フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# 2008北京五輪 バレーボール世界最終予選-女子 日本 VS プエルトリコ

バレーボール世界最終予選2日目。今日の日本の相手は、世界ランク19位のプエルトリコです。
この大会に臨むチームの中では下位のチームですから、圧倒した試合にしてほしいと思います。

◆スタメン
◇日本 竹下佳江・栗原恵・高橋みゆき・杉山祥子・荒木絵里香・木村沙織 /リベロ:佐野優子
◇プエルトリコ モヒカ・A.クルス・E.クルス・アルバレス・Kオカシオ・トレグロサ /リベロ:セイルハマー

第1セット
日本のスタメンは昨日と変わらず。
序盤は一進一退で、プエルトリコはクルス姉妹の妹や、オカシオ姉妹の妹を中心にポイントを重ねます。
対して日本は高橋,栗原のスパイク、荒木のサービスエースなどで、まずは8-6とリード。
栗原のサーブミスの後、長いラリーをAクルスが決めて8-8。プエルトリコのブロックがしっかりと付いていて、日本の攻撃を悉く拾われています。こんなに拾って繋ぐチームでしたっけ?
日本はサーブレシーブも乱れていて逆転を許しますが、13-14としたところで荒木の落ちるサーブが決まり同点。14-14。
杉山が綺麗なブロードを決めた後、プエルトリコの攻撃がネットを越えず16-15。2回目のテクニカルタイムアウトもリードで迎えました。サーブレシーブが乱れている分、日本はまだ本来の攻撃を繰り出せていない感じです。
それにしても、タイムアウト中の柳本監督の声が酷い事に…。昨日声を出しすぎて喉がつぶれたか…かなり辛そう。
Aクルスが決めた後、杉山の角度のあるブロード。さらにAクルスのスパイクを拾い、木村が決めて18-16。
高橋がフェイントを決めた後、プエルトリコはEクルスが決め19-17。その後サーブミスで20-17。
24-20でワンブロ大村を投入すると、思惑通り綺麗なブロックを決め25-20。1セット先取。
後半は若干マシになりましたが、プエルトリコのミスに助けられたセットだと思います。
センター線とライト高橋が有効に働いていますが、栗原と木村はほとんど目立っていません。バックアタックのポイントもゼロ。

第2セット
このセットも高橋のスパイクでスタート。ブロックアウトを触ってくれて2-0。
高橋シャットの後、荒木,栗原が決めて4-1。波に乗りたい場面でプエルトリコのレシーブが乱れるも、荒木がダイレクトスパイクをアウトにするミスで4-2。こういうミスはいけないな~。
プエルトリコのアタックミス、木村のブロックなどで8-4。このセットも最初のテクニカルタイムアウトはリードで迎えました。
タイムアウト明け後、日本のミス絡みでプエルトリコが連続ポイントを取った後、栗原のバックアタックがやっと決まり9-6。さらにプエルトリコのスパイクがネットに掛かり10-6。プエルトリコがタイム。
互いにミスプレーが目立って締まらない内容ですが、2回目のテクニカルタイムアウトも16-13とリードのまま迎えます。
この後もダラダラと進み、竹下がツーを決めて24-18。ここでワンブロ大村と、セッター河合IN。結局プエルトリコのエラーで25-18。日本が2セット連取。

第3セット
展開によってはセッターの河合を試してもいいかな~と思うのですが、とりあえずはいつものメンバーでスタート。
プエルトリコはよく拾って繋ぎ、K.オカシオを中心にポイントを重ねます。
対して日本はサーブミスやシャットアウトを食らうなどあまりいい場面がありません。4-8でテクニカルタイムアウト。これじゃ河合を試すわけにもいかんのか…。
ようやく栗原が当たりだし、得点を決めるシーンが増えてきました。9-11から木村のバックアタックが決まり1点差に追い上げます。
一気に行きたいところですが、プエルトリコの連続ブロックなどで12-16。ビハインドは縮まらず2回目のテクニカルタイムアウト。
さらにサーブレシーブが乱れ、Aクルスに強烈に決められるとすぐにタイム要求。12-17。
木村のバックアタックも封じられ12-18。さらにサーブポイントで12-19。またタイム。え?マジでプエルトリコ相手に1セット落とすの?
さらにサーブレシーブが乱れるも、2段を栗原が打ち切って13-19。プエルトリコが決めた後、高橋に代えて狩野投入。
バックライトから栗原が決めて14-20。Aクルスを杉山がシャットし15-20。
竹下サーブミスのあと、狩野のスパイクがネットを伝いアウト。木村がシャットされ15-23。狩野が綺麗に決めて16-23。
ブロックアウトを取られた後、狩野の時間差で17-24。最後はKオカシオが決めて17-25。
プエルトリコを相手に、やってはいけない失セット。

