フィギュアスケート 2016 オータムクラシックインターナショナル 男子・結果

2016.10.02(14:04)

◆フィギュアスケート 2016 オータムクラシックインターナショナル
◇男子 競技結果
■プロトコル  SP /  FS

*1位 260.57 羽生 結弦(JPN)[SP=88.30①/FS=172.27①]
*2位 230.55 ミーシャ・ジー(UZB)[SP=79.52②/FS=151.03③]
*3位 226.13 マックス・アーロン(USA)[SP=70.74⑤/FS=155.39②]

*4位 215.10 キーガン・メッシング(CAN)[SP=75.41③/FS=139.69④]
*5位 206.41 ベネ・トマン(CAN)[SP=70.78④/FS=135.63⑤]

~ 以下 略 ~

羽生結弦 優勝
史上初 4Lo成功


ISUのチャレンジャーシリーズ・2016オータムクラシックインターナショナルは男子の競技を終え、 今季初戦となった羽生結弦が合計260.57で優勝を飾りました。

この試合では、史上初となる4回転ループをショート,フリーで共に成功(*1)させましたが、全体的にはミスが多かったですね。 特にフリーの後半はバテバテで、着氷の乱れるジャンプが相次ぎました。
そうは言ってもシーズン初戦ですし…まだまだこれからでしょう。

それにしても…プロトコルを見るとなんとなく分かるかと思いますが、鬼のような構成ですね。
今季はプログラムに4Loを取り込んで、ショートは 4Lo, 4S+3T, 3Ax,
フリーはミスが多かったので本来の構成は分かりませんが、
4Lo, 4S, 3F, 4S+3Tx, 4Tx, 3A+2Tx, 3A+1Lo+3Sx, 3Lzx
考え得る中ではこれが最高難度かなぁと思いますが、おそらくはこんな感じで構成を組んでいるのだとは予想します。 ショート,フリーで4回転が計6本。この構成を万一ノーミスで滑りきろうものなら一体どんな点数が出ますかね…。

●2016 Autumn Classic International - 羽生結弦 SP


●2016 Autumn Classic International - 羽生結弦 FS


(*1)先日のJGPの試合でアメリカのアレクセイ・クラスノジョンが4Loを回転不足なしで着氷していますが、 ISUは「着氷時にお手つきがあった」として、成功とは認めていません。

* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル
* UR=アンダーローテッド(1/4以上1/2未満の回転不足)
* DG=ダウングレード(1/2以上の回転不足)
* TES=技術点/PCS=演技構成点


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://bonking.blog2.fc2.com/tb.php/1664-7177b30b