フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# ワールドカップバレー2007~男子 VS ブラジル

ワールドカップバレー2007~男子 大会最終日。
今日の相手は、南米選手権優勝・世界ランク1位のブラジルでした。

Team/Set 1 2 3 4 5 Set Count
 日本 25 21 19 18   1
 ブラジル 23 25 25 25   3


第1セット。
今日は試合展開を書くつもりは無かったのですが、意外な展開に急遽パソコンを広げました。
日本は世界王者を相手に競い合っています。
最初のTタイムアウトを6-8で明けると、そこから3連続ポイントで逆転に成功。
さらにブロックも飛び出し、一時は日本が2点のリードを奪います。
そのあとブラジルの3連続ポイントで逆転を許すも、日本も拾って繋ぎ連続ポイントを挙げます。
2回目のTタイムアウトを16-15とリードで迎えると、タイムアウト明けにもブロックが出て17-15。
いやー、ブラジルを相手にこんな展開になるとは想像していませんでした。
しかし日本はよく拾ってます。20点台に先に乗せたのは日本。20-17。
さらにゴッツの強烈なサービスエースで21-17。次のサーブでも乱してブロックに成功22-17。これは最高の展開ですね!マジでブラジルからセットを取るのか!?
しかし、ブラジルも王者の意地を見せて追い上げます。23-21。
越川選手がブロックアウトを取り24-21。セットポイントです。
が、ブラジルが連続ポイントで24-23。どうなるか!?・・・と思ったらこんなところでブラジルがサーブミス!
25-23で日本がブラジルからセットを奪いました。
ブラジルがセットを落としたのは、実に初日のアメリカ戦以来です。

第2セット。
ブラジルのバックからのパイプ攻撃や、叩きつける強烈なスパイクなどに圧倒される場面もありつつ、日本はこのセットも僅差でついていきます。
中盤にかけ、ブラジルのブロックなどで徐々に点差を広げられます。12-16。
しかし今日の日本は何か違う?モノにしたいラリーをモノにし、さらにジバのスパイクミスもあって再び1点差。
お互いのサーブミスを挟んだ後、越川選手のサービスエースが出て同点に追いつきました。17-17。
しかし、ここからブラジルが4連続ポイント。うーん、これで勝負あったかな・・・。
このセットは21-25でブラジルが取ります。

第3セット。
いきなり13-16からの場面から放送スタート。
ブラジルのブロックやサーブポイントでリードを広げられます。
最後はジバのバックからのパイプ攻撃が決まり、このセットは19-25。

第4セット。
越川選手のノータッチエースが決まり、3-1。さらに次のサーブもエースになり4-1。ブラジルが早々にタイムアウト。
その次のラリーも制して5-1。さらに次もラリーを制して6-1。なおもラリーを制して7-1。すごいなこりゃ。まさかフルセット?
・・・と思ったら・・・?日本のスタメンが申告と違うメンバーが入っていたと言うことで、日本のポイントが0に戻されました。前代未聞の出来事ですね。
さすがにモチベーションの維持が難しいわけで、一気にブラジルに突き放されます。1-7。
それでも諦めず追い上げを見せますが、2回目のTタイムアウトの地点で9-16。
一旦9点もの大差が付きましたが、日本はサーブで崩して怒涛の5連続ポイントを挙げます。
しかし、ビハインドが大きすぎました。最後はブラジルのサーブポイントで18-25。ブラジルが3-1で勝利しました。

敗れはしましたが、ブラジル相手によく健闘したと思います。
今日のような試合ができたら、上位相手でも十分戦えそうだと思いますけどねー。
「ブラジルを倒せ」とは言わないですが、日本は常に今日のような試合ができるようになってほしいです。
そうしたらチュニジアやオーストラリア、プエルトリコにも勝てていたでしょうに。
しかしね、第4セットのはもったいな過ぎるよ・・・。フルセットを期待してみてたけど一気にテンション下がったし・・・。でも日本側のミスだから文句も言えないけど。。。
ということで、日本は3勝8敗で今大会を終えました。最終順位は全大会と同じ9位。
これでワールドカップは3大会連続3勝8敗という結果です。なかなか4勝目が遠いですね。
日本を倒したブラジルは10勝1敗で金メダルに輝いています。

