フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# 2008北京五輪 バレーボール世界最終予選-男子 日本 VS イラン

昨日は歴史的とも言えるミラクル逆転負けを喫した植田ジャパン。
あまりにも大きすぎる敗戦に、私もモヤモヤした気持ちからなかなか立ち直れません。 ですが、今日からはアジア勢との4連戦が続く、非常に重要な局面です。
気持ちの切り替えが難しいとは思いますが、今日の試合は絶対に勝たないといけません。
今日の相手は、世界ランキング26位のイランです。前回のOQTでは負けていますが、ここ最近は連勝中です。

◆スタメン
◇日本 越川優・松本慶彦・山本隆弘・石島雄介・山村宏太・宇佐美大輔 /リベロ:津曲勝利
◇イラン ナーディ・マルーフ・ザリニ・ムーサビ・サデギアニ・モハンマドカゼム /リベロ:アッタル

第1セット
序盤は松本のサーブで揺さぶり、イランのミスも誘って5-1。
連続失点の後、イランのサーブミス。山本のノータッチエースが出て7-3。ゴッツが決めて8-4でタイムアウト入り。
ゴッツの強烈なサービスエースで9-4。山村シャットやノータッチエースなどで3連続失点。9-7。
越川がブロックを吹っ飛ばして10-7。モハンマドカゼムが決めて10-8。越川のタイミングをずらした軟攻で11-8。イランのクイックがアウトになり12-8。
日本のコンビ攻撃が有効に決まっていますが、ミスもあり点差は開かず。16-13でテクニカルタイムアウト。
山本の2連続サービスエースで18-13。長いラリーをイランが制して18-14。2段をゴッツがシャットされ18-15。 やっぱりサーブレシーブが乱れるとかなりの確率でシャットされますね…。
ゴッツのサービスエースで20-15。さらにゴッツの弾丸サーブで崩し、越川がシャットして21-15。今日はサーブがいいですねー。
終盤になって各チームピンチブロッカーの投入がありますが、イランには15歳の選手がいるんですね。しかも既に身長200cm…まだまだ伸びるよね。
セットポイントを握った後、長いラリーをゴッツが制して25-19。
昨日の敗戦は引きずっていないようで一安心ですね。

第2セット
山本が決めた後、イランが3連続ポイントで逆転。
越川のバックアタックで切った後、またしても山本のサービスエースで3-3。山本はもう4本目です!イランオーバーネットで4-3。
松本がこの試合初めてのクイックを決め7-5。そういえば今日はセンター攻撃が少ないですね。
宇佐美のブロックはアウトで7-6。越川が強烈に決め8-6。いやー、越川のキレがいいです。
このあとブロックポイントが2本出て13-9。モハンマドカゼムのスパイクアウトなどで15-10。 山村タッチネットのあと、モハンマドカゼムのサーブミスで16-11。今日のテクニカルタイムアウトは全てリードで入れています。
イラン連続ポイントの後、山本がノーマークで強烈に決めて17-13。さらに山本のフェイントが決まって18-13。
そして今度は宇佐美のサービスエース!日本のサービスエースはもう8本目です。
ナーディのクイックで19-14。越川決めて20-14。決定率が69%と高いです。
モハンマドカゼム決めた後、山本がシャットされ20-16。
サーブレシーブ乱れるも、山本が押し込んで21-16。ザリニのスパイクミスで22-16。また松本のサーブポイントが出て23-17。 松本はジャンピングフローターですが、相当取りにくいんですね。
イランのタッチネットでセットポイントを握ると、越川の強烈なバックアタックで25-17。

