フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# バレーボール女子 ワールドグランプリ2010 決勝R 日本 VS ポーランド

2010ワールドグランプリ決勝ラウンド4日目。
ここまでブラジルとイタリアに勝利し、現在2勝1敗の日本。
今日のポーランド戦は、メダルを争う上では非常に重要な一戦となります。

◇スタメン (順不同)
日本:竹下佳江 木村沙織 井上香織 山口舞 江畑幸子 山本愛 L=佐野優子
ポーランド:サドレック カチョル バランスカ コセク ベドナレク ガイガウ L=ゼニク

カチョルがスタメンかぁ…いつも対応できずにやられ放題な気がするけど…今日は止められるだろうか。

第1セット
ガイガウのブロードで0-1.バランスカのバックからのスタンディング攻撃が決まって0-2.
サーブカットが乱れてラリーになり、山口の攻撃がアウトで0-3.
木村の攻撃もミスショットになり0-4.コセク決めて0-5.
サーブカットが乱れて相手にチャンスボールを渡すも、ベドナレクのクイックを止めて1-5.
カチョルの強烈なバックアタックで1-6.またカット乱れ、カチョルに決められ1-7.
山口決めて2-7.カチョルのクロスで2-8.1stTTO。
今日はいつにもましてキャッチが崩壊している…。
放送飛んで、9-18から再開。全然立て直せてない感じですね。
カチョル決めて9-19.サーブミスで10-19.バランスカのクロスで10-20.
ラリーになるも江畑が制して11-20.サーブミスで11-21.
またサーブカットが乱れてラリーになり、コセクが決めて11-22.
ラリーは木村で制し12-22.ポーランドのコンビミスで13-22.
ツー攻撃を拾い、井野のトスアップから木村決めて14-22.
ポーランドがタイム要求。8点差もあるけど慎重ですね。
サドレックのツーで14-23.サーブミスで15-23.
ガイガウがブロード攻撃を決めて15-24.サーブカット乱れ、山口のスパイクミスで15-25.
疲れもあるんだろうけど、まさかここまで酷い内容になるとは…。

第2セット
バランスカのサーブミスで1-0.コセクを井上がシャットし2-0.
カチョルのバックアタックで2-1.山口のセンターへ切り込む攻撃で3-1.
コセクがプッシュでブロックアウトを取り3-2.カチョルの攻撃がネットに掛かり4-2.
井上サーブミスで4-3.またカット乱れるも、木村のバックアタック決まり5-3.
ポーランドのコンビミスでチャンボを貰うも、山本のブロードがアウトで5-4.はぁ…。
江畑シャットで5-5.ベドナレクのエースで5-6.山本決めて6-6.
江畑のエースで7-6.再び崩し、リターンを山本が押し込んで8-6.1stTTO。
再び江畑のエースで9-6.次も崩し、バランスカのスパイクミスを誘って10-6.
カチョル決めて10-7.カチョルサーブミスで11-7.
ラリーはコセクの軟攻が決まり11-8.バランスカのサーブミスで12-8.
バランスカが一旦下がってスチュレクIN。今日のポーランドは対応が早い。
ガイガウ決めて12-9.ガイガウサーブミスで13-9.さっきからサーブミスばっかり。
江畑のスパイクミスで13-10.山口のフェイントで14-10.
拾って繋ぎ、山口決めて15-10.サーブボールが直接返ってくるも決められず、ポーランドはカチョルが決めて15-11.木村のバックアタックはシャットされ15-12.
コセクのエースで15-13.うーん、なんかイライラする試合 (#^ω^)
山本のCワイドで16-13.2ndTTO。
ピンサ井野で崩し、しっかりワンタッチを取ってから山本のブロードで17-13.
井野サーブミスで17-14.カット乱れ、チャンボをスチュレクに決められ17-15.
山本のフェイントで18-15.江畑のリバウンド狙いの攻撃をシャットされ18-16.
木村のセンターへ切り込む攻撃で19-16.山本のサーブミスで19-17.
ラリーはコセクに制され19-18.木村決めて20-18.
フェイントを拾うも、木村の攻撃はシャットされ20-19.
ラリーはコセクのクロスがアウトになり21-19.カチョルの強烈なバックアタックで21-20.
江畑決めて22-20.コセクをドシャットして23-20.今日のブロックはまだ2本目だそうです。
カチョルが強烈に叩き落して23-21.バランスカが復帰。
山口決めて24-21.ここで、タイムアウトを使い切ったはずのマトラック監督が、知ってか知らずかブザーを押し、プレーが中断。 時間稼ぎをして日本を動揺させようとする姑息な手段を決行しますが、最後はラリーを江畑が制し25-21.

第3セット
7-10から放送スタート。カチョルのサーブミスで8-10.
井上に代えて荒木IN。江畑のバックライトはネットを越えず8-11.
江畑に代わって迫田IN。木村決めて9-11.ラリーで佐野のトスが乱れるも、山口がなんとか押し込んで10-11.
サーブで崩し、荒木のダイレクトで11-11.コセクを荒木がドシャットして12-11.
荒木のタッチネットで12-12.ラリーはコセク決めて12-13.
迫田のバックアタックはタイミングが合わずアウトになり12-14.
再びラリーをコセクに制され12-15.カット乱れるも、木村が2段を決めて13-15.
ラリーで荒木がコセクをドシャットし14-15.カチョルのスパイクミスで15-15.
木村のサーブミスで15-16.2ndTTO。互いに連続ポイントが多く、流れが行ったり来たりしています。このセットは絶対に取りたいところ。
CM明け放送が少し飛んで、16-18から…。山口の攻撃がマーカー外になり16-19.
カット乱れるも、迫田決めて17-19.井野のサーブミスで17-20.もう!!
またカットが乱れダイレクト攻撃をされるも、それがアウトで18-20.
バランスカのスパイクミスで19-20.ラリーは木村が制し20-20.
バランスカの攻撃でワンタッチを取り、難しい2段を木村がよく決めて21-20!
ラリーはバランスカが制し21-21.ラリーはネット上の押し合いに負け21-22.
カット乱れるも木村決めて22-22.ピンサ石田。カチョルの強烈なバックアタックで22-23.
ワンブロでスコブロニスカが登場。ラリーは木村制し23-23.
チャンボを貰うも、木村ドシャットで23-24.最後も木村シャットで23-25.
サーブカットは悪いし、竹下のトス回しもなんだかテンパリモードに入ってきてるし…。立て直せるのかね。