★他試合結果
☆サイトA
アルゼンチン 0-3 ブルガリア (17-25 22-25 23-25)
ロシア 3-2 アメリカ (25-23 20-25 22-25 25-17 15-8)

☆サイトB
スペイン 3-1 チュニジア (25-16 25-22 21-25 25-18)
韓国 3-2 プエルトリコ (21-25 25-18 26-24 20-25 15-8)
オーストラリア 1-3 エジプト (14-25 25-23 21-25 22-25)

ブルガリアもアルゼンチンを降し2敗を死守。
ロシアはフルセットの末アメリカを振り切りこちらも2敗を死守。
結果、得点率の差でロシアが銀メダル、ブルガリアが銅メダル獲得となりました。

★ワールドカップバレー2007 ~男子 最終順位
1.ブラジル (10勝1敗)[得点率/1.266]
2.ロシア (9勝2敗)[得点率/1.212]
3.ブルガリア (9勝2敗)[得点率/1.121]
4.アメリカ (8勝3敗)[得点率/1.123]
5.スペイン (7勝4敗)[得点率/1.028]
6.プエルトリコ (5勝6敗)[得点率/1.010]
7.アルゼンチン (5勝6敗)[得点率/0.942]
8.オーストラリア (4勝7敗)[得点率/0.893]
9. 日本(3勝8敗)[得点率/0.937]
10.エジプト (3勝8敗)[得点率/0.899]
11. 韓国(2勝9敗)[得点率/0.864]
12.チュニジア (1勝10敗)[得点率/0.861]

ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓


関連記事

コメント

[title]:惜しいことを・・・

皆さん、コメントありがとうございます。
本当に、、、まさかまさかの出来事でしたね。
確かに第4セット試合を開始した段階で審判気付いてよ!っていう感じです。
あの最高ムードから一気に振り出しに戻されたのですからモチベーションの維持が難しいですよね・・・。
第3セットの放送が大幅にカットされた上、第4セットのあのスタートを見たら完全にフルセット行きだなと思っていたのに・・・。
でも選手たちは最後まで諦めずに頑張っていました。
最終日にいい試合見させてもらったなと思います。
  1. 2007/12/03(月) 08:15:33
  2. URL
  3. BON@管理人 #dXiLrgjE
  4. [ 編集 ]

[title]:くやし~~~

4戦目のあの越川選手のサーブでの得点の中、一転して登録選手のミスでの振り出しに戻された時の選手の悔しさを思うと。。。。。。

もしかして。。。希望も見え始めたのに。。悔しくて!!!!!

その後の立て直しもむなしく、予想通りの結果となってしまったけど
日本のバレーも捨てたモンじゃないな。。。

悔しいけど、、、本当にそう思いました。

来年5月を目指して選手たちは動き始めているのでしょうね。。。

私も又来年精一杯応援したいです、、、、


  1. 2007/12/02(日) 23:33:39
  2. URL
  3. miki #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

ですょねッッ
もっと早く気づいていたら・・・。
あんなに盛り上がっててムードもよくなってたのに
あれゎホントは誰がきづかなければいけなかったんでしょうか??
  1. 2007/12/02(日) 23:11:34
  2. URL
  3. ゆうこ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:前代未聞…

今日の試合見ててびっくりしました。
確かに日本サイドのミスだけど、審判が最初の確認のときに気づいていてくれれば7点という勢いを失わずにすんだのに…;;

本当、前代未聞ですよね~
  1. 2007/12/02(日) 23:06:06
  2. URL
  3. ゆき #vZbA1Su2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonking.blog2.fc2.com/tb.php/385-86b2718c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

# 2016-2017 シーズン

▼国別対抗戦
男子SP/女子SP/アイスダンスSD
男子FS/ペアSP/アイスダンスFD
女子FS/ペアFS

▼世界選手権
 男子結果   女子結果

▼四大陸選手権
 男子結果   女子結果

▼全日本選手権
 男子結果   女子結果

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 スケート・アメリカ
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 ロステレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 フランス杯
 男子結果   女子結果

 ▽第5戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第6戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

 ▽グランプリファイナル
 男子結果   女子結果

▼ジャパンオープン
 結果

■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索