フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# バレーボール女子 ワールドグランプリ2009 第1週 日本 VS ポーランド

オランダ、タイを相手に2連敗中の日本。第3戦は、世界ランク9位、地元ポーランドと対戦しました。 今日は更新が遅くなり、閲覧される方も少ないかと思うのでザックリ書くことにします。

◇スタメン (順不同)
日本:竹下佳江 庄司夕起 栗原恵 狩野舞子 荒木絵里香 木村沙織 L=佐野優子
ポーランド:サドレク ピコシュ バランスカ カチョル ベドナレク ヤゲーロ L=ゼニク

今日も日本の国歌は途中でぶった切り。「こけの~」まで流すんだったら最後まで流せ。
ま、それはいいとして、え…、なに日本のこのガッチガチのスタメンは…。
ポーランドはグリンカが産休中。スコブロニスカは怪我でいません。日本が初夏の頃の遠征で3連敗した時とほぼ同じ面子です。

第1セット
いきなり荒木がシャットされたり、狩野のスパイクのミス連発で序盤からポーランドが3点リード。今のところ今日もサーブカットが乱れてます。
ピコシュのスパイクミスと栗原のブロックで一旦6-6に追いつくも、狩野のサーブミスと、バランスカのエースで6-8。
日本にもこのくらい威力のあるサーブを打つ選手が何人かいればいいのに。今ジャンサ打つのって栗原だけですよね。
竹下のエースで10-10。木村がセンターに切り込んで11-11。今のは気持ちよく決まった。が、すぐサーブミス。
なんだかいいプレーがあった直後、流れを止めるサーブミスが多すぎる気がします。
ポーランドのミスで13-12。ポーランドタイムのあと、またしてもサーブミス。狙うのはいいけど悉くアウトになるんではねぇ…。
このサーブミスを含み3連続失点でポーランドが逆転。終盤もミスがらみの4連続失点があるなど徐々に差を広げられ、20-25でポーランドが先取。

第2セット
いきなりバランスカのスパイクミスで1-0。互いにサーブミスの後、バランスカを3枚でシャットし3-1。
カチョル決めて3-2。狩野がシャットされ3-3。
5-5から、バランスカのエースで5-6。あれ、今度はジャンピングフローターで打ってきました。ヤゲーロ決めて、7-8でTTO。
連続失点で2点差を付けられるも、日本も連続得点、そしてポーランドのコンビミスで12-11。こうやってポーランドがミスをしだしたときに走りたいですが…。
カチョルが連続で強打を決め13-13。狩野決めて14-13。
ヤゲーロ決め14-14。拾われ、ツーで還され14-15。栗原スパイクミスで14-16。
日本は守備で入っている濱口がベルチクのサーブをレシーブできずに15-18。ポーランドはセッターがいつの間にかベルチクに代わってます。
セッター岡野がピンサで登場。カチョルが決めて16-19。荒木がブロックアウトをとって17-19。バランスカの強打はアウトで18-19。拾って繋ぎ、木村決めて19-19。
バランスか決めて19-20。栗原のバックアタックが決まり20-20。
先ほどピンサから入っているガイガウのスパイクがアウトになり21-20。カチョル決め21-21。
狩野決めて22-21。ガイガウの速攻で22-22。
ネットインで崩されラリーになるも、庄司のブロックで23-22。ヤゲーロがワンタッチを取って23-23。最初はアウト判定で日本にセットポイントが点りましたが、VTR見たらしっかり触って ますのでこれは仕方ない…。
栗原決めて24-23。サーブで崩すもヤゲーロ決めて24-24。3枚居たんだからこれは止めたかった。
庄司のブロードは流れてアウトになり24-25。バックセンター栗原へのトスがずれて拾われると、フェイントを落とされ24-26。このセットは取りたかったのに…。

