フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# 2016/17 フィギュアスケート グランプリシリーズ第6戦 NHK杯 女子・結果

◆2016-2017 フィギュアスケート グランプリシリーズ
◇第6戦 NHK杯 女子 競技結果
■プロトコル  SP /  FS

*1位 210.86 アンナ・ポゴリラヤ(RUS) [SP=71.56①/FS=139.30①]
*2位 198.00 宮原 知子(JPN) [SP=64.20③/FS=133.80②]
*3位 195.88 マリア・ソツコワ(RUS) [SP=69.96②/FS=125.92③]

*4位 185.39 樋口 新葉(JPN) [SP=62.58⑤/FS=122.81④]
*5位 180.33 長洲 未来(USA) [SP=63.49④/FS=116.84⑧]
*6位 178.45 カレン・チェン(USA) [SP=58.76⑦/FS=119.69]
*7位 178.26 松田 悠良(JPN) [SP=60.98⑥/FS=117.28⑦]
*8位 175.11 エリザベート・トゥルシンバエワ(KAZ) [SP=55.66⑨/FS=119.45]
*9位 165.63 チェ・ダビン(KOR) [SP=51.06⑪/FS=114.57]
10位 160.22 アレーヌ・シャルトラン(CAN) [SP=58.72⑧/FS=101.50]
11位 159.70 ニコル・ライチョヴァー(SVK) [SP=53.43⑩/FS=106.27]



宮原知子 2位
ファイナル確定


グランプリシリーズ最終戦となるNHK杯は女子の競技を終え、ロシアのアンナ・ポゴリラヤが完全優勝。
2位に宮原知子が入り、3位はロシアのマリア・ソツコワでした。
今大会で表彰台に上がった3選手がそれぞれファイナル進出を決めました。宮原知子は日本勢では唯一のファイナル進出です。

優勝 アンナ・ポゴリラヤ(RUS)
2戦連続210点越え。貫録すら感じさせる演技でした。こりゃ完全に覚醒かな?
ショートはセカンド3Tでアンダーを取られるも70点越えの首位スタート。
フリーは最後の2Aで着氷が見られましたが、他は見た目上のミスはありませんでした。フリップは今回もエラーを取られています。 PCSはショートもフリーも9点台に乗る項目があるなど、ジャッジの評価もますます上昇しています。
優勝インタでも分かるように、ポゴリラヤは人間的にも素晴らしい子だし、素直に優勝おめでとうって思えますね。

2位 宮原 知子(JPN)
優勝には届きませんでしたが、表彰台には上がって無事2年連続のファイナルを決めました。
ショートは後半の3Lzを回転不足で転倒し、3位スタート。
彼女にしては珍しいミスでしたので、フリーでは意識するところも多少はあったと思いますが、ザッと見た限りではノーミスにまとめました。 3回転の回転不足が計3つあったため、技術点を稼ぎ切れずに自己ベストには及びませんでしたが、 ショートの失敗を引きずらないあたりがさすが知子ちゃんって感じですね。
今シーズンはまだ完璧な演技がないですが、試合を重ねるごとに完成度を上げていってくれるでしょう。ファイナルも楽しみです。

3位 マリア・ソツコワ(RUS)
ショートはノーミス演技で自己ベストを更新。70点を超えるのも時間の問題でしょう。
フリーも転倒やすっぽ抜けのようなミスはありませんでしたが、3回転以下のジャンプも含め計5つの回転不足を取られました。 前回大会でも後半でジャンプの回転不足があったので、少々スタミナに課題があるのかもしれません。
SPから順位をひとつ落とすも2戦連続で表彰台に上がり、シニアデビューの年で初のファイナル進出を決めました。
関係ないけど…ソツコワちゃん、笑顔がとてもキュート。なんとなく日本人受けしそうな雰囲気がある。

4位 樋口 新葉(JPN)
ショートでは後半の3Lzがステップアウトし、最後の3Fに2Tのコンビネーションを付けました。
フリーは前半の3Loが珍しくダブルで抜けてしまいますが、それを除いては大きなミスはありませんでした。
後半の3Lz+3Tのセカンドが回転不足で、3FはSP,FS両方ともアテンションが付いています。 早いところ完璧な演技でどんな評価を受けるか見てみたいものですが、シニアデビューのGPシリーズで3位と4位は十分に健闘したと言えるでしょう。

今大会の結果を持ち、今年のファイナル進出者(女子)は以下の6名に決まりました。
※獲得ポイントが同じ場合は、「シリーズ最高順位>出場試合の総得点」で順位が決定します。

▼2016グランプリファイナル出場者 女子シングル


ロシアが4人、日本とカナダが共に1人ずつとなり、アメリカ勢は久々の進出者ゼロに終わりました。
6選手全員が200点を超えるPBを持っているという点は昨年と同様ですが、全員が200点台のスコアを出しての戦いというのもそろそろ見られるかもしれません。

2016-2017 グランプリシリーズ 大会別出場予定選手一覧

* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル
* UR=アンダーローテッド(1/4以上1/2未満の回転不足)
* DG=ダウングレード(1/2以上の回転不足)
* TES=技術点/PCS=演技構成点


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonking.blog2.fc2.com/tb.php/1682-609e7a0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

# 2016-2017 シーズン

▼国別対抗戦
男子SP/女子SP/アイスダンスSD
男子FS/ペアSP/アイスダンスFD
女子FS/ペアFS

▼世界選手権
 男子結果   女子結果

▼四大陸選手権
 男子結果   女子結果

▼全日本選手権
 男子結果   女子結果

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 スケート・アメリカ
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 ロステレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 フランス杯
 男子結果   女子結果

 ▽第5戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第6戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

 ▽グランプリファイナル
 男子結果   女子結果

▼ジャパンオープン
 結果

■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索