フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# 2008北京五輪 バレーボール女子 予選4日目 日本 VS キューバ

ポーランド戦の激闘を制し、現在現在2勝1敗の日本。
今日の相手は、3戦3勝と勢いに乗るキューバです。
あの中国でさえ、キューバの強烈なサーブと打点の高いスパイクに手こずって8連続失点するなんてこともありましたし、普通にいったら今のキューバに勝つのは厳しいです。
一応準々決勝進出への最低ラインはクリアしている日本ですが、明日の試合でポーランドがアメリカに勝ってしまうと、得点率勝負に持ち込まれてしまいます。 ですからあとひとつの白星をなんとかもぎ取りたいですね。負けるにしても、得点率を考えると大差負けは厳禁です。

◆スタメン
◇日本 栗原恵・竹下佳江・杉山祥子・木村沙織・高橋みゆき・荒木絵里香 /リベロ:佐野優子
◇キューバ カルデロン・ルイザ・ラミレス・サントス・カリーヨ・サンチェス /リベロ:メサ

中国の試合が長引いたため、日本の試合はまた開始時刻が大きくずれ込みました。 中国が毎日ゴールデンの時間帯で試合をするのは仕方ないとは思いますが、前の試合との間に沢山時間があるのだから、そこで日本に試合やらせてほしいものです。
せっかくほとんど時差のない五輪大会なのに、毎日深夜になるから寝不足で困ります・・・。

第1セット
カルデロンが2連続で決めたあと、日本は栗原のバックアタック、高橋のスパイクで2-2。
カリーヨのクイックで2-3。ルイザ決めて2-4。栗原アタックライン踏み越しで2-5。高橋連続シャットで2-7。杉山ネット越えず2-8。どうにもならん…。
栗原がやっと切って3-8。キューバのミスが2つあり7-10となるも、日本もミス連発で7-13。う~ん・・・。
キューバが2段を楽勝に決め続け10-18。日本はミス連発で話にならず、大差でこのセットを奪われました。17-25。
しかしキューバってこんなに拾って繋ぐチームでしたっけ?2段も楽勝で決めちゃうからとてつもない強さを感じる…。

第2セット
杉山を下げ、多治見スタメン。
このセットは、苦しい場面をブロックアウトなどで凌ぎ、僅差の攻防が続きます。2回目のテクニカルタイムアウトは15-16と1点差。
多治見が連続で決まらず、キューバに連続ポイントで15-18。これでこのセットも勝負あったか…。
しかし、栗原のネットインエース、木村のブロックアウトで18-18の同点に追いつきます。うーん、このセットは粘っているだけになんとしても取りたいですね。
が、キューバ連続ポイントで18-20。栗原決めた後、カリーヨのクイックがアウトで20-20。今度はカリーヨ決めて20-21。高橋のフェイントで21-21。
多治見サーブミス。これは痛い・・・。荒木決めて22-22。ルイザの軟攻決まり22-23。そしてサントスのノータッチエース。22-24。
キューバのサーブは比較的凌げていたのだが、ここでついにやられたか。最後はルイザ決め22-25。

第3セット
栗原のブロックアウトと木村のスパイクで2-0とするも、すぐに逆転され6-8でテクニカルタイム。
日本も良く粘ってるのだけど・・・なかなか点差が縮まらない…。しかし、高橋のキルブロックとブロックアウトでついに19-19の同点!そして竹下のエースで逆転!20-19。
カルデロンがブロックアウトを取って20-20。高橋のスパイクはミスとなり20-21…。うーん、せめてこのセットは取りたいのに…。
杉山決めて21-21。ルイザ決めて21-22。そしてカリーヨのサービスエース・・・。キューバのエースが効果的なところで出てくるよね…。 さらにルイザに決められ21-24。カリーヨサーブミスのあと、最後はサントス決めて21-25。ストレート負け。

日本 0 - 3 キューバ
( 17-25   22-25   22-25


2年前くらいのキューバだったら第2,第3セットは取れてたと思うのですが、なんかミスも少なくなってるし守りも粘っこくなってますよね・・・。ほんと強かった。
第1セットはともかく、日本もなかなか良くやってたと思います。キューバのブロックポイントは6本だけですし、サーブも3本だけ。だけど効果的なところでやられてしまいました。
これで2勝2敗となった日本は、現在A組4位。予選最終日の相手は、地元の中国です。またあのうるさいブーイングを聞かないといけないのか…。
この試合に勝てば準々決勝進出決定ですが、その前の試合でポーランドがアメリカに負けても進出が決定します。
しかし、アメリカはいいのか悪いのかよく分からないし、ポーランドが勝って得点率勝負になることも結構現実的だと思います。
アメリカは既に準々決勝進出を決めているので、手を抜いて…ってパターンが一番困りますよね。ベネズエラにセット取られるくらいですから…やっぱ心配だ。
仮にポーランドがアメリカに25-20 25-20 25-20で勝ったとして、日本が中国に20-25 20-25 20-25で負けたとしたら、得点率勝負ではポーランドが勝ち、日本は敗退となります。 うーん、ポーランド負けてくれないかな。

◇予選4日目・試合結果
・A組
ベネズエラ 0-3 ポーランド (12-25 12-25 20-25)
アメリカ 3-2 中国 (23-25 25-22 23-25 25-20 15-11)
日本 0-3 キューバ (17-25 22-25 22-25)
・B組
アルジェリア 0-3 ロシア (11-25 19-25 10-25)
ブラジル 3-0 カザフスタン (25-13 25-6 27-25)
セルビア 0-3 イタリア (23-25 20-25 19-25)

A組では、日本戦の前のアメリカ×中国戦が大接戦!交互にセットを奪い合い、勝負はファイナルセットへ。
ファイナルセットはグラースのエースと、オウイメイのスパイクミス連発などでアメリカが6-1とリード。 第3セットの終盤もそうでしたが、中国はスパイクのミスが目立ってます。
中国も追い上げを見せますが、さすがにこのビハインドは痛く、アメリカ15-11でゲームセット。 ベネズエラにセットを落とす失態もあったアメリカですが、しっかり立て直して中国を撃破しました。
そういえば、アメリカの監督は中国の英雄である朗平氏ですけど、観客はそれでもブーイングとかするんですかね?ちょっと気になりました。
B組ではアルジェリアとカザフスタンが共に4連敗となりましたので、それ以外の4チームが準々決勝進出を決めています。

ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonking.blog2.fc2.com/tb.php/511-b82c707e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

# 2016-2017 シーズン

▼国別対抗戦
男子SP/女子SP/アイスダンスSD
男子FS/ペアSP/アイスダンスFD
女子FS/ペアFS

▼世界選手権
 男子結果   女子結果

▼四大陸選手権
 男子結果   女子結果

▼全日本選手権
 男子結果   女子結果

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 スケート・アメリカ
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 ロステレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 フランス杯
 男子結果   女子結果

 ▽第5戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第6戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

 ▽グランプリファイナル
 男子結果   女子結果

▼ジャパンオープン
 結果

■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索