フィギュアスケーターの浅田真央が大好きです。フィギュアスケートの試合結果やアイスショーの感想などを主に書いています。

# BONのフィギュアスケート観戦記

# 2010バレーボール世界選手権 女子大会

男子の世界選手権が終了し、2週間後にはいよいよ女子大会が開幕します。
女子大会は日本開催なので時差もありませんし、各試合の模様はTBS系列全国ネットでゴールデンタイムでの放送(延長枠有り)が予定されています。

今大会、男子と女子では大会システムが異なるので、そのあたりもまとめておきたいと思います。
まずはグループ分けから。

グループA→日本 セルビア ポーランド アルジェリア ペルー コスタリカ
グループB→ブラジル イタリア オランダ プエルトリコ ケニア チェコ
グループC→アメリカ キューバ ドイツ タイ カザフスタン クロアチア
グループD→中国 ロシア ドミニカ共和国 韓国 トルコ カナダ

男子大会では4チーム×6グループに分けられていましたが、女子は6チーム×4グループとなります。
ご覧の通り、日本が属しているのがグループA。
1次ラウンドでは各グループ内で総当たり戦を行い、上位4チームが2次ラウンドへ進出することができます。
実力から考えると、ここで敗退するのはコスタリカとアルジェリアでしょうから、日本の2次ラウンド行きはほぼ決定的と考えられます。

ただし、前回大会と同じく、1次ラウンドの成績が2次ラウンドへ持ち越されるシステムになっているため、 「コスタリカとアルジェリアにさえ勝っておけばいい」というものではありません。
というのも、2次ラウンドへ持ち越される成績の中には、1次ラウンドで敗退したチームとの対戦成績は含まれません。

たとえば、コスタリカとアルジェリアが1次ラウンドで敗退したとして、日本はその2チームにしか勝てなかったとします。(2勝3敗)
そうすると、敗退するコスタリカとアルジェリアからの白星は消えてしまうため、3つの黒星だけが2次ラウンドへ引き継がれる形になります。
すると、日本の2次ラウンドは0勝3敗の状態からスタートしなくてはならず、上位を狙うどころか、決勝ラウンドに進むことも厳しい状況になる可能性があります。
そのため、コスタリカとアルジェリア以外にも、勝てそうなところには勝っておきたいところです。

あと勝てそうなところといったらペルーが思い浮かびますが、ペルーは最近強いという評判…どうなんでしょうか。
数年前なら「ペルーごときにセットを取られるなんて!」という感じでしたけどけど、 こうも前評判が高いと、ちょっと不安になりますね。でもペルーには勝っておきたい。
あとは欧州の2チームのうち、最低でもどちらかには勝ちたいです。
ポーランドとは初戦で当たりますが、ここで勝って勢いをつけられれば…というところでしょうねぇ。
セルビアは相変わらず高いので、日本がこの高さに対応できるかどうか。


2次ラウンドに勝ち上がると、日本はグループEに入ることになっています。
グループEには、1次ラウンドを勝ち上がったグループAの4チームと、 同じくグループDで勝ち上がった4チームが合わさり、合計8チームの組となります。(BとCで勝ち上がった計8チームは、グループFに入る)
2次ラウンドでも各グループ内で総当たり戦を行いますが、1次ラウンドで対戦しているチームとは戦いません。(1次ラウンドの対戦成績がそのまま引き継がれているため)
要するに、グループAを勝ちあがったチームは、グループDを勝ち上がった4チームとだけ試合を行います。
その結果、各組内の上位6チームが決勝ラウンドへの進出となります。(F組とあわせて、ベスト12が出揃う)

グループDを勝ち上がって来そうなチームとして、まずは中国とロシアは確実でしょう。
カナダというチームは見た記憶が無いので全然実力が分からないのですが、多分敗退濃厚と見ています。
あとはどうなるか、なかなか予想しづらいですね。
トルコは強いので勝ち上がれるだろうと思いますが、韓国なんかも欧州勢とはわりと対等に戦ったりすることもありますしねぇ。
ドミニカも悪いパターンでさっさと負ける試合もあれば、ノっているときはなかなか手がつけられません。
このグループは面白い星の取り合いが見られるかもしれないですね。
TV的には韓国に残ってもらい、日韓戦で盛り上げたいと期待していることだろう…。
日本としても、アテネ以降はA代表で韓国に負けたことはありませんし、韓国が勝ちあがってきたほうが都合がいいかもしれません。

なお、最終順位で上位を狙う上では、2次ラウンドもただ上位6チームに入っとけばいいというものでもありません。
決勝ラウンドは、2次ラウンド終了時の順位によって組み合わせを決定します。
準決勝へ進出できるのは、2次ラウンド各組上位の2チームのみ。3位と4位になったチームは、 5位~8位の順位決定戦へまわり、5位と6位になったチームは、9位~12位決定戦へまわります。


最後に1次ラウンドの放送予定です。

10月29日(金) 日本 VS ポーランド TBS系 19:00-20:54(最大延長30分)
10月30日(土) 日本 VS ペルー TBS系 19:00-20:54(最大延長30分)
10月31日(日) 日本 VS アルジェリア TBS系 19:00-20:54(最大延長30分)
11月02日(火) 日本 VS コスタリカ TBS系 19:00-20:54(最大延長30分)
11月03日(水) 日本 VS セルビア TBS系 19:00-20:54(最大延長30分)


ランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします↓
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonking.blog2.fc2.com/tb.php/960-13fa54db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

# 2016-2017 シーズン

▼国別対抗戦
男子SP/女子SP/アイスダンスSD
男子FS/ペアSP/アイスダンスFD
女子FS/ペアFS

▼世界選手権
 男子結果   女子結果

▼四大陸選手権
 男子結果   女子結果

▼全日本選手権
 男子結果   女子結果

▼グランプリシリーズ
 ▽第1戦 スケート・アメリカ
 男子結果   女子結果

 ▽第2戦 スケート・カナダ
 男子結果   女子結果

 ▽第3戦 ロステレコム杯
 男子結果   女子結果

 ▽第4戦 フランス杯
 男子結果   女子結果

 ▽第5戦 中国杯
 男子結果   女子結果

 ▽第6戦 NHK杯
 男子結果   女子結果

 ▽グランプリファイナル
 男子結果   女子結果

▼ジャパンオープン
 結果

■過去のシーズン

# 記事カテゴリ一覧

# 最近の記事

# FC2プロフ

# バロメーター

# 免責事項

当ブログのご利用は、閲覧者の自己責任で行うものとします。利用によって何らかの不利益が生じても、当ブログの管理人は一切責任を負いません。
記事の投稿は正確な情報を記するよう注意を払っていますが、記事の内容の正確性・信用性等についても責任を負いません。
競技のスコア等、入力ミスが発生しやすいため、正確な情報をお求めの方は必ず該当の公式ページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

# Counter

- とーたるあくせす -

- なう -

# ブログ内検索