第3セット
序盤は一進一退も、両翼アタッカーがよく決めて8-5。
津曲の執念のレシーブを山本が決めて9-5。サーブミスで9-6。越川のフェイントが押し込まれ9-7。松本がネットに引っ掛け9-8。おやー、また出始めたよこのパターンが…。
松本が連続で決めた後、山本の軟攻クロスがアウト。両者サーブミスの連発で14-13。このセットはサーブミスも出てるしミスも目立ってるしあまりよくないな…。
2点差を何とか保ち続け、先に20点台に乗せたのは日本。20-18。
松本がネットに引っ掛けついに同点。1本ずつ決めた後、山本がシャットされ21-22。
越川が決めて22-22。越川はまだいいですね。モハンマドカゼム決めて22-23。2段を押し込まれ22-24。
山本決めて23-24。最後はモハンマドカゼムが決めて23-25。どうもスッキリいかないねぇ。

第4セット
1-1からイランの連続ミスで3-1。さらに互いのミスプレーで4-2。
山本のサーブで崩し、リターンボールを山村がダイレクトで決め5-2。そうそう、第3セットにはこのパターンが出なかったんですよね。
越川連続シャットで6-5…。しかし、イランが都度サーブミスをしてくれてるので助かっています。8-6でテクニカルタイムアウト。
越川の強烈なサーブで直接帰ってきたボールを、山本が決めて10-7。さらに崩し、イランのスパイクミスを誘って11-7。
この後2点差に攻め寄られるも、山村のブロックが出て14-10。さらに宇佐美が止め15-10。よしよしっ。
山本サーブミスの後、イランが見方選手の頭に当てるサーブミスで16-11。後ろからあんな強烈なサーブを当てられるなんてたまったもんじゃないですよね…。
拾って繋ぐも2段は完璧にシャットされ16-12。日本に比べイランはブロックがきっちりできてます。
さらにイランがブロックを決め18-15。嫌な場面で松本が低いトスを決めて19-15。よく切った。
サーブレシーブ乱れ、ダイレクトで決められて19-17。さらに越川シャットで19-18。やめてくれよもう~!
山本切って20-18。ふぅ~。ここでモハンマドカゼムを山村がシャット!21-18。
ゴッツが3枚の間をギリギリ抜くなど苦しい場面もあるが、交互に決めて24-22!さぁここからだ。
最後は越川が強烈に叩きつけて25-22!日本初勝利!

日本 3 - 1 イラン
25-19   25-17   23-25   25-22 )


ふぅー!第3セットから嫌な流れになっていたが、何とか振り切ってくれて良かった!
やっぱりサーブって重要ですよね。サーブミスがほとんどなく、相手を乱すサーブがどんどん入っていた1,2セットは問題なし。
しかし急にミスを連発しだした第3セットはイランを振り払うことができず…。ゲームの流れを作る上では本当に大事だなと改めて痛感しました。
さて、明日は1日お休みで、火曜日の第3戦では韓国と対戦します。
植田ジャパンになってから韓国には負けていませんが、もちろん油断は禁物。若手エースのムンソンミンや、帰ってきたイギョンスをのせたくないですね。

本日2日目の他試合結果は以下の通り。

◇他試合結果
タイ 0-3 アルジェリア (23-25 21-25 15-25)
アルゼンチン 0-3 オーストラリア (16-25 20-25 18-25)
イタリア 3-0 韓国 (25-18 25-17 25-21)

第1試合では、アルジェリアがタイを圧倒して2連勝。やはりアルジェリアは侮れないなぁ。
第2試合では、オーストラリアがアルゼンチンを楽勝で降し、こちらの2連勝スタート。強いですね。
こうなると、やはりオーストラリアには全体の1位枠で通過してもらって、日本はアジア1位枠を狙うほうが現実的かも。
次の試合でオーストラリアとイタリアが対決しますが、イタリアが日本にあれだけ苦戦したところを見ると、オーストラリアのほうが勝ちそうな気がします。
第3試合では、そのイタリアが韓国と対決し、ストレート勝ちを収めています。

6/03(火) 3日目の対戦カード
第1試合 アルジェリア × アルゼンチン
第2試合 オーストラリア × イタリア
第3試合 イラン × タイ
第4試合 日本 × 韓国

ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonking.blog2.fc2.com/tb.php/465-469c100f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

# 2017-2018 シーズン

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 ロス・テレコム杯
 男子結果   女子結果

■GPシリーズエントリー選手
■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索