第3セット
序盤は一進一退で10-11。栗原のバックアタックはアウトの判定。だけどVTR見ると触ってるんだけどね。腹立つわ。
木村がベドナレクにシャットされて10-13。バランスカを荒木がシャットして11-13。狩野に代え坂下IN。ベドナレクがブロックアウトを取り11-14。
坂下決めて12-14。ガイガウ、木村と決めた後、荒木のエースで14-15。カチョルの強打で14-16となり、2回目のTTO。
交互得点で17-18としたあと、ピンサ岡野のネットインエースで18-18。
拾って繋ぎ、栗原のバックセンターで19-18。また岡野のネットインで崩すと、木村がシャットに成功し20-18。
次は長いラリーになりますが、カチョルのスパイクミスで21-18。5連続ポイント。
岡野のサーブはギリアウトで21-19。バランスカ決めて21-20。
坂下決め22-20。拾って繋ぐも栗原のバックセンターは読まれてシャット。坂下なんとか決めて23-21。
バランスカ決めて23-22。坂下の超クロスが決まり24-22。ガイガウのブロードで24-23。
坂下決まらず、日本のレシーブをヤゲーロが押し込んで24-24。またあと1点が取れない…。
バランスカのサーブがぎりぎりアウトで25-24。拾って繋ぐも栗原ドシャットで25-25。
ラリーをヤゲーロが連続で決めて25-27。2セット連続でセットポイントからの逆転負け。

日本 0 - 3 ポーランド
( 20-25   24-26   25-27


うーん、こう言っては失礼ですが、どうも真鍋監督の考え方がよく分からないです…。
このラウンドって、岡野をはじめ、新しい戦力を試す場にしたかったんじゃないのでしょうか?
それが、初戦のオランダ戦で2セットダウンになると、第3セットからは、ようやくリズムの出始めたセッターの岡野を竹下に交代。
以後、続く第2戦、そして今回の3戦とセッターはほぼずっと竹下を使い続けました。
真鍋さん、岡野をもう見切ってしまったとでも…?
正セッター候補の横山が戻るまで、結局セッターは竹下に頼り続けることになるのか。

そして今回のポーランド戦では坂下まで外し、結局この試合のスタメンは柳本監督時代に戦ってきた面子ばかり。まぁ、最後坂下は出ましたが。
そりゃこの試合を落とすと何か制裁が下るとか、何かのビッグタイトルが掛かっているというのならまだしもですが、 最初から決勝ラウンド行きが保証されている大会の予選ラウンドですからね…。
さらにはこのガチメンで戦い、若手主体のポーランドにストレートで敗れてしまっては…これではあまり意味のない試合になってしまいます。

3連敗の日本は国内に戻り、今週のラウンドは大阪で行われます。対戦相手は、プエルトリコ→韓国→ロシアの順です。
今回はゴールデンでの放送があるし、そうなるとある程度結果を求められてしまうわけですよね。
あまりに無様な試合をすれば、普通の視聴者はバレーに対する興味も薄れてしまう可能性があるわけで、TV的にはよくありません。
だから余計に毎試合毎試合ガチメンでの試合になりそうな気がしてならないんですよね。
まぁそうやってメディアが勝手にギャーギャー盛り立ててるところも問題なわけで、 それが原因で試したいことが出来ないとすれば、それは監督さんも気の毒なところですけどね。特に韓国戦なんて負けが許されないですから多分ガチメンで臨むでしょうね。

今の日本だと、プエルトリコ戦も危ないでしょうし、韓国にも足元救われる可能性も十分にあるかもしれないです。
どうかこの悪い予感は外れて欲しいと切に願うばかりです。

★8/02全試合結果

◇中国/寧波
韓国 2-3 ドミニカ共和国 (22-25 12-25 25-18 26-24 10-15)
中国 3-2 ロシア (23-25 25-23 20-25 25-14 15-9)

◇ブラジル/リオ・デ・ジャネイロ
ブラジル 3-0 アメリカ (25-18 25-22 25-13)
プエルトリコ 2-3 ドイツ (25-19 20-25 25-18 13-25 12-15)

◇ポーランド/キェルツェ
ポーランド 3-0 日本 (25-20 26-24 27-25)
オランダ 3-1 タイ (25-27 25-21 25-17 25-20)

ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonking.blog2.fc2.com/tb.php/660-fe1127be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

# 2016-2017 シーズン

▼国別対抗戦
男子SP/女子SP/アイスダンスSD
男子FS/ペアSP/アイスダンスFD
女子FS/ペアFS

▼世界選手権
 男子結果   女子結果

▼四大陸選手権
 男子結果   女子結果

▼全日本選手権
 男子結果   女子結果

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 スケート・アメリカ
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 ロステレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 フランス杯
 男子結果   女子結果

 ▽第5戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第6戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

 ▽グランプリファイナル
 男子結果   女子結果

▼ジャパンオープン
 結果

■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索