フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# フィギュアスケート ジャパンオープン2010 結果

今年もフィギュアスケートのシーズンが始まりますねー。
ジャパンオープンは、北米・欧州・日本の3つの地域によるチーム対抗戦です。
各地域から、男女各2名・計4名ずつの代表選手が出場し、フリープログラムを披露。その合計得点により優勝チームが決定します。

■チーム別結果
■プロトコル (pdf)  男子  /  女子
■競技結果  男子  /  女子

◆優勝 日本 (合計 517.36点)
───────────────────────────
小塚崇彦 150.71
高橋大輔 159.19
安藤美姫 115.02
浅田真央 92.44

ということで、日本が2大会振りの優勝となりました。
小塚選手は最初の4回転トゥループで転倒し、次の3アクセルがすっぽ抜けてしまうなど不安な出だしとなるものの、あとは大崩れすることなく次々と成功させ、150点を越える得点となりました。最初の4回転が、回りきってからの転倒であった事も救いとなりましたね。
高橋選手は最初の4回転トゥループを鮮やかに成功させますが、続く3Aはすっぽ抜けてしまいました。 他にもステッピングアウトするジャンプもありましたが、多きなミスはアクセルくらいで、シーズン序盤としてはまずまずの出来ではないでしょうか。
去年は試合で4回転が認定されることは1度もなかったと思うので、久々の4回転成功ですね。2点以上も加点が付く綺麗なジャンプでした。
安藤選手は後半1発目となる3Lzと、最後のコンビネーションジャンプの2つ目で回転不足(中間点)を取られたくらいで、他は非常に安定していていい演技だったと思います。
そして、最後に登場した真央選手は、ほとんどのジャンプが決まらないという厳しい結果となってしまいました。
最初の2A-3Tでは、3Tが中間点採用の回転不足となり、続く3Fはすっぽ抜け、今季から復活の3Lzは転倒。さらに次の3Aも回転が抜けてしまいました。 続く3Sはダウングレードとなり、綺麗に決まったジャンプは最後の3Loだけという結果に。さすがに序盤からミスが重なってしまい本人も動揺してしまったかな。
ただ、まだまだジャンプは修正中なわけだし、そんなに悲観視する必要はないと思います。真央ちゃん自身もいきなり全部上手くいくとは考えていなかったでしょう。
まぁ、NHK杯まで間は空くとはいえ、納得のものが出来るようになるまではまだ時間が掛かるかもですね。
ところで、新プログラムの「愛の夢」。私は初めて見ましたが、やっぱり真央ちゃんにはこういう静かで優しい曲が合ってるかも。とても美しかったです。

◆2位 北米 (合計 517.23点)
───────────────────────────
ジェフリー・バトル 128.39
アダム・リッポン 166.63
シンシア・ファヌフ 99.50
ジョアニー・ロシェット 122.71

日本と僅差で2位になったのは北米チーム。
現在はプロに転向しているバトルがあまり点を稼げなかったのですが、 2番手で登場したリッポンが圧巻でした。全くミスらしいミスはなかったし、ルッツジャンプでは両手を上げながら回転したり、 他のジャンプでも手を上げながら回転するシーンがありました。なかなか器用なことをする選手ですねー。 得点は全体のトップとなる160越えの高得点をマークしました。
3番手のファヌフは、ルッツとアクセルのすっぽ抜けが響いてしまい、得点を100点に乗せることができませんでした。
そして、全体の最終滑走となったロシェットはさすがの演技でした。 最初のジャンプが2回転になった以外に大きなミスはなく、122.71の高得点。 ロシェットが122.85以上の得点を出した場合は北米チームが逆転優勝となっていただけに、得点が出る瞬間はちょっとドキドキしました。(;^ω^) 今シーズンのロシェットは、この大会を最後に競技には出る予定がないそうですが、これだけできるのに勿体無いという気がしてしまいますね。

◆3位 欧州 (合計 460.11点)
───────────────────────────
ミハル・ブレジナ 134.90
エフゲニー・プルシェンコ 151.00
ユリア・セベスチェン 81.48
サラ・マイアー 92.73

昨年優勝した欧州チームでしたが、今年は3位でした。
ブレジナは序盤いい感じでしたが、そのあといくつかミスが出てしまっていました。
プルシェンコは相変わらず。今回は4回転は跳んでいませんが、大きなミスはほぼありませんでした。3Lzが2回転になったことくらいかな。 2回跳んだ3Aはいずれも成功。軸が大きく曲がったってプル様は転倒しません。ひとつひとつのジャンプの質はあんまり良くはないけど、 転倒のようなミスって絶対しないですよね。少なくとも去年から見ててプルシェンコが転倒したシーンは1回も見ていない。さすがです。
3番手で登場したのは、今年の世界選手権を最後に現役を引退したユリア選手。 当初出場予定だったラウラ・レピストが怪我で出られなくなったため、出場が決定しました。今回はプロスケーターとしての参加ですね。
個人的に好きなスケーターの一人なので、思いがけなくユリアさんが見れて嬉しかったです。

この大会の模様は、10月9日(土)の21:00よりBSジャパンにて再放送がありますので、見逃したファンの方はぜひご覧ください。

* T=トウループ S=サルコウ Lo=ループ F=フリップ Lz=ルッツ A=アクセル


「浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック2010-2011
(DVD付)」

発売日:2010/10/20 | EMIミュージックジャパン
★浅田真央使用曲「タンゴ」「愛の夢」収録

「フィギュア・スケート ミュージック・セレクション’10-’11」
発売日:2010/12/22 | ワーナーミュージック・ジャパン
★主要選手の使用曲を多数収録
★ジョニー・ウィアーが歌でも魅せる!


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonking.blog2.fc2.com/tb.php/951-732972de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# カレンダー

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

# 2016-2017 シーズン

▼国別対抗戦
男子SP/女子SP/アイスダンスSD
男子FS/ペアSP/アイスダンスFD
女子FS/ペアFS

▼世界選手権
 男子結果   女子結果

▼四大陸選手権
 男子結果   女子結果

▼全日本選手権
 男子結果   女子結果

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 スケート・アメリカ
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 ロステレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 フランス杯
 男子結果   女子結果

 ▽第5戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第6戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

 ▽グランプリファイナル
 男子結果   女子結果

▼ジャパンオープン
 結果

■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索