フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# 2008北京五輪 バレーボール世界最終予選-男子 日本 VS 韓国

2日目にイランを降し、現在1勝1敗の植田ジャパン。
アジア4連戦の2戦目、今日の相手は世界ランキング16位の韓国です。

◆スタメン
◇日本 越川優・松本慶彦・山本隆弘・石島雄介・山村宏太・宇佐美大輔 /リベロ:津曲勝利
◇韓国 ムンソンミン・チェテウン・イソンギュ・イギョンス・ソクジンウク・シンソンホ /リベロ:ヨオヒョン

第1セット
まずは越川のスパイクで1-0。韓国のスパイクミスがあり4-2とリードするも、連続失点で同点。
ムンソンミンとイギョンスを連続シャットし6-4。韓国がよく拾って連続ポイント6-6。
交互得点が続いた後、ムンソンミンのノータッチエースで11-12。
日本は既にサーブミスが4本くらい出てます。ちょっと多いな…。
山本がライトから強烈なバックアタックを決めたあと、さっきのお返しとばかりにゴッツがノータッチエースを決め13-12。
越川シャットされるも、バウンドボールが肩に当たって韓国コートへ落ち14-13。
越川・松本の2枚でムンソンミンをシャットし16-14。2点リードでテクニカルタイムアウト。
ラリーの末、ムンソンミンの2段を松本がシャットし17-14。さすがに3枚飛んだらブロックできないとね。
韓国の攻撃を連続で拾い、きっちり決めて20-15。韓国が2回目のタイム。
松本のネットインサーブに韓国が崩され、苦し紛れのスパイクをシャットし22-16。
スパイクミスと、ゴッツがシャットされ22-18。タイムの後、山本が切って23-18。イソンギュのクイックで23-19。
ムンソンミンの強烈なサーブに崩されるも、山本が2段を完璧に決め…と思ったら何か反則を取られ23-20。
セットポイントのあと、ゴッツの120kmサーブ!…しかしアウトで24-21。越川強烈に決めて25-21。第1セット先取。

第2セット
イソンギュに決められた後、山本シャットで0-2。ゴッツが2得点連続で決め2-3。山本のエースで3-3。
この後韓国に連続ポイントがあり、最初のテクニカルタイムアウトは6-8と2点ビハインド。
越川の113kmサーブで崩すも、チャンスボールをを山本がアウト7-9。さらにサーブで乱され7-10。なんかおかしくなってきたぞ…。
荻野投入も流れは変わらず9-14。セッターを朝長に変更。
14-18から越川のノータッチエースで15-18。さらにラリーを荻野が制して16-18。しかし痛いサーブミス、そして韓国連続ポイント…16-20。
結局この差は縮まらず。21-25で韓国。

第3セット
荻野に代わってゴッツが戻っています。朝長はそのまま。
韓国サーブミスのあと、山本と松本がブロックに成功し3-0。
第2セットは一切ブロックポイントがなかったので久々ですね。
松本がシャットされた後、ゴッツが強烈に決めて4-2。ゴッツが吼えた!
韓国の反則もあり、テクニカルタイムアウトは8-5とリード。
韓国連続シャットがあり1点差。山本切って10-8。ムンソンミンの強打がアウトで11-8。ラッキー。
そして越川のクロスサーブがノータッチエースになり12-8。
ムンソンミンの強烈なサーブを1回で切り14-11。最終的に決めたゴッツがまた吼えてる ^^ このあとさらに決め15-12。うーん、ゴッツらしくなってきたよー。
イギョンスのサーブがアウトで16-13。2回目のテクニカルタイムアウトも3点リード。もう少しリードを広げたいところだが。
松本の速攻がアウト。さらに山本ミスで16-16。チッ!
韓国ドリブルのあと、好レシーブで繋ぎ、ネット上押し合いを制して18-16。よし!
松本のサーブで韓国のレシーブが乱れ、ダイレクトで押し込んで21-19。これは大きいポイントだ。
さらにイギョンスをシャットし22-19!ムンソンミンもシャットするが、採取的にイギョンスが決め22-19。
ゴッツ決め23-19。山本サーブミス…多いな今日は。
越川ミスショットで23-21。イギョンス決め23-22。もー、なにやってんの…。
ゴッツが切ってセットポイント!イギョンスが強烈に決め24-23。さぁここ!しっかり決めろ!
最後は越川がワンタッチを取って25-23。ふぅ~。

