選手権
 男子結果   女子結果

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 スケート・アメリカ
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 ロステレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 フランス杯
 男子結果   女子結果

 ▽第5戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第6戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

 ▽グランプリファイナル
 男子結果   女子結果

▼ジャパンオープン
 結果

■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索