フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# バレーボール女子 ワールドグランプリ2010 決勝R 日本 VS ブラジル

予選ラウンドを6勝3敗の4位で通過し、今日から決勝ラウンドがスタート。
初戦の相手は、世界ランク1位のブラジルです。
ちなみに、決勝ラウンドの地上波放送は各試合1時間20分しかないため、 ストレート試合でない限りかなりのカットが予想されます。予めご了承ください。

◇スタメン (順不同)
日本:竹下佳江 木村沙織 井上香織 山口舞 江畑幸子 山本愛 L=佐野優子
ブラジル:ファビオラ マリ ファビアナ シェイラ ジャケリネ タイーザ L=ファビ

第1セット
ファビアナのBで0-1.ラリーを木村が制し1-1.ジャケリネ決めて1-2.
佐野オーバーから木村のバックアタックはシャットで1-3.
シャットはされたけど、今までだったら出来なかった攻撃ですね。
山口決めて2-3.ジャケリネ決めて2-4.シェイラのサーブを佐野が弾き2-5.
山口のプッシュで3-5.ジャケリネ決めて3-6.
シェイラがブロックアウトを取り3-7.ラリーはジャケリネの強烈なバックセンターが決まって3-8.TTO。
放送が飛び、2ndTTO明け8-16から。
江畑のリバウンド狙いの軟攻を押し込まれ8-17.井上のAがシャットされ8-18.
木村決めて9-18.ファビアナのBで9-19.江畑が2段を決めて10-19.
タイーザのBを山本がシャットし11-19.井上サーブミスで11-20.もったいね。
ジャケリネ決めて11-21.ジャケリネのフェイントで11-22.
江畑がキツイ2段を決めて12-22.長いラリーはジャケリネが制し12-23.
タイーザのAで12-24.江畑の強打で13-24.江畑のサーブミスで13-25.
こんだけサーブカットが乱れ、トスも悪けりゃ勝てるわけなし。

第2セット
12-10の場面から放送スタート。江畑決めて13-10.
江畑のサーブミスで13-11.ラリーは木村が制して14-11.
ブラジルからのチャンスボールを誰も拾いに行かず14-12.痛いミスだなぁ。
井上のCワイドで15-12.シェイラのバックセンターで15-13.
ラリーを木村が制し16-13.リードで2ndTTO。
木村のサーブミスで16-14.山口のフェイントで17-14.
井上のサーブで崩し、ファビオラのホールディングで18-14.マリ決めて18-15.
江畑決めて19-15.ファビアナのクイックを拾うも、木村のバックセンターがシャットされ19-16.
山本決めて20-16.ラリーはシェイラのフェイントがネットを超えず21-16.
ジャケリネの超クロスで21-17.木村ドシャットで21-18.
山本もシャットで21-19.ラリーはタイーザのAで21-20.あーあ…。
江畑のバックライトで22-20.タイーザの強烈なAで22-21.
江畑のバックセンターで23-21.長いラリーは木村のクロスがアウトで23-22.
タイーザのサーブで崩され、チャンスボールをファビアナのAで決められ23-23.ついに同点…。
木村の超クロスで24-23.最後は、途中から入っていたナタリアを江畑がドシャットし25-23.
本当ならもうちょっとスムーズに取ってほしかったですが、なんとか最後は踏ん張りました。
セットカウント1-1.

第3セット
なんと、放送は完全にカット。
18-25で落とし、セットカウント2-1.
てか放送時間まだ半分も行ってないぞ…?

第4セット
日本のメンバーに変更無し。ブラジルはナタリアとパウラが入っています。
マリとシェイラがベンチに下がっています。第3セットの様子が分かりませんが、 調子が悪いのか、ただの温存なのか…。でもマリはほとんど目立ってませんでしたね。
ファビオラのツーで0-1.タイーザのエースで0-2.山口のフェイントはシャットで0-3.
江畑のバックセンターで1-3.木村のサーブをブラジルが繋ぎきれず2-3.
パウラをシャットし、上げられたボールを井上がダイレクトで決め3-3.
ラリーは江畑が2段を決め4-3.ファビアナのツーで4-4.
ファビオラのサーブミスで5-4.井上のサーブをジャケリネが弾き6-4.
次も崩すも、ナタリアのパワースパイクで6-5.パウラのホームランサーブで7-5.
ジャケリネを拾い、江畑が2段を決めて8-5.TTO。
パウラが下がってマリが復帰。実況によると、第3セットではマリをサーブで狙って潰し、代わりにパウラが出てきていたようです。 このセットは完全に逆のパターンですね。
ファビアナのBで8-6.ラリーはナタリアのクロスで8-7.
山本のフェイントで9-7.ジャケリネのストレートがアウトで10-7.
ナタリアのストレートもアウトで11-7.なんかブラジルらしからぬミスが多い。
ジャケリネの強打を佐野が上げ、竹下が主審の遥か後ろから上げたトスを、 センターから木村が強烈に決めて12-7.いやー、いいねぇこういう得点は!
ラリーは山本のフェイントで13-7.タイーザが下がり、アデニジアIN。
ブラジルがこんなにメンバー交代をする試合も珍しいですね。
ファビアナの速攻を拾うも、江畑のバックセンターをシャットされ13-8.
木村決めて14-8.長いラリーを木村が制して15-8.
ファビオラの苦しいツーがサイドギリギリに決まり15-9.井上がシャットされ15-10.
ジャケリネの肩に直撃する木村の強打が決まり16-10.2ndTTO。このリードは守りたい。
ナタリアのバックセンターで16-11.苦しいトスで江畑がブロックアウトを取り17-11.
ファビアナのブロードで17-12.山口決めて18-12.
ラリーは江畑のタッチネットで18-13.トスが悪かったから仕方がない…。
江畑決めて19-13.ファビアナのAを拾い、江畑決めて20-13.
ジャケリネの強打で20-14.ラリーは佐野オーバーから木村のバックセンター攻撃が決まり21-14.ジャケリネの超クロスで21-15.
ジャケリネのフェイントで21-16.木村決めて22-16.
ラリーは木村シャットで22-17.2段攻撃を拾われ、ジャケリネのバックセンターで22-18.
カット乱れ、再びジャケリネのバックセンターで22-19.
江畑のバックライトがシャットされ22-20.木村決めて23-20.ふぅ。
アデニジアの強烈なブロードで23-21.ここでタイーザ復活。 マリのクロスがアウトで24-21.これは助かった~。
木村のサーブミスで24-22.最後は江畑が苦しい2段でブロックアウトを取り25-22.
セットカウント2-2.フルセット突入!
ブラジル戦のフルセットといったら、山本愛がサーブ恐怖症に陥るきっかけになったあの試合以来…。

