フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# 女子バレーワールドグランプリ2007 日本 VS カザフスタン

女子バレーワールドグランプリ2007。
今日から予選ラウンドの最終週が始まりました。
先野選手に代わり、この週から杉山祥子選手が12名のメンバーに入りました。
今日の相手は初戦でも顔を合わせたカザフスタンでしたが、試合の行方はというと・・・

Team/Set 1 2 3 4 5 Set Count
 日本 25 25 25     3
 カザフスタン 20 22 19     0

まず第1セット。
カザフスタンに2点の先制を許しますが、その後は逆転逆転の連続。
両者の得点が10点を越えたあたりからやや日本が抜け出しましたが、カザフスタンも追いすがり、なかなか大きな点差が開きません。
しかしながら、カザフスタンはブロックしたと思った球がマーカーに当たったり、タッチアウトを取られたりと不運が続きます。
日本は15-12から栗原選手がバックアタックを決め、2度目のテクニカルタイムアウトを迎えました。
タイムアウトが明けると、カザフスタンチームにはやや乱れが見え始めます。
コンビを絡めた日本の攻撃も次々と決まり、相手の強打にもよく反応できていました。
セットポイントを握った後相手に3連続ポイントを許しますが、最後は庄司選手のフェイントが決まり、このセットは25-20で日本が奪います。

続く第2セットも序盤はカザフスタンがリード。
しかし、タイムアウト前に日本が逆転し、その後もリードを守ります。
しかし、食らいついてなかなか離れなかったカザフスタンが終盤に追い上げを見せます。
23-22と一時は1点差にまで攻め寄られますが、エース栗原のブロックアウトでセットポイントを握ると、25点目は再び庄司選手!
華麗なスパイクを決め、日本はなんとかこのセットを奪います。

続く第3セットは、スタメンで杉山選手と多治見選手を起用。
序盤杉山選手が連続ポイントを挙げましたが、カザフスタンに次々シャットアウトを食らいます。
最初のテクニカルタイムアウトは5-8と3点のビハインドで迎える形になりました。
タイムアウト明け後もカザフスタンリードの展開が続きますが、相手のミス絡みで14-14の同点に追いつきます。
相手のエースであるパブロワは相当カリカリ来ているのか、もの凄いパワーアタックを次々と打ち込んできます。
その後日本は逆転するも、栗原選手が負傷交代するアクシデントが発生。
エースを欠く苦しい展開の日本でしたが、ここはチーム一丸で乗り切りました。
緊急投入された小山選手も得点を決め、最後はパブロワをシャットアウト!
25-19でこのセットを奪い、見事ストレート勝ちを収めました。

前回の対戦に続いてカザフスタンをストレートで退けた日本ですが、栗原選手の負傷交代がなんとも気がかりです・・・。
それから、高い相手になるとブロックが出ないのは相変わらず。
記録上では4本ですが、ブロックらしいブロックが2本だけというのはやっぱり寂しいですね。

さて、明日の相手は世界ランク11位ポーランドです。
日本とポーランドといえばフルセットに縺れ込むことも多く、毎回苦戦を強いられる相手です。
最近の世界大会では若干日本に分があるものの、今回のポーランドは相当手強い気がします。
ポーランドは現段階で日本と同じ4勝3敗なのですが、日本が戦った相手よりもさらに強豪とばかり対戦してこの成績です。
この4勝の中には、世界ランク3位の中国、4位のイタリアとの一戦も含まれているのです。
あろうことに、今日の対戦で屈するだろうと思われていた世界ランク1位のロシアにも勝っちゃったというからこれまた驚き・・・。

Team/Set 1 2 3 4 5 Set Count
 ポーランド 25 25 28     3
 ロシア 21 19 26     0

世界のトップを相手にしかもストレート勝ちとは恐ろしいことこの上なし。
この成績を見せ付けられると明日は相当厳しくなりそうな感じですが、まず相手のペースに乗せてしまうとこのチームは手がつけられません。
何とか相手のエースを潰してしまいたいところです。
決勝ラウンド進出に望みを繋ぐには、明日の試合は落とせません。
何とか頑張ってくれ!!日本!!

ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓


関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonking.blog2.fc2.com/tb.php/322-c74dd425
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

柳本ジャパンが世界の強豪に挑む!=ワールドグランプリ

■ワールドグランプリでの柳本ジャパンの戦いについて、みなさんからの熱い応援コメント・トラックバックを募集しています!  女子バレーボールの国際大会「ワールドグランプリ2007」が3日に開幕する。柳本晶一監督率いる全日本女子は、竹下佳江、高橋みゆきら14名
  1. 2007/08/17(金) 21:50:23
  2. バレーボールブログ(スポーツナビ編集部)

日本、カザフスタンを破り、4勝目。

スポーツナビ|日本はカザフ破り、4勝目 バレー女子=差替パレーボール女子ワールドグランプリ大阪大会第1日日本は、カザフスタンを3-0のストレートで破り通産成績を4勝3敗としました。明日の相手はポーランド、ロシアをストレートで破っているだけに強豪でしょう。一
  1. 2007/08/17(金) 22:51:25
  2. JAOの趣味日誌

# カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

# 2016-2017 シーズン

▼国別対抗戦
男子SP/女子SP/アイスダンスSD
男子FS/ペアSP/アイスダンスFD
女子FS/ペアFS

▼世界選手権
 男子結果   女子結果

▼四大陸選手権
 男子結果   女子結果

▼全日本選手権
 男子結果   女子結果

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 スケート・アメリカ
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 ロステレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 フランス杯
 男子結果   女子結果

 ▽第5戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第6戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

 ▽グランプリファイナル
 男子結果   女子結果

▼ジャパンオープン
 結果

■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索