フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# バレーボール女子 ワールドグランプリ2009 第1週 日本 VS タイ

初戦はオランダを相手のストレート負けの真鍋JAPAN。第2戦の相手は、世界ランク19位、同じアジアのタイです。

◇スタメン (順不同)
日本:竹下佳江 庄司夕起 坂下麻衣子 狩野舞子 荒木絵里香 木村沙織 L=佐野優子
タイ:ヌットサラ プルームジット ウィラワン エムオン マリカ オヌマー L=ワンナ

第1セット
まず、やっぱりね…と思ったのがセッター竹下のスタメン。
岡野を試すと発言しておきながら、結局は今日の勝ちを優先するようです。なんだかなぁ…。
それから今日は栗原を外して狩野舞子スタメンでスタートです。
荒木のクイックで1-0。エムオンのスパイクが決まり1-1。ウィラワンのフェイントで1-2。狩野の強打で2-2。
タイのクイックをシャットし、プッシュリターンがアウトで3-2。ウィラワン決め3-3。
タイのサーブミスのあと、ラリーを坂下のスパイクで制し4-4。ネット際ウィラワンに押し込まれ5-4。庄司のブロードはアウトで5-5。
ラリーで木村のバックアタックがネットを越えず、5-6。まぁ超えたとしても真正面でプルームジットが壁になってましたけど。
エムオンサーブミスのあと、日本は坂下のサーブで崩すも、狩野のスタンディングスパイクがアウト。6-7。
庄司のブロードが決まり7-7。拾って繋ぎ、木村が決めて8-7。なんとかリードでTTO。だけど今日ももったいないプレーがチラホラ。
プルームジットのブロードを拾い、木村のフェイントが決まり9-7。プルームジットのクイックで9-8。
オヌマーが決めて9-9。荒木のブロードで10-9。プルームジットのバックセンターで10-10。坂下のバックセンター返しで11-10。
オヌマー決めて11-11。坂下のワンタッチ狙いはギリギリ成功で12-11。マリカ決めて12-12。ラリーはウィラワンのスパイクがアウトで13-12。
エムオンのクロスで13-13。カット乱れるも、坂下のプッシュが決まって14-13。拾って繋ぎ、木村のプッシュで15-13。
坂下のエースで16-13。連続ポイントで2回目のTTO。
あれ、CM明け17-13になってる。狩野のバックライトがアウトで17-14。木村決めて18-14。
なんかワケのわからない得点がタイに入り、18-15。タッチネット?プルームジットのサーブミスで19-15。
プルームジットのバックセンターをシャットし20-15。タイはマリカに代えアンポーンを投入。
そのアンポーンのブロードが決まり20-16。ヌットサラのサーブミスで21-16。
ラリーでオヌマーの軽いスパイクがアウトになり22-16。
エムオン決めて22-17。ウィラワンをシャットし(あるいはネットを越えていない)23-17。今度はウィラワン決めて23-18。
狩野がセンターに切り込んで24-18。狩野のサーブはギリギリアウトで24-19。最後は庄司のブロードで25-19。

第2セット
まずは木村のブロックで1-0。アンポーンのブロードで1-1。
荒木のブロードがアウトで1-2。木村決めて2-2。マリカのクロスで2-3。
坂下の強打で3-3。荒木のサーブミスで3-4。ラリーを庄司のブロックで制し4-4。
2段を坂下が決め5-4。ウィラワン決めて5-5。マリカのエースで5-6。坂下のクロスで6-6。
プルームジットの速攻で6-7。ウィラワンサーブミスのあと、オヌマーがブロックアウトをとり7-8。
カット乱れ、タイのチャンスボールをブロックで2回凌ぐも、最終的にオヌマーに決められ7-9。
プルームジットのサーブは完全にアウトで8-9。プルームジットのサーブはもっと強烈で精度も高かったように記憶していますが、今日のサーブは精彩を欠いているか。むしろ今日はオヌマーのサーブのほうが嫌かも。
ラリーは木村のスパイクがアンテナに当たり8-10。
ネット際、ライト木村がスタンディングでもの凄いコースに打って9-10。
タイのコンビで9-11。オヌマーのサーブに崩され、チャンスボールをきっちり決められて9-12。
次も崩されるも、坂下がブロックアウトを取って10-12。オヌマー決めて10-13。カット乱れるも、坂下がまたブロックアウトを取って11-13。
プルームジットのクイックで11-14。またカット乱れるも、坂下が上手いコースに落として12-14。
さっきから坂下は2段ばかりを連続して決めています。互いにサーブミスで13-15。
サーブで崩し、オヌマーをドシャットして14-15。そろそろ追いついとかないと厳しいのですが、ここでまたしてもサーブミス。14-16で2回目のTTO。
荒木拾われ、軽く還されたボールを見失い14-17。プルームジットはまたサーブミスで15-17。 日本は前3枚が高い3人揃ったので、ここはシャットしたいところ。が、オヌマーがブロックの間を抜いて15-18。 狩野決めて16-18。荒木の足レシーブからラリーになり、最後はタイのリターンがアウトで17-18。 アンポーンの強烈なブロードで17-19。ここでまたオヌマーのエース17-20。追いつけそうで追いつけないです。 次もオヌマーのエースで17-21。うーん、これは決まってしまったか。 また崩され、チャンボをマリカが決めて17-22。次はなんとかラリーを制して18-22。 ウィラワン決めて18-23。坂下決め19-23。サーブで崩すもワンハンドトスからの速攻で19-24。 先ほどから竹下に代わって入っている山口がワンタッチを取り20-24。最後はきっちり決められ20-25。

