フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# 世界フィギュアスケート選手権2016 女子SP・結果

◆世界フィギュアスケート選手権 2016
◇女子 ショート・プログラム
■プロトコル

*1位 76.43 グレイシー・ゴールド(USA)
*2位 73.98 アンナ・ポゴリラヤ(RUS)
*3位 73.76 エフゲニア・メドベージェワ(RUS)

*4位 73.16 アシュリー・ワグナー(USA)
*5位 71.70 エレーナ・ラジオノワ(RUS)
*6位 70.72 宮原 知子(JPN)
*7位 69.89 本郷 理華(JPN)
*8位 67.38 ガブリエル・デールマン(CAN)
*9位 65.87 浅田 真央(JPN)
10位 65.74 長洲 未来(USA)

11位 65.39 李 子君(CHN)
12位 61.63 エリザベート・トゥルシンバエワ(KAZ)
13位 57.90 ロベルタ・ロデギエーロ(ITA)
14位 57.50 エイミー・リン(TPE)
15位 56.56 ニコル・ライチョヴァー(SVK)

世界フィギュアスケート選手権は女子のSPを終え、地元アメリカのグレーシー・ゴールドが首位スタート。
ショートの70点超えが6人、11位までが65点越えるという白熱した戦いとなっています。
日本勢は宮原知子の6位を筆頭に、7位本郷理華, 9位浅田真央と続きます。

1位 グレイシー・ゴールド(USA)
【ジャンプ(公式判定)*3Lz+3T/3F!x/2Ax】
地元開催の後押しもあり、ノーミス演技で自己ベストを更新しました。
冒頭の3Lzは跳び上がった瞬間にヤバいかと思いましたが、何事も無かったかのように3+3で決めました。
3Fは完全にアウトエッジで踏み切っていますが、アテンション止まりでエラーにはなっていません。
差支えのない試合ではしっかりエラーを取るくせに、こういう時は何故かエラーにならないフシギ。
アメリカ女子は過去10シーズンの間、金メダルどころか表彰台にすら誰も乗っていませんが、ようやくその記録にも終止符が打たれそうです。

2位 アンナ・ポゴリラヤ(RUS)
【ジャンプ(公式判定)*3Lz+3T/3Lo/2Ax】
今シーズンのポゴリラヤはコケが多かったので、最終滑走の重圧に押されて…なんてことを心配しましたが、杞憂でした。 気迫のこもった素晴らしい演技でしたね。まさかといったら失礼だけど、ロシア勢の中で最上位かつPCSもトップというのは予想外。 最終Gは好演技者続出でPCSがインフレしていたこともプラス材料になったかもしれません。

3位 エフゲニア・メドベージェワ(RUS)
【ジャンプ(公式判定)*3Fx/2Ax/3Lo+3Tx】
何だかんだ言って今シーズンの点数の出方からするに彼女の優勝が既定路線かと思っていたので、3位スタートは少々意外。
全てのジャンプを後半に集めていますが、その1本目となるコンビネーションは、3Fの着氷が不完全となり単独に留めます。 続いて2Aを挟み、最後の3Loに3Tのコンビネーションを付けました。どのジャンプでも後ろに3Tを付ける能力がある彼女なので、 3Fに無理してコンビネーションを付けなかったのは良い判断だったと思います。
3FのGOEがマイナスになっている影響で自己ベストには届きませんでしたが、それでも十分に逆転優勝が狙える位置でのスタートになりました。

4位 アシュリー・ワグナー(USA)
【ジャンプ(公式判定)*3F+3T/2A/3Lox】
地元の大歓声も味方に付け、ノーミスで演技を終えました。
最終Gを残していたとはいえ、73点出してトップ3に残れないとは思わなかったですね…。
ゴールドに3項目9点台が出ているのに対し、ワグナーは全て8点台。仮にワグナーがゴールドのあとだったならもっと点数が出たことだろう。
ワグナーは見た目上ノーミスでも回転不足など細かい部分で点数を取りこぼすケースが目立つのですが、 今大会はアメリカ勢に対して大盤振る舞いな判定がされている感じなので、 フリーで好演技をすれば相当な高得点が期待できるでしょう。 最近はSP,FS両方が揃うことがなかなか無いですが、このチャンスはモノにしておきたいところですね。