第5セット
いきなり竹下のエースで1-0.ナタリアをシャットして2-0.
山口の攻撃はエンドラインギリギリアウトで2-1.山口シャットで2-2.
山口決めて3-2.拾って繋ぐも、木村のバックセンターはアウトで3-3.
江畑決めて4-3.井上のサーブで崩すも、ジャケリネが上手く決めて4-4.
ナタリアのサーブミスで5-4.タイーザの速攻で5-5.
ジャケリネのサーブに崩されるも、苦しい2段を江畑が決めて6-5.3枚ブロックの内側に吸い込まれました。
タイーザの強烈なAで6-6.木村決めて7-6.マリ決めて7-7.
井上の移動で8-7.コートチェンジ。これは痺れる!
サーブで崩すも、ナタリアがブロックを弾き飛ばして8-8.
ラリーは江畑のバックセンターがアウトで8-9.井上拾われるも、ナタリアの強打がアウトで9-9.そして木村のエース!10-9.
ジャケリネの軟攻で10-10.ピンサでサッサ登場。
そのサッサのサーブで崩されてラリーになり、江畑のストレートがアウトで10-11.あぁぁぁぁ…。
井上おとりの山口フェイントで11-11.そして井上のエースで12-11.
ジャケリネの軟攻決まって12-12.江畑の2段にブロック3枚が付くも、再び吸い込みで13-12.あぶねぇー。
ピンサ井野。タイーザの速攻をブロックに掛けるも、山本のオーバーネットで13-13.うーーー。
江畑拾われるも、次のチャンボを江畑が決めて14-13.マッチポイント キタ――(゚∀゚)――!! ちょ、サーブ気をつけて! ワンブロ荒木。そしてブラジルはいつの間にかシェイラが復帰。
そして最後はシェイラの攻撃を拾って繋ぎ、井野からの2段を木村が決めて15-13!試合終了!セットカウント3-2! うぉぉぉーーーーーー!ブラジルに勝ったどーーーー!

日本 3 - 2 ブラジル
( 13-25   25-23   18-25   25-22   15-13 )


放送によると、日本がブラジルに勝ったのは実に9年ぶりだそうです。対ブラジル戦の連敗は31でストップ。
しかも相手もかなりのガチメンバーだったしね。世界選手権ではバッチリ仕返しされそうな気がしますが、それでもブラジルに勝ってテンション上がっちゃったよ。
放送時間が1時間20分しかなかったのが残念でした。

この試合、江畑が26得点を挙げる大活躍で、木村選手も23得点を叩き出しました。
ここ3試合くらいの江畑はすごくいいですね~。トスが上がったらなんとか決めてくれるという期待が持てるようになってきました。 こうしてどのチームを相手にしても安定した活躍が出来るようになれば本当に有り難い。

◆決勝ラウンド 1日目・全試合結果
アメリカ 3-2 ポーランド(13-25 18-25 28-26 25-19 15-12)
ブラジル 2-3 日本(25-13 23-25 25-18 22-25 13-15)
中国 0-3 イタリア(20-25 16-25 21-25)

アメリカが2セットダウンからの逆転でポーランドを降し、白星スタート。
イタリアも中国をストレートで降し、白星スタートとなりました。
日本の次の相手は世界ランク2位の中国ですが、最近の中国は結構脆いところもある感じですので、 完全アウェーとはいえ、ここは連勝といきたいですね。


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonking.blog2.fc2.com/tb.php/922-73f4e29a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

# 2017-2018 シーズン

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 ロス・テレコム杯
 男子結果   女子結果

■GPシリーズエントリー選手
■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索