第3セットは丸々カット。18-25でタイが取りました。
OQTの時と同じく、セットカウントでリードを取られています。

第4セット
7-8から放送スタート。荒木と狩野が外れて、山口と井上がスタメンで出ているようです。
あれよあれよという間にタイの連続ポイントで8-11。さらにオヌマーのエースで8-12。それにしてもいいサーブを打つよなぁ。完全にタイのペースです。
マリカサーブミスの後、坂下のサーブで崩し、山口のブロードで12-14。さらに坂下のエースで13-14。
なおも坂下のサーブで崩し、木村がダイレクトで押し込んで14-14。そしてさらに坂下のエースで15-14。
マリカがようやく切るも、すぐにサーブミスで16-15。ラリーをマリカのバックライトで制され16-16。
荒木のスパイクミスの後、坂下のバックセンターで17-17。オヌマーのクロスがアウトで18-17。アンポーンのブロードを木村がドシャットし19-17。
オヌマーが決めて19-18。庄司が決めて20-18。マリカが決め20-19。オヌマーのサーブでまた崩されるも、最後は庄司のシャットで21-19。
タイのオーバーネットで22-19。ラリーを制され22-20。
アンポーンのサーブミスで23-20。ラリーを坂下のクロスで制し24-20。最後は山口のノータッチエースで25-20。

第5セット
連続のラリーをタイが制して0-2。サーブミスの後は再び長いラリーになるも、最後は坂下のブロックで2-2。
プルームジットのクイックで2-3。マリカのエースで2-4。坂下の強打で3-4。ウィラワン決めて3-5。
長いラリーをプルームジットが制して3-6。またしてもラリーになりますが、坂下が落ち着いてブロックアウトを取り4-6。
オヌマーが決め4-7。そしてプルームジットのエース。これが本来の彼女のサーブですねぇ。4-8。
タイがサーブミスの後、日本は拾って繋ぎ6-8。アンポーンのブロードはアウトで7-8。そして坂下のエースで8-8。
アンポーン決め8-9。ラリーをタイがマリカのシャットで制し8-10。次のラリーはなんとか井上のブロードで制し9-10。
次も長いラリーになりますが、オヌマーが制して9-11。木村が2段を打ち切れず9-12。
庄司の速攻で10-12。マリカの強打で10-13。タイのサーブミスで11-13。ウィラワン決めて11-14。最後は坂下のクロスがアウトで11-15。

日本 2 - 3 タイ
25-19   20-25   18-25   25-20   11-15


これで日本は2連敗。昨日の内容からすると、タイに負けてもそんなに驚きはしないのですが、竹下を使って勝ちに行ったにもかかわらずこの結果。次のポーランド戦はどうするんですかねぇ。
今日は坂下の活躍ぶりが唯一の明るい材料ですかね。99得点中25得点を叩き出しました。その内、サーブでも4本のエースを奪っています。
ただこれが身長の高いチームだったり、研究をされてきたときにどうなるかですね。
それにしても今日は栗原を頑なに出しませんでしたが、何かあったんですかね?この試合でコートに立たなかったのは栗原だけです。怪我とかじゃなければいいんですけど。

★8/01全試合結果

◇中国/寧波
ドミニカ共和国 2-3 ロシア (21-25 27-25 25-19 11-25 10-15)
中国 3-0 韓国 (25-15 25-21 25-14)

◇ブラジル/リオ・デ・ジャネイロ
ブラジル 3-0 ドイツ (25-12 25-19 25-16)
プエルトリコ 2-3 アメリカ (25-21 25-20 23-25 14-25 13-15)

◇ポーランド/キェルツェ
ポーランド 0-3 オランダ (23-25 20-25 21-25)
タイ 3-2 日本 (19-25 25-20 25-18 20-25 15-11)

ガモワ温存のロシアはドミニカ共和国相手に苦戦。第4セットからはガモワをスタメン起用し、なんとか逆転で勝利しています。
中国は韓国を、ブラジルはドイツをそれぞれ圧倒しています。
アメリカはプエルトリコ相手に2セットダウンからの逆転勝ち。アメリカも世代交代で苦しんでいるのか。
日本の次の相手であるポーランドはオランダにストレート負けし2連敗。日本はポーランドに3連敗中。どちらが白星をモノにするでしょうか。
放送が今日の深夜1時からなので、記事書くのは明日の夜になりそうです。

ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonking.blog2.fc2.com/tb.php/659-5e1b6829
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

# 2016-2017 シーズン

▼国別対抗戦
男子SP/女子SP/アイスダンスSD
男子FS/ペアSP/アイスダンスFD
女子FS/ペアFS

▼世界選手権
 男子結果   女子結果

▼四大陸選手権
 男子結果   女子結果

▼全日本選手権
 男子結果   女子結果

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 スケート・アメリカ
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 ロステレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 フランス杯
 男子結果   女子結果

 ▽第5戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第6戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

 ▽グランプリファイナル
 男子結果   女子結果

▼ジャパンオープン
 結果

■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索