第4セット
越川のレシーブエースで2-0。しかしすぐにサーブミス。これがいけないよなー。すぐに追いつかれ2-2。
このセットの韓国は、とにかくイギョンスが目立ってます。スパイクも決められ放題なので、なんとかシャットしてやりたいもんだが…。
最初のテクニカルタイムアウトは8-7と辛うじてのリード。山本に代え、ゴリこと清水IN。
日本の3枚ブロックを前に、イギョンスがネットに掛け9-7。ラリーの末、ムンソンミンのスパイクがアウトで10-7。 さらに韓国のバックアタックを3枚でシャットし11-7。さらに、クイックを松本がシャットして12-7。よーし!
清水と松本が連続シャットされた後、やっと清水が決め13-9。そして越川のノータッチエース!
さらに連続シャットなどで流れを掴み、20点に到達したときには7点リード。さすがにこれだけリードすれば大丈夫だと思いますが、 この前のこともあるのでしっかり最後まで気を抜かずに!
韓国は得点を決めてはサーブミスといういけない流れで22-15。ゴッツがブロックアウトを取って23-16。
イギョンスが3枚を抜いて23-17。コンビミスでチャンボを返し、きっちり決められ23-18。
こんなところでイギョンスがサーブミス。労せずマッチポイントを握り、最後は清水が強烈に決め25-19!3-1で日本勝利!

日本 3 - 1 韓国
25-21   21-25   25-23   25-19 )


もうちょっと楽に勝ってほしかったですが、とりあえずアジア対決はこれで2連勝です。今日はゴッツが吹っ切れたかのように活躍してて嬉しかったです。
明日はアジア対決の3戦目、タイと対決します。

本日3日目の他試合結果は以下の通り。

◇他試合結果
アルジェリア 0-3 アルゼンチン (18-25 24-26 22-25)
オーストラリア 0-3 イタリア (17-25 9-25 16-25)
イラン 3-1 タイ (18-25 25-15 25-23 25-14)

今日の注目は第2試合のオーストラリア×イタリアですが、結果はイタリアの圧勝。 オーストラリアは負けるにしてもこのスコアは本当かというくらいグダグダだったみたいです。男子で25-9なんて相当珍しいですよね。エースのキャロルはわずか4得点…。しかもこれがチームの中で最高得点タイだそうで…。
イタリアは残りの試合に負けそうにありませんし、これで1位通過はほぼ確定ですかね…。オーストラリアも残り試合で負けるようには思えないので、 日本はオーストラリアを含め、残りに全勝しないと五輪出場は厳しいです。
私の中ではオーストラリアが全勝通過で、日本はアジア枠トップという構想でいたのですが、この構想は早くも崩れ落ちました…。
とにかくもう勝って勝って勝つしかない!

6/04(水) 4日目の対戦カード
第1試合 アルゼンチン × イラン
第2試合 韓国 × オーストラリア
第3試合 イタリア × アルジェリア
第4試合 日本 × タイ



ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓


関連記事

コメント

[title]:

そうですとも!限りなく上を目指して頑張ってほしいですね。
仮にオーストラリアを倒したとしても、気を緩めることなく最後まで戦いぬいてもらいたいです。
  1. 2008/06/04(水) 21:00:57
  2. URL
  3. BON@管理人 #dXiLrgjE
  4. [ 編集 ]

[title]:植田ジャパン、もっと貪欲になれ!!

確かに初日にイタリアには敗れはしましたが、その後はきちんと立て直しています。無謀な挑戦でも限りなく総合1位に近い座を目指し、植田ジャパンに大奮闘していただきたいものです。オーストラリアは態とかどうかは分かりませんが、大きく水をあけられ、大敗を喫した模様ですが、この試合は最初からやる気を出さずに、アジア枠を巡って、日本と一騎打に持ち込もうと企んでいるのではとさえ思えてきました。ですが、植田ジャパンにはそんなことは考えずに1つ1つの試合に貪欲になってほしい次第です。これで日本がオーストラリアに勝てば「様見ろ」というところですね。少なからず、今日と明後日の試合を植田ジャパンには1プレー1プレーに闘魂を込めて戦ってもらいたいです!それでは最後に一発気合を込めて…北京へジャンプ!!頑張れ、日本!!
  1. 2008/06/04(水) 01:03:29
  2. URL
  3. calm #ElzBxJP2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonking.blog2.fc2.com/tb.php/466-c7c0a08c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バレーボール世界最終予選2008 男子 韓国戦

JUGEMテーマ:スポーツ 日本  3-1   韓国 今日は韓国戦でした。 全体の1位とアジアの1位が出場条件である以上、アジア相手には負けられないところです。 そして、勝利しました。おめでとう。 今日は第3セットから見ることが出来ました。 越川選手のジャ?...
  1. 2008/06/03(火) 21:57:43
  2. mmkg

# カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

# 2017-2018 シーズン

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 ロス・テレコム杯
 男子結果   女子結果

■GPシリーズエントリー選手
■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索