5位 エレーナ・ラジオノワ(RUS)
【ジャンプ(公式判定)*3Lz+3T/3Fx/2Ax】
演技を通して大きなミスは無かったものの、後半の3Fの着氷がやや乱れ、GOEでマイナス評価となっています。
毎回そうだけど、ラジ子の3Lzって転びそうで転ばない。うわっ!って思ってたら普通にトリプル付けちゃうんだよね。

6位 宮原 知子(JPN)
【ジャンプ(公式判定)*3Lz+3T/3Fx/2Ax】
さすが安心と信頼のさとこちゃん。今回も見た目上はパーフェクトな演技でした。
スピンとステップはオールレベル4。レイバックスピンは満場一致の満加点です。PCSも全項目8点台がデフォになってきました。
ただ一つ、3Fが回転不足+アテンション付きでマイナスとなっている影響で、自己ベスト更新には至らず。 回転不足はともかく、さっとんのFが!ならゴールドのFはeですがな、まったく…。

7位 本郷 理華(JPN)
【ジャンプ(公式判定)*3F/3T+3Tx/2Ax】
ノーミス演技です。全ての要素に加点が付き、スピンとステップも全てレベル4を揃えました。
構成としてはシーズン前半より落としているかもしれませんが、その分後半に3T+3Tを組み込んだこの構成は、戦略としては成功と言えそうです。 フリップ+トウの3+3だと回転不足の危険があるけど、3T+3Tならそうそう回転不足も取られないので、 全てのジャンプをクリーンに決める確率が高くなります。演技としても綺麗にまとまってとてもいい感じ。
70点は…ちょい惜しかった!

9位 浅田 真央(JPN)
【ジャンプ(公式判定)*3A</3F+2Lo/3Lox】
冒頭の3Aは少し回転が足りない状態での着氷となりバランスを崩します。
3F+2Loは綺麗に決まりましたが、後半の3Loは堪えるような着氷となり、GOEではマイナスとなっています。
スピンとステップは全てレベル4を揃えました。
事前の練習を見る限り調子は悪くないと思うので、フリーは自分に自信を持って滑りきってほしいです。 真央ちゃんが納得できる演技が出来ることを願うのみ。

11位 李 子君(CHN)
【ジャンプ(公式判定)*3T+3T/3F/2Ax】
以前より難度を落としているとはいえ、久々に3+3も回転不足無く入って、最後まで気持ちの入った演技が出来たって感じがします。 点数が出てジジュンの嬉しそうな笑顔を見るのってだいぶご無沙汰だった気がする。可愛い!
それにしても65点でトップ10落ちとはこれ如何に。去年なら5位相当なんだけど…なんなの今年のワールド。

◆フリー滑走順
▽第3グループ
13 長洲 未来(USA)
14 浅田 真央(JPN)
15 エリザベート・トゥルシンバエワ(KAZ)
16 本郷 理華(JPN)
17 李 子君(CHN)
18 ガブリエル・デールマン(CAN)

▽第4グループ
19 エレーナ・ラジオノワ(RUS)
20 エフゲニア・メドベージェワ(RUS)
21 宮原 知子(JPN)
22 アンナ・ポゴリラヤ(RUS)
23 グレイシー・ゴールド(USA)
24 アシュリー・ワグナー(USA)

最後2人がアメリカってなんだそりゃ…出来過ぎた展開は御免!!

* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル
* UR=アンダーローテッド(1/4以上1/2未満の回転不足)
* DG=ダウングレード(1/2以上の回転不足)
* TES=技術点/PCS=演技構成点


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonking.blog2.fc2.com/tb.php/1643-dcfb3711
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

# 2016-2017 シーズン

▼国別対抗戦
男子SP/女子SP/アイスダンスSD
男子FS/ペアSP/アイスダンスFD
女子FS/ペアFS

▼世界選手権
 男子結果   女子結果

▼四大陸選手権
 男子結果   女子結果

▼全日本選手権
 男子結果   女子結果

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 スケート・アメリカ
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 ロステレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 フランス杯
 男子結果   女子結果

 ▽第5戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第6戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

 ▽グランプリファイナル
 男子結果   女子結果

▼ジャパンオープン
 結果

■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索