第4セット
杉山、高橋のスパイクがアウトになり早速リードを許すも、プエルトリコのサーブミス、木村のサーブポイントで3-3。
この後もプエルトリコのミスに助けられつつ、7-8でテクニカルタイムアウト。
Aクルスがのびのびと強打を打ってくる場面が目立つようになりましたが、日本も高橋を中心にポイントを重ね、16-14。
17-17と同点にされた後、杉山のスパイクとブロックで19-17。しかしすぐサーブミス…。
木村のスパイクを拾われ、Aクルスが強烈に決めて19-19。栗原のバックアタックがアウトで19-20。はぁ~。
日本が決めた後、Aクルスがアンテナに当て21-20。拾って繋ぎ、木村が決めて22-20。Aクルスに決められた後、プエルトリコがまたアンテナに当て23-21。
高橋のフェイントがアウトになったりで23-23。Kオカシオがコート外に吹っ飛ばして24-23。木村サーブミス24-24。チッ!
栗原決めた後、ラリーの末荒木が決めて26-24。日本の3-1で試合終了。
今日のベストスコアラーは、共に18得点の栗原選手と高橋選手でした。

日本 3 - 1 プエルトリコ
25-20   25-18   17-25   26-24 )


勝ちはしましたが内容が最悪すぎです。いつぞやのペルー戦でセットを落としたのを見ているようで、怒りしか覚えませんでした。
現実的か非現実的かは別として、「北京でメダルを獲る」と言っているチームが、こんな気の抜けたような試合をしていてはこの先が思いやられます。
今日第4セットを取れたのも相手のミスのお陰ですし、もしファイナルセットに持ち込まれてたら…と思うとゾッとします。
今日は相手がプエルトリコだったからまだ良かったものの、これがドミニカあたりだったら多分やられてるでしょうね。
せっかく昨日いい試合をして、この内容なら最終戦のセルビア戦までは問題ないだろうと思ってたのに、今日ので全て帳消しにされた感じがします。
記録上日本のエラーは19ですが、細かなミスを入れたら今日はもう数え切れないくらい…。なんだかストレスの溜まる試合でした。

明日は1日お休みとなり、第3戦は火曜日のカザフスタン戦です。
カザフ戦はとにかくパブロワをいい気分にさせないこと。さっさと潰してしまいたいところです。
今日の反省を生かし、カザフ戦は内容のある試合をしてほしいです。

本日2日目の他試合結果は以下の通り。
簡単にしか書いてませんが、韓国VSタイは独立記事があります。興味のある方はご覧ください。

◇他試合結果
ドミニカ共和国 1-3 セルビア (25-23 25-27 21-25 20-25)
韓国 3-2 タイ (25-20 28-26 14-25 21-25 18-16) ■試合記事へ
カザフスタン 0-3 ポーランド (20-25 15-25 19-25)

ドミニカ共和国とセルビアの一戦は接戦となるも、実力で上回るセルビアが3-1で勝ちました。
しかしセルビア相手にこのスコア、ドミニカは本当に侮れない存在になりそうだな~。
この試合、4セット戦ってドミニカが犯したミスの数が42!セルビアの17と比べたらとんでもない数字だということが分かりますが、それにもかかわらずこの僅差ですからね。恐ろしいわ。
韓国VSタイはフルセットの激闘。韓国は2セット連取からのフルセット突入で流れは最悪でしたが、なんとかタイを振り切りました。韓国は2連勝。タイは4番手争いから後退しました。
ポーランドはカザフスタンを退けて初勝利です。

5/20 3日目の対戦カード
第1試合 タイ × プエルトリコ
第2試合 セルビア × 韓国
第3試合 ポーランド × ドミニカ共和国
第4試合 日本 × カザフスタン

おそらく4番手争いの最有力となる韓国とドミニカは、それぞれヨーロッパのチームとの対戦が組まれています。
順当にヨーロッパ勢が勝ってくれれば、日本としては嬉しいのですが。

ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonking.blog2.fc2.com/tb.php/449-ddabeacc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

# 2016-2017 シーズン

▼国別対抗戦
男子SP/女子SP/アイスダンスSD
男子FS/ペアSP/アイスダンスFD
女子FS/ペアFS

▼世界選手権
 男子結果   女子結果

▼四大陸選手権
 男子結果   女子結果

▼全日本選手権
 男子結果   女子結果

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 スケート・アメリカ
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 ロステレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 フランス杯
 男子結果   女子結果

 ▽第5戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第6戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

 ▽グランプリファイナル
 男子結果   女子結果

▼ジャパンオープン
 結果

■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索