フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# 世界フィギュアスケート選手権2016 女子FS・最終結果

◆世界フィギュアスケート選手権 2016
◇女子 フリー・スケーティング/最終順位
■プロトコル   ■競技結果

 223.86 FS=150.10① エフゲニア・メドベージェワ(RUS)
 215.39 FS=142.23② アシュリー・ワグナー(USA)
 213.69 FS=139.71④ アンナ・ポゴリラヤ(RUS)

*4位 211.29 FS=134.86⑥ グレイシー・ゴールド(USA)
*5位 210.61 FS=139.89③ 宮原 知子(JPN)
*6位 209.81 FS=138.11⑤ エレーナ・ラジオノワ(RUS)
*7位 200.30 FS=134.43⑦ 浅田 真央(JPN)
*8位 199.15 FS=129.26⑧ 本郷 理華(JPN)
*9位 195.68 FS=128.30⑨ ガブリエル・デールマン(CAN)
10位 186.65 FS=120.91⑪ 長洲 未来(USA)

11位 184.52 FS=119.13⑫ 李 子君(CHN)
12位 183.62 FS=121.99⑩ エリザベート・トゥルシンバエワ(KAZ)
13位 173.05 FS=116.49⑬ ニコル・ライチョヴァー(SVK)
14位 159.92 FS=103.90⑮ チェ・ダビン(KOR)
15位 158.99 FS=104.21⑭ アンゲリーナ・クチヴァルスカ(LAT)

メドベージェワ 初優勝

世界フィギュアスケート選手権は女子フリーを終え、ロシアのエフゲニア・メドベージェワが初優勝を飾りました。 地元のアシュリー・ワグナーが、アメリカ女子シングル11シーズンぶりのメダル獲得をとなる準優勝。 ロシアのアンナ・ポゴリラヤが世界選手権初メダルとなる銅メダルを獲得しました。

金メダル エフゲニア・メドベージェワ(RUS)
【ジャンプ(公式判定)*3F+3T/3Lz/3Fx/3Lox/2A+2T+2Tx/3S+3Tx/2Ax】
フリーはノーミスのパーフェクト演技を披露し、キム・ヨナが保持していたフリーの歴代最高得点を塗り替えました。
ジャンプはほとんどタノっていながら、フラつきなどは一切見られなかったです。
12のエレメンツのうち9項目で1点以上の加点を得て、技術点の合計は77.76まで伸ばしてきました。
フルッツの見逃しは相変わらずですが、エラーを取られていたとしても優勝という結果は変わらなかったでしょう。
ロシアっ娘は快進撃が続かない選手が多いので、彼女にとって本当の勝負は来季以降でしょうね。 過去にワールドでメダル獲得をしたリプニツカヤやトゥクタミシェワが代表落ちをしているように、代わりなんていくらでもいるのがロシアですから。

銀メダル アシュリー・ワグナー(USA)
【ジャンプ(公式判定)*2A/3F+3T</2A+2T/3Lo+1Lo+3Sx/3F<x/3Lox/3Lz!x】
最終滑走者として登場。アメリカ11季振りのメダル獲得がゴールドなのか自分なのかという状況の中、気迫のこもった好演技で観客を魅了しました。
得点は自己ベストを更新し、シニア参戦9シーズン目にして、遂に初のワールドメダリストとなりました。
後半の3Fは明らかな回転不足ではありましたが、その他にも3+3のセカンドジャンプも回転不足の判定になっています。 3Lzにはアテンションが付いていますが、減点にはなりませんでした。(メドベのフルッツは見逃しなのにワグナーには!が付くのね…)
ちなみに回転不足が無くて両方とも加点になっていたらどうなんだろう…それでもちょっとメドベを捉えるには厳しいか。。。
それにしてもここまで長かったですね~、昔から知っている選手だから感慨深いものがある。 久々のアメリカワールドメダリストがワグナーで良かったと思うよ。銀メダルおめでとう。

銅メダル アンナ・ポゴリラヤ(RUS)
【ジャンプ(公式判定)*3Lz+3T/3Lo+1Lo+3S/3Lz/2Ax/3Lo+2Tx/2Ax/3F!x】
最後の3Fだけ少し堪えるような着氷になりましたが、それ以外はノーミス演技でした。
グランプリでの不調ぶりを見ると、ポゴリラヤも埋もれていってしまうのかと思いましたが、 シーズンが進むにつれしっかりと状態を上げてきました。
なかなかロシア勢の1番手とはなれないのだけど、これだけ次から次へと新星が出てくるロシアの中にあって、 なんだかんだいっても3番手以内のポジションをキープしているポゴリラヤって凄いですね。

4位 グレイシー・ゴールド(USA)
【ジャンプ(公式判定)*3Lz+3T(f)/3Lo/2A/2A+3T+2Tx/3F!+2Tx/2Lzx/3Sx】
冒頭の3Lz+3Tは転倒。その後は立て直したかに見えましたが、後半の3Lzがダブルになるミスが出てしまいました。 ショートの貯金が活きて、演技終了時には3位に入っていましたが、最終滑走のワグナーに抜かれてメダル獲得はならず。
これだけレベルが高い戦いの中で2ミスしてしまうと厳しくなりますね。