第4セット
7-8から放送スタート。山口決めて8-8.
ラリーは山口のフェイントで9-8.長いラリーは木村のバックアタックが決まって10-8.
カチョルのセンターからのフェイントが決まって10-9.ラリーはバランスカ決めて10-10.
荒木の縦B拾われ、バランスカがブロックアウトを取り10-11.江畑決めて11-11.
カチョルが下がってスコブロニスカIN。バランスカの強烈なクロスで11-12.
カット乱れてチャンボを渡すと、ガイガウに強烈なブロードを決められて11-13.
バランスカのサーブミスで12-13.コセク決めて12-14.
カット乱れるも、何とか江畑が決めて13-14.ラリーは木村が制し14-14.
荒木のダイレクトがブロックされ14-15.山本がブロックアウトを取り15-15.
ベドナレクのクイック攻撃がアウトで16-15.2ndTTO。
スコブロニスカがブロックアウトを取って16-16.木村決めて17-16.
ラリーはスコブロニスカのスパイクミスで18-16.拾って繋ぐも木村の軟攻がネットに掛かり18-17.コセクのエースで18-18.
カット乱れてラリーになるも、木村決めて19-18.バランスカのクロスで19-19.
スコブロニスカのエースで19-20.もぅ…どうにもサーブカットが悪すぎる。
次もカットが乱れ、チャンボをバランスカが強烈に決めて19-21.
スコブロニスカのサーブミスで20-21.バランスカのフェイントで20-22.
またカットが乱れるも、江畑が2段を決めて21-22.コセク決めて21-23.
レシーバーとして井野IN。江畑決めて22-23.コセク決めて22-24.
最後もカットが乱れてラリーになり、コセクが決めて22-25.

日本 1 - 3 ポーランド
( 15-25   25-21   23-25   22-25


まぁ、これだけサーブカットを乱されれば普通は勝てないでしょう。
この記事中に何回「カット乱れ」という言葉を使ったことか…。
この試合の日本のレシーブ効果率はたったの17.07%。(予選Rのポー戦は59.42%)
これで日本が勝つようならポーランドに問題があるだろうというくらい低い数字です。
実際、ポーランドも変なミスが多くて第3第4セットは接戦になりましたけどね。
キャッチが安定してれば今日の試合も問題なかったと思うのですが…どうにもポーランドには分が悪くなってしまいましたねぇ。

◆決勝ラウンド 4日目・全試合結果
ポーランド 3-1 日本(25-15 21-25 25-23 25-22)
ブラジル 3-0 イタリア(25-18 25-13 25-16)
中国 0-3 アメリカ(21-25 25-27 22-25)

現在の順位は以下の通りです。
「勝ち点」については、昨日のポーランド戦の記事をご覧ください。

01.アメリカ 勝ち点10 (4勝0敗)
02.ブラジル 勝ち点8 (2勝2敗)
03.中国 勝ち点6 (2勝2敗)
04.日本 勝ち点4 (2勝2敗)
05.ポーランド 勝ち点4 (1勝3敗)得点率0.955
06.イタリア 勝ち点4 (1勝3敗) 得点率0.870

今大会は、勝ち点>勝敗>得点率>セット率 で順位が決まります。

第2試合でブラジルがイタリアに勝ち、勝ち点を8としてメダルを確定。
第3試合で中国が勝った場合、日本のメダル獲得は無くなるところでしたが、 幸いにもアメリカがストレート勝利を収めました。アメリカの勝ち点は10となり、こちらもメダル確定です。
日本がメダルを獲得するための条件は以下の通りです。

【パターン1】
・第1試合で日本がアメリカに3-0か3-1で勝つ
・第3試合で中国がブラジルに敗れる(フルセットでも構わない)

【パターン2】
・第1試合で日本がアメリカに3-2で勝つ
・第2試合のイタリアVSポーランド戦がフルセットに縺れ込む
   (フルセットにならないと、勝者に勝ち点で逆転される)
・第3試合で中国がブラジルに0-3か1-3で負ける
   (フルセットになってしまうと中国に勝ち点を上回られる)

まぁとにかく、日本はアメリカに勝つしかありません。
今大会のアメリカはやけに強いですが、日本はポーランド戦が悪すぎたし、今度はいい試合をしてくれるんじゃないかと期待することします。


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonking.blog2.fc2.com/tb.php/926-c100791a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

# 2016-2017 シーズン

▼国別対抗戦
男子SP/女子SP/アイスダンスSD
男子FS/ペアSP/アイスダンスFD
女子FS/ペアFS

▼世界選手権
 男子結果   女子結果

▼四大陸選手権
 男子結果   女子結果

▼全日本選手権
 男子結果   女子結果

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 スケート・アメリカ
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 ロステレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 フランス杯
 男子結果   女子結果

 ▽第5戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第6戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

 ▽グランプリファイナル
 男子結果   女子結果

▼ジャパンオープン
 結果

■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索