2016/17 フィギュアスケート グランプリシリーズ第2戦 スケートカナダ 男子・結果

2016.11.01(14:05)

◆2016-2017 フィギュアスケート グランプリシリーズ
◇第2戦 スケートカナダ 男子 競技結果
■プロトコル  SP /  FS

*1位 266.95 パトリック・チャン(CAN)[SP=90.56①/FS=176.39②]
*2位 263.06 羽生 結弦(JPN)[SP=79.65④/FS=183.41①]
*3位 245.06 ケビン・レイノルズ(CAN)[SP=80.57③/FS=164.49③]

*4位 227.42 ミハル・ブレジナ(CZE)[SP=70.36⑨/FS=157.06④]
*5位 226.53 ダニエル・サモーヒン(ISR)[SP=74.62⑤/FS=151.91⑦]
*6位 226.07 ミーシャ・ジー(UZB)[SP=72.30⑦/FS=153.77⑤]
*7位 224.39 アレクサンドル・ペトロフ(RUS)[SP=71.50⑧/FS=152.89⑥]
*8位 222.13 無良 崇人(JPN)[SP=81.24②/FS=140.89⑨]
*9位 210.89 リアム・フィルス(CAN)[SP=70.09⑩/FS=140.80⑩]
10位 209.11 閻 涵(CHN)[SP=72.86⑥/FS=136.25⑪]
11位 204.69 グラント・ホクスタイン(USA)[SP=60.20⑫/FS=144.49⑧]
12位 196.53 ロス・マイナー(USA)[SP=63.92⑪/FS=132.61⑫]

羽生結弦 2位

グランプリシリーズ第2戦・スケートカナダは男子の競技を終え、地元のパトリック・チャンが逃げ切り優勝。 2位に日本の羽生結弦が入り、3位のケビン・レイノルズはGPシリーズデビュー10年目にして初のメダル獲得となりました。

優勝 パトリック・チャン(CAN)
ショートは3Aで転倒しますが、他の有力選手にもミスがあり、結果的に断トツの首位スタートを切ります。
フリーは4T,3Aを共に2度跳ぶ昨季後半の構成に加え、更に新技の4Sを投入。
実績十分のチャンとはいえ、現在では世界トップを狙うには最低でも2種の4回転が必要な時代となり、 今季から新たなチャレンジをしてきました。
結果としては4Sは転倒で、4Tがひとつ3Tになるなど、3本の4回転を成功させることは出来ませんでした。 それ以外にも3回転が2回転になるミスもあり、チャンにとったら平凡な点数に終わりました。
それでもSPの貯金が活きて、スケートカナダでは計6度目の優勝となりました。

2位 羽生 結弦(JPN)
様々なタイトルを獲得している羽生くんも、何故かGP初戦は相性が悪いようで、未だに一度も優勝がありません。
オータムクラシックでは2回とも成功させた4Loは、今回は両方ともダウングレードで転倒となりました。
ショートでは4Sが3回転になった上コンボ無しという大きな失点があり、4位と出遅れます。
フリーでは4Loのミスと、後半の4Sが2回転になるミスがありましたが、他のジャンプは頑張りました。 フリーこそ全体の1位となるも、ショートの出遅れが響いて逆転とはなりませんでした。
次は最終戦のNHK杯。NHK杯というと、去年の快挙を思い出してしまい…ついつい期待してしまいますね。

2016-2017 グランプリシリーズ 大会別出場予定選手一覧

* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル
* UR=アンダーローテッド(1/4以上1/2未満の回転不足)
* DG=ダウングレード(1/2以上の回転不足)
* TES=技術点/PCS=演技構成点


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://bonking.blog2.fc2.com/tb.php/1671-6a3f264a