5位 宮原 知子(JPN)
【ジャンプ(公式判定)*3Lz+2T+2Lo/3Lo/3F/3Lzx/2A+3Tx/3Sx/2A+3Tx】
ミス・パーフェクトの知子ちゃんは再びノーミスの演技を披露し、フリー3位と結果は出しました。
ただ、回転不足などがなんにも無い割には点数が伸びて来なかったですね…。PCSがちょっと抑えられているか。
世界選手権でパーフェクトの演技をすれば大体シーズンベスト貰えるケースが多いんだけど …3位までの点差を考えると何だか悔しい。ってか210点出しても5位かよ…。
でもやれることはやったと思う。メドベの世界新のあとでも決して心を乱すことなくノーミスできただけでも凄いことだよ。

6位 エレーナ・ラジオノワ(RUS)
【ジャンプ(公式判定)*3Lz+3T/3F/3Lz/3Lo+1Lo+3Sx/2Ax/3Lo+2Tx/2Ax】
ラジオノワもショート・フリー共に大きなミスは無かったですが、それでも6位止まりでした。
ラジ子は微妙な着氷のジャンプが多くて対して加点を稼げないのが辛いですね。 もう、単にノーミスすりゃメダルが獲れる時代ではないのですね。

7位 浅田 真央(JPN)
【ジャンプ(公式判定)*3A</3F+3Lo</2Lze/2A+3T<x/3Sx/3F+2Lo+2Lox/3Lox】
左膝に痛みを抱えているという情報があり心配していましたが、今季最高の蝶々夫人でした。
見た目上大きなミスは2Lzのみ。3Aやセカンド3回転は回転不足の判定にはなっていますが、全て着氷しました。
採点に関してはいつもモヤモヤ感が残ってしまうのだけど、兎にも角にも最後にあの笑顔が見られたことが何よりも嬉しい。
仮にノーミスであれば技術点は80点を超えるし、得点も150点を越えてくる計算にはなるんですよね。
メディアはいつまで経っても3Aや3+3を軽々跳んで無双していたころの真央ちゃんを思い描いているのかもしれないけど、 現在第一線で活躍する女子シングルのスケーターでは最年長といっても良い彼女が、 未だに誰よりも最高難度の構成で挑んでいること自体がどれだけ凄いことか。 順位だけを見て上げたり下げたりするのはもう止めてあげてほしい。

8位 本郷 理華(JPN)
【ジャンプ(公式判定)*3F+3T</3S/3Lz/2A+3T+2Tx/3Lox/3Fx/2A+2T<<x】
素晴らしい演技でしたが、なぜ最後の2Tで…!あれが無ければ200点オーバーだったのにね~。 まぁ、それでも今季最後に総合でPB出せたのは良かったですね。
順調にステップアップしています。200点は来季の目標にしよう。

9位 ガブリエル・デールマン(CAN)
【ジャンプ(公式判定)*3T+3T/3Lz/3F/3Lz+2Tx/3Lox/3S+2T+2Lox/2Ax】
試合を通して転倒や回転不足といったミスがなく、自己ベストを20点以上更新してきました。
え…195.68で9位っすか? 去年なら銀メダルなんですけど。。。


この試合結果を持って、来季の出場枠は以下のようになりました。
◆3枠 ロシア アメリカ 日本
◇2枠 カナダ 中国
○1枠 上記以外

ロシア,アメリカ,日本が3枠をキープしました。
中国とカナダが2枠をキープ。韓国やフランスが1枠に減少させました。
来季は平昌五輪の枠取りとなりますが、ここへ来て1枠に減らした韓国は厳しいですね。 2枠に増やすには唯一の出場者がトップ10に入る必要があるものの、 今季の結果を見るとトップ10中9人を日露米で占めていますし、そもそもトップ10のレベルがとんでもなく高くなってます。 なんだか来季の韓国代表は可哀想ですね。
日本も今回は3枠キープしたとはいえ、来季もこんなハイレベルな戦いになったとすれば、ドキドキして見ていられなそうです…。

* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル
* UR=アンダーローテッド(1/4以上1/2未満の回転不足)
* DG=ダウングレード(1/2以上の回転不足)
* TES=技術点/PCS=演技構成点


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonking.blog2.fc2.com/tb.php/1645-d3ff0de9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

# 2016-2017 シーズン

▼国別対抗戦
男子SP/女子SP/アイスダンスSD
男子FS/ペアSP/アイスダンスFD
女子FS/ペアFS

▼世界選手権
 男子結果   女子結果

▼四大陸選手権
 男子結果   女子結果

▼全日本選手権
 男子結果   女子結果

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 スケート・アメリカ
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 ロステレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 フランス杯
 男子結果   女子結果

 ▽第5戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第6戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

 ▽グランプリファイナル
 男子結果   女子結果

▼ジャパンオープン
 結果

■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索